森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

やっと晴れましたが

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 朝起きると雪が止んでましたが、夜中に除雪車が削ってましたから、案の定、家の前は
  削った雪で、ちょっと山ができてました。最近は、家の前には雪山にしないように業者さん

  も気を遣うようになりました。僕の家は向かいの家の塀があって、そこに雪を置いておけるので
  ママさんダンプで運ぶ必要がありません。高く積んでおけば春にはもちろん溶けてなくなります。
  数年前はそこもママさんダンプで排雪して、綺麗になくしておきましたが、これ見よがしに除雪業者
  さんが雪を置いていって、頭にきたことがあります。

  それ以来、お隣の家もそうですが、塀のところの雪を排雪しないようにしてます。どうだ
  雪の置き場がなくて困ったろう「バーカ」ってとなりのおじさんが言ってました。


□ 最近は事細かく雪を削ってますが、あれは溶けた時にタイヤが埋まらないようにしているんです。
  20年くらい前に、そういう事件があって、札幌市内全域で、車が立ち往生したことがあります。
  行く先々で、車が埋まってました。それは軽とFR車で4輪駆動なら走破できるに決まってます。

  
□ 幹線道路でも随分事故おきてました。10数台の追突事故です。100m止まらなかったって
  ドライバーが言ってました。時速40kmで止まる距離は80mです。40kmで走っているわけ
  ないでしょう、トラックなら満載で走ってますから、60kmで走っていても制動距離200mとか
  なるんじゃないですか。


□ この間も、かなりのスピードで抜いていった中型車がありましたが、案の定、トンネルを抜けたところで
  雪山につっこんでました。搭乗者は外にいましたから無事だったようですが。フロント部分大破です。



2016-01-15 ゲストハウス雪下ろし2 003

  
□ 車間距離ですが、それぞれ安全だと思われる最小車間距離というのは個人差があるらしいです。
  ただし、車間距離の短いドライバーはその他でも事故率が高いという結果があります。

   
2016-01-15 ゲストハウス雪下ろし2 005


   中山峠はとっても危険です。滞在しているときに救急車の音が聞こえない時がありません。
   峠に救急車を常駐させてもいいんじゃないでしょうか。

   そのくらい危ないです。特に車間距離には注意しましょう。嘘だと思ったらぶつかってみて
   下さい。








Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/2141-7cb3700d