森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

積雪量計を設置

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ やっと明日から3月です。雪の中を見ていると同じ種ですがもう虫が出ています。啓蟄ですね。

  啓蟄をみると日本人がこれからさあやるぞという意気込みの日らしいです。雪国ならなおさら
  そうでしょう。

  今年の冬は一杯の宿題がでましたので、雪がなくなるで、木工でもすることにしました。



2014年2月26日ゲストハウス滑落 057

   どれだけ積もっているのか分かりません、2m位ですか。



2013年5月26日梯子修理 020


   ネットワークカメラがあるので、見えるところに積雪計を設置してみることに


名称未設定 1


   以前に簡単なものを設置したのですが、雪でなぎ倒されました。相当丈夫なものじゃないとダメです。
  
   これじゃ無粋でしょうか。



ゲストハウスの雪が落ちてガラス破損

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 外気温度プラス6度になってます。室内は24時間灯油ストーブをつけてましたので
  部屋のなかは24度です。


2014年2月26日ゲストハウス滑落 009


□ 中に入っていて、お茶を飲んでました。


2014年2月26日ゲストハウス滑落 010



□ そうしたら、ど、ど、どっとの音と共に雪が落ちてきました。が・・・

  バッキー・・すぐにどこのガラスがやられたと見渡しましたら、洗面所です。

2014年2月26日ゲストハウス滑落 011


   この大きな雪の塊がぶつかってきてガラスを見事に粉々にしました。

   まあ、一枚なら不幸中の幸いかなと思い、外に出て写真を撮りました。


□ 全部、綺麗に落ちてます。



2014年2月26日ゲストハウス滑落 046

   びっくりするのはこの厚さです。おまけに硬いんですよ。


2014年2月26日ゲストハウス滑落 037


   奥から2枚目のガラスがやられました。こうやって見ると他のガラスに被害がでないこと
   が不思議なくらいです。



2014年2月26日ゲストハウス滑落 043


    下敷きになっていたら、死ぬでしょうか。

    でしょうね。



2014年2月26日ゲストハウス滑落 019


    屋根の上に作業用に作った台座が残ってます。つまりあの上にいたら
    落ちなくて済むということが証明されました。でも、やはり使いたくない。


    命綱のメインロープは片方のフックを外しておきました。一緒に引っ張られて
    フックを壊したらいけないので。




□ これは去年の場合です。


2013年3月20日雪下ろし2 010


□ 実は今年の場合は対応が早くて、雪の厚さそのものは薄いんです。
  逆にその厚さのせいで、被害が発生したと言えないこともありません。


2014年2月26日ゲストハウス滑落 054x


   それは結果論ですが、塊の状況によってはどうなるかわからないことは事実です。

   こうなる前にできるだけ、屋根の雪下ろしをして厚さを薄くしておきたかったのですが。
   それができなかったのは、ブログに書いてあった通りです。



□ 今回の被害はペアガラス一枚のみで、すでに修理は頼んでおきました。昨年の雪下ろし代
  12万円よりははるかに安いですが、今年も無傷ではなかったです(涙)



   来年の対策はもういろいろふんだんに用意してますので、今年の倍返しです。

   一番簡単なのは重機が入って除雪し、雪の落ちるラインを地面ぐらいに掘り下げてやれば
   ガラスまでの高さが相当ありますから、被害はでないんですけどね。

   それと外気温度マイナス5度としても、室内温度を25度にも上げてやれば雪は都度落ちます。
      
   灯油代を考えてもそっちのほうが安全でしょうか。屋根、壁に断熱材をいれてないおかげで
   すぐに暖められるようです。



2014年2月26日ゲストハウス滑落 007


         もうぼたぼた水滴が落ちてました。


□ 雪庇は必死になって削り落としてましたから、階段に被害はありませんでした。


2014年2月26日ゲストハウス滑落 032


□ しかし、来年から、もうこういうことはありませんが、(僕が怪我でもして冬季シーズンに入院でも
  しない限り)、あり得ない雪の厚みですね、札幌市内でこんなことが起きたら訴訟ものです。


2014年2月26日ゲストハウス滑落 041


    
     森のアウトドアライフも冬はいろいろたのしませてもらってます。(へえ~)







屋根からの雪にご注意を

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 珍しく気温が高く現地でも5度くらいに上昇しました。ラジオでも盛んに屋根からの落雪に
 注意して下さいと、盛んに言っておりました。


