森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

庭師

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 僕は自分で家を建てていません。時間的な余裕がなくて
  そこまでは手が回らないのが理由ですが。

  でも庭はなんとかしないといけないと思ってます。
  せっかくハウスを作ったのですから、周りの景色は

  一応庭らしくはしないといけないですね。ただ日本庭園風
  ですからターシャの庭にはならないような感じです。


  それと池を作るなら中途半端では駄目なようですね。
  もっと大きくか形を変えないと、日本の庭のように遠近方とか

  借景も取り入れないと駄目でしょうし、もともと水量が不足
  しています。

  こうなると上流に行って、水の分岐場所を調整しこちらにたくさん
  流れるようするようになります。

  かなり上なので行きそびれているんですけど、どうやらその
  時期が近いようですね。

  もしそれができれば、現在小川が氾濫している箇所も水が
  流れなくなるので乾燥してくるようになります。

  一石二鳥ということになります。


koke.jpg


  日本庭園の3大様式

  池庭  枯山水  露地

  
  日本庭園の4大要素

  水 石 植栽 景物


  これならあることはあります。僕としてはやはりこっちのほうが
  興味があるようですね。建築より庭師に近いかも知れません。
  
  自分はそうだったんですね、納得しました。
  だから積極的に笹刈りしてたんでしょうか。(良く分からないけど)

  少なくても森が現段階では
  自分にそうしなさいと言ってるような気がします。

  ゲストハウスの次は日本庭園つくりです。




    
  

やっと落ち着き始めました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ まだゲストハウスでは一部大工さんの工事が残っています。
  お風呂は現在、坊カビ材を塗っています。

  あと一日かかるでしょうか、天井までやるとなると二日かかるでしょうね。
  
  なんとかヒノキ風呂のほうはひっくり返して
  底のほうも塗りました。


2011年8月28日 005

  
  札幌は29度くらいあったそうです。8月末ですよ。
  信じられないです。


2011年8月28日 003

  
 でもまだまだ夏日が続いて欲しいですね。秋が来るには
 早すぎますから。もっとゆっくりきて欲しい。


2011年8月28日 009

 来週はゲストハウスの池を掘り起こして形を
 変えます。池ではなく水溜りだといわれて不評になってますから。

 おたまじゃくしもいなくなったことだし、深く掘りおこしますね。


2011年8月28日 011


 それに伴い、周辺の庭を整備し始めます。


□ お手本は以前にも書きましたが
  京都の苔寺・西芳寺です。

  形さえ作ればあとは苔がかってに繁茂してくれますから。


kokedera.jpg

 
  うーん、綺麗だな

居間と玄関

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ゲストハウスの場合、ドアを開けると直ぐに
  居間があります。

  そこで間仕切りをしないといけないと思ってます。
  別になくてもいいのですが、ちょっとあると粋です。


  まだ作ってないですよ。工事中に大工さんの木材で
  試してみました。


2011年8月2日 010


  中から見るとこんな感じですね。


2011年8月2日 013


□ ただの角材を並べただけです。これは定山渓・翠蝶館の
  まねですね。兼ねてから参考にしようともくろんでました。


DSC04361.jpg


□ ではついでに同じく翠蝶館の「盛り材」ですが、これも手配
  をかけるつもりです。


DSC04351.jpg


  食器は竹もいいなと思っています。





ゲストハウス次回構想

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ まだ完成もしていないのに次回構想を考えています。
  高床式で天井が180cmのところにあります。
 
  十分な高さがあるので基礎をコンクリで作れば壁を
  覆って別な部屋が作れます。


  ごく簡単です。しかも構造的には同じ方法で壁を
  つくり、同じ方法で窓を儲け

  コーキングを施します。


  before

2011年8月19日 008


after


2011年8月19日 008x


木造、軸組のいいところですね。あとから
 追加して作っていけます。

 しかも部材が増えるほどに丈夫になってきますから。




防カビ材塗装準備

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ ヒノキ風呂は2日でカビが入り、杉材も
  シャワーの前にカビらしきものが出始めました。

