森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

ロフト作りました

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ やや補強材が先に入っていたため変則になりましたけど

  できました。これでロフトにかさばるものはお引越しになりました。

2011年10月31日 001


□ ややコンパネと壁に隙間があくのが難点ですが、特に問題はありません。

2011年10月31日 002


  小屋の建物自体も丈夫になりました。初めからこうしておけば
  積雪で傾かなかったかもしれませんね。


□ ルーバも完成しました。

2011年10月31日 002x


□ 若干失敗ですね。


2011年10月31日 005

  ひとつはニス3回塗りでも薄すぎました。もう少し濃くです。

  それから幅30mmのラワン材でピッチ100mmです。

  僕の感想としてはピッチ70mmくらいのほうがいいですね。


2011年函館 077


  上はとある旅館のロビーですが、たしかにピッチはもっと細かいです。



□ まだ暖かい日が続いています。そろそろ冬囲いですね。まだ壁にカメムシが
  いるので作業できません。

  そういえば、鹿がくるようになりました。また驚きですが

  つるバラの先端を食べていました。余程、鹿ってバラが好きですね。

  もう枯れていましたから、腹もたちませんでしたけど。


2011年10月31日 029



函館行ってました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 旅行で函館に行ってきました。

2011年函館 013

 雨交じりの天気でちょっと寒かったですね。

2011年函館 112x


□ それより

  メインマシンのW7のパソコンがおかしくなっています。DELLですが
  サポートセンターに問い合わせました。

  30日間以内の電話サポートで5,000円くらい払わされました。

  サポート期間が切れていて有償保守だからです。

  どうも立ち上がりが不安定で

  いまや20回くらい電源をリセットしないとスタートできません。

  電話で聞いた結果

  残されている方法はOSのクリーンインストールらしいです。

  ハードのセルフ診断では異常が見当たらないとからしいです。

  残るはOSということになりますね。

  それだけは勘弁して欲しいですが、いまや残された道はそれしか
  
  ないかもしれません。

  そうなると今までインストしたアプリとデータはみんな駄目になります。

  もちろnバックアップはしますが、あたらしくアプリを入れると
  
  まだアクティベイトしないとならないので、面倒です。以前のVUEで
  
  うんざりしてますから。

  まだ時間はありますが

  最悪Windows7のデュアルブートとかXPをもうひとつ入れて
  
  それで使うとか。

  空いたところにW7をもうひとつ入れてデュアルブートにしておいて

  いいほうのOSを選択するとかはできないのでしょうか。

  2年ちょっとしか使っていないメインマシンなんですよね。

  気が重いな。

  そうとうに気がブルーになってます。

冬囲いの用意

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 本州では夏日だというのに北海道ではもう冬囲いの準備が必要です。
  (僕のところだけか?)

  特に今年はガレージのシャッターを保護強化します。

  まずは雪振る前の準備です↓

2010年11月14日 017


□ しかし無残にもこうなってました。↓

DSC04531.jpg


□ 以前にお伝えしてありますが、原因はセッピです。

IMGA0250.jpg


  風の流れでこうなります。この小屋の裏側はセッピはできていません。
  こればかりは建築屋さんも予想だにしていなかったことですが。

  雪恐ろしいですね。

  なおこれに使ったOSBは曲げに弱いです。もしコンパネを使っていたら
  壊されていなかったかもしれません。

  コンパネは縦と横にそれぞれ繊維方向を変えて積層してあります。

  OSBも強度方向があるんですけど
  ただくず木を接着したようなものですから、曲げに弱いですね。
  その通りでした(納得)

  
□対策は単管パイプを追加して、補強します。


  



ルーバ組み立てました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ルーバーを取り付けてきました。

  今回は失敗できないので、下穴を開けるとか
  珍しく丁寧にいろいろしました。

  
ルーバー

  出来上がりが夕方なのと雨が降っていたのでデジイチでなく
  携帯で撮影しました。まあ見られますね。



□ 下が工事前の写真です。
  ドアを開けるといきなり部屋にななってましたが、今度はちょっと雰囲気が
  
  違いますね。


2011年9月22日 014


  ただしこの木製のドアだけは古民家風には合わなくて不評です。
  業者に不良在庫のドアを安く売るから使ってくれと

  頼まれたものですが、和風には改造できないですね。
  しばらくは我慢して使うことにしましょう。

  

ロフトの製作

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ ガレージハウスの上が開いているのでロフトを作ることに
  なりました。

