森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

ホットヒータ来ました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 凍結防止用に使う小さなホットヒータがきました。
  ボイラーですが中に納まっている水管コイルは水抜きができません。

  その代り、ヒータがついていて、凍結防止になっているのですが、それを
  下回る低温で、コイルの端の部分が凍結して破損しました。このコイルは

  ユニットになっていて部品交換ともなると、相当なお金が必要ですよ。


2016-05-21 ボイラー破損 013


       ボイラーは昔に比較して安くはなったとはいえ・・・


2016-09-30 保温マット 002


       それで使うのはこれです。ペット用のホットヒータです。たぶん一番小さいでしょうね。
       これは一日0.19円とかなってますから、そもそも電気代がかかりません。おまけに

       電線でないので安全です。これをボイラーの側板に張り付けて、周りを布団で覆って
       やるという策です。


2014年11月27日檜風呂完 003



       何しろ檜風呂でもやってます。これを仕込んで上に水をいれた容器を置いておきます。


2014年11月27日檜風呂完 008


       これがねえ、大根等を洗うもので、サイズがちょうどなんです、おまけに底に栓があって
       水も抜けます。ホットヒータを入れないと水が氷るでしょうね。-20度以下ですから。

       1月頃に覗いた事がありますが、中が湿気でムンムン状態でした。

       最初この問題を提起したときに、やれ棒状のヒータで水の中に入れれだとか、なんとか
       かんとか話がでましたが、結局助けてくれたのが、ペット用のヒータで実際に猫用に

       自宅で使ってました。ペット飼っているいる人じゃないと気が付かなかったかもしれません。
       ネコちゃんのおかげですね。


       注意 檜風呂は蓋をしますと、蓋の裏に水滴がついて、それが落ちてきます。
           それが底に溜まりますから、ホットヒータは底から浮かすことと、水滴が

          付くかもしれないので、防水処理が必要です。ビニール袋で包むだけで
          Okになってますが、くれぐれも水対策は個人が考えて下さい。



北の国から2016

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 昨日、日本ハムが優勝してくれました。
 
  もし日ハムが優勝したら、プレゼントを買ってあげると言っていたので
  奥さんもマジでした。

  大谷投手の力投が凄く、まさかのノーヒットノーランだってあり得るのかと
  思ってしまいました。野球漫画だってあり得ないは。

  何といってもソフトバンクを倒しての優勝というのは、野球は金ではないんだと
  いう事を思い知らさせてくれましたね、日ハムの平均年俸はソフトバンクの半分くらい
  ですからね、それを言えば、巨人を倒した広島だって、その通りじゃありませんか。

  日本シリーズは広島と当たってみたいです。(CSも終わってないんだけど)


2016-09-25 枝豆最後、スタイロフォーム 013

      (裏庭A↑)

   その栗山監督ですが、同じ名前という事で栗山に実家をおいています。暇なときには
   自ら草刈りしたり、野菜作りをしているらしいです。

   とってもいいですね、銀座のバーのお姉ちゃんとスキャンダルこいてた巨人の選手とは
   違うんですね。北海道というところは夢が多くて、開拓者精神も自然と磨かれてくるのです。

  


2016-09-25 枝豆最後、スタイロフォーム 014

    (裏庭B↑)


   こういう自然の中に暮らしていると、本来的に人間の精神に何を備えておかなければ
   ならないのかが見えてくるものです。

   北の国の黒板五郎さんと栗山監督にも何か同じようなもの感じるな。


   追伸  裏庭ですが、取りあえず開墾はしたものの、その後何をしていいのか分かりません。
       何かを作っておかないと、雑草林に戻るんです。なので、次から次へと建物を建てては
       無理やりにでも管理しなければならないようにしているんです。もう小屋は要らないので
       次は何でしょうか。アイデア出ません。


1013年7月12日美瑛 130xx



         ↑は富良野のニングル・テラスです。






   
   

防虫ネット来ました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 昨年途中までやっていた、建物全部を防虫ネットで覆うという考えですが、今年は
  1,8mx10mという同じものを6枚購入しました。防虫ネットですから、安いものですが

  竿に張らないといけないのでミシン掛けが大変です。もう使い方を忘れてしまいました。
  何枚かを結び付けて一枚物にすることをします。



2015年9月26日命綱 012x


       こんな感じで2週間ばかりセットして、カメムシが侵入してこないようにするんですね。
       破風の所にフックをつけて、カーテンのようにすれば簡単に防虫ネットで囲えます。

       ただし一番上の所にフックをつけられません。この間、屋根の業者さんが登った時にお願い
       すれば良かったですね。

        さていいアイデアを出さないとならなくなりました。





コンクリ作業

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ コンクリ作業をするといってなかなかできません。なにしろセメント一袋に砂と砂利を3から4袋です。
  それを10袋くらい持っていくとなると、トラックですね。エクスしかありませんから、何回かで往復する
  事になります。ましてやSUVでなければトランク詰めするとなると厄介です。

