森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

ゲストハウス雪囲い

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雪囲いの準備はまだ続いています。

  車庫のシャッター用雪囲いフェンスは完成しました。こんな風に重いのでバックホーで
  セットします。

2013年10月31日ゲストハウス囲 001


□ 続いてゲストハウスの裏側に雪囲いをしています。

2013年10月31日ゲストハウス囲 007


    板を張り付けてます


□ この位置に灯油ストーブの送油管があるんですね。その保護です。
  この高さでも今年の春にクランプが破損しました。

2013年10月31日ゲストハウス囲 008


□ なにやら気が付いたところに、いろいろやってます。

2013年10月31日ゲストハウス囲 009


    これで今年は心配しないで済みますでしょうか?


□ もう紅葉も終わり、敷地内は落ち葉でサクサクです。

2013年10月31日ゲストハウス囲 016

   腐葉土になって土の栄養になりますから、どんどん溜まって下さい。


□ この間、自宅近所で伐採があり、玉切りした幹を全部もらいました。
  こんな丸太が30個くらいあります。

  マサカリでやったけど、割れません。乾燥しても割れるかどうか。
  自宅から5回くらい運搬すれば、別荘に運べます。

  重たくて車に積むのに大変だったですよ。でもこれで来年の薪はどうにか
  なりました。


2013年10月31日ゲストハウス囲 013


   とにかく割らないと薪にならないです。


□ もう少しで雪囲いも終わります。あと一か月あります。
  その間、屋根の雪下ろし方法を考えようと思っています。


2013年10月31日ゲストハウス囲 017

車庫の雪囲い終わりました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 車庫のシャッターですが、雪囲いを作り終えました。

  かなり重いので人力では移動できません。


2013年10月29日車庫雪囲い 016


□ 市販の水生塗料をかなり薄めて塗装しました。


2013年10月29日車庫雪囲い 018


     実際はこれを裏返して、柱に打ち付けて固定します。


□ やっと最後にツルバラが咲いて、今年を終えてくれました。良かったです。

2013年10月29日車庫雪囲い 004


□ もう紅葉も終わり、葉っぱもなくなりあとは本当に冬を迎えるだけですが
  仕事はこれからです。


2013年10月29日車庫雪囲い 010


  今度はゲストハウスの雪囲い考えます。


レーザ測定器買う

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 9,880円です。こんなに安いとは知りませんでした。

  この間、内装の業者さんが使っていたので聞いたら「安いもんですよ」って。

  調べたら本当にピンキリですが、こんな価格で買えます。


2013年10月26日測定器 001


  やっぱり天井まで9mとか、ガレージまで40mだとかの距離になると
  図るのが面倒になりますから、あったほうが便利です。


  ちなみに40mまでが測定限度です。公差はプラスマイナス2mmですから十分です。

  短い長さでもコンベックスよりは正確かもしれませんよ。


ゲストハウス雪囲い編

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ この屋根の傾斜でも昨年は雪が落ちてきませんでした。あり得ません。

2013年10月22日車庫囲い 016

   セッピができるからなんでしょうね。



2013年3月20日雪下ろし2 003


  見て分かる通り、雪が落ちるようには見えませんね。

  これは風によるもので、反対側にはセッピができません。



2013年3月20日雪下ろし2 011


  今年の春に雪下ろしの業者さんを驚かせた量です。

  雪下ろしを初めて30分で雪崩のように落ちました。(大変に危険)


  普通は気温が上がって来ると自然に雪は落ちます。そのための傾斜ですから。

  今年はどうなるでしょうか。


  ちょうどこの建物には断熱材が入っていません。ですから、冬に灯油ストーブを
  つけて室内の温度を上げてやれば、天井が温まるので、一気に落ちるはずです。

  その場合、階段の手すりに雪が落ちてくるので、ここを保護をしないといけません。

  次回はそれを考えます。(アイデアは今の所無しです)






裏庭の手入れ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今年も裏庭の手入れがまったく進みませんでした。

