森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

屋根梯子の構想

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 材料を買って屋根梯子を設置しますが、危険なので手すりをつけようと思ってます。

  登れますが、降りてくるときに相当怖いです。また足が設置するところは階段のように
  水平にしておくほうが、昇降しやすいです。いろいろ考えてます。


gesthasigo.jpg


    今度はここの製作に入ります。



ゲストハウス踏み梯子開始

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ エクスの中に単管パイプを入れて棚を作りました。2mの垂木を運ぶためです。

2015年8月30日ゲスト梯子 001

   困ったときの単管パイプです。


2015年8月30日ゲスト梯子 002


   これをやると2mを積み込めます。残念ながら3mは危ないですね。
   フロントガラスまで行ってしまいます。

   垂木ならこれで50本は運べます。


□ ゲストハウスのほうの仕事始めました。
  
  先ずは梯子を立てます。

2015年8月30日ゲスト梯子 006


□ それで試しに登って気が付きました。



2015年8月30日ゲスト梯子 007


   
     もうちょっと左30cmくらい横だったですね。

     高所恐怖症の自分なので、果たして梯子を完成させたとしても
     棟部に登れるんでしょうか。








エクストレール積載量

Posted by エバー on   3 comments   0 trackback

□ 手持ちのエクストレールですが、後部座席を倒すと180cm積むことが可能です。

   しかし、2x4の材料とかコンパネも183cm位ありますから、あと3cm足りないんですね。


DSCN1099.jpg


   こういう時には、ボックスで浮かし、少し斜めにしてあげると、入ります。


DSCN1100.jpg


   あと3cmくらいなんとかしないんですかね日産は


□ 今度は垂木を買いますが、2mあります。垂木は2バイじゃないので、2mなんでしょう。
  そうするとスキーキャリアに乗せるかになりますが、このキャリアの積載量からいくと

  大量には無理です。バーが曲がってきます。


2015年8月27日窓完成 035




□ それでどうするかというと、助手席のヘッドレストを外し、車の中に台座を設けて
   座席以上の高さにし、2mが車内入るようにします。たぶん垂木なら50本は積めます。

   エクスでさえこんなですから、みなさんはどうしてますか?レンタカーでも出来ますが
  面倒なので、これで運びます。

   僕にとって木材の運搬が頭痛の種です。

   (別荘の場所は運搬してくれません、専用業者をたのむことになると割高です)


  

トンビの子供現る

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 以前に一羽しかいなかった、トンビですが、いつの間にカップルで飛んでました。

  このことはブログに書きましたが、その後、5羽になってました。今日、随分空が
  にぎやかなので、見上げてましたら、5羽います。


2015年8月28日草刈と窓 003


    4羽しか撮影できませんでした。というよりあまりにも標準レンズでは撮影できません。



2015年8月28日草刈と窓 005


   こちらは望遠レンズで撮影したものです。
   一気に3羽ヒナが孵ったわけですね。それはおめでたいです。

   

2015年8月28日草刈と窓 020


    久しぶりに草刈りしました。バラの囲いの周りもやりました。


2015年8月28日草刈と窓 018


    ミントの花が咲き始めたんですよ。本当はもう収穫の時期なんですけど
    今年は畑をしなかったんで、まったく何もありません。やっぱりさびしいです。


ゲストハウスの棟部の踏板梯子

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今年最後の仕事の一つですが、ゲストハウスに棟部に安全に歩くための
  梯子を設置します。他の小屋もそうですが、てっぺんに登れて、安全に歩ければ

  雪下ろしは回数だけの問題になります。そこで梯子を作るわけですが
  ちゃんと考えるととんでもないものになりました。


hasigo001.jpg


  これを15mも作るの! 費用的には一番安い垂木を使うので、1万円くらいでできるのでは。
  できるだけ斜めに加工しないように、考えましたが、それでもこうなりました。

  思いのほか、結構な大作になりそうです。

  しかも、分割にして、屋根の上で長手方向に連結することになります。一度に運べないので。
  さらに、冬が終われば回収します。

   できるかな?



