森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

SW見て雪まつり行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□  SWってスイッチ(SWITCH)じゃないですよ。スターウオーズです。最初の頃からもう40年も経ちました。
  それほどの熱心なファンじゃありませんが、話題性があるので見ます。感激して涙を流すほどではないと思い
   ますが。 どうなんでしょう。SWファンには申し訳ありませんが、ストーリーがイマイチなのは衆目の一致する
   ところじゃないんですか。ただ、常にCG映画としてはその時代の最先端をいっていることは間違いありません。
   今回も、昔のH、X翼機の 鏡面反射が金属的で硬質になりました。見ていて「ほお」と思っちゃいます。


SW001.jpg



     SWのCG世界観というのは、巨大なものをどうやって巨大にみせるかなんですね。
     予告編にもありましたが、このシーンです。エンジンの出口に対比して、小さな主人公が
     そこにいますね。こんなデカい構造物なんか地球上では、セメントで作った建築物以外は
     お目にかかったこともないのですが、SWではあり得るわけです。これがあんまり大きく
     なるとばかばかしくなるので、(昔インディペントディで宇宙船の大きさが月の何分の一
     くらいあってリアルさに欠けた)、ほどほどの限界で大きくさせているのがSWではうまいと
     思ってます。だから見るたびに、デカい、デカいと喜んでしまいますが、あの最後のデススター
     の何十倍もある惑星型宇宙船はでっかすぎて、漫画になってしまいました。


2016-02-09 雪祭りSWこう楽 037


     進撃の巨人ですが、映画もみました。日本の場合の特撮は着ぐるみからきているし、
     (古くはゴジラ)、街もミニチュアで作ってましたから、ある一定の比率が相互にある
     と思うんですね。ゴジラがあの2倍あってもおかしいし、半分でもなんか,迫力がありま
     せん。そうなるとウルトラマンもゴジラも進撃の巨人も、同じ大きさに描かれるのでは
     ないでしょうか。はい、詳しくありませんが、ガンダムも期せずして同じですね。そこが

     広大な宇宙を描いてきたSWと着ぐるみでミニチュアの街を壊してきたゴジラ映画的な
     違いなのかなと、思ってしまいました。

     以上、SWと雪まつりの進撃の巨人を見たどうでもいい感想でした。





     
    
     

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/2125-8e510e36