森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 札幌は大雪であちらこちらで除雪してます。この雪の多さに、暖かさが加わり
  道は荒れ放題。小型の車では4WDと言えども、走りにくいです。宅急便のあんちゃんが
  困ってました。大型から小型の4WDに積み替えて運送しているらしいです。(ありがとう)

   道の広い札幌でもこの時期は半分ほどに狭くなります。以前に暮らしていた横浜では
  もともと1車線(片側一車線ではありません)が多かったので、こんなに降ったら、道が消滅
  してしまうでしょう。ニューヨークも史上最大の雪害が出ると言ってますが、テレビを見る限り
  
  では、どこが?と目を疑ってしまいます。札幌では、そうですね1日に1m50cmくらい積もれば
  パニックになるかもしれません。

  
0129.jpg


    自分の別荘では3m位は積もってるでしょうか。でもこれから降る雪は降っても固まっていき
    ますのと、融けるのもありますから、雪の高さがそれほど増えません。

    それとスノーシューに慣れたので、歩くのもいい運動になります。無理に除雪しないことに
    しました。昨年は除雪してもしなくても、雪の消える時期が10日くらいしか変わらないって
    分かりました。(笑)

    これからは次第に日も長くなり、気持ちも明るくなりますね。

    北国ですから、動物も含めて待ちに待った、春がやってきます。





枝豆考察

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 屋根の雪下ろしを終えたばかりですが、もう頭の中は春です。
  (頭の中が花畑という意味ではありません、それは意味が違います)

  外国人の日本料理についてのグーグル検索で、一位の寿司に続いて
  検索数が多かったのは、枝豆でした。これは料理とは言えるのかどうか

  分かりませんが、急速に人気が高まってきたのはどうしてでしょう。そもそも
  枝豆って日本だけのものというのは知りませんでした。


2011年7月10日 024


   あんなものと言っては枝豆に失礼ですが、ゆでて塩を振ってあるだけですが
   妙に旨いです。一番はビールですね。日本酒にもいけます。ワインでも
   いいやウイスキーでもつまみにならないことはない。

   考えれば不思議な食べ物で、5味というものがありますが、それに含まれない
   なにかほのかな香りというより、清涼感があります。

   食べた時に、ああなにか幸せ感がわいてくるような、満足感がありますね。
   食べれば食べるほど健康にいいので、食べ過ぎても後悔するものがありません。

   実は、僕の家庭菜園の半分が枝豆なんです。これは動物も大好きで、全動物が
   狙ってきます。鹿なんかは大好きで、豆はおろか、葉も茎も全て食べつくしてしまう
   くらいです。美味しいと思うのは人間だけじゃないんですね。

   その枝豆ですが市販されているのは、脱色してから染め直したりするらしいです。
   冷凍技術が発達してますから、食べれないこともないですが、本当の収穫した

   枝豆に比べれば、このえもいわれん生命観という味が存在してませんね。そんなに
   日本の枝豆が食べたいのか、こっちはさらにその上をいく究極の枝豆を食べているん

   だぞっと自慢したくなりますが。

   いや、本当においしいですね。肉は高級なんとか牛でも興味ないです。あれは生きてる
   ものを殺生した味です。(美味しいけど)それに比較して「枝豆」様は大地の恵みが凝縮
   されている味です。ああ、今年はなんとか頑張って、豊作に持っていきたいな。




   


ゲストハウス雪滑落危機一髪

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 屋根の雪下ろしを業者に頼みました。2人来るかと思っていたら、一人だけです。
  余りの危険作業なので、敬遠されたのかと思いましたら、やはりそうでした。


DSCN0165.jpg

      雪下ろしをする前の状態↑


□ 業者と言ってもこれを建てた大工の棟梁みたいな人ですが、ビビって屋根の上に登りません。
  一昨年、落ちているからです。

    仕方がないので、ロングスコップを使って下から削り始めました。かれこれ2時間くらい
    たったでしょうか、突然、全部の雪が落ちました。ドドドドっという音とともに綺麗に

    片付きました。落ちることもあると予想していたので、軒下には近づかないで距離を
    取ってましたから大丈夫です。でも、さすがにのけぞりました。


DSCN0175.jpg


    もちろん軒下にいたら怪我ものですね。


DSCN0177.jpg


    僕がいたのはこちら側です。



DSCN0195.jpg


    雪がまだ柔らかく、ガラスを割るほどの被害はありません。それのほうが
    ほっとしました。


DSCN0174.jpg


   室内の温度です。プラスの15度くらいで、外気温がプラス2度くらいでしょうか。
   
   雪庇を割ったことが滑落の直接要因だったのでしょうか、それをしていた棟梁が喜んでました。
   もし落ちなければ何しに来たか分からないからです。一同、2人だけですがほっとしました。