  

窓枠完成しました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ やっと完成しました。今日は立て板を取り付けました。

2015年8月27日窓完成 002


    普通なら見たところ、これで十分ですが、これでもまだ不安があります。


2015年8月27日窓完成 016


    コンパネを2枚重ねて、相当数のコーススレッドで取り付けました。
    これなら大丈夫でしょう。最後にキシラデを塗装して終わりです。


2015年8月27日窓完成 034

    夏も終わりました。樹液の出る木には、もうクワガタがいません。
    地面を蝉が歩いてました。

    もうこのセミも最後の蝉です。


2015年8月27日窓完成 013


   生命力旺盛なのが、バラで、何もない枝からこの蕾を出すまで
   一週間くらいです。どうやら鹿は柵を越えないようです。

   バラすくすく育ってます。








ようやく窓枠完成へ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 完成してないですよ。ここでやっと材料が切れました。

  手持ちの全材料を使いはたして、買付しなければならない段階です。

2015年8月25日窓製作 002

  はい、ここまでです。ひとえに材料と言っても12ftと言えば3.6mはありますから
  どうやってもってくるの?と言う長さになります。レンタカー借りてもいいですが
  面倒臭いわけになります。思案中です。



2015年8月25日窓製作 020


   これ見てください。雪囲いに使った板ですが、見事にコーススレッドがせん断されてます。
   なので、これに耐えるだけの構造も、使用するネジ釘の種類も考えないといけないわけです。

     もう簡単にぶち切れします。


2014年2月26日ゲストハウス滑落 014


   まあ、これを見ればわかりますが


2015年8月25日窓製作 011


   ガレージハウスの上から撮った写真です。こんな低い小屋でもビビりますから
   ゲストハウスは分かりませんね。


2015年7月26日柵半分 010


  この上に乗っただけでもビビる。



夏も終わり

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ たぶん北海道以外ではまだ残暑なんでしょうね。こちらはもう秋風が吹き始めています。
   寝るときには窓を締めないと、寒いです。

  
2015年8月24日窓枠中 011

   最後のクワガタの用です。一匹だけ残って、樹液を吸ってました。今年はカブトムシが
   いませんでした。


2015年8月24日窓枠中 005


   例の仕事はまだ続いてます。完成形には近づいてます。
   そろそろ手持ちの材料を使いはたして、入手を思案中です。


2015年8月24日窓枠中 003


   端材で梯子も作ってます。手すりの長さが違うところがありますが、あれは重いものを持って
   梯子を上るときに、途中でひっかけて休憩するためのものです。






ゲストハウスの雪対策

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ いろいろやってますが、端材が一杯でてきました。
  で、何をするかというと梯子を作ります。ちょうど長さ30cm位の
  端材が相当数いるので、ちょうどいいんじゃないでしょうか。

   という事で、ゲストハウスの梯子を作ります。

hasigo10.jpg


   常設でこうやって、梯子をつけておきます。ちゃんと雪下ろしをしないと
   落雪と共に、破壊されますが、そうなる前に雪を落としておきます。

    要はですね、安全に屋根に登れて、しかも尾根を移動できれば、雪下ろしは
   できるわけです。

    業者の人もあまりの危険ゆえ、昨年は一人しか来ませんでした。しかも
    作業の途中に落雪に会いました。

    今年は、これが完成すれば一人でお気楽に雪下ろしができます。




ゲストハウスの雪対策

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□最後に残っていて、一番やっかいなのはゲストハウスです。屋根が90度くらいに
 傾斜(片方45度)をつけても落雪しません。

