森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

ネットワークカメラその後4

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 先日アイ・オー・データのネットワークカメラTS-WLCAMを野外仕様にしましたが
  それを屋根の上に設置してきました。2台目です。

カメラ屋根設置 011


    これは1号機です。麦茶のポットを利用したもので、簡単でしたが
    外から目立ちすぎました。バレバレです。


カメラ屋根設置 009


    2号機目です。調味料入れを利用しました。小さくてこちらのほうが安定性が
    ありますが、加工が面倒です。(せいぜい穴あけですが、ボール盤が自宅にないので)

    コーキング剤でシーリングして、なおかつ中に乾燥剤を仕込んであります。
    前日の長雨でも内部に湿気がたまらないようなので、雨には大丈夫かと思います。





□ 取り付けはこんな感じです。フタの固定方法が決まってなく、コーキングした
 だけで、ビニールテープで固定してあります。実際はこれにまたハードカバーを取付る
 
 ようにします。真夏に直射日光が当たるのでこのままではまずいでしょう。


屋根設置 005


    
□ アイ・オー・データのカメラは3台設置してあります。Tablet Pで見ると
  3台が同時にモニターリングできるようになっています。

カメラ屋根設置 013


□ 左上のアイコンをタップすると表示される映像を切り替えられます。


カメラ屋根設置 015


□ ダブルタップすると拡大もできます。

カメラ屋根設置 014


□ Tablet PはWI-Fiと3Gですから、同時に表示できる映像の数も制限されてきますが
  (接続に失敗するとシャットダウンされるので)
  同一LAN内では、まったくストレスなく表示できます。モニターで全部を表示を
  したところです。光なら16台くらいできるだろうと思います。問題はフレーム
  レートが遅くなるだけです。

全写真 003


   左上の2枚は別荘です。あとは2枚が玄関前の道路、その他4枚が家の内部です。
   その他に猫用の部屋も設置してあります。


□ これで我が家での増設はもうありません(部屋がそれほどない)。


   あとは別荘の無線カメラですね。どこまで今の3Gモバイルルータで増設が可能
   でしょうか。エクステンダーとソーラバッテリーも使えるのかどうか疑問です。
  
   できたとしても50m程度でしょうか。野外設置用には透明なケースならほとんど
   ケースの汚れや屈折でも、フォーカスが遠いので影響は受けないようです。

   実用的には雪さえクリヤーできればほぼ問題ないかもしれません。


□ 介護、ペットの見守り、別荘の監視に設置しましたが、使い道はたくさんありそうです。

  母親が入院したときに、もし病院側が認めれくれれば、部屋にカメラを設置してもいいと
  思いました。3Gの電波に機器が反応するので、専門的な知識が必要ですが、原則、携帯
 
  の電波と同じですから。


  特に北海道の場合は広いですから、農業や酪農でも面白い使い方を見つけられると
  いいですね。有線ならケースに入れて耐水性をあげさえすれば、海底にも設置できます。

  魚がたくさんいるのなら、別荘の池の中に設置しても面白そうです。幼稚園なんかに
  設置してスマホ向けに公開してやればいいんですよ。


□ 近々なのは鹿対策です。動体検知で鹿を発見して、スピーカから銃声音を鳴らすとか
  ならできますが。動物はそれほど馬鹿ではありません。







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1498-02fec3e3