森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

笹刈り跡

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雪融け後はごらんの通りまだ草が生えてきません。本当はここに
  笹があったのですが、数度の笹刈りで絶滅してしまいました。

2013年5月26日梯子修理 023


  ちょっとでも残っていようものなら、すぐにナイロンコードで切ってしまいます。


2013年5月26日梯子修理 022


  ここからいろいろな雑草が生えてきますが、(世の中に雑草という植物はいませんが)
  そのままにしておくと、背の高い植物が繁茂してきます。


2013年5月26日梯子修理 029


  それをまた刈っていくこと数年繰り返すと、背の低いグランドキーパと呼ばれるような
  地面を覆い尽くす植物によって覆われます。スミレとかイチリンソウとか。

  もちろんカタクリもエンゴサクも時間がかかりますが、増えてきます。


□ 以前から書いてますが、北海道の原野は笹で覆われてます。笹に覆われると他の植物が
  負けてしまいます。実は木も着床しないので生えてきません。

  
2013年5月26日梯子修理 024


  ここはお隣の土地ですが、手入れをしないので笹だらけです。実にうっとおしい光景ですね。
  
  馬は笹を食べるらしいので、野生の馬がいてもいいと思うのですが。

  野生の馬を増やしてくれませんでょうか。馬は零下30度くらいでも平気らしいです。

  鹿と同じで冬の食べ物に困るのか・・・


2013年アウトドアライフ開始

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雪が消えてきました。予想していたより、外のテーブルとかの損傷がかなり
  あることがわかってきました。まずはそういうものの修理からでしょうか。

  
2013年5月26日梯子修理 032

   とてもいい天気でしたが、日差しが強く、日焼け止めを塗りました。
   外仕事してますから、焼けるのが分かります。



□ 冬の間に変形したアルミの梯子を修理しました。最初は金づちでたたいて伸ばしてましたが
  一時間かかって30cmくらい、伸ばせれましたでしょうか。

  縮んだ状態で曲がってしまったために、伸ばせれなくなったんです。

  途方にくれてましたが、重機で引っ張ってみようと試みました。結果はあっさり
  引き抜かれて、一番長い状態に収まりました。

  初めからその手でやれば早かったのにですね。ただし、変形がひどいので縮ませることは
  できません。最大限に伸長させた状態で保管しておきます。


2013年5月26日梯子修理 044


   さすが重機ですね。



□ カタクリが咲き始めています。ほんの少しですが。

2013年5月26日梯子修理 002


□ クロッカスが畑の中では一番最初に咲きます。


2013年5月26日梯子修理 010


□ チューリップも水仙も芽が出てますが、株分けする暇がないので密集してます。


2013年5月26日梯子修理 009

   本当に花たちには申し訳ないと思ってますね。


□ でもやっと始まりました。

2013年5月26日梯子修理 031

  今年の大きな目玉仕事はありませんが、花畑の整理でしょうか。



春・開始

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ネットワークカメラからの写真です。相当の勢いで雪が消えてきました。
 
  (ネットワークカメラですが18日間は通信状態にありました。19日目に不通となり
  電源を入れ直すと、その後復活しました)


greencyber_2013-05-24_14-39-06.jpg

     除雪してもしなくても数日の違いのようですね。雪は消えます。


greencyber2_2013-05-24_14-31-01.jpg


     これも現地のネットワークカメラからの画像です。早く咲いた花が

     見えるようになるといいですね。


阿寒湖に行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 阿寒湖に行ってきました。鶴雅ウイングスに泊まってきました。
 
  途中で撮影です。実に北海道らしい風景に出会えました。春の草を食む馬たちです。

  驚いたのは放牧されていて、囲いがないことです。逃げないんですね、逃げる必要も
  ないほど、草原に恵まれているということでしょうか。


2013年5月鶴雅ウイングス 002


□ お目当ての一つはアイヌアートで有名な瀧口正満さんの彫刻に会えることです。
 
  今回はイチンゲというお店に直に行ってきました。ご本人がニレの木でフクロウを
  製作してました。あいにくカメラを忘れて、記念撮影ができませんでした。

  その変わり、彫刻した跡のニレの木をもらってきました。(小さな端材ですが)


itinge.jpg


   グーグルから。真ん中のお店です。


□ 代表的なフクロウですが、良く見ると目玉に、木の年輪が環のようについてます。
  削り始める時に、年輪と目玉の位置を決めながら、掘っていくんですね。

2013年3月12日水の歌 261


    そこが瀧口さんのすごいとところですね。
    これは支笏湖「水の謌」に行った時の彫刻です。

    水没して色が変色した、ニレの木を乾燥させて彫刻するらしいです。

    お土産はフクロウのキーホルダーを買ってきました。

    