  そこでブルーシートで覆うというのも考えています。


gesthause.jpg

    こんな感じですね。


  実は塗装されたトタン屋根とブルーシートでは、動も静も摩擦係数がそれほど違わないという
  発表データを見つけました。

   でも経験的にマイナス20度くらいになると、トタン屋根に雪がくっついて
  しまって動かなくなります。ハゼの影響があるかもしれません。

   実際に車庫やガレージハウスの上に乗って雪下ろしをしても雪が剥離して
  きません。

    その代り、ゲートの保護対策としてブルーシートで覆ってますが、足でけった
   だけで、雪が流れて行きます。ブルーシートと雪はどんなことがあっても

   くっつきません。

   なので、屋根をブルーシートで覆ってしまえば、そのまま落雪してくるのでは
   と予想してます。

    費用の問題がありますので、部分的にやってみようかなと思ってます。



窓の雪囲い製作中です3

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ もう一つの窓もやりました。

2015年8月20日窓製作中 001


    良く見ると柱が曲がってますが、まさか・・気のせいというかカメラのせいなら
    いいのですが。もう曲がっていても修正できません。


2015年8月20日窓製作中 005


   マキタの14V使ってますが。さすがに120mmのコーススレッドを100本くらいやると
   バッテリーがなくなります。次の充電まで間に合いません。

     しょうがないので釘でやりました。70mmの釘ですが、これまた金槌でやると
   たぶん明日には腱鞘炎が出るかもです。釘も大変ですね。


     心配なのはこうやって徐々にバッテリーがダメになって、お釈迦になることです。
    やっぱりマキタと言えども、プロ用じゃないので、ダメかな。


2015年8月20日窓製作中 008


    最終的な完成形が、まだ見えません。
    まだ試行錯誤の段階です。




2015年8月20日窓製作中 011


   どうやら鹿は来ないようですね。バラは順調です。


2015年8月20日窓製作中 007


    早くしないと、もう秋風になってきましたよ。日中暑いという感じがなくなってきました。
    作業はしやすいけど、あと3か月で雪が降るんですけど。


madowaku.jpg


        さっき考えました搬入の容易さとコストでコンパネの2枚貼りというのは
       どうでしょうか。






    

森の年月

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 久しぶりの家で、今日は洗濯と掃除と買い物と決めてます。
  朝からかなり雨が降っているので、どうせ別荘に行っても仕事になりません。あきらめの
  いい日です。


2015年5月17日バラ単管 012


   昨年の秋の写真ですけど、正面のトドマツが随分大きくなって、立派になりました。
   針葉樹は樹形が綺麗ですね。雪にやられないためです。


2015年6月15日ブル開く 004


  池の周りのカエデと自然に生えてきた白樺ですが、剪定しないと変な形になってますね。


19年10月20日 024


   8年前はこんなに小さかったんです。移植してきたものです。

   こうやって1本々見ると分かりますが、森全体だとみんな成長してきているので
   気が付かない状態になってます。

   知らない間に木も成長しているんですね。



2015年7月31日続塗装 002


   その8年前に植えたバラですが、とっくに枯れたと思ったら、見事に復活したのは
   以前にも書きました。だいたい何もしないと10年が寿命だと言われてますが、中には

   20年も30年も長生きするのもあるそうです。1年草は1年で終りですが何十年も
   こうやって花を咲かせるバラってすごいですね。


   来年から

   たくさん花植えます。父親の仏壇があるので、花一杯あったらいいですよね。






   

窓の雪囲い製作中です2

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 製作中です。

2015年8月17日窓囲作成中 003

   横材を取り付けてます。


2015年8月17日窓囲作成中 015


     コーススレッド120mmをざぐって打ち込んでますが、いかんせん細すぎます。
    すぐに折れます。ですから、150mmの釘を併用して打ち込んでます。


2015年8月17日窓囲作成中 017


    横材を取り付ければ、あとは最後に立て板をあるピッチで取り付けます。

    ここで
    思うのですが、この立て板では、たぶん折れるでしょうね。38mmありますが

    重さ1トンもあるような、圧雪された雪が落ちてきますから、そのショックは相当な
    ものです。前回に使っていた厚さ10cmもあるコンクリの台座が割られました。

    最後の補強

    はどうしようかな。それができて終わりです。







窓の雪囲い製作中です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日は基礎の部分を丁寧に作りました。

に2015年8月16日窓基礎終 001

  砕石がないので、コンクリ用の砂利とその辺にある石で代用しました。


に2015年8月16日窓基礎終 002


   460mm角のコンクリプレートを乗せて、さらに水平をとります

に2015年8月16日窓基礎終 003


   105mmの角材を利用して組んでいきます


に2015年8月16日窓基礎終 005


   それを立ててみます。でも水平が取れていません


に2015年8月16日窓基礎終 004


   最後は2mmと4mmのスペーサで調整していきます。これは割って使えるので
   とても重宝しています。大工さんも使ってますが、ホームセンターでは売ってない

   かもしれませんね。



□ 横材も貼って行きます。完成すれば相当の重量になりますので、持って移動は
   できません。バックホーで冬期間以外は移動させることになります。


□ あと少しで完成ですね。塗装は長期間、雪と接触しているのでキシラデ(浸透性)
  を塗ることにしてます。



襟裳岬に行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 一泊で襟裳岬に行ってきました。

  途中は良い天気でしたが、岬に着くなり霧で全く見えません。
  お目当てのラッコ(一頭いるらしい)、アザラシ(400頭くらい)とは会えずに終わり
  ました。


DSCN1012.jpg


□ でも道中はさすがにたくさんの鳥や動物たちと出会えます。

DSCN1007.jpg

     なぜか日高方面のカモメは砂場ではなく、芝の上にいます。


□ 馬たちですが、丁度、セリの時期だったらしく放牧されてませんでした。

2015年8月12日ハイジア 054


         宿泊先のハイジアにいた馬

2015年8月12日ハイジア 086


         スズメ、そういえば都会には今でもスズメはいるんですか?
        