  ヒノキ風呂はサンドペーパで落としました。
  早速、防カビ材の塗装を施しますが、先んじて

  マスキングをします。


2011年8月24日 005

  
  部屋全体を塗装しますが、ほとんど窓枠と床以外は木製品なので
  全塗装みたいなものです。


2011年8月24日 004


  ただ天井も塗るので梯子仕事が大変です。

  やはりこういうものを作る大工さんは偉いと思いますね。
  塗るだけでヒーヒ言ってますよ。


□ 今日、ブログのお友達のクマさんからもらった
  バーク(木の皮)を道にするために蒔いてみました。


2011年8月24日 007


□ 今日で設備屋さんの仕事が終わりました。
  バークの話をしていたら、仕事で出る残土を

  あげるというお話になりました。

  欲しいんですよね、僕の土地はとにかく石が多いので埋める
  土が必要なんです。

  土地が広いので何でも譲り受けることができます。
  ここがいいとことですね。



2011年8月24日 002


  いろいろなところがこれで平らになるでしょうか。
  

ヒノキで朝風呂

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 朝風呂も気持ちがいいものですね。
  顔を洗うつもりで一風呂浴びるというのも

  おつなものです。スダレの間から朝日が漏れていました。

2011年8月22日 016


□ お風呂の中も日が当たるので爽快感があります。
  
  別に朝に昼に夕に入ればいいんですけど。こうなると温泉がいいなという
  夢物語になりますね。


2011年8月22日 017


□ いろいろコメントを頂いている湯道(名前は知りません)なんですが

  蛇口を開けるとこういうふうに二股に分かれるんです。これも気にいらないんですね。
  ナイヤガラの滝のようになだらかに落ちてもらいたいんですが。

  このお湯の出口を観賞したいわけです。ほどなく作り変えになります。


2011年8月22日 021


□ 借りてきた猫ちゃんは
  母屋に留守番で暇しています。


2011年8月22日 001


  つまんないな・・・


囲炉裏使ってみました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 子供達2人が遊びに来て、早速囲炉裏料理を試しました。

  油があるものは事前に食べないことにしてました。あの部屋の中に
  煙が充満するのは駄目ですね。ですから肉は用意してません。

  海鮮と野菜だけです。

  炭はやはり備長炭でs。これじゃないと長持ちしないし、火力が違います。
  普通のバーベキュウ用では3時間も持ちません。やはり高いんですが

  備長炭じゃないと駄目なんですね。普通の炭は大きいので割って使いますが
  備長炭はトンカチでたたいても割れないほど硬いです。


gesthouse2 005

 
  意外とおいしかったのが男爵のジャガイモバターでした。



gesthouse2 004


  野菜のほうがおいしいですね。ゆでとうきびなんかも酒の肴になります。


gesthouse2 006


  いい雰囲気でしょう。ちょっとした居酒屋風に仕立ててますが。

  炭は暑くもなく、ちょうどいい感じでした。夏に囲炉裏は暑いかなと
  心配してましたからね。

  それと炭を熾すのは、七輪で真っ赤になるまで事前に燃やしてから
  囲炉裏に運びました。初めから薪や着火材を使うと部屋中に煙が

  充満しますよ。


gesthouse2 007


  ということで、とりあえずは囲炉裏も問題なしとなりました。

  お勧めの具材はやっぱり海老かな。殻の香ばしさがおいしいですね。

  今回は試しませんでしたが、焼きおにぎりもいけると思います。
  網で塩シャケも一緒に焼いて食べればおかずになります。



  