 母屋の雪が落ちました。ガーン


2014年2月25日ストーブ着火 011


    違う小屋の中にいましたので、後で気が付きました。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 029


    こんなに積もってますからね、壁が無事であるはずがありません。


2014年2月25日ストーブ着火 003


    やっぱり3年連続で壁を壊しました。



2014年2月25日ストーブ着火 004


     窓ガラスはぎりぎりセーフで、枠が一部壊れてました。


2014年2月25日ストーブ着火 010


     一個だけ大きいのがあってそれにやられました


2013年11月5日母屋壁 003


     昨年、用意した防護壁の上を超えました。もちろんこれが無かったら被害は甚大です。

     やっぱり気温が高くなると、落ちるんですね。

     この下にいたら死んでます。


□ ゲストハウスのほうの雪下ろしは危険すぎて諦めました。そのかわり灯油ストーブをつけて

  室内の温度を上げてやることにしました。断熱材が入ってないので、屋根の温度がそのまま
  上がるはずです。

  
2014年2月25日ストーブ着火 019


□ ところが簡単には、落ちないような感じですね。



2014年2月25日ストーブ着火 020







屋根の雪下ろしで台座製作が

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 作りましたよ。いつ雪が割れ落ちて滑落しても、尾根にとどまっていられれる台座を。


2014年2月24日台座製作 010

   これを屋根の上の乗せるわけです。屋根の角度は実測してちょうど90度でした。
   こういう構造になるわけです。



2014年2月24日台座製作 018


   これが屋根の上に乗せた状態です。ある程度手掘りで雪を削りますけど。
   一応乗っかってます。


□ ところが・・・雪が硬くて割れません。もうしっかりと締まってます。


2014年2月24日台座製作 020


   梯子で登って頂上の命綱までこの距離なので、わりと簡単に登れます。


□ この台座の上に乗って安全に雪下ろしをするはずでした。が・・・
 雪が硬くて割れません。雪を割りながら、台座を移動する考えは徒労に終わりました。


2014年2月24日台座製作 024

   
  結局はいろいろ考えても、この建物の雪下ろしはかなり難易度が高いということですか。



□ 今日はプラスの気温でした。

2014年2月24日台座製作 008


□ 羊蹄山も心なしか春です。


2014年2月24日台座製作 033


  でも春はまだまだです。ちょっと緩んだだけで、あと春まで一か月あります。


2014年2月24日台座製作 027


   天気が回復すると一斉に動物たちも足跡をつけて出てきます。



ゲストハウス雪下ろし危険

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今日雪下ろしに行ってきました。上に登れます。

  それで屋根の上の雪を一部取り除いて、尾根に立ちましたが、かなり怖いです。

  とてもじゃありませんが、命綱をしていても作業に力が入りません。びびります。

  いつ足場が割れて、落とされるか分かりません。そこで・・・


  やっぱり、当初考えていたように、屋根にしっかりと乗れる台をこしらえることにしました。


2014年2月13日ゲストハウス命綱x



   これなら何があっても大丈夫でしょう。あとはこれを移動していけばいいだけです。
   これ以上、安全なものはないでしょう?



2014年2月13日ゲストハウス命綱 003


   こんな上に登って、力をいれながら雪下ろしなんかとてもじゃないけど、できませんって。

一週間ぶりの現地除雪

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 大雪がやっと降りやんだので様子を見に行ってきました。たぶんですが60cmくらい
  積もっているでしょうか。


2014年2月22日除雪 007


  スノウシューで行って、ブルを出し除雪しました。この深さならなんとかなります。
  1m超えるとかなり用心しないとブルでも埋まります。



2014年2月22日除雪 005



□ 少しずつ暖かくなってます。100円ショップの寒暖計はやはり不正確のようです。

  外気がプラス4度で室内がマイナス2度でした。プラス4度もあるわけありません。



2014年2月22日除雪 020


□ 道つけるだけで一日終わりました。今度はゲストハウスのいよいよ雪下ろしです。


  もう2月の下旬ですから、3月に入ると雪は降りますが融けてきます。
  少しは春の兆しが感じられるようになってきますよね。



2014年2月22日除雪 014


   たんまりと積もっています。


雪の峠越え

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ やっと雪も収まり、青空が出るようになってきました。札幌も喜茂別もだいたい同じです。



