森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

囲炉裏設置しました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 実はもう一ヶ月前から囲炉裏は来ているんですけど
  設置するのに大人数が必要とのことから、人手が集まるのを待っていました。

  今日は大工さんが6人来られるとのことで今日運搬してきました。

  重かったですね。


2011年7月18日 007

  いまどき囲炉裏なんて考えられませんけどね
  お湯を沸かしたり、暖をとるのではなく、酒の肴つくりなわけです。



2011年7月18日 013


  中は銅板でできています。灰40kgが同梱されてました。
  灰を入れるのは工事が終わってからです。雰囲気あるでしょう。

  色は一番濃い茶を指定しました。表面は半艶です。



2011年7月18日 014


  火鉢や五徳は注文です。鉄瓶は不思議ながら自宅に保存してあったものです。
  こんなものを使うとはよもや思いませんでした。


□ 今日は基礎を終了して、柱を立てる作業です。
  
  増設分の建物です。ちゃんと20度水平方向に回転させていますね。
  ここが面白いところで普通なら、そのまま付け足すところですが

  回転させたらコスト高になるかと聞いたら、それほど変わらないと言うので
  こうやって「くの字」形にまげてやったんですね。


2011年7月18日 023


  写真ではちょっと分かり難いですね、デッサンではこういう具合です。


gsthouse32.jpg


  実はこの下のスペースなんですけど、ちょっとした地下になるのでそれなりに
  部屋を作れそうな感じなんです。

  周りの人ももったいないねなんて言ったりして。

  捨てコンを打って、つまりコンクリートを適当に浅く入れて
  基礎を作ってしまいましょうか。

  どちらにしても興味ある床下ですね。





Comment

源造 says... "Everさん、こんばんは!"
あのデカい囲炉裏がついに据え付けられたんですね。ところで、この囲炉裏は夏場の使わない時期にしておくフタはあるのでしょうか?

鉄瓶が自宅にあったというのは楽しいお話しですね。ゲストハウスのおかげで、鉄瓶も第二の人生をスタートできますね。

チラッと見える五徳の脚はゴツくていいですね。この安定感がたまりません。

建物のほうですが、くの字に連結する部分の板金工事は、増築するときの板金の継ぎ目は雨漏りしやすいといいますから、板金屋さんの腕の見せ所ですね。

高床下の地面にコンクリを打つのは、建物の防湿にもよい効果が期待できそうですね。草刈りもしないで済みますし…。
2011.07.18 23:24 | URL | #bi94IFRw [edit]
エバー says... "Re: Everさん、こんばんは!"
 囲炉裏は夏も使いますね。料理用ですから。暑いかな?
蓋みたいなものは市販されていました、強化ガラスでしたね。

 もし必要なら木で作るつもりです。灰が飛ぶのであった
ほうがいいようですね。蓋くらいなら自分でも作れると思います。

 屋根ですが、こういうところには蛇腹のようなものが
あるみたいですね、タケノコがどうのこうのという見積もりが
ありました。屋根はベテランで腕がしっかりとしている職人
さんらしいですよ。前から聞かされていますので大丈夫でしょうか。

 地下についてはそうですね、建物の防湿までは考えていません
でしたがいずれ生える雑草のことを考えたら、コンクリのほうが
いいかもしれないですね。

 最近は以前に検討した、コンクリミキサーの購入をまた考えて
います。やっぱり買わないと駄目ですね。コンクリ自体が安いので
大いに使うべきでしょうか。
2011.07.20 09:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://greenfactory.blog50.fc2.com/tb.php/1183-855b1438