森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

苗植えました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 買ってきた苗を植えます。

20141年5月31日苗植え 003

      ブロッコリーとキャベツの苗がまったく同じです。良くわかりません。
      きっと違いがあるのでしょうが、そのまま並べて植えました。成長してから
      分かります。


20141年5月31日苗植え 002


      野菜の生育が悪いので、ペーハを測ってみました。石灰も買ってありますが
      検査結果はPH6.0で弱酸性、まったく問題なかったですね。

      
20141年5月31日苗植え 005

      きっと栄養が足りないのでしょう、今回は化成肥料をやり、とりあえず苗と種を植えました。


20141年5月31日苗植え 017


       雨が少ないので乾いてます。バケツで水をやるには時間がかかりすぎるので
       池から水中ポンプで散水することにしました。



20141年5月31日苗植え 008

         スイセンもチューリップも株分けしてないので、まったく花が付かなく
         なりました。やらないといけないのですが、暇がなくて・・・



20141年5月31日苗植え 010


           そのかわりエンレイソウは丈夫ですね、移植しても枯れることなく
           ちゃんと咲いてくれます。野草のほうがたくましいな。









家庭菜園開始

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 家庭菜園と言っても、森の中ですから、動物達の場所に美味しいものを作るようなもので
  色々な動物が食べに来ます。

  大きさの順番から ネズミ、ウサギ、タヌキ、キツネ、鹿
  鳥では キジバト、カラス

  それに昆虫も・・


2014年5月28日耕運機 013


     熊がこないだけ助かってますが、本当にいないのでしょうか。
     次週から単管パイプで囲いをつくります。








耕運機始動失敗

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 耕運機を動かそうと思い、ガソリンを入れました。しかし、思えば去年の10月ごろのガソリンです。
  
  普通、古いガソリンだと着火しないことがありますが、案の定その通りでした。スタータを回しても
  排気ガスは微かに出ますが、動きません。


2014年5月28日耕運機 006


    しょうがないので満タンに入れた古いガソリンを抜きました。(涙)


2014年5月28日耕運機 007


   スタンドに行って新しいガソリンを10L買ってきました。それを耕運機に入れて始動させます。
   そうしたらあらら、ちゃんと動くじゃありませんか。

   ということで事なきを得て畑を耕しました。昨年使わずじまいだった古いガソリンは
   草刈でも使っておくんだったですね。10L損しました。


2014年5月28日耕運機 009


    半年くらい保存しておいて劣化するとはなんじゃそれと
    いいたくなりますが、既知の事なのでぐっと我慢して(ジーゼルならそんな事ない)
    畑を耕しました。

    まだ石灰と肥料を散布してないので、一回だけの耕運機かけで止めました。
    今度は肥料やりと、畝切りですね。それから苗と各種の種を植えます。



2014年5月28日耕運機 008

   忙しいですね。この時期だけですけど、。今年は苗を一杯買いましたから
   美味しい野菜ができるといいんですが。

    ネットワークカメラも難しいですが、野菜作りも妙味がありましてね
   生きているもの相手にするのは、僕には難しいですは。






電動ノコ買う

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 背の高いゲートを低くするには途中で柱を切断することになります。でももう組み上がっているので
   鋸で切るしかありません。
  
   ところが、どうして切れないのか分かりませんが、手ではホトホトまいってしまいます。
   そこで電動の鋸を買いました。6,800円ですが、これまた予想以上に切れます。


2014年5月27日苗買い 002

     往復するスピードを変えられるので、ゆっくり罫書線を見ながら切れます。
  
     丸鋸は切れませんよね。あれで切ると曲がってしまうし、垂直に切れません。
     途中で止まるし。これはそういうことはありません。歯を変えれば鉄も切れます。


2014年5月27日苗買い 001

    残りの部材に塗装してます。ブリティッシュグリーンです。かなり黒のほうを多くしないと
    それらしくなりません。


2014年5月27日苗買い 007

     今日、苗を買ってきました。こんな事やっている暇がなくなりました。すぐにでも
     耕運機で耕さないとなりません。この時期、忙しいですね。皆さんもそうだと思います。





切り文字

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 看板というか表札を自作するので、切り文字を注文しておきました。高さ3cmで一文字150円です。
   以前も買ったのですが、字体が気に入らないので止めました。

  これはレーザで抜いてあるので字体がとても綺麗です。ただし、周辺が焦げてますが。


2014年4月23日文字 004

     これで表札を作ります。


□ 今日はとても羊蹄山が綺麗に見えました。


2014年4月23日文字 001


    早くゲートを作ってしまいたいですが、なかなか進みません。木工も難しいもの
    ですね。でも木を加工するのって楽しいです。
    いい電動工具を持っている人は幸せですね。

      高速切断機で正確に45度にカットできません。チャッキングができません。
    治具がいるんでしょうか。(たぶん)