ヒノキ風呂入りました

Posted by エバー on   11 comments   0 trackback

□ とてもいおい香りがしますね。
  これが好まれる理由なんですか。

  お風呂の壁も総ヒノキで作れば最高でしょうが
  お金も飛んでいきそうですね。


2011年8月19日 022

  
   ただし手入れが相当に大変です。それは次回に書きます。


□ 無理やり作った湯道ですが、最初はものの見事に失敗しました。
  水性の木工ボンドでコーキングしましたが、融けてきました。
  
  十分に乾燥してなかったのでしょうね。


2011年8月19日 021


  今はしょうがないのであった白のシリコン系のコーキング材を
  使用して水漏れを防ぎました。

  しかし、これも失敗ですね。失敗ではありませんが、水が下を伝わって
  反対側に流れるんです。そういえば以前もそれで失敗した経験があります。

  水は表面張力で思わぬところに伝わっていくんですね。



□ お風呂の道具もヒノキです。高いです。一個平均で5000円します。

2011年8月19日 023


□ 洗面所のつくりは大体落ち着いてきました。
  ゲスト用の洗面具も置きそろえました。

  と言ってもいろいろなホテル旅館のアメニティを
  置いただけですが。


2011年8月19日 020


  お風呂は夜に入るとまったく外が見えません。(あたり前か)
  真っ暗ですから。

  昼に入るものですね、窓を大きくしたんだから。
  あと、ひとつあることは長湯したければ

  ペットボトルで飲み物をもってお風呂に入ることですね。

  長湯はのどが渇きました。でも楽しいですよ。このベンチで
  寝ることもできます。









仕上げは和紙

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ だいたい住めるレベルまではできました。
  掃除をすれば暮らせます。

  あとは仕上げの問題ですが、オブジェクトとしては和紙を
  考えています。

  まだアイデアはありません。ここに長い時間いて湧いてくる
  イメージで何をどうするかを考えます。

  参考までにkamizumという工房の製品を紹介します。

kami01.jpg


  和紙を暮らしに取り入れるというい発想


kami02.jpg


  モダンと伝統的技術の融合、僕の好きな和モダン


kami04.jpg


  日本の和紙は世界最高の技術です。
  和紙を使った意匠を考えます。
 
  見ているだけでもぞくぞくしますね。
  ここからはじっくりとイマジネーションだけで造っていきます。


19.お風呂場完成です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ お風呂の中が完成しました。シャワーの位置なんかも
  お客様好みで位置決めされます。

  
2011年8月12日 014

□ 左の窓が一番大きな窓です。
  誰も見ていないので開放的でいいと思いましたが、覗かれているという
 
  気持ちが取れないのでとりあえずスダレが要求されました。


2011年8月12日 015


  男だけなら見たいなら見ればという感じですが
  女性としてはそうはいかないらしいです。


  どちらにしても一番大きなスダレを用意しました。


□ ヒノキ風呂のカランですが、蛇口の長さがお風呂まで届きません。
  
  これはミスではなく、ここに自分で湯道を設けるためです。
  これは自分の遊びなんですね。

2011年8月12日 013


  ヒノキってすごい匂いがしますね。
  湯桶も手汲み桶も椅子もシャンプー入れも全て

  ヒノキで注文してあります。いい感じになるでしょうか。


  あと少しですね、でも完成してもベースキャンプを設営しただけで
  山登りを始めるのはこれからなんです。

  本当にここに住みたいというか、ここで時間を費やしたいという気持ちに
  させるには何が必要なんでしょうか。

  これが僕のテーマなんです。

  森のアウトドアライフとは結局は木のことなんですが
  建物も木のぬくもりによるんでしょうか。








  

