森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

スノウプッシャー(ラッセル)に改良を

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ スノウプッシャ―ですが、やはり固い雪を押すときには棒が軋みます。丁寧に使いますが
  それでは醍醐味にかけます。やはりここは補強ですね。


DSCN1437X.jpg


      金属製ブラケットで固めたいところですが、作っている暇ないので
      とりあえずはガムテープでぐるぐる巻きというところですね。

      アルミ管がもう一本ありますので、これはすぐにできます。



2016年1月9日手で除雪 002


      プッシャーで雪に食い込ませたときに、刺さりますがもっと刃物にように
      切れ込んでいく感じがしません。そこでギザギザの刃先を設けて、ついでに
      先端を削ってシャープにします。

      刃先にギザギザを付けると、横に逃げないんですね。



□ アルミのスコップが変形して折れる寸前です。すぐにやりますね。安いものですから
   気にもなりませんが、軽い鉄製に変えたほうが経済的かもしれません。



2016-01-12 ゲストハウス雪下ろし成功 018




□ いろいろとやってますが、次第に苦にもなく雪下ろしができるようになってきました。
  こうなってくると面白くありません。今度は一発で雪を落とす方法を考えたくなります。

  やっぱりブルーシートですね。

2015年12月15日除雪3 006


    これができなかったのは屋根の棟部に登れなかったからですが、今なら安全に簡単に登れます。
    しかも梯子の踏板にフックを付けて、これまた簡単にブルーシートをひっかけられます。

    ソフトロープを使って、下の柱に止めてやれば張れます。

    ①雪が積もれば、棟部に登って雪を切ります。
    ②あとは上から荷重をかけてやれば、そのまま滑落します。


       ひょっとすると雪下ろしをしなくても自重で落ちるかもしれません。

       実際の屋根では摩擦係数が同じでも、屋根はハゼ締めと言って
       板金の立ち上がり部分がありますから、このせいで落ちません。

       
       僕はブルーシートで覆っているものがたくさんあります。重機や
       テーブルや入り口の門とかです。それらは経験的に雪とはくっついて
       ないと分かっています。くっついていてもちょっとした衝撃ですぐに
       離れます。

       これが成功すれば、もう雪下ろしの問題はなくなります。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/2102-02e5e30b