FC2ブログ

森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。

それぞれの冬支度

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ これから長い冬が始まります。12月は
降ったり止んだりで積雪は1mくらい。12月の後半から
吹雪を伴う荒れた天気が続き、1月の初旬には2mの
積雪になって、その後湿った重たい雪が、降るようになり
3月には屋根の上に3mの雪が残ることになります。
 雪だって積もれば沈みますから、実際には6m位の
雪が降っていることになります。

 その最後の雪が消えるのが5月のGW位で、雪が
あるのが7カ月にも及びます。

 その為に外に置いてある木工のテーブルにはブルーシート
をかけておきます。いくら塗装をしてあると言っても7カ月も
濡れたままだと、傷めるからですね。



2020-11-25 様子見天気良し車OK 082


 2x4材で作りますが、梯子などでもほとんどのコーススレッドは
中で折れてます。雪の重みでストレスを受けるからでしょうか。

 最近ではコーススレッドはステンレスで、2本で留めるところは
倍の4本で打つようにしてます。


2020-11-25 様子見天気良し車OK 083


 その点、レンガは良いですね。置いたままでも壊れる事もなく
腐りもしないし、塗装も要らないし。このまま100年持つと言われ
てもそうかと思ったりします。それに風合いがあって見た目が良い。

 ただ、置いたままです、重たすぎて作ったら移動はできません。


2020-11-25 様子見天気良し車OK 112

 広葉樹は全て葉を落として、雪に耐えられるように準備
してます。折れやすいですからね。
 針葉樹は葉が落ちないので、三角錐に形作って雪が
溜まらないようにしてます。


2020-11-25 様子見天気良し車OK 108

 シマリスは冬眠して、エゾリスは冬の間も活動してます。
動物も植物も冬を越すために、知恵を絞って生きているん
でしょうね。

 僕のほうは屋根にブルーシートを2枚掛けして、雪が
溜まったら、一番上のブルーシートごと落下させ、雪下ろし
を終わらせるという実験を行います。考えでは失敗する
理由は思いつきませんが、そうはいかないのが世の中の
面白いところで。

 うまくいけば、雪下ろしで悩まなくても良くなります。


20201126.jpg


 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/3376-44bfbb61