  以前に焼却炉を作った時には、ブロック100個くらい積み上げました。あの時、思いましたが舟で
  練るのは腰にきます。


2016-09-07 UH修理枝前収穫 002


     電動ミキサーを買っておきましたが、いまだに使ってません。


2011年美瑛富良野層雲峡 067x


    思い出すのは五郎さんの石風呂ですが、こればかりは無理ですね。木で作ったほうが早いです。


2011年美瑛富良野層雲峡 087x


   セットの為に造った石の家ですが、良く地震で壊れないものです。
   普通は石を上に積み上げられないものです。煉瓦で10段くらい積んだことがありましたが

   作っている最中に倒れました。ましてや、積んだ煉瓦の上に乗っかりながら、だんだん上に
   登って行くなんぞ信じられません。

   そうは言っても、このセメント作業というものは子供の泥遊びのようなもので、面白くてしょうが
   ないのですが、なにしろ難しい。

   最後の楽しみに残しておきましたが、いよいよですね。




2011年美瑛富良野層雲峡 089x



ボイラー凍結対策

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ヒータ入りのボイラーを凍結させたほどの寒冷ですが、床に裏からスタイロフォームを
  貼ることにしました。30mmでこれだけでも効果があるはずです。


2016-09-25 枝豆最後、スタイロフォーム 027

    高床式なので、床から貼るのは簡単です。



2016-09-25 枝豆最後、スタイロフォーム 006



     30mmのスタイロフォームをカットしてコーススレッドで留めました。
     一枚で足りないので、もう一枚買ってくることにしました。


2016-09-25 枝豆最後、スタイロフォーム 011


     最後の枝豆を収穫したので、家庭菜園の横ネットを外しました。これで鹿とかが
     入ってくるはずですね。


2016-09-25 枝豆最後、スタイロフォーム 009


    次第に紅葉が進み始めています。この時期、やりたいことが進められますが
    そろそろ札幌の自宅でもカメムシが見つかるようになってきました。
  
    森の生活の最大の敵ですね。


2016-09-25 枝豆最後、スタイロフォーム 003


    池の排水管に落ち葉が詰まるので、取り除いてやると、一気に出水するために
    あふれてしまいます。その場合を考えて、多少は溝を掘って、川のほうに誘導する

    ようになっています。こんな風に流れてきます。





ゲストハウスの嗜好

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 「森のアウトドアライフ」とは別に「北海道・極上温泉巡り100選」というブログも持っています。
   当初はブログにするつもりはなかったのですが、たまに行っていた温泉がどういうわけか奥さんの
   要望で定型業務になってしまいました。興味のある方はそちらのほうへもどうぞいらして下さい。

   そんな温泉旅行も重ねるうちに、古民家風の造りがとても、落ち着けるように思えてきました。
   どうせセカンドハウスを作られるのなら、思い切って自由に設計されるのもいいと思います。


2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 013


     大工さんに頼んで建てました。コンクリの基礎がないので、実はかなり安価に仕上げている
     のです。冬は使わないので断熱材も省きました。

     外壁の塗装も自分でしてます。キシラデコールですが、最初は透明、その後3年おきに
     濃い色で重ね塗りしていきます。最後は黒でしょうね。

     そんなゲストハウスですが、参考の一つにしているのが定山渓のフルカワで、定山渓にあって
     は個性的な宿ですのでご紹介します。



2016-08-30 定山渓ふるかわ 043


      外壁は黒ですね。古民家風なのです。これを参考にして玄関前に提灯を作ろうと
      思ったくらいです。



031xx.jpg



       オブジェクトが面白くて、炭俵ですが消臭効果があるので、部屋に置いておくと
       いいのですよ。これもネットで探したことがあります。今度、本当に購入してみます。
       囲炉裏があるので、実際に炭を使います。


2015年3月31日定山渓フルカワ 150


       こんな干物ですが、立派な飾りになってます。昔は冬の食べ物としてこうやって
       用意したものだと伺えます。北海道では冬に乾燥しますから、干したのですね。
       冬はハエもいないので、ちょうど良かったのでしょう。


2016-08-30 定山渓ふるかわ 116



        天井にもあって、もうこれは素晴らしい飾りですね。大きなホッケの開きでした。


2015年3月31日定山渓フルカワ 148



          別棟の湯宿の入り口ですが、朽ちているようなところが一層風情があります。
          汚いという感じがしないのは不思議ではありませんか。どうしてでしょうか
          外人の人はわかるんでしょうか、こういうワビサビというものは。



2012年定山渓ふるかわ 071


          ゲストハウスは温泉でははないので、こんなお風呂は作れませんが、このテイストは
          よくできたものだと感心します。


2012年定山渓ふるかわ 067


         札幌定山渓ですがまるで秘境にいるようです。建物は設計したのが
         札幌のオズデザインで、こういうリノベーション得意にしていますね。



2012年定山渓ふるかわ 008



         ふるかわのお部屋のお風呂は源泉で陶器です。ヒノキはありません。
         陶器でも入手できます。僕が調べたらヒノキ風呂と同じくらいの価格でした。

         こちらのほうが手入れ楽ですね。ヒノキは難しいです。使わない時でも乾燥
         させられませんので、桶に水を張ることになってます。



2013年9月25日支笏翆山亭 058



         ↑は支笏湖粋山亭ですが、これがお部屋についてます。上の部分だけヒノキですが
         これでも雰囲気は十分に味わえますし、大きさも自由に変えられますでしょう。

         最初に知っていればこうしたかな、と思います。周りに一杯ヒノキの材料を使ってれば
         香りは楽しめますでしょう。


2011年9月22日 020



         窓は床に近い位置にしましたのは、座っていながら外の景色を眺められるように
         してみました。大工さんに頼んでますので、どんな事もできます。

         大工さんからも言われました、何とでもなるよって。それはできないと言われたことは
         一度もありません。増築部分を設ける時も、斜めにつけてやったら、原価は変わらな
         よと引き受けてくれたのです。2バイなら無理ですが軸木在来なら確かに何とでもなり
         ます。