2013年10月22日車庫囲い 023

   笹刈りをしているので、散策路にはなりますが、もう少し雑草を刈りたいところです。


□ 雪で折れた木もあり、チャンソーで伐ってあげないといけないところです。


2013年10月22日車庫囲い 026


□ 散策してみると、暫く行ってないところにトドマツの稚木が一杯成長してました。

2013年10月22日車庫囲い 024


   また畑に持ってきて成長させてあげます。


□ この寒さですが、ツルバラがあと少しで咲きそうです。

  数日暖かい日が続いてくれると咲きますが、このまま終わることもあります。

2013年10月22日車庫囲い 040


   最後に咲いて、終わらせてあげたいですね。頑張ってくれるかな。






車庫雪囲い

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 車庫の雪囲いを考えてきました。こんな感じです。

2013年10月22日車庫囲い 030


    片側だけです。反対側は重機が出入りしますので、そもそも必要ありません。
   
    最終的にはコンパネを両側から抱き合わせて貼ります。面で受けて強度を
    出そうという考えです。

    でもこういうものを作ると、重過ぎて一人では移動できません。
    それはバックホーがあるので、吊って、使わないときには車庫の後ろでも

    保管するということにしました。そのほうが分解、組み立ての手間がいらず
    早いです。



□ まだこちらの建物の雪囲いも残っています。


2013年10月22日車庫囲い 010


  コンパネを貼ったくらいでは、雪でぶち破られています。水道管とか灯油の送油管等を
  保護しないといけません



    
□ 秋もそろそろ終盤に入り、落ち葉も残り少なくなってきましたね。

2013年10月22日車庫囲い 039

   今、一番青い色をしているのは苔です。綺麗な色ですね。


□ 時々、散歩しながら落ち葉を踏みしめてます。


2013年10月22日車庫囲い 017


   雪で覆われるのはまだまだですよ。




除雪車練習中

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 運転ですが、慣れないと動かせられないみたいです。

  バスみたいな大きなハンドルで、パワステではないのでハンドル切るのに
  一苦労です。

  それで考えたのですが、積雪が3mくらいあるので、除雪車そのものも
  窓ガラスくらいまで埋まってしまいます。


2013年9月28日搬送OKX

   これで、動かせられますかね。もちろん一回で除雪するわけではありませんが。



□ 母屋の裏も雪囲いをしました。これはもう通年で取り外ししません。


2013年10月19日ステンシル 004

   冬期間はもちろん完全に埋まります↓


4月14日初出 066


   写真は4月ですから、こんな量じゃありません。


□ といいながら、澄んだ空気を吸いながら、気持ちよく仕事をしています。

2013年10月19日ステンシル 017

ステンシル

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ステンシル板を買いました。大きさ3種類です。プラスチックなので
 安いです。

2013年10月19日ステンシル 001


    どういう使い方をするのかというと、位置決め用です。


2013年10月19日ステンシル 003


    WESは西側という意味で、EASは東側を表します。
    それぞれ東西南北で位置を表すようにしています。


2013年10月19日ステンシル 007


□ 天気が良かったのでカメムシも絶好調にいました。

2013年10月19日ステンシル 002


   ドアの周りと車にスプレーしたら、一回でなくなりました。
   それでいて、さほどの効果もありません(涙)



□ 次回は車庫の前のシャッターを保護するための雪囲いです。

  半分だけ保護します。半分は重機が出入りしますから、そのままにします。
  まだ具体的な案はありません。さてどうしましょうか?



2013年10月19日ステンシル 024



中山峠積雪

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 北海道の各地での峠に積雪がありました。中山峠も山頂付近で20cmです。
 
  さすがにまだ早いので、状況を確認しながら夏タイヤで向かいました。

2013年10月18日中山峠積雪 004

     路面は乾燥しています


□ まだ雪囲いをしています。


2013年10月18日中山峠積雪 037


   分解してはまた組み立てなければならないので、今は主要な部分は分解しないで

   保管するようにしてます。翌年にはそのまま立てかけるだけです。


□ いい天気でカメムシもそれほどいなく、秋らしい風景でした。

2013年10月18日中山峠積雪 041


□ 池の横のカエデが赤くなってきました。


2013年10月18日中山峠積雪 029



□ 例年だと、全てが終わってから笹刈りをするのですが、今年は除雪車の運転を練習します。

2013年10月18日中山峠積雪 013


    あと2か月は仕事ができます。


川の蛇行

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 川が岸を削ってました。

2013年10月12日雪囲い開始 044


   少しなだらかになってくれれば、川に入りやすくなるのですが
   崖のようになっています。


2013年10月12日雪囲い開始 043


   この間まで、川岸に立っていた白樺ですが、やはり倒れてました。



2013年10月12日雪囲い開始 045


   川まではかなり距離がありますので、自分の土地が削られる心配は
   ありませんが、変化に富んでいて面白いです。

   この先はどうなるのでしょう。



羊蹄山初冠雪か

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 14日中山峠に差し掛かると、羊蹄山がはっきりと見えたので
  峠の茶屋に停まり、写真を撮ってみました。


2013年10月14日雪囲い完 005


    いよいよか!