  材料は手配してあります。あとはノコで長さをそろえ
  コーススレッドで取り付けるだけです。


  コンパネを敷きます。10枚使います。


2011年10月9日 017

   ↑はCGです。


□ 結局は作ることになるわけですね。せっかく作ったガレージももう満杯に
  なってきました。

  特にネットとかブルーシートとかはかさばることが多いのでロフトに納めた
  ほうが整理しやすいんです。

  
□ ゲストハウスよりこちらのほうが好きなんです。こういうロフトで寝泊り
  したいです。

  男の隠れ小屋的なもので、掃除しなくても誰からも文句が言われない
  自由な場所って、ある意味ほっとするんです。

  そういえば子供の頃、秘密の隠れ場所作って遊んでいたことありますが
  それに近いものがあります。

    


塗装2回目

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ラワン材の2度塗り状態です。

  さすがに2回目は雑巾でふき取るわけにはいかないですね。
  
  一度目の塗料が溶けてきますのでこすりつけると薄くなってしまいます。
  
  これは刷毛で塗るしかないと決めて、すこしシンナーで薄くして
  塗り上げました。やっぱり角部に塗料が溜まりますので、布で

  ふき取りました。結局2回では色がでません。あと一回の3度塗りに
  します。(塗料が余れば4回塗るかもしれません)


2011年10月19日 015

    この柱のことをルーバーと言うらしいですね。知らないのに作って
    しまいました。ラワン材を使うことが多いらしいです。ラワン材で
    検索してたらルーバで出てきました。




□ もう紅葉も終わり、白樺の白い木肌だけが目立つ季節になりました。


2011年10月18日 015


□ 畑の中も何もありません、


2011年10月18日 016

□ カメムシ殺虫剤について

  結局は数日たってまた別荘に行ってきたのですが、まったく変わりありませんでした。

  結果としては効果は数日も持続しません。↓の通りです。こういう状態で壁全体が

  覆われます。今年のカメムシ対策も徒労におわりました。


2011年10月19日 014


□ お口直しに

  ほとんどの花が枯れてしまっているのにもかかわらず

  つるバラだけが花を咲かそうとしています。すごい寒さ知らずですね。
  2度の雪があったのに平気でした。

  来年こそはちゃんと手入れをしてやろうと、猛省しております。

  
2011年10月9日 039

  ↑は9日の写真ですが現在でもつぼみを出しています。
  


油性ニスの塗り方

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 前回から騒いでいる玄関の飾り柱の塗装をしてきました。
   
  さてニスを買ってきました。オイルステンは黒がなかったので
  まよった挙句ニスにしました。

  実はインドアの木材塗装はしたことがないんです。


2011年10月18日 002


□ 最初に塗ったときにはびっくりしました。厚く塗るなとは書いてはありましたけど・・

  どんなにうまく塗っても刷毛ムラが取れないんですね。これは塗れないと思いました。

  これが↓の1本目の塗装状態です。良く見るとムラムラになってます。
  (真ん中の色の濃いもの)

2011年10月18日 003


□ 塗るときのコツ

  このニスの塗り方は塗膜を作るようにぬっちゃ駄目なんですね。
  
  刷毛に少し塗料をつけて刷毛をしごくようにこすり付けるんです。

  そうするとちゃんとムラがなく色がついてきます。最後は乾いた雑巾で

  ふき取ると綺麗に仕上がります。刷毛塗りに自信がない人は雑巾に
  
  塗料をつけてこすっても同じように仕上がります。


□  これが一度塗りの仕上がりです。こういうふうにして塗るので
  一度だけでは色が薄くなってしまいます。

  説明でも2度塗りになっています。


2011年10月18日 006


  まだ2回目は塗っていません。

  今度は多少シンナーで薄めてやってみようかと思ってます。

  それでもムラになるようなら、やはり雑巾でふき取ります。

  もしそれで艶が損なわれるようなら、最後の仕上げはクリヤーラッカーを

  薄めるかクリヤースプレー缶で塗ったほうが無難ですね。



2011年10月18日 007


  もし好みの濃さがでなければ3回塗りすればいいわけです。

  (そういえば建具屋さんは4,5回塗るとか言ってましたね
   このあいだ。ラッカー系ならそんなに回数を重ねることがないので
   不思議に思ってましたが、こんな感じなんですね)

