森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

工事順調です

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 一応骨組みはできましたね。この骨組みを利用して梁をつけていきます。
  大きさ的には従来の半分ですが、金額的には上回っています。ショックです。


2011年7月19日 003



□ 相変わらず自分のバックホーを使ってますが、一日1Lくらいの水がなくなるんですね。
  いつもペットボトルでラジエターに追加しています。水はただみたいなものですから。
  水漏れくらい気にしないんですね。


2011年7月19日 014



□ 結合部分の屋根と部材をはがしていました。
  ここが面倒なところなんです。ばりばりなんて音がすると

  大丈夫かなんて思ったりしますね。

2011年7月19日 021



□ ここが洗面所です。狭いような感じがしますが、建物の不思議というもので
  実際に建てるとかなり広く感じるようになります。最初の目論見では洗面所が

  広くて使いやすいはずなんですが。


2011年7月19日 027


□ ここがお風呂の壁で窓は相当大きいものを用意しました。
  普通なら覗かれるので窓は小さいものですよね。

  でも母屋の経験から、窓はできるだけ大きくしたいんです。
  紅葉や新緑をお風呂に浸かりながらゆっくりと見たいんです。

  もうそれだけで至福を感じますね。ただ露天風呂と違って
  窓は引き戸ですから、網戸をつけても半分しか開きません。

  たいていは大きくてもガラスが曇って見えないものなんですね。その辺は
  どういう感じになるんでしょうか。こんな大きな開き窓はありませんから、
  しょうがないのかな、でも雰囲気は露天風呂に近いものです。

  どちらにしてもお風呂から外を眺めて、いろいろな事の戦略を練るというのが
  楽しみでもあるんですけどね。

  いっそのこと電動で屋根が開いて、露天風呂になるというのは話が面白ですね。
  大工さんに疑われますが。でもその話に乗ったというならまじめに考えます。
    
  

2011年7月19日 025

Comment

源造 says... "Everさん、こんばんは!"
自宅をつくる時に痛感したのですが、
今時の家は何が高くつくかって、
やはり設備費ですよね。

よく坪単価いくらとかいいますが、
家一軒に必要な基本的な設備は
大して変わらないわけで、そうなると、
小さい家ほど坪単価がアップしますよね。

ゲストハウスは、1期工事が一番カネの
かからない部分の工事で、2期工事に
カネの掛かる部分が集中していますよね。
ブログを拝見しながら、かなり泣けてくる
ものと推察していたところです。
2011.07.20 23:27 | URL | #bi94IFRw [edit]
エバー says... "こんばんは源造さん"
 そのとおりです。泣いてます。
営業の人間が言っていたとおり、坪単価は広い家ほど
安くなるというが良く分かりました。その意味から言えば

このゲストハウスは相当高いものになりますね。まあ考えれば
分かることですが、設備に手を抜くわけにもいきませんからね。

しょうがないですね、参りました。
2011.07.23 22:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1184-6c787ca7