□ 今日の仕事は窓の雪囲いです。だいたい終わりました。
  
  宿泊してするなら朝早くやって、夕方には終わるかもしれません。
  2日かかるというのは問題ですね。

2013年10月14日雪囲い完 011


     これにまだゴムプレートを掛ける作業もありますが
     取りあえずは一段落です。



2013年10月14日雪囲い完 013


     昨年の大雪で単管パイプがこんなにも曲げられています。
     これだけ井形に組んでいても曲がります。雪の力ってすごいです。


□ 連休最後でした、穏やかな天気だったので、景色もちゃんと見てきました。
  
  
2013年10月14日雪囲い完 030

   やはり綺麗だな


2013年10月14日雪囲い完 023

   黄色はドングリです
   

2013年10月14日雪囲い完 016


   黄色と緑と黄緑の組み合わせ、この場所が好きですね。


2013年10月14日雪囲い完 034


   針葉樹と広葉樹のミックスされた自然林です。紅葉を楽しめるのもあと10日くらいで
   しょうか。

   次もまた雪囲いになります。まだまだ続きます。









冬囲い初めました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ もう冬囲い始めましたね。本州のほうでは真夏日とか信じられない気温ですが
 間違いなく冬が近づいている北海道です。


2013年10月12日雪囲い開始 006

    雨の日でした。珍しく虹がダブルで出てました。▽の所ですね。

2013年10月12日雪囲い開始 004


   色々な処に虹が出てました。小金湯温泉の近くです。


□ 今日の仕事は母屋の窓の雪囲いです。

2013年10月12日雪囲い開始 007


   両サイドで丸一日以上かかりますね。これでもいろいろ作業アップは
   図られているんですけど。最初の時よりは時間が1/3くらいにはなってるはずですが。



□ 紅葉はもう終わりです。楽しむ間もなく散り始めました。


2013年10月12日雪囲い開始 010





□ 桜もそうですが紅葉もせいぜい見どころは一週間です。今年はそれほど綺麗でも
  なかったようです。


2013年10月12日雪囲い開始 046


□ 椛が真っ赤にならないまま、終わりそうな・・・


2013年10月12日雪囲い開始 023


□ でも綺麗ですね。


2013年10月12日雪囲い開始 056


  これが散るともう初雪がくるんですよ。


2013年10月12日雪囲い開始 018


  葉がなくなって山ブドウだけが残ってました。

  森の動物達もこれから忙しくなりそうです。蝦夷リスはもうクルミを集め終わった
  ようで、地面には残っていません。

  

壁面塗装について

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 小さな事務所件倉庫ですがテナントを持っています。

  壁はALCでそろそろ塗装をする必要があります。

  見積もりをしてもらいました。以下に比較検討をして見て下さい。



  ①全て塗装業者まかせで最低価格 60万円(下地処理を含む)

  ②自分で塗装をする。23万円(足場だけを専門業者に頼む)

          足場だけを業者に頼むことができます。
          その場合はほぼ一か月は使用し続けることができます。

  ③自分で足場を組んで塗装。7万円(養生代と塗料費用のみ)一斗缶4本必要



asiba01のコピー

     テナントのイメージ↑


   足場は中古ですが3段5スパンを持っています。現在、別荘敷地に保管してありますので
   運搬しないとなりません。(これが面倒、エクストレールに入るだろうか)


   ただし、一人で足場を組むことはできても、分解することが大変に難しく、そもそも
   危険です。分解する場合には組み立て部分にロックがある為に、二人で作業することが

   必要です。僕は2段の足場を分解するだけでも、ひどい目にあいました。
   (治具を考えればうまくいくかもしれません)



2012年10月9日足場 010
 
     2段3スパンです↑




   以前にこういう小屋の塗装を長梯子でやったことがありますが、かなり危険です。

   そういう意味では足場は大変に便利で、安全です。以前にも書きましたが3段5スパンで
   中古ですが5万円ほどしました。買おうと思えばもっと増やせます。高さ的には3段

   長さで7スパン分はいらないと思いますが。


□ 小屋全体をDIYする方は、思い切って中古の足場を所有することをお勧めします。置き場所も
  重ね置きしますので、それほど場所も取りません。


□ 現在、検討中ですが一人でこれだけの高さの建物を塗装するのは、骨が折れますね。

  塗ることはできます。洗浄、養生、下塗り、上塗りです。技術的には問題ありません。

  あなたならどうされますか?