         人間ウオッチングより動物たちを見るとほっとします。


バラの四季咲き

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 囲いができたので少しはじっくりとバラの観察ができます。

2015年8月7日ドア完成 003

   この間鹿に食べられてから、はや数週間ですが、盛んにバラが復活しつつあります。


2015年8月9日窓囲いOK 014


   もう見事にまた蕾をつけ始めました。この赤い葉っぱは出始めたものですから
     (紫外線防御の為に赤くなるらしいです)
  
   これだけ赤ちゃん葉っぱが出てきたということですね。

   ここにあるバラは四季咲きなので冬を除いては全シーズン花を咲かせます。


2015年8月9日窓囲いOK 016


    ぱっと咲いて散ったらその年は終わりという花に比較して、バラがすごいのは
    ずっと咲き続けてくれることです。雪が積もる頃でも咲いているのは、バラのみです。

      これなんですね、柵を作ってまでもバラをやろうと思った理由は。


2015年8月9日窓囲いOK 018

     あと15年くらい前に植えたミントです。ものすごく増えてきました。
     匂いが良いのでそのままにしておいてますが、花壇を荒らします。

     これはどこか広いところに植え直さないと、占領されます。あとこの匂いで
     カメムシが寄ってこないというのはうそです、来ます。






   

窓の雪囲い製作中です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 手持ちの105角材を使って仮組してみました。

2015年8月9日窓囲いOK 011

   
         こんな感じになります。この時点で、すでに一人では重すぎて
         持ち運びできません。


2015年8月9日窓囲いOK 001


         地面に置いて組み立てますので、水準器を使っても
         やっぱり歪んでできました。


2015年8月9日窓囲いOK 002


         問題は105mmの角材なので、コーススレッドで留められるかどうかですね。
         やはり、下穴をあけました。インパクトにドリルをつけてやります。便利になりましたね。

         


2015年8月9日窓囲いOK 003


         次は長さ120mmのコーススレッドをロングビットを使って
         ねじ込んでいきます。



2015年8月9日窓囲いOK 004


        角材を切るのに金属用の高速切断機を使ってます。煙がすごいので
        外でしか使えません。しかも、なかなか切れないし、端面が焦げて塗料が
        つかないんじゃないでしょうか。


         とまあ、こんな具合に作っていって、最後は釘で打って仕上ます。
        釘ならせん断することはないでしょう。










次の仕事は窓枠製作です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雪囲いですが、従来は単管パイプで組立、終わったら分解してました。組立に2日かかります。
  最初は簡単なものだったので、一日で終わりましたが、次第に堅牢構造になり、時間がかかる
  ようになりました。

    そこで・・・柱材があるので窓の囲いを作ることにしました。重量はおおよそ100kgになります。
  設置しようにも人力では無理です。

    しかし・・・バックホーがあるので吊って下ろすだけ
   

2015年8月6日ドア完成 002


    こんなイメージですね。使う材料は105mm角のもっと太いものです。

    思うに・・・コーススレッドで組み立てますが
    一冬終わってみると。コーススレッドが内部でみんな切断されてます。

    谷径で3mmくらいでしょうか、細く鋼ではないので折れて当然。

    今日建築関連の人が自宅にたまたま来ました

    その通り、そもそもコーススレッドはだめらしいです。

    それを良く考えてコーススレッドに強度を期待しないような構造にしてみました。

madowaku1.jpg


    図では分かりませんが、木材の圧縮方向に応力がかかって、コーススレッドのせん断力に
    期待しないようになってます。



2014年2月4日車庫雪下ろし完 017



    と言っても、これですからね。しかもふわっとした雪ではなくて、かちんかちんに出来てます。
    この下にいて落ちてきたら間違いなく死んでます。

     バラ柵が終わり次にこの仕事初めます。



バラ柵・ドア完成です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ドアを作って鍵をかけて製作終了です。


2015年8月7日ドア完成 003


        鹿用すけすけの柵です


2015年8月7日ドア完成 002


        抜き差しの錠前をつけました


2015年8月7日ドア完成 013

       
         今日も暑かったです。でももう白樺の葉が紅葉して落ち始めました。


2015年8月7日ドア完成 010


       仕事が終わったので森の中を散策してきました。

       上でピーって鳴くので見上げたらトンビが飛んでました。2羽です。つがいですが
       この間までというかしばらく1羽だったのです。新しい伴侶ができたんでしょうか。