18.設備屋さん稼動

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 設備屋さんの前にコーキング屋さんが仕事してました。

  コーキングとは材料の間にシリコン系の充填材を隙間に
  詰める仕事ですね。

  経験したことのある人は分かりますが、簡単そうで綺麗に
  仕上げるにはコツが必要です。

  まずはプロの仕上がりをご覧下さい。

2011年8月11日 010


  知っている人はどこがコーキングなのか分かりますね。
  この部分は透明コーキング材です。


  このノウハウを聞き出しました。
  もちろんコーキングくらい自分でもできますが、こうはなりません。
  
  コツはヘラにあります。マスキングをしたあとにこのヘラでそぎ落とす
  のですが、そのヘラを使いやすいように加工してあります。

  それを見せてくれました。これでコーキングはプロ並みの半分くらい
  ど素人の3倍くらいはマスターしました。


  僕は絶対にプロがやっている作業を食い入るように見ています。
  自分でもマスターする為です。

  わからなければ聞けば教えてくれます。ずいぶん、今回の事でも
  勉強になりました。さすがプロなんですね。


□ 話は変わって設備屋さんがカウンターをつけていきました。

  設備屋さんというのは台所とかトイレとか最終的な設備を取り付けて
  くれる人達です。

  トイレをつけたら排水管を設けて弁槽に流す経路を作ります。
  そのためにはいろいろな購入品、つまり設備品が必要なのでこう

  呼ばれます。


2011年8月11日 033

  
  カウンターですね。TOTOです。大理石模様なので
  マーブルカウンターという商品名です。

  洗面器は陶器ですね。

2011年8月11日 031

 カウンターはFRPの成型品ですか。表面だけ違う素材なんでしょうか。
 インジェクションの樹脂ではないようですね。



□ トイレもつけました。特に問題はありませんが、排水管の真下に
  大きな構造用の柱があったので、それを避けました。この辺が通常の

  所と違うところです。床下に梁があるんですね。


2011年8月11日 035


□ 兼ねてからその意匠にこだわっているのがヒノキ風呂周りのベンチです。
 
  水勾配を取ってますが、ベンチは水平を出しています。その辺が大工さんの
  こだわりでしょうか。いいよと言っても計算していました。


2011年8月11日 029


  使っているコースレッドはステンレスです。ザグッタあとに丸棒を叩き込んで
  ツライチにしています。あとはサンダーでしあげていました。この辺がいい仕事を

  しているかどうかの違いがでます。僕はその上に、穴位置をケガイて並ばせてくれと
  注文しておきました。もちろんその通りにやってくれています。


  前日に僕の書いたCGを持っていっています。あるところにちょっとした注文を
  付け加えておきましたが、僕よりもいい結果を持ってきてくれました。

  僕の評価は実に高いですね。
  この次もこの大工さん達と仕事がしてみたいです。


□ ケンドン

  脱衣場とお風呂との間にケンドンと呼ばれる障子があります。

  もちろんお風呂側にはガラスが入れてあり湿気を通さないようにしてあります。

  このガラスと障子の間は5cmほど開いています。ここにシルエットですが
  季節の代表的な素材を入れることを考えています。

  たとえば秋には枝付の紅葉の葉とか
  稲穂とかシルエットにして浮き出させようという考えです。

  お風呂に入りながら障子に映るシルエットでそれぞれの四季が感じられるように
  なっています。


2011年8月11日 036

  日本のビジュアリティって豊かな四季なんですね。ですから
  外だけでなく中でもそれを繁栄させて見たい訳です。
  


□ おまけ

  工事が始まって直ぐに現れた大スズメ蜂です。
  体長5cmくらいありますね。

  中に進入してきたので、ドアとか窓を全部閉めて閉じ込めて
  しまいました。そうすると蜂は出て行きたくて

  窓に集まります。そこに撃退用のスプレーをかけて殺します。
  この大スズメ蜂はトラップにかからないほど

  頭がいいようです。が、中に閉じ込めれば人間の勝ちですね。
  イチコロです。

  大工さんたちがあまりの大きさにびっくりしていました。



2011年8月11日 001


  所詮は蜂とはいえ家の中で殺虫剤をかけられれば
  人間に叶わないのですよ。

  20日目にしてやっと殺しました。


17.照明できました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 電気屋さんがきて全部の照明とコンセントと外部電源の
  設置をしてくれました。

  下は洗面台の両側のブラケットライトです。以前にご紹介した
  ホタルという商品名ですが。

2011年8月10日 014


□ これはお風呂の照明です。2個対面でつきます。


2011年8月10日 015


□ おトイレです。


2011年8月10日 021


□ 洗面所のシーリングライトは居間と同じです。

2011年8月10日 018


□ 玄関です。玄関はどうするのか思案中なので
  ちょっと中途半端かな。できればちょうちんを使いたいとも

  思っているわけです。


2011年8月10日 019



  見てもらえれば分かりますが、全て間接照明です。
 
  壁に光が当たってやわらかい感じが出ていますね。
  基調としてはそういうことなんです。


16.小物準備してます

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ スダレをつけて意匠を見ています。
  やはり独特の風情がありますね。全窓につけることにしました。


2011年8月9日 003

  でも夏にあれほどたくさん売り場にあったものが
  ほとんど売り切れてました。しかもその後入ってこないらしいです。


□ 履物のそろえました。ぞうりですが中でスリッパ代わりに履きます。


2011年8月9日 015


□ 外の履物は下駄です。


2011年8月9日 017


□ 座布団はイグサを試してみます。
  でも座り具合が悪ければ、綿入りの座布団ですね。


2011年8月9日 001


□ 踏み石を設けました。まだ位置とか出していません。
  置いただけですが、わざと蛇行させているんですよ。

  直線的に並べないんですね。


2011年8月9日 009

  
  小物の準備でした。




  