2011年7月18日 015

        あとは古いものを一杯もらってきました。今なら使いようがないですが
        置いておいても絵になります。



2011年8月9日 016

        
         こんな物でも、ネットで手に入る時代になりました。感じ方は人それぞれですが
         古いものほど今や新しいものになる感があります。親戚に見せたら評判が良く

         使わなくなったお琴があるからあげると言われました。お琴があっても飾りに
         なりますかね。




ゲストハウスの屋根

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 半年ぶりでゲストハウスの屋根に上りました。

2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 050

     梯子があるので上までは簡単に登れます。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 047


     この傾斜です、あらためて見ても、ぞっとします。写真でも寒気がしますから
     実際に登ると、こりゃ駄目だとすぐ思います。どうしてでしょうね、スキーなら

     降りて来れますが。そうか、スキーを履いていると思えばいいのか・・・
     そんな訳ないですね。上の梯子は予算をケチって垂木使ってますから

     すぐに折れます。損傷はありませんでしたが、もっといい木を使えば良かっ
     たかな。



2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 060


      ツリバナ開いてきました。鹿がこの実を食べずに、皮を食べます。
      皮を保護するために、ムシロを撒いてますが、それって変です。

      柳の皮みたく、ギザギザしていなくてツルンとしたもの好むようです。
      木は皮を食べられると枯れますから、道東の立木被害が発生している

      のはこれなんです。











自宅でチェンソーを使う

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□  自宅の庭はまったく手入れしていなく、凄いことになっています。
   雑草というより、木が生えてきて結構な太さになってしまいました。

   もう少しするとゴミ出しで枝・木・葉の曜日がくるので、電動チェンソーで
   切ってしまいました。たしか、安売りで5000円もしなかったと思います。

   実に良く切れます。頻繁に使ってますが、壊れてません。友人も良く切れると
   言ってました。



チェンソー手入れ

    ↑これはおそらく30年以上前の年代ものではないでしょうか、立派に現役です。
    この間アマゾンを見たら2万円台で買えるのにびっくりしました。

    古いのですぐに燃料がなくなるんですよ。でも始動するのにコツがあって普通の
    人では扱えません。もの凄い曲者です。おまけにもうチェーンが張れません。

    いきなり思いっきり紐を引っ張ると、プラグが濡れて初爆しません。最初はゆっくりと
    引いて、音が軽くなってくるまで我慢したら、そこで一気に動かします。

    止めてチョークを戻し、もう一度動かすという方法もありますが、そんな事しません。
    すぐにチョークを戻し、全開にします。

    今はバッテリーで動く電動チェンソーも出てきました。本当に使えるんでしょうか。
    電動が使えるなら本当にそのほうが便利です。



2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 009


    山ではドングリが一杯落ちてました。木の葉を見てもドングリがないので心配して
    いましたが、どうやら枝の上というか高いところに実がついているようです。
    良かったですね狸さん。



    

アメリカズカップが凄いことに

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 本日は祝日で別荘にも行かず、何気なくテレビを見たら、アメリカズカップの特集してました。
  このレースの事を知ってたのはもう30年も前の事ですから、びっくりしました。

  この頃、横浜に居ましたので、マリンスポーツをしていた知人・友人が一杯いましたので
  さんざん聞かされました。僕は海男じゃないので、興味もないし、なにより駐車場のない

  湘南に車で出かけるのはいつもひやひやもんでしたからね。ヨットというんですかうん千万も
  するお金持ちの船ですが、一人100万円もだして、何十人も集めればそれなりのヨットを

  買えるわけです。そうやって一隻用意して、休日となったら沖合に出て行ったわけです。
  僕は泳げず、潜れずですから、乗ってもつまらなくて、幸い船酔いもしなかったのですが

  誘われても断ってました。そんな、海男が一杯いるなかでアメリカズカップについては
  良く聞かされてました。


amescup.jpg



    何十年ぶりでそれをテレビでみました。そうしたら初めてアジアでしかも11月に福岡で
    されるらしいですね。興味がない人は分からないと思いますが、オリンピックが開かれる

    くらいの大事件ですよ。それもなんと日本のチームが予選で優勝したり、総合2位だったかな
    凄い位置にいるんですね。まったく昔の事を考えたら想像もできないです。やっぱりソフトバンク
    の資金力なんでしょうか。(借金も国家的規模だけど)

    よく見て下さい、あの白い犬(お父さん)の絵が帆に書かれてますね。格好いいですね。
    
    それと船体がまるで昔と違うのは双胴で、スピードを出すと水中翼船みたく浮くんです。
    カーボンで6トンくらいの重量ですから、場合によっては飛べるんじゃないでしょうか。

    どうなんですか、飛んでもいいのでしょうか。漫画で沈黙の艦隊が空を飛んだという  
    シーンがありましたが。(爆圧を避けるために洋上に飛んだ)

    日本シリーズでソフトバンクが優勝すれば10月末、アメリカズカップが11月18日から
    ですので福岡は大騒ぎになるでしょう。

    なので、野球は日ハム優勝でお願いしますよ。




枝豆食べてます

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 枝豆の収穫時期でビールのおつまみに茹であがったのを食べてます。
  茹でたてよりも、冷蔵庫で一日置いたほうが美味しいかもしれません。

2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 085


       枝豆は熟す前に収穫します。皮が黄色くなってきて汚いように見えますがぎりぎりまで
      待つと中身は実が詰まってパンパンになります。ですからお店で売っているのは脱色して

     染めているという話もあります。これが本当の枝豆の色ではないかと思います。
     (豆の種類によっては違うかもです、味にうるさいですけど種類にはうるさくない)