水を出しに行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 漏電の原因が分かり、ブレーカを上げるとやはり復活してました。
  さっそく電源をいれ、ポンプを回して水をすいあげました。

  まだ雪が融けたとはいえ、一杯あります。


2013年5月18日水出し 023


□ 気温が上がりません。これだけの雪があると周囲一帯の気温が上がらないんです。
  雪で冷やされますから。

  寒暖計を見ると、たったの4度です。

2013年5月18日水出し 024

    天気がいいのに真冬のような気温です。


□ それでも日照時間が長くなり、水仙の芽も一杯でてきました。

2013年5月18日水出し 016

   この間除雪したところのみですが。ほとんどはまだ雪の下です。


□ まずは雪の害のチェックです。


2013年5月18日水出し 008

   小さな小屋ですが倒壊していました。予感はありましたがやはり。


□ それでも昨年被害を受けた、裏の装備関係はまったく無事でした。このくらいやらないと
  だめなんですね。だいたい限度が分かってきました。


2013年5月18日水出し 009

□ 沢の水が大量に流れています。ヤチブキがこれから咲くところでした。
  水の中でも咲いてくるのですから、すごいですね。


2013年5月18日水出し 012


開通しました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ やっと母屋まで道が開通しました。車で上がれました。

2013年5月13日車開通 009

    途中何度か危ない箇所もありましたが、走破してきました。さすがにSUV。


□ その他の所もバックホーで除雪してきました。

2013年5月13日車開通 003

    すごい雪ですね、まだ1mはあります。


□ 雪の為に、変形したアルミの梯子がでてきました。


2013年5月13日車開通 004

   雪庇が落ちた時に変形したものですが、アルミとはいえ
   衝撃のすごさが分かります。


□ 小屋のシャッターは単管の保護で無事でした。

2013年5月13日車開通 005

 
   単管パイプの縦を2本にして強度を上げています。そのことが良かったようで。
   昨年度は1本にしたために、バナナのように曲げられました。
   今年は保護の為にコンパネに塗装をしておきましょう。


□ 母屋の一階が漏電していたのを前回に記述していましたが、雪融けで原因が分かりました。

2013年5月13日車開通 012


   外部コンセントが雪で壊され、むき出しになっていました。これなら漏電しますね。


□ 活動が始まりましたが、雪が完全に融けるのは5月下旬になりそうです。

  あり得ない雪の量です。雪の下ではもう芽が出ています。早く融けてくれないと
  植物が可愛そうです。


2013年5月13日車開通 010



急に気温が上がってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

の□ 相変わらず、桜便りはまだ「開花せず」が、多い北海道ですが
  役所では「ウオームビズ」で半袖にさせられているとか(札幌)・・・寒いのに
  さすがお役所仕事と感心させられます。

  さてカメラ2号からの映像によりますと急に昼にかけて地面が露出してきました。

greencyber2_2013-05-10_13-20-35.jpg

    これなら車で上がれます。


□ ネットワークカメラが落ち着いてきましたが、将来は光回線を導入しないと
  とてもじゃないと増設は危ういですね。まだbiglobeのほうに2年縛りがありますので

  それまでは3Gで我慢してます。しかし、光になると例のWI-Fiロボットも現実味を
  帯びてきまして、それなりにネットでのぞいておりますが、いい雑誌に出会いました。

interface 001

  
   アマゾンで専門雑誌を調べてもありませんでした。しかし、この本の内容は願ってもない
   ものばかり。なるほどインターフェイスのキットはちゃんと市販されているんですね。
   初めて知りました。良くテレビで見るロボット大会なるものは、これの応用だったわけです。



interface 003


   これなら、なんとかなるんじゃないの。もちろん考えは甘いのですが
   姿がまるで見えないわけではありません。


□ 太陽光発電はソーラパネルで最初に行います。12V1Aを発電させて、エクステンダーを
  配置します。ロボットにネットワークカメラを付けて、歩かせるのが目的です。

