森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

100歳長寿の秘密徹底解明

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□  100歳を過ぎる人をセンテナリアンと呼びますが、その長寿の秘密を解きあかしたと
   先日のNHKでやってました。長寿かどうかは遺伝レベルの問題かと思ってましたら
   それは25%で残りは違うそうです。一つは栄養の問題、それと心のありようによるとか。

   こういうお話を宗教的な教えとして伺うと、どうもなあとう気ににもなって、どうせ俺は
   太く短く生きるんだなどと軽口が聞こえてきますが、この問題については血液の遺伝子レベル
   
   で解明できただけあって、真実味があります。おおざっぱにいいますと人間の体は慢性炎症を
   起こしていて、抗炎症のものを得れば長寿、その逆なら短命ということになります。その遺伝と
   いうのはCRTA遺伝子群というもので、ストレスを受けると炎症を冗長するように働くらしいです。

   詳しくはネットで調べてみてください。栄養の問題というのは分かりますが、心の持ちようと言うの
   が問題で満足するというものが個人の快楽であっては遺伝子レベルで悪さをするらしいです。
   それではどういう満足が長寿に繋がるかというと、他人を幸福にする行動や思いがそれらしいとか。

   どうも哲学的なお話ですが、今の医学というのは遺伝子解析ができますから、そういう違いが発見
   されたんでしょうね。ということで・・・人間というのは他人の為に尽力をしてそれに満足することが
   長寿に繋がるという事です。

   美人ほど短命だと言いますが、あれは自分の事しか考えてないからです。


2016-10-29 ネット・ベンチ片付け 039


    長寿という事と若さを保つということは違うかもしれません。サーチェン遺伝子というものは生き物が
    飢餓状態に陥った時に活動するもので、これが若さの秘密らしいです。でも食べたいものを我慢する
    というのは難しいですね。

    それと慢性炎症ですが、もちろん免疫力が高ければ抑えられます、その免疫力を高めるのは、御存じ
    森のフィトンチッドですね。

    森の中に入り、程度な運動をして、森の為に活動するとセンテナリアンになれると言うことです。
    庭師の方が職業として長生きをすると言う理論にも合致しますね。

    都会に住む人は別ですが、100歳まで生きるとして人生計画考え直さないといけないですね。
    桃栗3年、カキ8年ですか、果実の木ですが今から植えても十分間に合いますね。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/2346-fd10bc5d