     味はまったく違います。大豆と男爵イモを合わせたような触感で、食べ始めたら止ま
     りません。

     一度にボール一杯くらいは食べます。完全に食べ過ぎですが、お腹がおかしくなった
     ことは過去にありません。強いて言えばビールの飲み過ぎのほうが心配です。


     美味しいですよ。動物も分かると見えて、ウサギ、鹿、たぬき、ネズミみんな狙って
     きますが、あげないもんね。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 065


     ガーデニングの庭の真ん中にネットで覆ってありますが、これはひとえに枝豆の場所で
     いかに自分が枝豆に拘っているのかが、お分かりいただけますでしょうか。

     最後は枝豆の茎を残して、ネットを取り外しますと、さっそく鹿がやって来て、それを
     食べつくしてくれます。豆が美味しければ、茎も葉も美味しいのでしょう。

     少しは豆も残してあげておくからね、小さいものだけど。



ボイラー修理終わりました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ゲストハウスのボイラーですが、銅パイプが破裂してました。水抜きはせず、管路にヒータがついている
 タイプなのですが、それでもヒータから遠いところが凍結してひびが入ったのですね。もともと住んでいれば
 ボイラー室が-30度にもなるはずもなく、問題がないのですが、僕の場合はまれなケースです。

   対策はもう考えてあって、保温することになります。使わないでしまっておいた古布団をボイラーに巻き
   床からの冷気をスタイロフォームで断熱します。それでも駄目ならペット用のホットカーペットを側板に
   あてておきます。それなら大丈夫でしょう。しかも朝方のみ冷え込むのでタイマーを買ってありますので
   時間で電気代を節約することになるでしょうね。

  
2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 018

           ゲストハウスです。本格的には使ってません。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 030


          囲炉裏を用意しましたが、あまり煙がでるものは換気扇が小さいので
          匂いが残ってしまいますね。炙り程度ならいいのですが、焼肉は無理です。



2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 020



          ヒノキ風呂はカビ止してあるので、異常なしです。久しぶりに洗いました。
          ヒノキ風呂の周りのベンチなんですが、そこで寝るもしくは寛ぐように

          作ってあります。ヒノキ風呂は痛いので寝風呂ができないんですね。
          西洋バスのように。それで周りにベンチを作ってここで、寝れるように
          してあるんです。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 025

 

          脱衣場からはお風呂場が見えないようにしてます。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 017


           襖窓を取り外すと、お風呂場がモロですので、やはり取り外さないほうが
           どちらに居ても落ち着くようです。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 021


          絶対に外せないのが、ヒノキの桶です。音がまるで違います。
          カーンという甲高い音が出ますので、まるで大きな温泉に来ている
          かのような気分になれます。普通の木でも駄目です。椅子はどうでも

          桶はヒノキです。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 023


          自作の湯道です。これでもお湯が下に回り込まないように、溝を掘って苦労して
          るんですよ、この間、ラビスタ阿寒川に行ったら、同じような事してました。



2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 029


          西側に大きな窓を開けて、開拓地を眺められるようにこしらえたのですが
          草ぼうぼうで密林に戻ってしまいました。

          
□ 気持ちのいい秋晴れで羊蹄山も綺麗に見えました。手前のイタドリが枯れてきて綺麗には
  見えませんが、ぼやぼやしていると初雪の便りが聞こえることになります。


2016-09-21 ボイラー、ポンプ修理OK 001


        今回測量に入った土地を確認するために、西のほうに入ってみましょう。
        測量するためにご苦労な事ですが、草刈りしてくれたので、さらに丁寧に

        上書きでやってみます。







ブルドーザの修理

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 燃料が漏れて、噴き出している箇所が分かってました。でも工具は持っているのですが
  狭い処なので外せるのか不安でした。実際やってみると簡単に緩んでほっとしました。

2016-09-20 ブル燃料漏れ簡単修理OK 005


    ここですね、新しい部品を付けましたが、ネジが傷んでいるので漏れが止まるかどうか
    わかりません。燃料を入れてみれば分かりますが、燃料タンクがヘドロ状態なのと
    水が入っているので、綺麗にしてからにしました。



2016-09-20 ブル燃料漏れ簡単修理OK 001



    原因はこれです。水抜きの為にドレインコックを付けていたようですが、見事にひびが
    入ってますね。水が凍って膨張して膨らむので、割れるのです。

    以前にウオッシュレットのタンクを割りました。(水抜きが不十分だった)
    お風呂のカランを割りました。(水抜きが不十分だった)

    ボイラーの銅管コイルを破裂させました。(ヒータ付きだったのに、それ以上に冷えたから)
    
    数々水抜きの関係でタンクにヒビ割れさせているのですね。

    これが-30度の喜茂別の冬なのでしょうか。普段では起こり得ない事が発生します。



2016-09-20 ブル燃料漏れ簡単修理OK 011

    
     今日は寒かったですが、10月の天気だったらしいです。晴れてましたが涼しい感じでした。
     でも、汗かくのでツナギの下脱いでTシャツになりました。



2016-09-20 ブル燃料漏れ簡単修理OK 012


    まだ緑が多く、紅葉とまでは行ってません。今年は遅いのかな。



2016-09-20 ブル燃料漏れ簡単修理OK 007


    ボロに見えますが、機械も愛情です。ちゃんとエレメント交換とグリスアップしておけば
    エンジンが駄目になるまで頑張ってくれます。たいていのエンジニアでももう部品がないとか