  12Vのモータは車のワイパーモータです。以前に12Vのバッテリーを積んで動かした
  ことがあります。

  当時はネットワークカメラの事は頭になかったので、銅線を地面に這わせて、それに
  そって草刈をさせるつもりでいました。途中で断念したのは遠隔操作する方法が
  考え付かなかったからです。


□ ロボットを別荘で動かして、どこまで行ってくれるものか分かりませんが
  ロボット自体にもソーラパネルを積むので、途中で息途絶えることもないのかも。

  だんだん面白くなってきました。
 
 

除雪の最後(たぶん)

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 除雪してきました。GWも終わっているのにまだこの残雪です。
  現地ではまだ春らしくもなく、いたって冬のままでした。水たまりに薄氷がありました。

2013年5月8日除雪最後 007


     中山峠下りから見る羊蹄山です


2013年5月8日除雪最後 006


     中山峠スキー場です。十分に雪があります。一体いつまで営業するんでしょうかね。


□ こちらも、ブルが故障しているのでバックホーで除雪してきました。2時間くらいかかり
  ましたでしょうか。


2013年5月8日除雪最後 032


    これだけやれば、数日で解けて地面が出てくるはずです。



□ まずは車で母屋まで上がれるようになれば、いろいろ仕事の始まりです。

2013年5月8日除雪最後 026


  やはり今年は雪が多いですね。
  
  こんなのも記憶にありません。


やっと雪が融けてきた

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ネットワークカメラ2号からですが、除雪したとこに土が見えるようになって
 きました。でもそのほかには1m位の雪がまだあります。一体いつまで居座るつもり?


greencyber2_2013-05-05_14-33-30.jpg

  一気に雪融けに走るとまた峠の崩落や、河川の氾濫とか、よからぬことが
  発生しないといいですね。

  この状態なら、畑仕事がいつになるやら分かりません。

  
  今年の大きな課題は上流で二股になっている沢をできるだけ、こちらのほうに多く
  流れるようにしてきます。

  反対側の沢が下流で氾濫しているからです。こちらに多く流れたほうが発電にも
  使えますから。

  今年はあちらこちらに熊の被害も出ています。

  いないんでしょうね。我が山には。ホーセンターに行ってクマよけの鈴を買って
  くることにしましょう。


□ ネットワークカメラが9日目に入っても順調に途切れることなく画像を送ってきます。
 どうしてでしょうか?

  ドコモは事故現場での影響ではないと言ってましたが、ネットワークカメラは
  俗にいう上りと下りの関係ではありません。パソコンからインターネットを利用して

  相手先のカメラを操作しているのですから、パケットのタイミングでも遅れようもの
  なら、繋がらなくなるのでしょうか。

  良くは分かりませんが、事故が起きて不通になり、開通したら、ネットワークカメラも
  動き出したのは偶然でしょうか。

  帯域制限がありますが、一日一時間つけっぱなしで30MBしか使ってません。一日
  120MBを超えると帯域制限にかかります。

  3Gの電波144Kbpsの最低でやっとこさ繋がっているんではないでしょうか。
  当面はこれだけ、再起動しなくても持ちこたえてくれるのは不満ありません。



発電3種類

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 雨が続く札幌です。喜茂別では雪も降ってびっくりです。
  
  ゴールデンウイークで現地に行かなかったのは久しぶりです。

greencyber2_2013-05-03_13-56-20.jpg


    この雨では仕事にならないのと、ブルが故障してます。


□ それで本を買ってきました。発電3種です。

  もともと太陽光発電の本は買ってあります。水力と風力を買い増しました。

発電本 001


  この「自分で作る水力発電」と「自分で作る風力発電」は著書の
  中村 昌広さんの書き方が丁寧で分かりやすかったです。これはお勧めです。


  作りやすさから言えば太陽光発電、水力発電、風力発電の順ですね。

  風力発電は自分でコイルを巻くところから始まります。ある意味とても興味を
  惹かれますが。


  でも最初は水力から手掛けることにしました。水力なら常に風と違って出力でき
  ます。しかも、回転数から言って自転車のハブダイナモがそのまま使えるらしいです。

  そのうえ安い。


simano.jpg


  太陽光ではバッテリーへのチャージは購入品ですが、中村さんの場合は
  基盤で回路を作るところからできます。

  そうすると、最終的にはソーラでも風力でも対応できますので、今後は全て
  自作することにしました。