森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

ホットヒータ来ました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 凍結防止用に使う小さなホットヒータがきました。
  ボイラーですが中に納まっている水管コイルは水抜きができません。

  その代り、ヒータがついていて、凍結防止になっているのですが、それを
  下回る低温で、コイルの端の部分が凍結して破損しました。このコイルは

  ユニットになっていて部品交換ともなると、相当なお金が必要ですよ。


2016-05-21 ボイラー破損 013


       ボイラーは昔に比較して安くはなったとはいえ・・・


2016-09-30 保温マット 002


       それで使うのはこれです。ペット用のホットヒータです。たぶん一番小さいでしょうね。
       これは一日0.19円とかなってますから、そもそも電気代がかかりません。おまけに

       電線でないので安全です。これをボイラーの側板に張り付けて、周りを布団で覆って
       やるという策です。


2014年11月27日檜風呂完 003



       何しろ檜風呂でもやってます。これを仕込んで上に水をいれた容器を置いておきます。


2014年11月27日檜風呂完 008


       これがねえ、大根等を洗うもので、サイズがちょうどなんです、おまけに底に栓があって
       水も抜けます。ホットヒータを入れないと水が氷るでしょうね。-20度以下ですから。

       1月頃に覗いた事がありますが、中が湿気でムンムン状態でした。

       最初この問題を提起したときに、やれ棒状のヒータで水の中に入れれだとか、なんとか
       かんとか話がでましたが、結局助けてくれたのが、ペット用のヒータで実際に猫用に

       自宅で使ってました。ペット飼っているいる人じゃないと気が付かなかったかもしれません。
       ネコちゃんのおかげですね。


       注意 檜風呂は蓋をしますと、蓋の裏に水滴がついて、それが落ちてきます。
           それが底に溜まりますから、ホットヒータは底から浮かすことと、水滴が

          付くかもしれないので、防水処理が必要です。ビニール袋で包むだけで
          Okになってますが、くれぐれも水対策は個人が考えて下さい。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/2315-13ecbd79