2014年2月20日



   午後5時の映像です。だいぶ夕方の空も明るくなってきました。
   ネットワークカメラも2台だけはまだちゃんと映像を送信してきています。

   雪が融ければ「フレッツ光」を入れて、ネットワークカメラを安定させますが
   やってみないとどうでしょうか、分かりません。(他のカメラメーカだと確信があります)


   こうやってみているだけでも気持ちが癒されますね。

   見ている分にはいいですが、60cmは積もってますね。
   土日に行ってきます。気合い入れて。




   

   

メインロープのテンションを張る

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ やり残した不安が一つあって、メインロープがちゃんと張れていません。
  雪が乗っている状態で、ロープをつけたために、長さの調節できていません。

  ゆるゆる状態です。それで雪を下しながら、緩んだメインロープを都度、張っていかなければ
  なりません。



ロープ張り


    図の赤いロープはテンションを増すためのサブロープです。それを荷締め器で
    締めます。という考えに至りました。


ro-pufukku 001


    じゃあ一体、メインロープの途中にどうやってフックを付けるのかというと
    やっぱりこんなものを買ってきました。

    ホームセンターが大好きです。なんでもあります。


    これで全部そろったので、現地に行きますが。この大雪です。
    行くまでが大変でしょうね。

    いよいよ待望の雪下ろしに入ります。






縄梯子到着

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 正確に言うと「災難避難梯子2階用」コンパクト収納タイプです。

 下から梯子を使って屋根に登っても、ランヤード用のメインロープまで距離があります。
 この間が危ないので、(一度滑って滑落した)縄梯子を買いました。


梯子 001

   平行輸入品なのでコメントにもありましたが箱はぼろぼろです。中身に傷はありません。



梯子 002


   足を掛けるアルミの板は思いのほかしっかりとしています。


梯子 003


   たたむとコンパクトになります。これでアマゾンから6,980円です。

   災害用として、長さのバリエーションがありますが、僕の場合は梯子との併用なので
   一番短い3.9mにしました。


   本来は窓につける仕様ですが、ロープにひっかける事もできるような感じです。多少
   不安はありますが。


   これで屋根には安心して登れるようにはなりました。というより降りられます。
   (降りるのが怖いです。上から見ると、梯子が見えないんですから)


   あとはまだあります。今回の場合だけ、メインロープのテンションを張りたいのですが
   荷締め機、もしくくはレバーブロックを使いたいかな。と言いたいところですが、レバーブロックは
   埋まっている小屋の中です。



1_2014-02-18_11-31-15.jpg


   全国を覆って雪の災害をまき散らしている天気ですが、もちろん喜茂別も大荒れです。
   大荒れというより、大荒れが平常時なので災害的ではありませんが。


   今度行くときはスノーシュウーでしょうね。60cm位は積もっているはずです。
   こういう時は動物達も、巣穴でじっとしているだけです。可愛そうですね。

   早く春になって欲しいものですが。










   

屋根にアイボルト取付

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ できてしまった屋根にアイボルトを植えこむのは得策ではないです。自分でやるのも嫌だし
  業者さんにお金を出してまでやるような感じじゃないですね。やってあげるよとは言ってましたが。

  それで屋根に登り梯子をつけるのことは考えてましたので、その頂点につけることにしました。

x1.jpg
      (赤いものはメインロープです)


     この梯子は屋根にかけるだけです。風に飛ばされないように軒下で固定します。
     自重があるし、大丈夫でしょう。(台風の時には飛ばされてもいいや)



x2.jpg


     実際にCGで見ても、こんな急傾斜の上で雪下ろしをするのはゾッとします。




2013年10月22日車庫囲い 011


     なんとなく、まだすっきりしない思いつきですが・・

     屋根に雪が少ない時は滑って危険だし。雪がこんもりと乗っかってくると

     落雪するので危険だし、どちらにして危ないことです。



     もともと、こんな急傾斜でも雪が落ちないとは誰も予想してませんでした。
    




屋根にアイボルトが難しい

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 屋根にメインロープを張りますが、屋根が上から見て「への字」に曲がっていますので

