森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

ヒノキ風呂対策

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 最後の問題ですが、ヒノキ風呂です。

  ヒノキ風呂は乾燥させると空いて割れが入るらしいです。
  それで説明書には
  
  「2週間くらい使用しない場合は、バケツに水を入れて浴槽に保管してください」
  となっています。

  それはいいのですが、実際に今までやってきています。

  でも、冬季間の場合はマイナス20度にもなるところです。

  保存しておいたバケツの水が完全に凍ってしまいます。
  それで考えた結果は以下の通りです。


□ ↓の写真は以前の状態です。バケツ見えますね。

2011年11月19日 001



□ ヒータを使うことにしました。

  それもペット用の温熱マットです。ペット用なので堅牢にできてます。
  しかも表面でも38度しか上がりません。

  費用も一ヶ月で500円くらい。(これはやむを得ないですね)


2011年11月19日 002


  直接敷くとヒノキに悪いので浮かせてあります。なおかつ断熱材を
  はさんでおきました。


□ この上にさらに浮かせて水の容器をおきます。


2011年11月19日 006


  この青い容器は野菜を洗う秋用のものですね。大根なんかを洗うと思えば
  イメージできますよね。

  最初はホームセンターに入ったときに、こんないいものがあるとは
  思いもしませんでした。サイズ的にぴったりです。水抜きもついてます。

  蒸発させるためになるべく表面積が広くないと駄目なんですよ。
  うってつけです。


□ これに水を入れました。水は家から持ってきました。
  先日すでにポンプが凍結していて水が出せられないからです。


2011年11月19日 007


□ ゴミの箱で水を運びました。45L用です。実際にはこの半分くらいしか
  持ってけませんけど。不足分は沢から持ってきました。


2011年11月19日 008



□ これで完成です。もう一度フタをします。

2011年11月19日 009



□ さらに乾燥と保温対策で余っていた掛け布団で包みます。


2011年11月19日 010


□ これで冬季シーズンは通電させたままです。もひとつはボイラーですが
  これも水抜きしないで、そのまま通電させておいてくれと頼まれてます。

  中にヒータがあるらしいんですね。どうせ通電させたままにするので
  それでもいいかと思いました。

  ヒノキ風呂は破損すれば修理は10万です。それに比べればシーズンの電気代
  2000円くらいお安いものでしょう。

 
  これで途中で様子を見に真冬でも出かけることになりました。
  どうせ屋根の雪下ろしもあるだろうし、それも良しとしましたです。


2011年11月19日 022


   さてこのヒノキ風呂対策はどうなることでしょうか。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1256-9d2c8e02