  このようにやればあなたもプロの仕上がりになります。



カメムシ対策について

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 前回、カメムシ用の殺虫剤を購入しました。

  それについてです。

001.jpg


□ 希釈率10倍から20倍で使います。今回は10倍で使用しました。

  
2011年10月9日 002


   上の写真で左側が散布しないもの右側が散布後です。

   写真では分かりませんが、散布直後ではカメムシとテントウ虫も
   1/5くらいになります。まったくいなくなるわけではありません。

   この時点では効果がはっきりと確認できます。


2011年10月9日 004


□ ただし、原液を直接かけてもカメムシは死にません。
  
  説明にもあるとおり「駆除と予防」になっているとおり
  
  強い殺虫効果があるとは説明されてません。


2011年10月9日 003


 この効果がどれくらいもつのかはまだ実験中です。

 散布後、一度雨が降ったせいでしょうか、数日後には
 
 まったく効果がありませんでした。うようよ壁にはいずり回って
 ました。

 やはり思ったよりは効果はあっても持続はしないようですね。
 定量的な説明はできませんが、一回限りで19800円は

 高すぎるかもしれません。カメムシが発生する2週間効き目が
 持続するなら買い得ですが。

 まだなんとも結論つけられません。

 来週また暖かくなりますので、また大量発生していたら
 もう買わないです。


参考 成分について調べてあります

①シラフルオフェン

防蟻剤として使用しているシラフルオフェンSilafluofen(フクビ化学工業㈱提供資料から)
シラフルオフェンは、1984年に大日本除虫菊が、1985年に独ヘキスト社がそれぞれ独自に特許申請し、わが国では1988年度より果樹、茶などの分野で多くの主要害虫に対して優れた防除効果を示すことが確認されている化学構造中にケイ素原子を有するまったく新しいタイプの殺虫剤。多くの害虫に対して強い殺虫活性を有するため、主要種を同じに防除することができる。また、適用作物に通常の使用法では薬害が認められず、人畜・鳥類・魚類に対しても毒性の低い、取扱いの容易な薬剤。これまでの殺虫剤にはみられなかった、化学構造中にケイ素原子を導入した新規化合物で、ケイ素原子を導入することによって、優れた殺虫活性を残しながら魚毒性を低く抑えた「有機ケイ素系殺虫剤」。害虫の神経系に作用し、神経細胞軸索のイオンポンプ機能を攪乱することにより効果を発揮する。薬液を散布された害虫は運動失調、横転、けいれん、麻痺を起こし死亡に至る。従来の有機リン系・カーバメート系殺虫剤に抵抗性を示す害虫に対しても有効。また害虫の齢期や気温の高低などの影響を受けにくいため、安定した効果を発揮する。効果の持続性に優れるため、少ない散布回数で主要害虫を防除できる。商品名はMR.ジョーカー、シラトップ。成分 4-エトキシフェニル〔3-(4-フルオロ‐3‐フェノキシフェニル)プロピル〕ジメチルシラン

②フェノトリン

フェノトリン
phenothrin スミスリン ●蚊、イエバエ、ゴキブリに対して他のピレスロイド系薬剤と比較して速効性は劣るがノックダウンした虫の蘇生率が低いために高い致死率が得られる。
●残効性もすぐれている。


  上記の説明ではカメムシ用とは特定されてませんが、そういうものなんでしょうか。

紅葉終わってしまいました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ ちゃんと観賞する暇もなく、紅葉は終わっていました。
  あの雪の日に少し、やられたのでしょうか、今年の紅葉は

  綺麗じゃなかったような気がしますが。

  もう回りは落ち葉で一杯です。この季節、水の流れるところに
  落ち葉が詰まってしまいますので、見回りが必要になります。


2011年10月17日 003

  池の上はご覧のとおりです。時間がたつと沈んでしまいます。
  沈んだ葉は昆虫の食べ物になるんでしょうね。日本ザリガニが

  これを食べるというのを読んだことがあります。


2011年10月17日 004


  水の落とし口も枯れ葉で詰まっていました。


□ ひときわ大きな枯葉は言わずと知れたホオノキです。

  綺麗なものを料理用として集めたいんですけど
  
  駄目でした。虫食いのように変色してました。


2011年10月17日 026


□ もうアウトドアライフも終わっちゃいますね。

  どうしてこんなに早いんでしょうか。週末だけだと何もできません。

  定住でもしないと開拓もままならないです。来年は少しははかどるといいですが。

  来年こそはなんて、まだ10月に思いをはせるには早すぎますね。

  でももうあと一ヶ月でクローズしてしまわないとならないです。


  また反省多き年だったな。

単管パイプガレージハウス2

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ それぞれの部品総数がでました。

carhouse05.jpg


  単管パイプ総m数 220mx 単価280円/m = 6万1040円

  クランプ総数   150個x 単価150円   =2万2500円

  そのた特殊クランプ合計    1万7900円

  総合計          101,440円


  ただし輸送費無しの中古価格です。このように単管パイプなら

  確かに10万円でできることになります。

  それでは次回はコンパネで壁を作ってみましょう。



車庫製作過程

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 都合により車庫が必要になってきました。

  大工さんに注文する余裕もなく、かくなる上は得意の単管パイプで
  作ろうかなと思いたったわけです。


  果たしていくら材料費がかかるのでしょうか。このあいだ一日を費やして
  単管パイプでの小屋を設計してみました。

  積雪3mに耐えうる小屋です。(つもり)