 図の黄色のラインのようになります。そこで途中にアイボルトとフックを使って赤色のライン
 にしたいのですが、業者さんと会った時に簡単にはできないと言われました。

 できないことではありませんが、パッキンとコーキングでも屋根に穴をあけることになります。

 それはやりたくないです。外付けでできる方法がないでしょうか。



2013年3月20日雪下ろし2 008


    赤色のラインでメインロープのテンションを張れると、完璧に安心感が増すのですが
    
    今、それを考えてます。


    この間ここの雪下ろしをした業者さんが、これを一人でやっていると聞いて
    びっくりしてました。やっぱり危ないかな。




ゲストハウス命綱対策3日目

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ もう一度フックの周りの雪を取り除き、命綱のテンションを張りました。



2014年2月13日ゲストハウス命綱 004

   命綱がたわんでいてはどうしようもありません、お笑いになります。



2014年2月13日ゲストハウス命綱 014


   今日、やっと上に登り、命綱を結んで1本にしてきました。そこにランヤードという
   ものを取り付けます。体のハーネスに結んであるものですね。こういう言葉そのものも
   知りませんでした。


   上に登った感想は・・・? とても怖くて、こんなところに居られません。



□ 登ったはいいが、怖くて降りられなくなりました。(汗)

   登るのは積雪の上を踏みしめればいいのですが下りる時は、いかにもそのまま崩れ落ちそうで
  ビビります。今までの人生で一番気持ち悪かった。

  それで縄梯子を注文しておきました。上のメインロープに縄梯子をつけて
  それを使って昇降します。途中からはアルミの梯子がありますから、その間だけですね。

  



2014年2月13日ゲストハウス命綱 013

   雪が屋根にくっついているわけではありません。要は大きな塊となって屋根の上に
   乗っているというだけです。

   ですから上を削れば、必ず雪塊が落ちます(危険)




□ 今日は諦めて、小山に登ってみました。ツリバナがあったんです。気が付かなかったですね。



2014年2月13日ゲストハウス命綱 010

   

□ 池の水も凍ってません。春なのかなもう。


2014年2月13日ゲストハウス命綱 015



   春という感じはしませんよね。なにしろGWまで雪があるんですから。



2014年2月12日ゲストハウス命綱2 036







ゲストハウス命綱対策2日目

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ いい天気だったですね。やはり2月の空気です。どことなく春の兆しが感じられます。
  それでも外気温度はマイナス6度くらいあります。今朝がたは喜茂別で最低気温が観測されました。

  マイナス24度くらいかな。それでも朝の6時くらいの気温で、その後はどんどん上昇していきます。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 008


  寒さはもう慣れですね。そういえばコンビニで弁当を買っていきましたが、甘いものが
  食べたいのでアイスを買いました。外気温度-7度くらいです。車の中で食べましたが

  良く考えてみたら、アイスを食べる気温ではないのでしょうか。

  外気温度-7度くらいになると、コンビニでアイスを買ってきても、融けません。
  そのまま昼のおやつに現地に持っていけます。



□ 今日の中山峠です。いつもの眺めです。天気のいい時はいい観光地ですが、荒れると
  死地を予感させます。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 010


□ さて今日のお仕事ですが、ゲストハウスの命綱をつけるためのフック作業です。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 017


  てんこ盛りにに雪庇が張り出してます。これがまたアルミのスコップをへし折るほど硬い。
  無理をしないで削り出します。ひたすら忍耐ですね。これでサラちゃんが金メダルを取っていて

  くれたら、また気分も違っていたでしょうが、なんとなく朝からもやもやです。夜中起きては
  タブレットでみてました。



2014年2月12日ゲストハウス命綱2 052


   結局は2時間くらいかかって、雪庇を落としました。そこに命綱のフックを取り付けます。



2014年2月12日ゲストハウス命綱2 051


   インパクトドライバーでつけますが意外と難しいものです。完全に高所が苦手でビビってます。



□ それからフックを使って命綱をつけますが、途中の立木からも1本出しておきます。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 053



□ 反対側からも1本、結局命綱は3本出しましたが、屋根の上で結んではいません。これから登って
 結ぶことになります。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 054



□ しかしどうも気温が高すぎます。つららができているし、もし上に登ったと同時に落雪になったら
 危ないので、今日は気温が高すぎるということで、上に登るのは止めました。

2014年2月12日ゲストハウス命綱2 057


□ 秋にやっておけばこんな苦労をしなくても良かったのにね。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 049