15.お風呂タイル終了しました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ お風呂のタイル貼りです。
  モルタルは終わっています。

  色はグレーですね。200mm角のお風呂用タイルです。


2011年8月6日 036


□ ヒノキ風呂はレンガの上にそのまま設置されます。

2011年8月6日 035


   そのまま置いても動かないんですね。もし動くようなら
   対策を考えていましたが、これでOKです。


□ ヒノキ風呂はもう届いています。こういう状態でも

  中に水を入れたバケツを置いておいて湿気を保たなければならないんですね。
  大変に使い方と保存に神経を使います。乾燥させると駄目なんです。

2011年8月6日 040


□ タイルは簡単に割れるんですね。ガラス切りみたいなもので傷を
  つけたら、たたいて割ります。


2011年8月6日 028


□ 全体的にはこんな感じです。無難に色をグレーにあわせました。
  このことが今でも、どうかなと疑問に思っています。

  実はグレーの候補のほかに黒もあったからです。
  黒のほうが高級に見えるでしょうね。でも実際に敷いてみないと

  分からないのでグレーにしました。実際のサンプルを見た限りでは
  それほどいい感じではなかったですよ。

2011年8月6日 036


□ ただし目地には黒を指定してあります。グレーのタイルに黒の目地です。


2011年8月6日 043


□ 目地の塗り方でびっくりしました。ほとんどタイル全面に塗るようにして
  刷り込んでいくんですね。

2011年8月6日 041


□ あとはヒノキ風呂を置いてから、周りにベンチを作ってもらいます。
  その仕上げがここのポイントになります。

  最大の課題ですね。これで決まります、それほど重要視してます。

bathhouse17.jpg


□ おまけ

  内装が終われば囲炉裏の練習をしないとならないです。
  墨俵を買ってこないと。


031.jpg






内装の雰囲気

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ドアとかケンドンをつけてみました。

  これが障子のドアです。

2011年8月6日 001

  いいものでしょう。

  本当に破れ難い素材とは言え本物の障子でやってます。


2011年8月6日 027


  ハンドルですがドアの淵(カマチ)を細く指定したので
  ドアはこういう形状のものが握りやすいらしいです。

  この辺の選択は建具屋さんが選びました。


2011年8月6日 016


  中をあけるとお風呂場との壁の間にケンドンがあります。
  和風の彩光を考えたからです。

  これが嵌め殺しという窓で引き戸みたく開かないんです。
  引き戸にすると値段が上がるのと、開けてもお風呂場が見えるだけで

  意味がないので止めました、雰囲気だけの窓です。


2011年8月6日 019


  洗面台の鏡の両端にはこのライトがつきます。

  これも和風ライトで陶器でできています。穴が開いていて
  蛍のように光が漏れるようになっています。



□ このように意匠は徹底的な和風です。
  下図は最初に作ったCG写真ですが、ほぼイメージ通りの

  仕上がりになってます。和風じゃなく古民家風なんですね。


カウンター寸法

  でもまだしっくり
  いかないんですけど、お風呂が完成してないからでしょうか。

  それと設備屋さんの仕事(トイレ、ボイラー)関連はまったく遅れています。

  


  

14.内装工事終わりました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 内装工事突貫で終わりました。
  パテ埋めから始まり、床のCF(クッションフロアー)
  
  を一日で終わらせました。

2011年8月5日 003

  これたのは3人です。

  見てましたずっと。早いですね、自分も壁のクロスをしますが
  作業にリズムがあります。

  ぱ、ぱ、ぱっとカッターを入れて切っていきます。

2011年8月5日 002


□ 床のCFなんかはあっという間です。
 
  色はフローリング模様のこげ茶です。


2011年8月5日 004


□ 全体的にはこんな感じですね。

2011年8月5日 005

 この色調がうまくいったかどうかはドアやケンドンを実際につけて
 みないと分かりませんね。ちょっとくどいかな・・ 


□ 職人さんがカブトムシのペアを喜んで持って帰りました。
  僕が見つけて教えてあげました。

  かなり大きなカブトムシでした。メスのほうが大きいんですね。
  
  ここにくるとみんな自分のお子さんのためにクワガタやカブトムシを
  見つけては、お土産に持って帰ります。


2011年8月3日 001

  御影石を敷いています。暗くなると白く浮き上がって
  足元が良くわかります。


□ 帰りはもうこんな時間でした。三日月がでてました。
  当然手振れでちゃんと撮影できません。

  花鳥風月の月がそろえばもうちゃんとした和風ですね。
  お望みの。




2011年8月5日 009




13.モルタル工事終了です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 左官屋さんがきてお風呂のモルタルを仕上げていきました。
  