ゲート最終形

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 構想から暇つぶし製作をへて、やや3週間でできつつあります。

   材料が1x4,2x4のカンナ掛け製材が安いので助かりました。塗料代のほうが高くついた
   くらいです。

   最初の案ですがこんな感じでした


gate02のコピー
            これでは開閉式のゲートとしては無理です。


□ いろいろやってみてできたのは


gatelast07のコピー

    背の高さがかなり低くなりました。赤い板の部分はアクセントで、ここに住所とネームが
    入ります。
     
    一冬越すと、倒壊していたりするのでしょうか。
     
    もしくは外して、引き上げるかです。そのほうが安全かな。







準備終了

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ プロパンガス、割れた窓ガラス交換、ゲストハウス水出しその他
  滞りなく終わりました。これであとは単管パイプを解体して、家庭菜園に入ります。


2014年5月18日柵製作中 023

   プロパンガスのお兄さんと雑談してました。喜茂別は限界集落でこれといった売り出しもなく
  本当に過疎になっていくだけだと。

   札幌から車で一時間でこれて、こんなに自然が豊かなのに勿体ないと過去より思ってました。
  僕が言うほどのことではありませんが、地元の人から言うと簡単ではないのでしょう。

   ただ230号線はもっとも交通量の多い国道だし、それに伴って常に拡幅工事もされています。
  これからもっとアクセスが便利になるのに、ただの通過するだけの町でしかないのは、残念です。

   そういう話をお互いに思いますねという会話でした。特に喜茂別は沢が多く水資源に困りません。
  どの山地にも沢があり、セカンドハウスの土地としてはうって付けです。

   一坪100円だよという話にはびっくりしてました。住宅地ではないのでそうなります。原野というか
  山林とはそんなものです。

    ただし冬の厳しさがありますから、住むには難しいです。そうなるとセカンドハウスとして夏場だけ
  過ごすという考えもできなくはありません。なにかいいアイデアがありませんでしょうか。


2014年5月21日水ガスok 009


   ゲストハウスの水出しができました。最初ポンプが回りませんでした。設備屋さんを呼びました。
  ポンプの後ろのシャフトにマイナスドライバーで回転させてやると動きました。

   羽の所にゴミでもかんでいたんでしょう。喜茂別は業者さんがみんな近いのですぐきてくれます。

   田舎ってそういう感じで、たよりになります。


2014年5月21日水ガスok 005

    
     単管パイプを片付け、シャッターが開くようにしました。
     さあ、これから頑張りましょう。








  

ゲートが大きすぎか?

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 入口のゲートを作っていて、今日はヒンジのテストをしてみました。かなり重さで
  ゲートが垂れ下がります。


2014年5月20日ヒンジテスト 005

□ 枠がギシギシ言ってますね。大丈夫かなこのフレームは。


2014年5月20日ヒンジテスト 006

     3cmくらい下がります。


□ それで筋交いを1本追加してみました。

2014年5月20日ヒンジテスト 012


□ たったこの1本で変形が止まって、垂れ下がりがほとんどなくなりました。


2014年5月20日ヒンジテスト 013


□ もともとはゲートに足をつけて地面に支えられるようには考えています。でも最初から考えていましたが
  棒鋼で斜めに吊らないとダメみたいですね。まだまだ問題は続きますね。



ゲート製作過程

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ゲートですが、だいたいの外観ができました。こんな感じですね。実際は観音開きなので
  この倍あります。かなり大きくて、ヒンジが持つかどうか心配です。


2014年5月18日柵製作中 030


□ 家の裏ですが、山桜が咲き始めました。


2014年5月18日柵製作中 021


□ エンゴサクが咲き始めています。カタクリはまだです。


2014年5月18日柵製作中 016


    木々の葉っぱが出始める前に咲いて枯れます。






ゲート塗装しました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 枠組みはできたので、塗装をしました。濃い緑にさらに黒を入れて、黒に近くします。
  最終的に3回目で黒くなり過ぎたので、緑を入れて調色しました。これが大変。


2014年5月14日柵塗装 002

     ほとんど黒に近いですね。支柱を白にして白と濃い緑の組み合わせです。
     こげ茶か迷いましたが、これにしました。



2014年5月14日柵塗装 001


    色が決まれば、次の組み立てに入る前に部材を塗ってしまいます。


     水性の艶ありで、木部、鉄部に塗れる塗料です。説明では水で薄めない、と書かれてありましたが
     木材の場合は木種によりますが、水で薄めて2回塗りのほうが作業性もいいし、綺麗にできました。
   

□ やっと敷地内の雪が融けて、地面が乾いてきました。いっぺんに花芽が出てきます。
  待ちにまった季節がきました。


2014年5月14日柵塗装 010










ネットワークカメラの不思議

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 昨日の日曜日にネットワークカメラが不通になりました。その時、現地にいたので
  ルータの再起動、カメラの再起動を試しましたが復帰しませんでした。