   これで今シーズンはもう雪下ろしは無しです。
   
   何れにしても、来シーズンは対策を取らないとならないですが、どうしましょう。
   いろいろアイデアはありますが、雪下ろしはやって2回までで、それ以上はしたく
   ありません。

   

もう春です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日の仕事はブルの掘り出しです。

   3m下に埋もれてます。


DSCN0161.jpg

   だいたい出てきましたが・・これで動かしても脱出できません。雪を登れないのです。
   登れるような傾斜まで削ります。



DSCN0170.jpg


   気温プラスの1度で、ものすごく暖かく感じます。それはそうです、マイナス10度の世界から比べると。



DSCN0163.jpg


   母屋の屋根から完璧に落雪してます。一番上は落ちてきません。


DSCN0165.jpg


   ゲストハウスの雪も落ちません。来週の月曜日に業者の人がきて、屋根に登り
   尾根の部分を割ることになってます。


DSCN0159.jpg


   天気が良ければ天国、吹雪なら地獄
   今日はご覧のとおり、春の兆しを感じさせる一日でした。もう5時近くでもまだ明るいです。

   スノウシューで歩くのも慣れました。おかげで足腰が鍛えられたこと。
   お酒がおいしく飲めました。



DSCN0171.jpg


    もう、だれが何と言っても春ですね。でも雪が消えるまで3か月(トホホ)



□ ネットワークカメラがまたおかしくなり再起動しました。例によってまた直ります。


1_2015-01-24_16-04-55.jpg

     ライブカメラの映像です。帰宅してから見ました。

     今年は「光」を導入するので、たくさんの画像が安定して見られます。
     楽しみですね。(ヤッター)




     

今年は暖かいか例年並み

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 昨年に比べると暖かいです。


気温

    昨日までのデータですが、茶色が昨年のものです。最高気温ですらマイナス9度というものがあります。
    もちろん最低はマイナス20度を下回ってました。


2014年1月26日命綱 010


     したがって昨年1月26日の写真ですが、雪が積もったままです。↑


DSCN0127.jpg


     今年はこのように雪が落ちています。これが普通なんです。


雪深さ


     積雪量はそれほど変わってません。


□ 大きく違うのは気温で、これによって落雪しないで屋根で固まり、春に気温が緩むときに
   どっと落ちてきて窓ガラスを割るということになってしまいました。

   今年はどうやら、例年並みの気温で、屋根からの落雪がありそうです。
 
   あと一か月の我慢です。2月に入れば春らしくなります。雪がなくなるのは5月ですが
   建物に被害が及ばなければ、何も心配することはありません。

   少し、日が長くなってきたのが分かります。春はもうすぐですね。(まだ早いか)





ブルドーザの掘り出し

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 先日行ったばかりなのにもう30cm以上も新雪が積もってました。

   軽い雪なので屋根に負担がありませんが、実によく振り積もります。

DSCN0142.jpg

    今回は国道淵の除雪からです、30分かかりました。


DSCN0145.jpg


    15分かかって母屋まで歩きます。さすがにスノウシューに慣れてきて
    顎が上がらなくなりました。


DSCN0144.jpg


    暖かいのでしょうか、マイナス1度くらいです。部屋のペットボトルの水も凍結してません。
    マイナス20度にもなる場所なのにです。


DSCN0146.jpg


    あたり一面銀世界、この雪が小麦粉なら大金持ちになるんですが。


DSCN0155.jpg


   今日の仕事も3m下からブルを掘り起こします。
   もう慣れました。このおかげで足腰が鍛えられている感じします。

   今年は機械が使えませんが、十分生身で耐えられます。
   来年以降も、機械を使わないで、人力でやることにしましょう。

   かなり鍛えられます。考え方変えることにしました。体を使ったほうが
   健康にはいいって感じしてきました。




マッサン余市ニッカウヰスキー工場

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ NHKのレンドラですがいよいよ北海道へ来ることになりました。舞台はもちろん余市ですが
  時折現地の俯瞰図が紹介される時があります。

  あれはCGです。NHKにしては下手なCGで一部合成かもしれませんが、山崎の工場も
  不自然ですね。もちろん現在はたくさんの家並みがありますからCGじゃないとできませんが。