    気温プラスでしょうか、そんなに暖かいはずはありませんが、お茶が良く冷えてますので
    美味しいです。作業は大変で汗だくです。


□ 今年の経験を踏まえて来年からは楽勝ですね。せっかくのいい天気ですが、遊べてません。


2014年2月12日ゲストハウス命綱2 027


    来年はお握りを持ってスノウシューで山に登りたいですね。
   
    帰りはそりで滑って帰ってきます。




ゲストハウス命綱対策

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ いい天気の時に写真を撮りました。午後から湿った雪です。やはり2月なのでしょうか。

2014年2月11日ゲストハウス命綱 001


     マイナス1度です


□ 今日の仕事はメインロープを張るためのフックの取り付けです。

2014年2月11日ゲストハウス命綱 014


   屋根の先端にフックを取り付けました。高さ的にギリギリでかなり
   怖かったです。(写真は取り付ける前です)


□ これが命綱のロープ、フックとか荷締め器とか、先ずは準備します。


2014年2月11日ゲストハウス命綱 019



    結局は片側にフックとロープを取り付けましたが、反対側にものすごい雪庇がせり出していて
    フックが取り付けられません。人力で雪庇を削りましたが、厚さ1m以上もある為、時間切れです。


2014年2月11日ゲストハウス命綱 003


    写真右の建物です。左の建物はもうすでに雪下ろしを終えています。



2014年2月11日ゲストハウス命綱 018


    この時期、下のほうが硬くなっているために、さほど埋まらないで歩けます。

    天気が良くなると一斉に動物達がでてきてフットプリントをつけています。
    何食べているのでしょうか。


□ 資料PDFを頂きました。この方法も検討したのですが、これだけ積雪があると
 難しいです。

 業者さんがこれをやって、雪が落ちた時に反対側のほうに落雪した雪に、引っ張られて
 飛ばされたんですね。つまり南側の屋根にいたのに、北側の屋根方向に引っ張られたのです。

 これだけ積雪が多くなると、一斉に落ちた時にどうなるか読めないです。屋根の中央で
 分かれて落ちるかどうかさえ分かりません。


PDF01.jpg

     ターチャンさん資料参考になりました。こんな資料があったのですね。



 

命綱対策で

Posted by エバー on   3 comments   0 trackback

□ ゲストハウスの雪下ろしを考えてました。結局は屋根の上に登ります。
 
  それで命綱のガイドロープを張ります。これにハーネスをつけるわけですが
  ご覧の通り、仮につけてもゆるゆるです。

  雪が邪魔をしてテンションを張れません。



2014年2月8日ゲスト雪下ろし 010


  仮にこれにハーネスをつけても、もし雪が落ちたら軒下まで滑落しそうです。

  それではまったく意味がありません。

  そうならないように、ホームセンターに行って、道具を一杯買ってきました。
  荷締めの巻き取り機まで買ってきました(880円の安物)

  まずは基本・・・・安全第一です。



□ 昨年の3月の写真です。この厚さだと怪我しないほうがおかしいですね。


2013年3月20日雪下ろし2 010



  この間、雪下ろしをしていて、スイカくらいの雪の塊が頭に当たりました。

  かなりの衝撃ですね。スイカ程度でそうなんですから、こんなものが体にぶちあたったら
  死ぬかもです(笑)(笑いじゃない)



ネットワークカメラ最期

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ どうも通信が安定していない。3Gなのでしょうがないこととサポートに聞いても
  リセットしてみてくださいだの(再設定は大変)要領を得ない。

   原因はキャリアの3Gにあり、もともとかなり無理なのを承知でやっている。

   他にソリッド社とアイ・オー・データ社を自宅で使っているが年に一度くらい不具合が
   出る程度で。これくらいなら許せる。PCI社製は6台のうち2台しか画像がでない。

   それも電源再起動させると6台とも、数時間は映っていたりする。



1_2014-02-08_08-38-09.jpg


   現地からの映像がこないと天候がまったくつかめない。上は昨日の映像で
   今日はトラブっている。こんなのばっかりである。画像がこないとブルーになる。

   PCIのカメラはすぐに製造中止になっているし、どうしたものなんだろう。
   もともとは日本製ではないので、製品に信頼性があるのかどうかは疑わしい。

   早く「光」を入れないと、どういうメーカにしろもう無理だと思うようになってきた。


   4月から5月にかけて雪が融けたら、頼んで「フレッツ光」にすることにする。
   そうしたら一気にこのもやもやが晴れるだろうか。



   