    言って修理しないものですが、部品がなければ改造すればいいだけです。
    機械はコンピュータと違って、原理が分かればなんとかなります。と思いますが・・・

    (そうは言ってもかなり苦労してます、いや本当に)





秋晴れの日

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 連休の最後の日は230号線が渋滞しますので、早めに帰ります。
  ですから空を眺めながらぶらぶらしたあとに、3時ごろには帰りました。


2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 001

     収穫したミニトマトと枝豆です。早速帰ったら、茹でてビールですね。


2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 064


     行楽地に行かれた方はいい天気に恵まれましたね。紅葉にはまだまだ早いですが
     夏の終わりを満喫されましたでしょうか。



2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 029


   この間、砕石のダンプ兄さんに言われていた、枝ですが切り落としておきました。
   木が次第に伸びてきて、ここの道もトンネルのようになれば、かっこういいのですが

   冬には雪で、そのまま曲げられて通行できなくなります。どうせ両側はハンノキと柳
   ばかりです。



2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 025



   白樺でさえも紅葉はしません。茶色になったら、そのまま落ち葉になってしまいます。
   


2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 007



    花はもうこの紫色の小菊みたいな(?)ものしか残っていません。虫が最後の蜜を探しに
    群がってました。


2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 005


    でもこれからバラは咲く気が満々ですね。赤くなりながら蕾を一杯に用意し始めました。
    やっぱりバラは凄いな。



2016-09-19 バラ薬散布と枝豆収穫 026


    暑くもなく寒くもなく過ごしやすい時期です。沢ですがいくら覗いても何もいません。
    今日は久しぶりに、スズメバチに遭遇しました。ネットの家庭菜園の中にいましたら
 
    ネットを潜り抜けて、強引に侵入してきたんですが、車庫に撃退用のスプレーを取りに
    行っている間にいなくなりました。やっつけてやろうと思いましたが残念です。

    敷地の奧のほうに狸の糞がありました。同じところにするのですぐに分かります。
    いたんですね。元気にしていたんでしょうか。












サラリーマンの終活

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 購読紙は日経新聞ですが、最近は止めました。ネットを見ていると新聞と内容が同じで、しかもネットのほうが
  早いわけですから月に朝刊だけで3,925円払っていたこと自体、今思えば信じられません。ですから新聞を
 
  はなから購読していない人も多いのですが、当然と言えば当然でしょうね。特に株価なんかは前日の株価を
  関連記事を含めて4面使っているのは紙資源の無駄に思えてきます。

  ということですが、日経ビジネスだけは購読しておりまして、今日の記事は定年後の備え方に関するものです。
  購読者自身が高齢化しているのでしょう、この手の特集も多くなりました。


nikkeix.jpg


   内容をかいつまんで言いますと、人生90歳で寿命を計算すると60歳定年から30年は生きるとして
   (健康に)時間的に言うと10万時間らしいです。時間で言われてもピンときませんが、第二の人生を
   ちゃんと考えないと持て余すというお話になります。医学が進んで2人に1人は癌で死亡するという統計

   がありますが、もし癌が撲滅できれば、さらに飛躍的に寿命も延びるわけで、いまや60歳は人生の

   折り返し地点のちょっと行った程度となってしまいました。そうなると後半戦をどうするかはまじめに考え
   ないと、太く短く俺はぴんぴんコロリなどと軽口を言ってられなくなるのです。

   本誌はその生き方の中で、何をするにしても52歳くらいから考え準備していなければならないと書いて
   おります。準備期間に8年から10年は必要とのことです。

   その中にもありますが、自分も含めて田舎暮らし推進派でありますから、田舎でどうしたいのかという 
   ことを考えてまいりましたが、たしかに50代から計画しておかないと退職後すぐにはとりかかれないです。

   思うに40代の頃からここの土地があったわけで、そのころ果樹園でも作っていれば今頃はリンゴ、カキ
   クリ、サクランボ、ブドウなんかがたわわに実っているはずなわけです。

   残念ながら1本もありません。桜も植えていればお花見は自分の庭でできていたのになあと後悔して
   おります。春の桜は貴重ですね、これから土地を考える方には少なくてもすぐに桜や実のなる木を

   植えることとお勧めします。(動物にやられないようにはしないといけません)


2014年5月18日柵製作中 021


     裏に偶然1本あるのですが(先代のおばあちゃんが、どこかから山桜を持ってきたのでしょう)
     これが前の庭に20本くらいあったら、それだけで大騒ぎになります。毎年親戚がきて花見に
     なるでしょうね。奥さんを毎年花見に連れて行かなくてもよくなります。

     ちゃんと若いころから計画をたてて実行していかないと、後で後悔するものです。樹木をみて
     日経ビジネスの内容とかぶるものを感じさせられました。

     人生60歳で折り返しか・・・・これから果樹と桜を植えるかな。



     

測量しています

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 230号線の拡幅工事に伴い、どういうわけか周辺の土地も改めて境界を測量しています。
   どうして分かったのかといいますと、分かるも何も、家の周りに境界石を打ち込んでます。

  近くで刈り払い機の音がするので、様子を見に行ったら、測量の人と出会ってお話をしてきました。


2016-09-12 部屋大掃除 024

   「いやー大変ですね」  
   「この辺、ぬかるんでいて歩けませんよ。
   「そうなんですよ、沢を氾濫させて管理してないからです」
   「あの沢ですよね、飲めるような綺麗な川になってますよ」
   「側溝掘らないとこうなるんです」
   「ハンノキとか柳は切ってもいいですか」
   「もちろんですよ、バンバン切って下さい」