マッサン1
   
         この絵ですね。遠くに山が見えて、マッサンが小高い丘から見た風景という
         ことになってます。トイレの窓から見て霧があることに気が付いたという設定でした。

         もともと鰊御殿というのは丘の上にありますから、ここから見たというのも真実味が
         あります。

         さてこの風景は本当にあるのでしょうか。


マッサン2


         たぶんこれですね。駅から歩いて行ける所に高台があって、そこから眺めたのでしょう。
        
         なんとなくこれに近いです。そうするとニッカウヰスキーの工場は
         左の川岸に沿って建てられるということですね。

         この風景は本当だったんですね。



札幌でまた大雪

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 昨日から降り続いた湿った雪がやっと降り止みました。だいたい25cmくらいでしょうか。
  そうなると隣近所が一斉に外に出て、ママさんダンプで排雪に動きます。

  昼間っからです。そうです、ご近所は年金暮らしのお年寄りが多く、暇なのと運動不足解消で
  喜んで挨拶しながら、自宅前を綺麗にするわけです。

  そこで玄関前にこんもりと雪でもそのままにしたら、どう思われるでしょうか。
  でも自分は最低限度しか除雪排雪はしません。

  そうです。もうたっぷりと現地でやってますので、もう勘弁して下さい。


DSCN0132.jpg


   ママさんダンプ所ではなく、本当にダンプカー一台分くらいは
   人力で除雪してます。

   自宅前くらいは、雪なんかそのままにしておきたいです。

   明日は晴れですので、埋まっているブルドーザを掘り起こしてきます。












  

ブルの簡易車庫倒壊(当然)

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 母屋軒下の雪を除雪するためのブル小屋です。以前に紹介してます。

2014年11月23日CT75 030

 やっぱりつぶれたというより、もう完全に埋まってます。

DSCN0137.jpg


    単管が壊れたのはC型ジョイントが折れてしまったからです。本当に弱いものですね。
    今回は単管がなかったので簡単に仕上げましたが、次回はなんとか
    なるでしょうか。


DSCN0141.jpg

    スノウシューで歩くのも慣れました。いつも歩いていれば固まるようです。
    人間どんな事でもなれるようで、慣れてしまえば結構、景色を見ながらでは

    気持ちもいいかもしれません。人間何でも気の持ちようでしょうか。


恒久の雪下ろし対策へ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 結局はすべての小屋がそうですが、人間が簡単に尚且つ安全に屋根に登れて
   丁寧に雪下ろしができることにつきます。

  そこで・・・


yaen01.jpg


    屋根に梯子を備え付けて、常に登れるようにしますが、屋根の上にも梯子を乗せて
    尾根を歩けるようにします。一応何かあった場合のメインロープもつけます。


yane02.jpg


    この梯子は茶色に塗って、屋根の上に乗せたままにするかもしれません。そのほうが
    良いかもしれないし、冬の直前に乗せるかもしれません。それは見た目で考えましょう。

    
□ 木工で梯子を作るのは一番簡単な作業です。もう5本くらい製作しました。

   経験的にやはり肩幅くらいの幅があったほうが歩きやすいです。これで上に登っても
   まだビビりますかね。余程自分は高所恐怖症なんですね。

   今、想像しただけでもう寒気がしてきます。大丈夫かな。


□ これで各小屋の積雪対策は終わりでしょうか?

   いいえ、まだあります。今度は雪下ろし作業の時間短縮に挑みます。
   そうです、屋根全体をブルーシートで覆う計画です。(フフフフ)

   ブルーシートは絶対に凍着しないので、必ず雪が滑り落ちます。(自然には落ちませんが)









全く落ちる気配なし

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 札幌では雪です。現地では☀。こういう時に行くかどうか迷います。
  
1_2015-01-18_09-20-42.jpg

    ご覧の通り、ストーブを4日つけっぱなしでも屋根の雪は滑落しません。誤算でした。
   
    来年の対策は考えましたが、こうなると敷地内を歩きまわるにも大変ですので
    木にロープを張り巡らして、滑車で移動するなどと考えたりします。

    面白そうですが、本気になるのは止めておきましょう。



    

雪下し対策へ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ どうやら今年はもう一度、雪下ろしを頼むことになりそうです。ただし尾根の積雪部分を
  割るだけの仕事ですが、建てた大工さんに頼みました。前回もお願いしていて、要領は

  分かってます。非常に危険なので、屋根の雪下ろしはしなくてもいいので、頂上部分を割る
  だけで頼みました。あとはストーブをつければ、自然に落ちるはずです。


□ 来季については、メインロープを図のようにして張ることにしました。これなら梯子で安全に
  登れてなおかつ、命綱もつけられます。



はしご


    しかも屋根に登ってする作業は尾根の雪だけを削るだけですので
    高所恐怖症の僕でもできるのではないかな?

