森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

WIN7に今どきのパラレルポートを使う

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ LightWaveですがバージョン9.0を持っています。ただし6.5からのアップグレードなので
 パラレルドングルを使用しています。現在はUSBドングル版を使用しているために、
 パラレルドングルのLightWaveは使用していませんでした。

 このたび、DELLXPS9000を修理したことを良いことにこの64ビットマシンに移し替えること
 にしました。

 そもそも32ビット仕様でしたから、新しく64ビットに変更するためには新しくライセンスキー
 を取得しないといけません。昔は葉書によるユーザ登録だったために、ライセンスキーの再取得

 はD-STORMのほうに連絡することになっています。メールで教えてくれました。その時にパラレル
 拡張ボードは動作保障外とのコメント付です。もちろん分かっております。

 さて手順ですが下記の通りです。

①パラレルインターフェイスカードを購入
 
  1P-LPPCI4 [玄人志向」

②ボードを実装します。硬くて入りませんでしたが。もちろんドライバーはありません。
 インターフェイスがないんだから、あるわけがないです。

 付属の小さなCDにドライバーが入っているのでしょう。特に説明はありませんが、中身に
 win7x64というフォルダーがありますのでその中だと思います。


LWinst 013
  


②デバイスマネージャーを見ると、認識はされていますが、やはりドライバーがありませんと
 表示されています。ドライバーのある場所をこのCDに指定してやりますとインストールに
 成功します。


LWinst 001

  説明書きにも何にもありませんが、知っている人は常識なんでしょうね。
  何しろ製品が「玄人志向」となっていて、分からないことがあったらBBSで
  自ら一生懸命、調べよとなっています。


LWinst 002

  ということで、旧石器時代のインターフェイスがとりあえずは、使えるように
  なったということです。


③LightWave付属のSentinel driverではうまく行きません。サポートにもあるように
 http://www.safenet-inc.com/support-downloads/sentinel-drivers/

  からSentinel SuperProを選んでインストールします。

LWinst 005


④ライセンスキーの入力はやはりEXEから「管理者の権限で・・」だったかな、直接起動して
 入力します。


⑤LightWave、モデラー、もレイアウトもこれで成功しました。これで2台同時に使えます。
 レイアウトのシーンで多大な時間を労するために、モデリングが終われば、シーンだけは

 2台目のマシンで実行できるようになりました。


LWinst 012


  なお、拡張ボードには注意書きとして

  「ソフトウエア等の認証キー(ハードウエアドングル)は動作いたしません。
  とありますが、問題なく稼働しておりますので、やってみる価値はあります。

  パラレルドングルからUSBドングルに交換するだけで、かなりの出費を要する
  アプリがありますので、拡張ボード2,500円くらいなら、このほうが

  お得です。


□ 一難去ってまた一難


  バージョン9.0で作ったシーンはバージョン9.6ではエラーになります。
  (涙)ガーーン
  オブジェクトは問題ありません。かくなるうえはもう一度layoutを設定し直して
  カメラやライトを設置するということですか。







            

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1445-c3f1be52