ミズナラドングリ不作

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今年はドングリがまったく生っていません。少しばかりではなく実がほとんど
  ついてません。原因は分かりませんが、年によって違います。


2013年10月6日塩ビ管ボックス 016


   こうなるとドングリを食べている熊にとっては、大変な年になり
   人里に下りてくる可能性があります。

   また、どういうわけかクルミの中の実も入ってません。リスにとっても
   辛い年になりそうです。



□ シャッター前の補強を終えました。


2013年10月6日塩ビ管ボックス 006

   今年はコンパネに塗装をしてます。(こげ茶)



□ 塩ビ管の保護ボックスもなんとか、余った木でこしらえました。


2013年10月6日塩ビ管ボックス 012


   相当にカッコ悪いものですね。


□ 母屋の窓も雪囲いをしたいのですが、この時期、もうテントウムシがびっしりです。
  そのうちカメムシも出てきますが、仕事になりません。

  何をしても無理ですね。


2013年10月6日塩ビ管ボックス 017


   今年は何を試してみようかな。昨年は木酢とか芳香剤とかやってみましたが
   だめでした。

   

CS-W05NMネットワークカメラ修理

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ Planex社のネットワークカメラ CS-W05NMの修理が終わり
  届きました。修理ではありません、現物交換です。

  故障かどうか判断して、故障なら代替え品を送ってきます。購入してから
  一月での初期故障のため、送料は行きも帰りも無料です。


2013年10月5にt 001


  まったく新しくなりますので、IPアドレスの設定もルータのポート解放も
  やり直しです。

  この辺の手順ができない人は、扱えないということですね。

  価格は確かに5000円前半で安いですが、4台に一台は故障を覚悟されたほうが
  よろしいかも。それで、もし購入を検討されるなら、複数台をそろえておいて、もし

  画像が得られないのであれば、置き換えて調べてみるようにしないと、原因が確定
  できません。

  今回は無線でも有線でも1時間しか持たないし、他のカメラに変えた場合は問題が
  ないということなので、サポートでも即決、不具合と判断されました。

  これが、一台での環境だと、他の色々なことが原因としてあげられるので、メーカも
  すぐに故障ですとはなりません。

  そういう意味で、あらかじめ台数を大目に設定して、予備機として使っていくことを
  お奨めします。



冬囲い開始しました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今年は早々と冬囲いの準備を始めました。まだ根雪になるまで一か月以上もありますが
  やらないと落ち着きません。

2013年10月4日塩ビ管変更 001

   沢から池に水を運ぶ塩ビ管です。以前はここにフィルターボックスがありましたが
   塩ビ管で直結することにしました。


□ ガレージハウスには単管パイプ・コンパネでシャッターを保護してます。


2013年10月4日塩ビ管変更 005


□ ロータリー除雪車の通る道にはさらに竹竿で目印を立てています。あと20本くらいは
  まだ必要です。


2013年10月4日塩ビ管変更 014


□ 秋がくるともう花も咲かなくなり、ミツバチも最後の蜜集めに飛んでいます。
  
  残されたひまわりにいろいろな虫が集まってくるようになりました。


2013年10月4日塩ビ管変更 022


□ 鹿の足跡が増えてきました。来ても食べるものないですけどね。

 
2013年10月4日塩ビ管変更 018








竹竿立ててます

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雪が降ると、一面平らになり、どこが沢だか道だか分からなくなります。
 最大で2mくらい積もりますから(累積はもっと)3m位の竹竿を建てました。


2013年9月30日砕石 002


   これくらいの高さまで積もるのですから、それはブルドーザ除雪では
   いくらなんでも無理ですね。

   今年はどうなるのか見物です。

   この大型除雪機でも排雪できないとなると、そもそも無理ですが。