   なんかいいながら、お兄ちゃんとお話ししてきました。おかげさまで境界石の地点を
   全部草刈りしたようですので、助かりました。こっちが今度はアクセスしやすくなりました。



2016-09-12 部屋大掃除 010

   この笹があるところは、切るのは容易ではありません。


2016-09-12 部屋大掃除 008


   笹刈しないと、地面がどうなっているのかもさっぱり分かりません。
   こうやって笹刈すると、初めて形状が掴めるようになってきます。左にまだ
   笹がありますから、分かりますよね。意外にいい土地だったりします。



2014年7月10日美瑛 349x


     ファーム富田さんの畑でも最初はこんなふうだったんではないでしょうか。


2014年7月10日美瑛 344x

 
    北海道の土地には夢があっていいですね。




屋根の塗装を考える

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 基本的に塗装は誰でもできます。ローラを使えばプロもアマもありません。

2016-09-12 部屋大掃除 019


    この小屋の壁は自分で塗ってます。キシラデコールです。足場を自分で組みました。


2016-09-12 部屋大掃除 030


     この屋根は上ると意外に急こう配に思えます。でもロープを使ってなんとかできる
     ような気がします。場合によっては今年、半分塗って、また来年残りを塗るという芸当も
     できます。

     しかし、正面に見える母屋は・・・ロッククライミングの技術でもマスターしない限りは
     登れませんね。だからと言って、業者さんがいう足場を組むなんか、絶対にしたく

     ありません。





夏の終わり

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 日中も暑くなくなりました。もう夏も終わりなのでしょうか。そういえばカブトムシもまったくいなく
  なりました。今年はスズメバチもまだ見かけてません。蝉もすくなかったし、虫たちにとっては
  居心地のいい年ではなかったのでしょうか。


2016-09-11 草刈り2 023

     地面にはなるべく朽ちた木を置いてまして、クワガタが産卵しやすいようにしています。
     


2016-09-11 草刈り2 011x



     母屋の100mくらい後方に沢の支流があって、二股に分かれています。一方が
     池のほうに流れていますが、時々水量が少なくなってることがあり、見に行くと

     枯れ木が詰まり、流れなくなっている場合があります。水量調整は石を置いて
     堰き止めるだけで調節できます。ここに日本ザリガニが一杯いたのですが・・・



2016-09-11 草刈り2 035


     北海道って、暑いなって思ったら、急に涼しくなりますね。本州では今頃がちょうど良いのでは
     ないでしょうか。スーツを着ても、汗ばむことがなくて着やすくなるでしょう。今はそうでもないの

     ですか。温暖化でまだ暑いのでしょうか。






雨の被害

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 森の中で雨の被害というのはあったことがありません。沢の水は確かに増水してますが河川のように
  氾濫するということはないです。ただ沢を覗き込むと、とても川底がきれいになっていて、川石が見える
  ようになっています。沢は腐葉土が分解されたような、沈殿物が堆積するので川底に泥が溜まります。

  土砂のような泥ではないのですが、とにかく増水すると洗い流されて綺麗になります。


2016-09-10 雨の草刈り 018


    土が溜まるとそこに植物が生えてきますから、その原因で沢が塞がれ氾濫することになります。
    ですからこのように大雨で沢が掃除されると都合がよいのです。今回の増水で川底が掘られて

    蛇行に変化がでできました。深い処と浅いところが作られて、生物が住みやすくなったようにも
    見えます。なんとなく自然に見えますね、ここはもとただの側溝だったところなのですが川(沢)
 
    らしくなってきました。もっと蛇行させてみたくなりました。



2016-09-08 砕石ダンプ2回分 018

    今年の木工仕事ですが、忘れてました。シャッターの上にもう一つ屋根を付ける予定でいました。
    これがないと雪庇が落ちて、シャッタを塞いでしまい、除雪に手間取るからです。

    シャッターを開けてしまえばブルがあるので、そのまま出てきて雪を払いのけれますが
    シャッターを開けるまで一苦労しています。こういう車庫は雪国では駄目ですね。



shako01.jpg


    必要な材料は89角の10ftの柱2本と、束石二つだけです。あとの材料はあまったので
    できます。ただ、ホームセンターに行って買ってきますが、車の上に積んで来るのが

    いまいち心配です。荷締め機で縛ってくるのですが、こういう大型の材料を自前で運搬
    するのって大変ですよね。近くに木材屋さんがあって、まとまればすぐに持ってきてくれる

    ならいいのですが、町内にはないそうです。



2016-09-08 砕石ダンプ2回分 022



    まだ緑色してますが、次期に紅葉します。ぼやぼやしているとあと3か月で終わりになります。
    
    今年は何としてでもロータリー除雪機を動かして、冬にもここにきて仕事ができるようにするのが
    夢です。半年しか使えないのであればもったいないです。



2016-09-08 砕石ダンプ2回分 010

     ツリバナはまだ緑のままです。ナナカマドは赤くなり始めました。






砕石入れました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 進入路の砕石の依頼をしましたら、今日の都合がいいということで早速行ってまいりました。
   実は別荘の隣が砕石屋さんなので、一番近いわけです。砕石というのは運搬費がかかるので
   近ければ近いほどお安いわけです。


