森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

排水管

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 手持ちの使わない機械工具を売ってあげて、そのかわり以前から欲しかった
  コルゲート管を持ってきてもらった。なにしろ、この大きさなので、運搬費がかかって

  注文するわけにもいかず、びっくりするくらい高いものなので手がでなかった。
  たまたま近くに来る知人から中古であるが、数万円で買うことになった。
  (運搬車を持っているので持ってきてもらった)

  見てびっくり、こんなに大きなものとは思わなかった。


2014年7月15日コルゲート管 002

     大きすぎる。要はこれを埋めて上を重機で通れるようにするものであるが
     僕の土地はほおっておくと、沢の決壊で谷地になってしまう。
 
     一度地盤が緩んでしまうと、重機が入れなくなり、そこは永久に谷地になって
     しまう。そうなる前に、側溝の整備をしないとならない。

     そのために以前から、機会あるごとに中古でいいから、売ってくれと頼んで
     いたものである。

     これで西側の土地の開拓ができるようになった。



2014年7月15日コルゲート管 004

     依然として草ぼうぼう状態で、困ってしまっている。やらないと雑草が勢いを増すし
     種が跳んで増えてくる。


2014年7月13日草刈加締 011

     花畑の中に赤いバラが2つほど咲いている。もう一つは真紅である。
     遠くからみてもバラの色はハッとするほど美しい。
     
     鹿にやられてしまい、バラも今や2本だけになったが、この美しさにはどの花も
     かなわないような気がする。

     鹿対策のネットさえ考え出せれれば、バラを本格的にしてもいいと思っている。
     家庭菜園のようなネットは不粋すぎる。

     そうだ、鹿が入ってこれないくらいの隙間でいいなら、ネットではなく柵でいいのでは
     ないだろうか。


2014年7月8日雑草取り 016


   設置を待つゲート。そういえばこういうイメージで囲ってしまえば鹿は入ってこれない
   作ってみようか。鹿は2mを超えるというけど、どうだろうか。

   どうやら、ゲートの経験が生かせるかもしれない。作ってみようと今、思った。



rosegateのコピー


     CGが趣味なのですぐ作ってしまう。

   景観を壊さず、鹿に入られない。しかも、冬の積雪は耐えられないので分解して
   車庫にしまえるようにするには・・・・






     

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1772-ae658a25