  壁はコンパネですが、図はそこまでには至っておりません。

  この時点でいくらの予算になるのでしょうか。


carhouse04.jpg


  屋根があると大変です。相当甘く考えていましたが
  
  こんなに大変だとは思いませんでした。単管とクランプを使うと
  非対称になるので、矩形では処理できなくなってくるんです。

  これで予算10万ですむなら安いでしょうね。1000円の単管パイプ
  100本用意できるんです。しかも中古のパイプでもいいですしね。

  車が二台入って積雪3mの垂直荷重に耐えうるでしょうか。

  一年目は車を入れないで使用して、もし変形すれば単管を補充して
  強度をあげていけばいいわけです。

  それほど難しくはありません。できれば作りたいです。

  (お金だけの問題です、一人で10日でできそうな感じですが)












紅葉始まってます

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 例年の通りに紅葉が始まってます。

  まだ綺麗だとかそうじゃないとかは分かりません。
  ミズナラの黄色とカエデの赤が出始めないと、いまいち分からないですね。


2011年10月9日 047


□ でもこの季節もコケはご覧の通り、水を吸って青々してます。
  寒くなっても枯れることなく綺麗です。


2011年10月9日 036


  たまに動物達が来てほじくり返してます。虫を探してるみたいですね。

2011年10月9日 032


□ 札幌は街中にクマが出現していて大騒ぎになってます。
  食べ物のドングリがないからです。

  でも昨年に地面に落ちたドングリがこんな具合に葉っぱを出してます。

  あたり一面に生えていますので、草刈はできないです。移植をして
  どこかに植えようかと思いますが、100本くらいありますね。

  ドングリが豊富だった翌年には実をつけないというのでも
  あるんでしょうか。


2011年10月9日 005

  

秋の飾りもの

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ トウキビを収穫しました。
  
  食べるわけじゃなく飾るのが目的です。(多少は食べましたが)

2011年10月3日 030

 
  このように飾るわけですね↓

030.jpg


□ 赤唐辛子もできました。やや色に精彩がありませんが。


2011年10月3日 028


 これもこんなふうに飾ります。↓(こんなに一杯はできませんでしたが)


092.jpg


□ ホオズキも収穫しました。


2011年10月3日 033


 こんな感じなんですね。なるほど↓


009g.jpg


 やはり葉っぱはみんな取って茎を束ねてますね。


□ あとは今、野田総理で有名になった「相田みつお」さんの

  飾り物でもあればいいんですが、大きなものは市販されていません。

  自分で描くかです。それならパクリですものね。

  

048.jpg


 

初冠雪

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□寒かったですね、夜の気温がマイナス0度になってました。
 それでも雪が降るとは思えませんでしたから、朝に外を見てびっくりしました。

 まずかったのは家庭菜園の天井ネットが雪で沈み込んでまいました。

 撮影は昼ごろだったので融けてましたが、朝方はたっぷり雪でたわんでました。

2011年10月3日 006

 
  もう収穫も前日に終えていたので、良かったです。


□ ひまわりもマリーゴールドも枯れてしまい種がとれません。
 
  天気が回復すると持ち直すんでしょうか。もう葉っぱが冷凍された
  みたいにおかしくなってましたからね。



2011年10月3日 001



□ おもちゃかぼちゃは前日に収穫してゲストハウスのラックに飾りました。

  このかぼちゃねうまくいくと一年は保存が効くんです。


2011年10月3日 019


  かぼちゃは本当に簡単にできますから、飾るんならお勧めです。

2011年10月3日 018


  可愛いでしょう。


□ それからあの湯道ですけどね、スキーのワックスを塗ってあげたら
  一発でお尻回りがなくなりました。

  現在は次のことを考えています。

  綺麗にお湯が流れてきません。左右に振られてしまいます。
  これは蛇口の直下に半丸形の突起をつけると

  制御できます。まあ、こんなことで遊んでるんですね。

2011年10月3日 015


□ 遊んでいることでもうひとつ

  風呂場に枯山水を設けています。あとは見切り(囲い)を何でするかですね。

  普通は石ですが、加工しやすいので木でやるかと思ってます。


2011年10月3日 016


  自宅にあった石ですが、いまいちです。