森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

工事5日目

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 車庫の工事ですが、内壁に針葉樹合板を貼ります。これが強度を上げるのにいい

  らしいですね。大工さん数人から聞きましたので、本当だと思います。


2012年8月6日宿泊 004

   屋根の寸法を測っています。最初に屋根を作らないと雨で濡れる心配が
   ありますから、壁もそうですが屋根をするらしいです。



2012年8月6日宿泊 055


   遠目からのスナップです。こういう場所に建てています。



■ 宿泊しました、夕方から夜中にかけて大雨と雷がすごかったです。
  でも恵みの雨で、森の中ではいくら雨が降っても平気です。

  植物にとっては色が鮮やかに変わるほど、潤いを与えたようです。


2012年8月6日宿泊 057

  

■ 森の中が一番綺麗な緑色になります。地面の苔もたっぷりとした水を
  含んで生き生きしていますね。


2012年8月6日宿泊 026



■ 近くに沢がありますが、大工さんの一人が沢はこうじゃないといけないとか言って
  自宅から鍬を持ってきて、せき止めてました。

  実際にこうしないと、ザリガニなんかが増水時に下流に流されるんです。

  それでああ、面白いと言って夢中で沢遊びしてました。




2012年8月6日宿泊 041


■ 人間と都会にとっては厄介物の雨ですが、森の中では

  ちょっと潤ったでしょうね。


2012年8月6日宿泊 019


  

Comment

源造 says... "EVERさん、こんばんは!"
着々と車庫の全貌が見えてきましたね。
今日の雨は、洞爺湖でもすごい雨でした。
私はその時昼寝をしていましたけど…。
ミニバックホーが退院してきました。
オイルパンのパッキンが劣化して、グダグダになっていたそうです。
退院したのはよいのですが、今度はエンジンをかけると、ほどなく油のランプが点灯し、
ちょいと仕事をさせるとエンジンが止まります。
そして、お尻の下から何やら燃料と思しき油がポタポタと…。
そんなわけで、今朝また電話しました。退院じゃなくて一時外泊になりそうです。
エンジンオイル系だけではなく、様々なパッキンがグダグダになってきているってことでしょうか、
などと考えています。
2012.08.06 23:31 | URL | #bi94IFRw [edit]
エバー says... "こんちは源造さん"
 パッキンですか。ミニは良くわかりませんが重機ではパッキンの劣化で
オイル関連が漏れることは経験上ないです。可動部にはオイルシールというものが
ありますが、これは消耗品ですから、油漏れはやむを得ないです。車のエンジンも
そうですが、パッキンの劣化で漏れるはないんですけどね。どちらしてもパッキンの
交換だけなら、費用としては最低レベルだと思います。僕のブルはキャタが緩んできて
調整用のシリンダーもダメになってます。修理なんか頼むと運搬費だけでも5万
その他全部やれば30万というところでしょうか。重機は桁が違いますから、恐ろしく
なります。どちらにしても安く済めばいいですね。ブログは毎日拝見してます。
頑張っておられるようで何よりです。
2012.08.07 10:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1346-98c1ae85