    それとガレージハウスにも同じような梯子をつけましたが、踊り場があったほうが
    いいことがわかりました。(踊り場というのか?)

    せり出してくている雪を削るのに足場がしっかりとしていないと、作業がしにくい
    からですね。


□  結局は人間が登らないとダメだという事ですか。




屋根の雪が落ちません

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ゲストハウスの雪が落ちません。FFストーブを3日連続でつけてますが、部屋の中を暖めても
  雪が落ちなくてまいりました。昨年度は1日半で滑落しましたが、条件が違うようです。

  昨日のライブカメラです。↓


1_2015-01-16_10-52-47.jpg

   まさか落ちないとは思ってもいませんでした。うかつです。こうやって甘く見積もっていると
   しっぺ返しを食らいます。


DSCN0098.jpg


   結局は上に登って尾根の部分だけを削り、左右に分かれて滑り落ちるように
   考え中です。


   今年はブルが動かなくなり、スノーシューで歩いています。ただし、スノウシューも履きなれてくると
   慣れてきて問題なくなりました。

   それならブルで苦労して除雪しなくても、スノウシューで動き回ったほうがよろしいのではないかなと
   思い始めました。これ、今年の収穫ですね。

   機械には頼るなという戒めでしょうか。結局は人海戦術です。
   今年はゲストハウスの雪対策に、もう一工夫必要なようです。

   

ゲストハウス雪おろしです

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ゲストハウスというのがありまして、ここの屋根が急こう配にしてありますが、雪が落ちません。
  
   そこで何度か屋根に登ることを試みましたが、あまりに恐怖心が先立ち、登ってやるのは
   あきらめました。


DSCN0096.jpg

    現地に行きましたら、部分的には落ちてました。


DSCN0099.jpg


    こんな固まりになってます。これが窓ガラスの付近に落ちると破損させます。

DSCN0101.jpg


    とりあえず落ちやすいように雪庇を削りますが、無理もしていないのに
    プラスチックのスコップが割れます。本当に強度が不足してますね。
 
    
DSCN0102.jpg


    役に立ったのは自分で作ったロングスコップ。



DSCN0114.jpg


    あとは中のFF灯油ストーブをつけっぱなしにして帰ってきました。これで2日くらい
    たつと部屋の温度が天井に伝わり、雪が解けて落ちることになってます。

    さて、本当に雪が落ちる予定になっておりますが・・・



屋根をブルーシートで覆う実験

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 経験値ですがブルーシートと雪では凍着しないために、雪が滑って動きます。

  寒地技術シンポジウムの論文ではトタンもブルーシートもそれほどの違いがない結果になっていますが
  静摩擦では同じとしても、動き始める動摩擦ではかなりの違いがあります。

  今回もゲートをブルーシートで覆い、何度か上に積もった雪(50cmくらい)を払いのけしましたが
  気持ちのいいほど、滑り落ちていきました。


2014年11月23日CT75 019

    もし、屋根の上をブルーシートで覆った場合、ちょっとした刺激でみんな滑落していくのでは
    ないでしょうか。

ガレージハウス雪下ろし終了

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雪下ろし終わりました。命綱つけてたんですが、滑落しても大丈夫そうなので
  最後はハーネスを外しました。

   アルミのスコップで削り出し、大きな塊のまま落下させるというのが一番早い方法だった
   ようです。

    雪下ろし専用の長い柄のスコップが見事に折れました。またかよ!


