森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

ポンプについて

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ゲストハウスの水出しをしました。ここから先は専門的な事になりますので
  文章は長いです。関係のある方は参考にしてみて下さい。

  もともとポンプは自宅にもって帰っており、(そのほうが安全だからです)
  それを吐き出し側と吸い込み側のホースに接続します。
  工具はもレンチ1本で袋ナットみたいなものを締めれば済みます。
  
  呼び水のタンクに水を一杯いれ、蓋を締めたら、電源を入れます。ポンプの
  モータが回転しているのは、シャフトの所を触れば回転していると分かります。

  これで水が吸い上がってくるのを待ちます、短ければ5分、長くて15分くらいです。
  もし、水があがってこなければ

       ①どこかの配管からエアーを吸っていて負圧にならない。
       ②地下の水脈が枯れたか、流れが変わったかで水が無くなった。
       ③管路の中にゴミが詰まった。(虫の類が考えられます。事実、ガに塞がれたことがあります)

       ④予備タンクの中の水がなくなった。(もう一度入れ直して治ったことがあります)


2017-06-09 ポンプ修理梅沢 001


            今回は④でした。もう一度水を追加すると、すぐに吸い上がってきましたが
            吐出側のホース金具が緩んで、水がそこから吐き出されてました。

            ここは専門家を呼んで、直してもらいましたが、増し締めしたのではなく
            ホースの内部に(鉄製)ですが、もう一個ソケットを追加していたようです。


2017-06-08 ポンプ修理梅沢 008

             ここの金具が外れてきました↑


           ここで、もう一度ポンプを回して吸い上げましたが、上がってきません。
           水があがって来ても、吐出側の圧力が規程まで上がらないので圧力センサー
           が切れなく、ポンプが回転したままになってしまいます。止まらなくなりました。

           ここからは、いろいろ試しては見たのですが、これと言った原因が見当たらす
           圧力センサーを調整することにしました。

           写真一番右側に見える灰色のカバーの中が圧力センサーの調整スプリング
           です。カバーの上にマイナスのネジが付いてますので、本の少しですが半時計
           方向に回転させると、止まるようになりました。



2017-06-09 ポンプ修理梅沢 014


           ボイラーは無事燃焼しました。昨年は中のコイルが凍結して破裂したので
           水漏れになりましたが、今回は外側にヒータを付け、布団で覆っておきま
           したので、凍結しなかったようです。このボイラーは通電しておけば
           コイルにヒータがついているので凍結防止になっているタイプです。
           しかし、-30度くらいになるとコイルの一部に、ヒータ熱が届かない所が
           ありそこが破裂したらしいです。来年はもう少し大きなパネルヒータを用意
           したほうがいいかもしれません。ペット用のヒータですが電気代がかからなく
           安全なので使います。



2017-06-09 ポンプ修理梅沢 009

           ゲストハウス、これでようやく水が使えるようになりました。


2017-06-09 ポンプ修理梅沢 018



           ヒノキ風呂も使えるようになりました。ヒノキ風呂も乾燥させられないので
           バケツに水を張り、この中もパネルヒータで蒸発させています。
           それには成功しています。

           これで全て問題は枯れるのでしょうか。


2017-06-09 ポンプ修理梅沢 040


           まだまだ草刈りが続きます。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/2526-32866e60