2016-09-08 砕石ダンプ2回分 026

  砕石を入れるほどの理由はありませんが、次に控えているのがロータリー除雪機なので
  一応足場を固めるために砕石を入れてます。

  ところが入れる場所の手前に大きな枝がありまして、そこにダンプがぶつかるというので
  希望の場所のかなり手前で下してもらいました。

  しょうがないのでそこで荷卸しをしてもらって、あとはブルで均しておきました。
  これで進入路はとても綺麗になりました。



2016-09-08 砕石ダンプ2回分 025


   以前は雨が降ると水溜りになり、ここを通ると車が泥だらけになります。
   まるでラリー車みたく汚れてましたので、これで少しは良くなるのでしょう。



2016-09-08 砕石ダンプ2回分 002


   必ずバラのチェックをします。黒星病が出ているんで今度は薬の散布ですね。
   でも赤も綺麗ですが黄色も綺麗ですね。ツルバラの黄色復活させるつもりです。

   
2016-09-08 砕石ダンプ2回分 014


    もう秋なんですね。何というキノコか分かりませんが出てきます。
    どんなキノコでも恐ろしいので食べません。このキノコのおかげで土壌が
    豊かになるらしいです。いいじゃないですか、よろしくお願いします。




2016-09-08 砕石ダンプ2回分 020


    本日の帰りに中山峠に向かう登坂車線で覆面につかまってました。
    黒のスバルです。以前はグレーのレボーグでしたが、今回は黒です。
 
    スバルに詳しくないので、レボーグかどうか自信ありませんが2Lにターボを
    つけた車種です、。たぶんレボーグです。横道に待機していて、いきなり
    飛び出してきて捕まえます。いくら後方をチェックしていても、気が付かない
   
    ことがあります。札幌から喜茂別へ向かう時には簾舞を過ぎたあたりで
    パンダのパトにつかまってました。あそこは60km制限ですので80kmだして

    いれば入れ食いです。皆さん、事故を起こさないで安全運転するのと捕まるか
    どうかとは別次元の問題ですから、どうか注意して運転してください。





   

重機整備に入ります

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今年の木工は終わりましたので、重機の整備をしようと思っています。ちゃんとエレメントでも
  交換しないと、急に動かなくなることがあります。オンボロですが、これがないとまったく困ります。

  見た目はボロですが、単純な機械ですから中身が良く分かります。


2016-09-07 UH修理枝前収穫 006

  
       壊れても自動車と違って修理してくれるところがありません。
       あるにはありますが、とんでもない修理代が請求されます。

       もう何が何でも自分で直す覚悟が必要です。



2016-09-07 UH修理枝前収穫 005


       今日は立木にぶっつけてへこんだ、カバーを修理しました。


2016-09-07 UH修理枝前収穫 008


       紫の小菊ですが綺麗ですね。これを畑一杯植えたいです。



       

プロとアマの違い

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 大工工事もそうですが内装工事もいつも見学させてもらっています。と言ってもそばで黙ってみている
  だけですが。先日の屋根の修理ですが、いつもお世話になっている板金屋さんです。その方たちの

  仕事を見ていると、まず違うのは安全に対する配慮だと思いました。大きな会社だと高所の仕事は
  ヘルメット着用ですが、それはしてませんでした。そのことはどうでもいいのですが

  足場を組むときに、外れやすい箇所を番線で縛ってました。これは自分の場合はしません。


2016-09-04 笠木修理成功 010



     それと足場に単管パイプで補強をしていますね、地面にはちゃんとベースジャッキーで圧力を
     かけてました。僕なら単管を地面に打ち込みますが、ジャッキーは使いません。

     見ていると分かりますが、安全対策を十分にしています。以前にも高さ3mの梯子を掛けるときに
     近くの柱にロープで結んでました。

     DIYで自分で仕事が出来る人は一杯いますが、プロと違うのは怪我が多いです。
     その点、見習うところ多いです。それと番線をつかってましたが、トタン屋さんなので

     トタンを7mm幅にカットしたものを、番線変わりに結んでました。もちろん使い捨てで
     カットしたあと拾って帰りますが、こういう廃物利用もされるんですね。

     焼きなまし番線で、固定するのは梱包の時に良くやりますが、こういう使い方をするのは
     勉強になりました。



2016-09-03 バラ柵追加完成 018
2016-09-03 バラ柵追加完成 017


    雨が続いて、北海道ではまた地盤が緩みそうです。畑では芋と玉ねぎが駄目になって
    カレーライスの材料が高騰するって言ってました。畑の土がもう元に戻らない可能性も

    あるとかです。この収穫時期に被害に会うっていうのは本当にきついですから
    農家の方のお気持ち良く分かります。

    長雨が続いて喜んでいるのは苔くらいなものでしょうか。


とうきび食べられました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ この間の台風で家庭菜園のとうきびが風で倒されました。
  あまり出来が良くなかったので、期待してませんでしたが、何者かに食べられた跡がありました。


2016-09-04 笠木修理成功 018


     下に倒れているものが食べられていますので、ネズミでしょうか。ネズミのわりには
     大胆で狸的です。



2016-08-29 測量立会 003



     この家庭菜園は、完全にネットで覆われてますので、中にはいれませんが、一番下の
     ネットの隙間からは入れます。入れるのはネズミ位なので、ネズミなのでしょう。



2016-09-04 笠木修理成功 021



      そうすると枝豆がやられてないのが腑に落ちません。枝豆はまだ食べ頃でありませんが
      あと一週間でしょうか。ネズミはそれを待っているのかもしれません、本当に。

      ネズミにやられる前に収穫しないといけません。ネズミは穴を掘って侵入してきますので
      防ぎようがありません。どうか食べないでってお願いするのみです。



2016-09-02 台風被害あり 021



      各地で悲惨な状況の河川氾濫ですが、我が喜茂別川はこんなものです。
      ここから暫く下流に行くと、国道と高さが近くなるポイントがあります。そこでは
      氾濫する可能性があります。