  本日12日には2台とも(現在2台のみ)復帰しました。



2014512.jpg

     本日月曜日の画像


□ 経験的に分かってきたことです。つまりこの近辺で(電波塔)を複数の人間が同時に使うと
  繋がりにくくなるということです。

  もちろんガラケイでもありますが、ネットワークカメラの3Gの場合その状況が如実に
  現れます。

  今日は月曜日なので復帰したわけです。これで分かりました、中山峠での事故の時に
  完全に不通になったのも、そういう理由です。

  それと吹雪の場合、雨の場合でも不通になります。

  ネットワークカメラで画像を送信してくるというのは、それほどに難しいというわけです。


高速切断機買う

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 高速切断機を買いました。今日、初めて使いました。(200V用は持っています、電源ないけど)
  
  ヤマゼン」で1万位です。安いでしょう。使ってみてまあまあだと思いました。実は高速切断機は
  金属材料用で木材を切るようにはできていません。


2014年5月11日高速切断機 001


    金属が切断できるのですから木材でも切れます。



2014年5月11日高速切断機 002


    ただし摩擦で焦げます。切り口がこんなになるのと、煙がでるので室内では困ることに
    なります。室外では使えます。それと濃い塗装をするなら、焦げ目が消えるので問題

    ありません。ですから、金属も切れることを考えたら、これのほうが使いやすいです。
    

    僕の場合は単管パイプの切るのに一苦労してましたから。これでOKですね。  
    それとこれを使ったほうが直角に切れます。(ただし、長尺の場合は水平に
 
    材料を置くために、台がいります)



□ ゲートの基本的な構造が決まりました。やっぱり、コーススレッドで割れますね。結構材料を
  割ってしまいました。下穴をあけても割れた。


2014年5月11日高速切断機 004



□ やっと雪が消えて、いろいろなものを冬前に戻しました。水を出して、トイレのウオッシュレットも
  もとに戻りました。一安心です。


2014年5月11日高速切断機 016


   でもまだ雪があります。今度行くときには完全に消えてますでしょうね。



2014年5月11日高速切断機 012

  カタクリがやっと咲き始めた段階で、畑仕事はまだまだです。

  他の所はもう苗を買っているのに、ここはやっと雪が消えた程度です。(どれだけ春が
  遅いんだ)








表札構想

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 柵を作るので表札を作らないといけません。これができると、配達してくれます。
  たとえば5mを超える木材などを注文するときに、存在箇所を説明できるわけです。

  今まではトラックを持ってましたので、自分で搬送してましたが、処分したので配達して
  もらうことにしました。


  そこで表札なるものをいろいろ調べましたが、なんとも高すぎます。安くても1万円
  いいなとおもったら3万円もします。


  仕方がないので自分で作ることにしました。切り文字だけは木材で注文します。



name03.jpg


    あとは丸太を加工して塗装するんですね。



2014年5月5日柵作り 003

  
    母屋の玄関先にはこんな表札を自作してます。

空飛ぶ車

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 先ほどNHKのニュースを見ていた時に、ヘリのパイロット不足の指摘がされていました。

 毎年パイロットの数は変わっていないのですが、新規に免許を取得するのに1000万円くらい
 かかるので、個人ではまかなえきれないとの事でした。

 どうして1000万もかかるのか不思議ですが、とにかく離島などから救急患者を運ぶための
 人員が確保できないとのことです。


 しかし、ヘリともなると一機あたり何千万円でしょうね、免許を所得するのに1000万ですか。
  
  でもですね、以前にもブログで書いたことありますが、もう技術的には垂直離着できる車が売り
 出され始めています。2020年くらいに本格的に販売らしいですが。



flycar.jpg


   航続距離800kmくらいで、最高速度300kmくらい
   しかも運転所得時間が5時間程度で乗れるらしいです。

   おまけに一台、高級車くらいの価格。4人乗りですから患者の搬送位は
   できるわけですね。

   北海道を特区としてこの「空飛ぶ車」の運用を早急に実現して欲しいです。
   こんな車を自由に飛ばせることができるのは、北海道くらいなものでしょう。

   GPSを利用した自動運転の車よりも、空飛ばしたほうが早いです。




木材購入してきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ゲートの構想が決まりつつあるので、材料を仕入れてきました。この材料はコンパネと同じで

  1820mmあります。エクストレールはカタログ値では1742mmとか1745mmとか
  なってますが1800mmの長尺が積めます。

  しかし・・あと20mm長いので斜めにするとやっと入ります。あと20~30mm広げてくれると
  建材の規格品が平積みで運べます。


薪割 008


    その差が大きいのです。自分が車の設計をすれば、何が何でもあと20mm確保しますが。
    (現行の椅子を薄くすれば可能)