2011年8月3日 008

  最初に防水シートの上に砂利を入れたコンクリみたいなものを
  下塗りしていってますね。溶剤の匂いがしたので接着剤が入っている感じです。


□ その上に重ねていきます。排水溝に向かって水勾配をつけますから壁に線
  ケガイてました。


2011年8月3日 009


  まずは半分を仕上げます。とても美しいです。

□ レンガがあるのはその上にヒノキ風呂が乗るからです。
  その位置合わせに今日行って来たわけですね。

  ただ寸法を指定するんじゃなくてある意味があります。
  詳しくは書きませんけど。

2011年8月3日 007


□ とても綺麗にできました。この道、40年のプロの仕上げです。


2011年8月3日 002


  このままでもお風呂として使えるくらいの完成度です。
  もちろんタイルを貼りますけど。


□ 使った道具は2種類のコテというんでしょうか、それだけです。
  あとは長い木材のと水準器だけです。

  一方、大工さんのほうはなにやら訳が分からんほどのハイテク道具ですね。

2011年8月1日 052


  こんなもの使いながらガンガン作っていきます。
  装備も重いので若くないときついですね。

  ちなみに大工さんも若いときから大工一筋で20年です。まだ30代ですが
  若かりし頃から忙しかったと言ってました。

2011年7月26日 017


  題名は忘れましたがドラッカーの本の中で、アメリカでは
  IT企業のビジネスマンより大工さんのほうがいい給料もらっていると

  書いてあったのを思い出しました。


12.洗面所の意匠工事

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 洗面所はもうできていますが、飾り柱をつけます。
  コーナには入れ隅(イレズミとかイレスミ)を設けます。

  これが僕のこだわりで古民家風にするためにつけてもらいました。
  意外とイメージ通りにいき、大工さんもうまくいきましたねと

  お褒めを頂きました。


2011年8月2日 017

  こげ茶の細い柱がそうです。ある種の見切りみたいなものですね。
  昔は塗り壁だったのでこういう柱が見えていたんです。


2011年8月2日 018

  大工さんもつけるのは初めてです。定山渓の旅館フルカワの
  写真を例に説明してあります。


□ お風呂の壁は杉の板材です。ヒノキじゃなくて杉になったのは
  お金の問題でしょうか。この辺はお任せしてありました。
  ヒノキでやるもんなら、とんでもない金額になるんでしょうね。


  これをステンレスのピンみたいなもので留めていくんですね。


2011年8月2日 004


□ 今日から井戸堀です。2mも掘ったところで断念されました。
  石にぶち当たったようです。

  前から石が多いので打てませんよとは十分に説明してあります。
  さて無事打ち込めるのでしょうか。

  深さにして5mも打ち込めば水脈に当たると言っています。


2011年8月2日 001


  ほぼ毎日現地に出かけています。往復100kmですから
  燃料代が馬鹿になりませんね。

  一応ディーゼルで今のところリッター12.7km走りますが
  気がつくと直ぐに燃料がなくなってます。

  明日はいよいよ左官屋さんがきてお風呂のタイル工事を始めます。
   




11.屋根できました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 屋根ができました。前回と同じ大工さんなのでもう皆さんと
  顔なじみです。ガレージハウスからいくと3度目になりますから。


2011年8月1日 002

  足場は最後に壁のコーキングまで使います。

2011年8月1日 003


□ 内装も進んでいます。奥のドアが追加されたものです。
  あのドアを開けて脱衣場に入ります。


2011年8月1日 024



□ お風呂の防水シートを貼ってます。

2011年8月1日 033


□ お風呂のドアは残念ながら和風というわけにはいきませんでした。
  ここは既成のドアにしました。

2011年8月1日 034


   今週に壁のクロス、床のCFとお風呂場の壁工事が終わります。