森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

冬囲い頑張ってます

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ まだ暖かいので油断してますが、もう11月ですよ。
  例年なら積雪でもおかしくないのに、のんびりしてます。

  でも気を引き締めて雪囲い始めました。

2011年11月3日 031

  
  毎年、雪で単管が変形するので次第に堅牢になってきてます。

  そのせいでまたクランプが足りなくなってきました。毎年箱ごと
  24個も買い足ししてますけど。

  今年も自在と直交で48個買ってきます。単管本数はどうにか足りてます。


□ 油断しているのはトカゲも同じで冬眠もせず、枯葉の中を走り回ってました。

2011年11月3日 012


□ トンビが飛んでます。やはり一羽しかいないようですね。

  もう15年くらいツガイでいましたから、どちらかがお亡くなりに
  なったのでしょう。寂しいですね。考えるに子供のトンビも見たことないんですよ。

  たいていは3羽見かけるときは、子供なんですが、トンビの場合は巣立ちで直ぐに
  親と離れるのでしょうか。

  猛禽類っていうのは第三次消費者といって食物連鎖の頂点にいるんですよ。
  こういう鷹のような鳥が生きていくには、その下に数百ヘクタールの豊かな

  土地がないと駄目らしいですよ。生態系が崩れると真っ先に姿を消していかざるを
  得ないとのことです。逆に生息していると、生態系の質の高さ、豊かさが伺えられる

  とか。いつもゲストハウスに地面にいるんですよ、きっとねずみを捕獲しているん
  ですよね。ねずみね一杯いるんです。

2011年11月3日 004


□ 今とても空気が凛としていて気持ちがいいんですよ。
  本当は寒くはないんんです。

  ちょっと厚着しているんで、仕事中は汗ばむくらい。
  もうこの景色もみれなくなるんですね。


2011年11月3日 021


  いつかは冬もずっとたくさんの薪を用意して過ごして
  見たいんですけど。

  積雪3mかあ~、氷点下20度かあ~

  厳しいな。動物達はどうやって生きているんだろうか。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1248-ea06343e