    世の中のものは1820mmでできているものが多いのだから、その辺重要ですよメーカさん。



□ 楔を買ったので暇を見て丸太を割ってます。

薪割 003


   この位の長さでも割れます。でも生木だったので含水率45%という話もあります。
   割ると中が水分でしっとりしているのが分かります。

    もう少し乾燥させないと、斧ではパカーッというい感じには割れませんね。


薪割 004


    こんなに湿っているんでは、燃えるはずないですね。






柵の製作中

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ だいたいの骨格がきまりましたけど、これだけ部材があるのに、横から押しただけで簡単に
  平行四辺形に変形してしまいます。これには参りました。


2014年5月5日柵作り 004


    それで筋交いを1本追加しただけで、変形がまったくなくなります。
    そういうものなんですね。

    こういうのは実際に作ってみないと分からないもんなんですね。



gatelast01.jpg


    出来上がりはこんな感じです。いまだに塗装ですが、迷ってます。

    木目を生かしてキシラデにするか、それとも厚塗りでこげ茶か、緑色の濃いものか。

    迷いませんか、こげ茶は一般的な木部の色ですが、濃い緑色もブリティッシュグリーンとか
    いうかな(?)イギリスのガーデニングに良く出てくる色です。

    

楔購入

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 丸太を割るのに楔を持ってますが、もう一本買い増しいました。

  1本では丸太に埋まってしまって抜けなくなる場合があるので、困ります。

  これでOKです。


クサビ 001


  以前から持っているものは伐倒するときに挟むもので、ハンマーでたたくところが割れやす
  いんですね。これなら焼が入っているようで(そうかな)丈夫そうです。


  3種類サイズがあって一番大きいのも買いました。税込で3,218でした。アマゾンは
  連休中も休みなしで配達してくれるので、すごいです。


  さてやってみようかな。


柵の仮組

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 材料を運んで仮組してみました。予想以上の重さです。

  これではヒンジが持ちません。それで天地の寸法で詰めることにしました。


20141年5月3日柵仮組 015


     全高180cmを130cmにすることにしました。


20141年5月3日柵仮組 014


     それでもヒンジだけで支えるのは無理なような感じです。重量用のヒンジを4つ付けるんですが
     部材のほうが持ちません。



20141年5月3日柵仮組 013


     最終的にはこういうイメージです。フォトショップでの合成です。

     材料は既成なのであっという間に組み付けできますが、問題は基礎のほうが
     どうなりますでしょうか。羽子板のブロックとコンクリを流し込む方法を考えてます。






     

森の香り

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ やっとIEが使えるようになったこの頃ですが、(今日からパッチ配布らしい)連休と言っても
  特に行楽地に行きもせず、整理整頓中です。


2014年4月29日貫通母屋まで 020


    春になるとどことなく、「田舎の香水」と言われるような、変な臭いを感じることが
    ありますね。ある種の腐敗臭ですが、森の中にはそれがないと思いませんか。


    常に清々しい香りがしていて、沢山の動物の死骸や変な臭いがしてもおかしくないのですが
    それがありません。


    木々の出すフィトンチッドに消臭効果があるらしいです。もっとすごいのは免疫力も上がる
    そうですが。


□ ゲストハウスにはヒノキのお風呂がありますが、浴室のドアを開けておくと、ヒノキチオールの香りが
  部屋全体に行きわたっています。多少は生活臭があってもよさそうですが、このいい香りが充満して

  爽快感があります。ひょっとすると虫がよってこないかもしれません。(残念ながら確信は持てません。

  実際にはカメムシが寄り付かないのですが、ヒノキを嫌がる傾向もない)

   フィトンチッドの目的は木の大敵である害虫を寄せ付けないためだという説もあります。
  本当の所は良く分かりませんが、森の中に変な臭いがしないことは確かなようです。



2014年4月29日貫通母屋まで 045

  羊蹄山の雪も段々、薄くなってきました。







薪割してます

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 自宅で薪割してますが、まだ乾燥しきれてないです。半年も倉庫に置いてあっても
  だめですね。割ると中が湿っているのがわかります。こんなものでは燃えるわけはありません。


makiwari 001


       クサビを大ハンマーで叩いて、割ります。中から水が出てくることもあります。
       それほど乾燥しにくいものなんですか。



makiwari 002


       とりあえずは、ぼちぼちやります。

□ 雪が解けてなくなる前に、梯子をかけて母屋の破風をキシラデで塗装することにしました。
  今ならできますが、雪が消えたのち、地面からでは破風まで届きません。


2014年4月29日貫通母屋まで 035


     まだ雪が一杯ありますが、連日ものすごい勢いで融けていきます。
     冬の間に一生懸命除雪してたのは、なんだったんでしょう。