ゲストハウス雪下ろし難航

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ロングスコップで雪下ろしをしました。北側の斜面はなんとか削れてます。


2014年2月8日ゲスト雪下ろし 004

   北側の地面が山を背負っているので高くなっていることもやりやすさに
   なってます。


□ 問題は南側で、雪が硬く締まってスコップが入りません。



2014年2月8日ゲスト雪下ろし 023


    屋根の上に上がるには相当の勇気がいります。命綱なしでは危ないです。

    今度は命綱を立木から伸ばしてみようかと思ってます。


□ 今日の羊蹄山です。

  東京のほうでは積雪20cmで大変らしいですね。札幌でも一度に20cmでは
  多いほうですよ。融けた雪が凍結しなければ問題ないんですが。


2014年2月8日ゲスト雪下ろし 039


   雪下ろし方法、まだまだ続きます。



2014年2月8日ゲスト雪下ろし 002


   気温マイナス6度くらいです。

ロングスコップ作りました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ロングスコップをジョイント(手作り)で延長して棒2本を連結しました。

2014年2月7日ゲスト雪下開始 001

   棒2本が限界で、それ以上になると揺れすぎます。


□ 3.6mでも屋根の上までは届きません。

2014年2月7日ゲスト雪下開始 011



□ それに雪が締まっていて、スコップが入りません。さてどうしましょうか
  命綱をつけて上に上がるしかないような気がします。


2014年2月7日ゲスト雪下開始 012


    もう少し考えよう



ロングスコップ製作

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 手配していた丸棒30Φx1820が6本届きました。6本もいらないんですが運賃がただになるので
  買いました。1本800円くらいです。

2014年2月6日ロングスコップ 003


    思ったより反りもなく十分でした。ホームセンターで40Φ4mというのがありましたが
    車の中に入らないのと、40Φというのは太すぎます。あくまで手すり用でスコップは

    だいたい30Φ位のようです。



□ スコップの先を考えました。アルミ、鉄、プラスチック

  色々ありますが、4mの長さになりますので鉄は重過ぎます。アルミもいいですが
  加工が必要です。その中で子供用のスコップがありました。


2014年2月6日ロングスコップ 001



    目を付けたのが、取り付けがビスだったことです。


2014年2月6日ロングスコップ 002

   ラッキー♪ 柄の太さも30Φです。


□ これを外して丸棒につけるというわけです。ただしこれではまだ長さ1820mmです。

  これを2本つなげて使います。ひょっとすると3本できるならやってみます。
  その方法については現地から。


2014年2月6日ロングスコップ 004


   全長約4mのスコップです。雪下ろし用です。さてどうなるかな。



ガレージハウス雪下ろし終了

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ガレージハウス雪下ろし完成です。やはりママさんダンプのせいでしょうか。とても効率良く
  できました。3時間で終わりました。

20141年2月5日ガレ雪下ろし完 011


□ 命綱をつけてましたが、落ちるような気配すらありませんでした。

20141年2月5日ガレ雪下ろし完 005


□ 天候は雪で気温はマイナス10度くらいでしょうか、でも汗だくです。寒いので休めません。
 一応、喉が渇くのでお茶を用意してますが、ちょっと氷気味になっちゃいます。-10度ならね。



20141年2月5日ガレ雪下ろし完 009


□ 残るはゲストハウスで、業者が雪下ろしを遠慮したというほどの危険場所ですが、秘策はとりあえず
  考えています。丸棒を手配していて、連結して3.5mのスコップを作ります。


20141年2月5日ガレ雪下ろし完 007



□ 母屋の半分だけがいつも落雪します。こっちも急に落ちると壁に穴をあける可能性があり
  保護板を設けてますが、ちょっと心配です。


20141年2月5日ガレ雪下ろし完 002

   煙突があるので、それだけの理由で雪が落ちないんです。

   ウサギの足跡が一杯ありました。ウサギは何しているのでしょうか。





フィトンチッド解明か

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 森の中を歩くとフィトンチッドが肺から吸収され血液に取り込まれるそうです。旭川医大の研究
  チームが突き止めたとかネットで紹介されてました。

