森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

別荘セルフビルド2014(新春初LW)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今度別荘を自作するなら、こんな建物がいいと思います。

  あくまで想像ですが、僕の環境ではこんな風になりました。


lw5のコピー


  ①北海道に建てるために土地は有り余るほどあるという前提です。
   事実山林なら30,000坪からです。


  ②基本は平屋

      建てやすいし、何よりも自分でメンテ(塗装)ができます。梯子だけで再塗装ができる。


  ②屋根はフラット

      水勾配程度。傾斜をきつくしても雪は落ちない。危ない目に会いながらも雪下ろしを
      するなら、初めからフラットにして、安全に雪下ろしができるほうが良い。また構造が

      簡単にできる。



  ③基礎コンクリはいらない

    
       二階建てにすると基礎をちゃんと作らないと狂ってくる。でもコストの3割くらいは
       この基礎にかかる。高床式にして基礎費用をかけない。

       床下が高いので、配管、電気その他を壁の中に入れないで、床下で処理できる。
       空いたスペースに薪を保存できる。多少狂ってきても、ジャッキアップで修正できる。


   ③部屋は必ず増える


       増設するときにはこんな風にくっつけて増設する。納屋がほしくなったり、作業部屋が
       欲しくなったり、趣味の部屋が必ず欲しくなったときに、やりやすい。



   
lw4のコピー


   ④お風呂は地べたへ


       お風呂の重みで床が下がるので、お風呂だけは地べたに作る。露天風呂にして景色を
       楽しめるようにする。これがとても生きがいになってくる。

       露天風呂で外気が入ってくるので、お風呂はヒノキではメンテが難しい。コンクリと
       大理石もしくは岩風呂にする。そのほうがまた後で拡張できる。



   ⑤窓は大きくする

       四季の移り変わりを楽しめる。動物が来た時もすぐわかる。居ながらにして自然に
       癒される。



□ どうでしょうか、基本は屋根を三角にしないということです。フラットにすれば自分で塗装もできます。
  平屋にすることで登っても安全です。自分で建てた車庫で良く分かりました。

  こんな感じです。何かの参考にしてみてください。こういうほうが簡単で
  カッコいいと思いますよ。



lw6のコピー

           もう少し現実的に作ってみました。できれば背後に山を背負うほうが
           いいです、フロントは開けていて。



















  

Comment

シン says... ""
最高です☆
2014.01.03 13:26 | URL | #- [edit]
エバー says... "こんばんはシンさん"
 セルフビルドと言っても自分では無理ですが
実際にやっている人がいて、すごいと思います。


2014.01.05 18:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1650-d155d874