DSCN0026.jpg


    これでしばらく安心です。


□ たっぷりと降り、スノウシューで歩いているんですが、転ぶと深いので起き上がれなくなります。
   完全にパウダースノウーになってました。


DSCN0025.jpg


□ 歩くだけで疲れますね。あと雪下ろしでやることが二棟あります。


DSCN0028.jpg


         今年はやっぱり雪多いですね。でも気温が低く2月の雪と違って
         軽いのでなんとなかなりますが。

         締まって固くなるとアルミのスコップでは刺さらなくなります。

         その前に雪下ろしをしてしまいたいです。もう少しの我慢ですね。



そりを買いました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ そりと言っても、ごく普通に売っているし、家庭菜園でも使ってます。
   今回は中でも一番大きなものを買いました。(980円かな)

sori.jpg

   北国ではママさんが子供さんを連れて良く引っ張ってます、あれです。


□ わが敷地内では幾分傾斜しているので、登りは歩きですが、帰りはこのソリでも滑走できるのでは
  と思ってみました。できなければお笑いです。


DSCN0021.jpg


    それほど歩くの辛いんですよね。やってみないと分かりません。母屋から各小屋へも
    多少なりの傾斜がありますので、滑っていけますでしょうか。


□ また同じアルミのスコップを買ってきました。前回は980円、今回は1,280円です。
  高いのは柄が長いだけで、どれもアルミの材質は同じらしいです。

    
1_2015-01-08_16-34-36.jpg

    本日午後4時頃の写真です。見ると40cm位は積もってます。

    感心するのは左のトド松を見てください。葉が枯れないので一杯の雪を背負ってますが
    枝が折れません。逆に広葉樹の白樺なんかは葉を落として枝しかないのにバキバキ折れてます。

    針葉樹って三角錐に出来てますから、バランスがいいんですね。どんな雪でも
    倒れることがありません。

    えらいですね。



大荒れの天気予報

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ どうやら予報どうりに札幌も降り始めましたし、現地ではもっと酷い雪になりそうです。

  何やら被害も出るかもしれません。

中山峠2015

    中山峠のライブメラですが、通行止めになりそうな吹雪ですね。
    

1_2015-01-07_13-48-38.jpg

   別荘のライブカメラもご覧の通りです。相当降ってます。昨日雪下ろしを半分とはいえ
   済ませてきて良かったです。

    一日で80cm積もるという場所もあるらしいです(ギョエー)



新年の除雪行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 明日から暴雪らしく、今日のうちにできることはと思い、雪下ろしに行ってきました。

  スノーシュウで母屋まで行きましたけど、3回休みました。たぶんスキーのほうが早いかも
  しれませんが坂があるので、どうでしょうか。

   例によって一番心配なのは国道淵です、駐車するスペースがないので車一台分を開けます。


DSCN0017.jpg


□ そうしたらラッキーなことにロータリ除雪車が後ろから来て、やってくれると合図してくれました。

DSCN0018.jpg


    これで完全にスペース確保です。ありがとう除雪業者さん。

□ ガレージハウスの雪下ろしを半分くらいしてきました。今日はとても暖かく+2度くらいだったんですが
   おかげでスコップもママさんダンプにも雪がこびりついて、やりにくかったですね。

   たしか雪がくっつかないようにスプレーを用意してあったはずですが・・・


DSCN0021.jpg

    雪下ろしにハーネスをつけて、落下防止対策をしたんですが、ロープが短く
    まいりました。軒下まで行けないのでした。

    それと!アルミのスコップですが、確か980円だったと思います。
    使ってる最中に、見事に付け根から折れました。

    安いとダメですね。アルミの材質が違うの?


□ この間、除雪してからもう50cm積もりました。先が思いやられます。


一眼とデジカメの比較

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 接写でかなりの画像を残したクールピクスですが、遠景で比較してみました。

カメラ比較3 002

       SONY α55  


DSCN0015.jpg


       ニコン クールピクス S02


□ ちょっと見には分かりませんが、切り取って比較すると


合成比較

    やはり全然違いますね。もとよりレンズの大きさがまるで違うんですから、当然と言えば当然の
    結果ですが。

    それに色あいも違います。青空を見るとなんとなく分かります。
    やはり一眼には適わないという、ごく自然な結果となりました。(一応安心)




ニコンクールピクスS02を買う

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 超小型のデジカメです。名刺より小さいというデジカメで、これなら胸のポケットに入れられます。
  食事に行った時に、周りに気付かれないように撮影をしたいので、(もちろん許可をもらって)

  一眼しかな買ったので撮影してこなかったんです。訳あってこのたび食事の記念をと思いまして
  買っちゃいました。


カメラ比較2 004

     本当に名刺より小さいです。もちろん厚みはありますが。

DSCN0005.jpg


    でもって、撮った写真がこれです。だいたいは料理がメインなので接写で試して
    みました。


カメラ比較ニコン


      一番上がクールピクスS02です、実にデティールが良く撮れていて
      一眼よりも綺麗に撮影できてます。クローズアップレンズをつけてやっと

      互角くらいです。それだけ画質がいいという事ですね。どちらも画素数は
      同じくらいにしてあります。1200x1600程度です。

       さすがにニコンです。ただ遠景の景色を撮影していないので、まだ比較
      できませんが、これで一眼レフと同じならショックを受けます。





    

