森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

バラ植えました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 穴の深さですが60cm位とあるので、6か所掘りました。下のほうが固くで大変だったです。
  しかも一か所に穴に大きな石が出てきて、いくら掘っても動きません。あきらめました。

2015年5月13日バラ植え 007

     一時間以上は掘ってました。たとえ動いても、これだけ大きいのは取り出せません。
     次回はどうしましょうか。場所が決まっているので、何が何でも掘り起こさないとならないでしょうね。


2015年5月13日バラ植え 003


     その他はちゃんと5本5カ所に植えました。腐葉土もいれ、鶏糞、コツ粉、油カス
     ちゃんとセットしました。これで咲かないともう知りません。


□ 鹿の足跡がありました。昨年の畑の跡で食べるものを探しているようです。
  バラは鹿が食べますから、危ないですね。とりあえず心配なのでテープを張ってきました。


2015年5月13日バラ植え 018

   大変に心もとないですが、他にすることがありません。時間がなかったのでこれで
   済ませました。次回は単管パイプで檻を作るしかないでしょう。


2015年5月13日バラ植え 012

   まだ軒下に雪がありますよ。でもあと数日で消えそうです。




Comment

源造 says... "EVERさん、こんばんは!"
ご無沙汰しております。

体調不良でしばらくリアルの活動も、ブログの記載もしばらくサボっていたのですが、
春になってからまた少しずつ書くようにしました。「休日のDIY」からDIYじゃない
歳時記的な記事は別のブログに“のれん分け”しました。

今年度はライフスタイルを変えて、平日の札幌単身赴任を止め、毎日通勤しています。
これはこれで、なかなか大変な生活です。

私のところは尾根筋で硬い玉石が出てこないので、石の出現は羨ましい限りですが、
嬉しさもサイズによりけりという感じですね。

昔ある本で見たのを思い出したのですが、開墾で大きな石が出てきたときの処理は、
持ち上げてグラリとでも動くようであれば、下の地面とその石の間に小石を詰め込む、
今度は逆側を持ち上げ同じく小石を詰め込むという作業を繰り返して、徐々に大石の
鎮座する高さを上げていくことで地面に出し、然る後に何処ぞへ処理するのだそうです。

この方法、あるいはご存知かもしれませんが、グラリともしないようであればどうにも
ならないですね…。
2015.05.17 20:08 | URL | #bK.3Infg [edit]
エバー says... "こんちは源造さん"
 御無沙汰しております、体調のほうは良くなられたのですか。
毎日の通勤は大変ですね。道の景色がいいのが幸いしてますでしょうか。

 僕も中山峠を越えるのは嫌いではありません。

 さて突然現れた石ですが、掘りまくり、ぐらぐらするところまで
は何とかなりました。仰せの通りに角材で片方を浮かし、下に何かを
はさみこむのはやりました。それでも1mくらい下からですから

何時間かかるか分からないので止めました。現在バックホーが出動
できない状態になっていますので、もし動けばワイヤーで吊ったほう
が早いかもしれません。

 まさかこんな石があるとは思いませんでした。きっと昔の人は
馬でも使って、掘り起こすのに苦労したんでしょうね。
2015.05.18 16:52 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1938-d81d25f7