 
2013年8月10日草刈裏 005


    現在、暇を見つけては除雪にいってますが、空気が綺麗な処でありますが
    爽快感がありません。

    これが6月から9月くらいまでだと、特別な気持ちよさがあります。
    歩くだけで免疫力がアップするらしいですが、森の中で仕事をすると

    目いっぱいのフィトンチッドを吸い込んでいるわけですから、健康に
    いいんでしょうね。



2010年8月25日 022


    経験的に良さは分かってますが、このフィトンチッドが血中に取り込まれるとは
    知りませんでした。

     
    いっぱい取り込んで、健康になりたいですよ、森の中は別な世界です。




車庫の雪下ろし終了

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 午前中に少しは晴れ間が出ました。ちょうど現地についたころです。

2014年2月4日車庫雪下ろし完 006

   すでに昨日から5cmは積もってました。まだ快適に歩けます。


□ 今日の仕事は車庫の雪下ろしです。


2014年2月4日車庫雪下ろし完 029


  こんな風にママさんダンプで削って行きます。


2014年2月4日車庫雪下ろし完 033


  昨日と今日で150cmくらい削ったでしょうか。これで今シーズンは雪下ろしをしなくても
  いいかもしれません。


2014年2月4日車庫雪下ろし完 015


  雪下ろしと言っても、もう落す感じではなくなってきました。
  落下する危険性がないので、大変に安全です。


2014年2月4日車庫雪下ろし完 023


  ちょっとボードで滑りたい気分です。残念ながらスキーしかできません。



□ 今度はガレージハウスをすることになっています。


2014年2月4日車庫雪下ろし完 019


            こっちのほうが楽でしょうか。





除雪2日連続

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 2日連続で除雪に行ってきました。流石に2日間除雪するとかなりできます。


2013年12月17日除雪2 010


     12月での積雪状態です。ほんのわずかです。可愛い程度に。


2014年2月3日雪おろし 008


     本日60cmくらいは雪下ろしをしてきました。あと30cmくらい削ると
     トタンがでてきます。
     (写真だけ見ると、何の絵だかわからんでしょう)



2014年2月3日雪おろし 002


      前方から見ると分かります。かなり減ってきました。


2014年2月3日雪おろし 009


      道もご覧の通り、綺麗になってきました。道幅も広げてます。



2014年2月3日雪おろし 003


      母屋までの道もバックホーで削って整えてあります。

      明日も行きます。2月の豪雪に備えておかないと泣きを見ます。

     




除雪に行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 6日ぶりの除雪ですが、この間になんと60cm積もってました。国道からはスノウシューで
  歩いていきます。メタボにはいい運動になるんでしょうが、いやはや、顎が上がり、膝が落ちます。

  2回ほど休みを取りながら車庫まで行きました。

   それからブルで除雪です。

2014年2月2日除雪 006


    地面まで多分1m以上はあるでしょうね。


□ 暖かいのでしょうか、母屋の屋根から落雪してました。

2014年2月2日除雪 003



□ 今度は車庫の雪下ろしです。


2014年2月2日除雪 001


    宿泊してやらないと時間が足りません。10時に現地について15時には帰ります。
    正味5時間はしてますが、それではまるではかどりません。

    水を止めているのでトイレは使えませんが、できれば宿泊したいです。

    しかし、雪の多い所だな・・・・、まだ雪に完全に負けてます。





特殊スコップ自作します

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ このあいだ屋根の雪下ろしのするために2.5mのスコップを買いました。

  すこぶるいいのですが、まだ長さが足りないです。3.5mくらいあると軒下まで届きます。

  それで丸棒30mm長さ1820mmの丸棒を注文しておきました。2本連結すると3.6mに
  なります。連結の仕方は鉄パイプでやります。


特殊スコップ


   スコップの金属部分は木製の柄が壊れたスコップがありますので、それをつけます。

   だいたいイメージはこんな感じです。


   さてどうなるのかな。



やっと2月になりました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日から2月です。現地ではさっきまで降ってましたが、午前10時現在では曇りです。

1_2014-02-01_09-37-51.jpg


    ゲストハウスのほうは全く雪が落ちていません。雪下ろしが必要です。(右の建物)


名称未設定 1


    今日、行こうかと思いましたが中山峠のライブカメラがこんな感じで
    やめました。

    明日は晴れるので行ってきます。

    除雪は2月が勝負です。頑張りますよ。