今年の抱負

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□   昨年はゲートの作成だけで一年が終わってしまいました。通いなのでそんなもんです。

   だいたい一年で何か一つのものを作ればそれで手一杯というところです。

   今年は、さすがに不調なネットワークに業を煮やし、「光」を持ってくることにしました。
   考えれば携帯の3G電波で130万画素の画像を動画で持ってこさせるというのは無理かな。

   それにPCIというメーカは信頼性がない。その証拠に既存のネットワークカメラなんか
   すぐに商品から姿を消す。ダメなら違うものを売って、すでに売ったものは製造中止にしてあとの
   面倒をみない。ましてやルータが壊れたら、接続してあるカメラのIPアドレスをもう一度設定しない
   とならないわけです。ルータを2台交換しました。製造中止のことを考えて新品をもう一台購入してます。

 
   アイ・オー・データとかソリッドはもう一年以上も問題なく稼働してます。24時間フル稼働です。


□ それで光を入れたら下図のようになります。


cameraall.jpg


    ① 建物が4つありますが右の車庫まで100mありますのでここへの設置は無理です。
    無線で飛ばしたとしても電源がありません。
   
    ② 中央上の建物は母屋です。現在も2台設置してあります。もともと電源もあり
    窓際に設置するので何台でも置けます。一応東西南北対応の4台です。

    ③ 中央下の建物にはLANケーブルを地中に埋めます。50m位なので
    ケーブルで行って、電源もそれから供給できるネットワークカメラを使います。これで
    母屋を撮影できます。

    ④  左のカメラはゲストハウスに設置します。これも屋内用で窓際に置きます。
    幸いゲストハウスにはAC100Vが来てますので、電源は問題ありません。問題は
    無線が届くかどうかですね。届かなければLANケーブルで100m敷設するかもです。



201513.jpg


     上の写真は本日3日の正午のネットワークカメラからの画像です。これは130万画素です。
     30万ではちょっと解像度が悪いかもです。予定しているのはソリッド社の100万画素を
     考えてます。



IE.jpg


    インターフェイスで同時表示だと9台というのがあります。そうするとあと3台はいけますので
    頑張ってほかの場所にも挑戦してみましょうか。

     今年はこんな風に9台からの画像が紹介できることになります。動体検知機能もあるので
    動物が来たらスナップ写真を撮るという事もできます。(やってみないと分かりませんが)


□  ここまでできるのに構想から10年も経ちました。やろうと思えばいつかはできるものですね。
   あとはこの深雪の積雪時に自由に仕事ができるかどうかです。

    今のところコレといったアイデアはありません。陸の孤島になってます。


正月終わり

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 元旦、すでに午後からもうテレビも飽きて、パソコンに戻りました。
  長く生きて来ると、正月も特別なものじゃなく、早く終わらせたいくらいにしか感じません。

  目下、多少のお神酒もあり、酔い醒まさないとCADができない。そうなんです、今年はのっけから
  建築の図面を書かないとならなく、仕方がないのでJW-CADをマスター中です。

   もともと平面図なんか書かなくても3DCGでいけるんですが、客先からの要求で、しかも
  リフォーム業者が図面をパソコンで描けないので、代わりに書くことになりました。

    もともと機械の設計だったので図面は分かりますが、建築は別物なので勉強しないと
  分からないです。これをマスターしたら今年はいいことがあるような気がしてます。

    
tenant307.jpg

          CGで作成したほうが早いのですが、平面図がほしいと言われるとつらい。


□ 現地では未だに雪は降り続いています。今日の画像はなにやら天気が良さそうですが、正月ボケしていると
  大変なことになりそうです。


201411.jpg


□ 正面のハウスの雪下ろしをしてきます。勾配が緩くてもきつくても雪は落ちません。
  だったらフラットのほうが雪下ろしが安全だし、建築費用も安く済むので、無理してこういう形に

  しなくてもいいかもしれませんね。勾配をつけると命綱をつけて屋根に登ることになります。

  さあ、2015年新春の雪下ろしに行ってまいります。
  僕にとってはこちらのほうがやりがいがあります。


謹賀新年

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

あけましておめでとうございます

AY003_L.jpg