FC2ブログ

森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。

3連休最後の日

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□連休と言う感覚はまるでなく、平日と変わりありません。
今日起きたら積雪で10cm位積もってました。でも消える
でしょうね。別荘の積雪状態は分かりません。 来年は
ネットワークカメラつけてモニターしないと、今年は面倒な
のでやりませんでした。
 以前は6台くらい付けてまして、それは難しい事してました
が今はWi-Fiがあれば簡単に設置できます。

 別荘持つ人は設置しておいたほうがいいです。ただし、
インターネット接続ができることが原則ですが。
 
 良くぽつんと一軒家で電話回線使用してますが、線では
来てなくても電波は来てるので、テレビ電話とかしてますね。

 あれとは原理的に違うのですが、インターネットが使えれば
簡単に設置できます。ポートの解放とか意識しなくても使える
ようになりました。価格も安くなって昔は4万円だったのが
3,000円とかからありますので、10台位設置できるわけです。

 Wi-Fiで50m届くというケースもありますが、多分やったこと
ありますが無理です。ランケーブルなら多分可能だと思います。

 来年やってみれば分かります。多分近くにあるSBの鉄塔から
LTEの電波が来るはずです。数年前ではPHSみたいな電波だ
ったので携帯が使えても、Airと言う端末は使えませんでした。

 来年楽しみです。インターネットさえ来れば鬼に金棒なんでも
遠隔操作できます。カメラに動態検出が付いていれば、もし
鹿がやってきてもアラームで追い返すこともできるかも知れま
せん。
 最終的にロボットですね。実際ドローンメーカのDJIではホビー
クラスですが走行ロボットも販売しています。


2020-11-17 写真とドローン撮影でクローズ

  流石に遠隔操作で札幌自宅からドローンを飛ばせる
まではいきそうにありません。ドローンを飛ばすのには相当
神経を使って、墜落するリスクだけは回避しないといけません。

 もし途中で墜落したら(木に引っ掛けない限りは無いと思うが)
回収に行けません。10万円がパアです。
 何しろ50mも飛ばすともう見えなくなるので、モニター(スマホ)
の画面だけが頼りになるというモノですね。


map123654.jpg


 現在どうしても確かめたい沢があります。図中左に黄色に沢
と右の赤い沢はGoogleで見る限りは、上のほうで近接してます。

 高低差があるので合流できないはずですが、さらに上流で
合流できれば、現在の沢の水量の3倍位になるのです。
そうすれば灌漑と間違いなく水力発電も可能になります。

 できるなら、どうしてもこれをやりたい。この地点までドローン
を飛ばして観察したいのですが、勇気ありません。
 距離にして400m、標高差にして70mしかありませんが
地表まで下げて撮影しようとして、立木に引っ掛けるという
話は聞いたことがあります。危険回避のセンサーが付いてます
が、枯れ枝1本に引っ掛けたことがあります。

 どちらにしても、ぽつんと一軒家を探す人はドローンを
使わないと土地の全体像が把握できないので必須になり
ます。スペック上は1km四方は飛ばせることにはなってます。
5GHの電波が使えると5kmまで飛行可能になりますが
日本では禁止されてます。そういう能力を初めから搭載して
いるので北海道に限り規制緩和して欲しいものです。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/3373-39b3e7a5