       良かったですね。今日も、車庫に蛇いました。最近必ず行くと出会いますね。
       気持ち悪いんですけど。










       

雨降りでした

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 天気予報通りですが、弱雨ではなく土砂降りで川になって流れてました。

 でもそれほど長続きせず、2時間くらいで雨が上がったでしょうか。森にはいいお湿りです。

2015年8月6日ドア完成 006

  バラもどちらかというと雨が続いたほうがイキイキしているんじゃないでしょうか。



2015年8月6日ドア完成 005


   これから咲こうとしている蕾ですが、これを狙って鹿が食べるんなんて
   信じられません。今度はそうはいきませんが。




2015年8月6日ドア完成 016


   秋の雨はさびしいですが、夏の雨は気持ちがいいです。霧になって山から
   降りてきますから、見ているだけで神秘的になってきます。




バラ柵・ドア作り始めました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 柵を作っても出入りするのにドアがいります。最後の仕事で
  ドアの製作を始めました。


2015年8月5日ドア製作 001


    暑い日が続きます。ここの別荘も30度を超えてます。
    でもちょっと汗ばむ程度で、風が涼しいくらいです。

    夏休みをとった甥がニセコの帰りに友達と遊びにきました。ちょっと立ち寄っただけだった
    ですが、喜んでいました。昔はここで一番遊んでいた子供です。

    あれからもう25年もたってしまいました。


蛇が浸入してきて

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 車庫の中にへビ抜けガラがあって、入り込んでいるのは知ってました。
  つい、数週間前も中にいて、捕獲して違うところに離してきたばかりです。

    この間いったらね、シャッターの前から顔を出してました。実はシャッターの
  ゴム部分がネズミにやられていて、そこから出入りしていたんです。


2015年7月31日続塗装 008


    シャッター開けたら、中に入ってしまいましたが、中で仕事をしていたら
    こそっと、出て行きました。蛇だって嫌なので、それは出て行きますよ。

    
      先日敷地内を車で動いていたら、道路の真ん中にとぐろを巻いていました。
    殺すのが嫌なので、避けて通りましたが、あの蛇もこの蛇と同じような感じでした。

     
      毒蛇ではありませんが、どうも好きになれませんね。曲がった枝を見ただけで
    ドキッとします。いくら顔を見ても、好きにはなりません。


      蛇だけは苦手ですね、そういえば自分は蛇年でしたが。

      シャッターの隙間をスポンジで埋めておきました。もう来ないでね。







バラ柵完成しました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 一応横バーのユニットを組み込みました。実際はワンタッチで組み込みするのが
  仕様ですが、時間がないのでコーススレッドで止めました。


2015年8月3日柵完成 004

    全部が完成したわけではありません。ドアをまだ作ってません。



2015年8月3日柵完成 008


    あくまで鹿用なので、鹿があきらめてくれるのを期待してます。
    (ああ、柵があるので入れないのねって)


2015年8月3日柵完成 012


    束石の水平と位置を厳密に合わせてあるので、ほとんど微調なしで
    収まりました。


2015年8月3日柵完成 007


    2バイ材の束石を使って簡単にできます。便利ですね。ただ、凍結深度というより
    地面より上に出ていますので、一冬超えるとどうなっているのか分かりません。


     さて鹿対策がうまくいくのでしょうか。もしこれでも鹿に侵入されれば、次なる手は
    これに目の粗いネットを張ることを考えてます。

     どうなりますか・・・・

バラの柵・塗装完成まであと少し

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 塗装してますが、これだけ塗るのに一日かかりました。しかも2度塗り目なのに。
  かかるもんですね。


2015年8月2日続塗装 009

   全部で9ユニットです。気が付くと、塗ってないところが一杯あります。

   2バイ材ですが、表面がカンナかけしてるので、荒材と違って塗料がつきません。
   なので2回も塗ります。

   あとちょっと手直しするといよいよ総組み立てに入ります。(結構、長かったですね)


2015年8月2日続塗装 001


   前回も便利だと書いたベルトのホルダーです。この時期はいつもスズメバチ用の
   撃退スプレーを入れてます。

   作業中に一度来ましたが、スプレーで逃げて行きました。


2015年8月2日続塗装 007



    蝉が全て脱皮してました。道理で蝉の鳴き声が。

    どうして同じ木なんでしょうかね。1本の白樺に、70匹くらいでしょうか。