森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

水車その後

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 朝からの雨という事で、本日はお休みしている。世間ではお盆休みでどこへ行っても渋滞かも
   しれない。仕事をしていないと休みの感覚がないし、他人様の休日には早く帰宅しないと
   渋滞に巻き込まれるので、そもそも別荘には行かないもんね。

  
   昔は鉛筆と紙で図面を書いていたが、最近はパソコンでできるので
   図面を書くことが億劫どころか、設計をしていると落ち着く。顔も洗わないで
   図面書いている時もある。


   今日は水車の材料取りの冶具を考えてみた。例の円周上パーツであるが
   全部で16枚も切り出さなkればならない。いちいちケガキしていると
   丸鋸では正確でないし、何よりもキックバックみたいなものがあって
   危険だ。

   それで、丸鋸にガイドを設けて、スムーズに切断できるようにしたものが下記
   である。


2017-08-12 水車材料 0kjui


          材料は2x12の板を挟み込んで丸鋸で切れるようにしたもの
          面倒だから説明しないけど、多分うまくいくと思う。



2017-08-12 水車材料 001


       これがジョイフルから買ってきた材料。試しに買ってきたが
       必要数量が置いてなかったので、もし全数欲しければ、探さないといけない
       かもしれない。そもそも2x12なんて置いてない。厚さは19mmと38mmの
       2種を使う。

       エクストレールは後部座席を倒すと180cmあるが、木材の183cmに足りない。
       斜めにすると入るのでこうやって運んで来る。




2017-08-12 水車材料 002


           機械部品はネットで手に入る、φ30の丸棒は遅れるらしい。
           手前がシャフトを本体に固定するフランジ2,090円である。

           奥がそれを支柱に固定する、ピローユニット979円。
           ピローユニットがベアリングも入っていて979円なのに

           フランジがなぜ2,090円もするのか意味わかんないが
           まあ、そんなものなんでしょう。

           ちゃんとステンのコーススレッドも買ってきた。

           
□  水車が出来れば風車もできる。以前に直径1mくらいの風車を作って回していたが
   台風で破損したことがある。こちらの風車は鹿対策に応用してみようと思っている。

   
 2017-08-10 ホテル大雪 0hgfr


          昨日、層雲峡に行ってきたが、途中の道では4頭が草を食んでいた。
          もうどこでもいるね。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/2570-4c1dc199