      ここはカーブで川幅が広いので大丈夫ですが、川岸を削っていくので白樺が倒れます。
      昔はこれを使って中州に渡ったりして遊んでました。




      

台風被害2

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今回の台風で屋根の一番上にある笠木というトタンが飛んでしまいました。
  板金屋さんがきてくれて、修理してくれました。なじみの板金屋さんで、ここの小屋の屋根も
  やってくれた業者さんです。



2016-09-04 笠木修理成功 002


    母屋をしてくれた板金の業者さんは違う業者さんだったので、ちょっと最初の思惑と違ってた
    らしいです。
    屋根は縦張りと横張りがあって、母屋は横張りです。縦張だと長尺の板金を折り曲げて

    ハゼ締めしているので、そこに雪の流れ止めをつけることができます。良く見るストッパーです。
    これを付けることによって、それを足掛かりにして登ることができます。

    よく見ると分かりますが横張りだとその金具が取り付けられません。急遽、自分が持っている
    足場を3段組むことになりました。



2016-09-04 笠木修理成功 009



    それから屋根に木製の梯子を2本連結して載せました。あとは上にあがってしまえば
    僕には怖くてできませんが、お手のものです。


2016-09-04 笠木修理成功 011


   下地になっていた板を取り換えて、もう一度トタンを付けて無事終了です。もちろんコーキングも
   ちゃんとしてくれて対策完了です。


2016-09-04 笠木修理成功 004



    僕も上がってみましたが、足場の上だけで遠慮して止めました。業者さんも相当な高さだと
    驚いてました。


2015年2月17日雪堀 021


     でも春になるとグランドラインがここになるのです。これなら仮に滑落してもケガすることは
     ないかもしれませんし、足場も要りません。この梯子を数本使用して横に板を取り付ければ、
     自分で塗装することができないわけではありません。

     技術的には塗装は誰でもできます。ローラのほうが作業性がいいですが、容器がいるので
     大きな刷毛と缶でやったほうが安全でしょうか。

     一番いいのは、油性の塗料を使って、コンプレッサーとスプレーガンで塗ってしまうのが
     一番安全で早いです。仮に塗料が飛んでも、周辺に迷惑がかかるものでもなく、いつも
     階段の塗装にやってることです。

     雪が多いのは大変ですが、雪があることで助かることもあります。さて、屋根が傷むまでに
     どうするか考えることにしましょう。



     
    

台風被害がありました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 台風のせいでバラ柵が崩れました。あんなものなら、手で押しただけで倒れますから
  想定内ですが。折れているわけではありません。

2016-09-02 台風被害あり 005


2016-09-03 バラ柵追加完成 004


     もう一度修正して、▲印のバーを追加しました。下の隙間から鹿が入らないようにです。
  


2016-09-03 バラ柵追加完成 005



     束石に溝があって、2バイ材料がそこに納まります。これを利用すると簡単にできます。
     使ったのは1x4です。


2016-09-03 バラ柵追加完成 006


     横の部材も斜めに付けてます。このほうが上からの雨が溜まらないし、横風にも
     強くなります。(と思うのですが)



2016-09-03 バラ柵追加完成 013


   
     一番心配していたのはゲストハウスに乗せていた、踏み梯子ですが、大丈夫だったようです。
     


2016-09-03 バラ柵追加完成 026



      台風の進路からして、東から西に風が吹いてましたので、ゲートが開かれる側に
      風圧がありました。この錠前の所が壊れてました。コーススレッドを交換して終わりです。
      木材が破損してなかったので簡単でした。教訓、ネジは一杯打つべしです。

      災害時に違いが出てきます。



2016-09-02 台風被害あり 026


     外に置きっぱなしのテーブルセットも特に問題がありませんでした。
     この間、作ったコンパネのテーブルもです。



2016-09-02 台風被害あり 032



     「雨が降れば森に行け」ですが、ごらんの通りに緩やかな傾斜がありますので
     雨水は溜まることなく、川に流れるようになっています。

     大雨の時の流れを把握しておかなければなりません。









札幌30度越え

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 道東のほうの冠水・氾濫被害は今までも見たことがありません。もともと北海道の建物は耐雪構造に
  なっているので、家が丈夫にできています。その上基礎が高く、本来ならば床上浸水というのもあまり
  ないのですが、台風3本というのにはやられました。被害に遇われた方にはお見舞いを申し上げます。

  今日の北海道は32度というとこともありまして、本州並みの暑さになりました。昨日までは短い夏の
  北海道を惜しんでおりましたが、やはりもう暑いのはいいです。一気に秋でも構わないと思うようになり

  ました。


2016-08-29 測量立会 014


   ネットワークカメラがないので現地の様子が掴めません。たぶん大丈夫だと思います。
   バラの柵も補強をしてきましたし。


2016-08-30 定山渓ふるかわ 085


   一番台風の酷いときに、定山渓の温泉にいました。これは翌日の「森の別邸」という足湯の
   あるところです。宿泊客は500円、そうでなければ1500円です。

   中では水出コーヒもスイーツも食べ放題なので、足湯に入りながら寛いでいる人がそれなりに
   いました。

    温泉ですが滝になっています。これだけの大きな石があれば、バックホーで吊って人口の
   滝を作ってみたいものです。


2016-08-29 測量立会 016


     胡桃はまだまだです。枝豆がそろそろですので、注意しないと動物たちに狙われる時期に
     なりました。まさかネットに穴をあけて侵入しないでしょうね。