森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

10.お風呂の蛇口

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ お風呂にお湯を入れる蛇口ですが
  こういうものがついています。下は滝乃屋のヒノキ風呂から。

2011年6月17日 093

  たぶん10万くらいするんじゃないでしょうか。
  冗談ですよね。これはつけないでしょう。


□ 紅葉音の露天風呂はこんなものです。


DSC04455.jpg


  これも難がありますから


□ 結局は安いカランを用意して上にヒノキかスギで作った
  カバーをかけます。
  
  ここは自作です。ホームセンターで材料を買ってきて思案します。
  楽しみの一つですね。どんなものができるのか

  意外と凝りまくって大理石でやっちゃたりして
  この辺くらいはお遊びでやろうと思っています。


bathsuisen.jpg


  

9.次はお風呂の工事です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 内装はほとんど終わりました。クロスを貼るので石膏ボードです。

  これをすると削りくずであたりが真っ白になります。
  その辺は特に文句は言いません。

  そういうもんだからです。


2011年7月28日 003

  ↑はトレイのドアです。ほとんど真っ黒で木目が
  少し見えます。古民家風だからです。


2011年7月28日 004


  窓枠もそうなります。↑


2011年7月28日 007

  
  中央にあるのはヒノキ風呂の型枠です。ダンボール箱で作った
  原寸モデルです。

  これで位置決めをします。

□ こんなふうに現物がないので、ダンボールで型紙をつくり
  大工さんに指定していきます。

  それには取り付けのネジ部が書いてあり、補強のためにネジがつくところは
  柱が設けられます。

  
2011年7月28日 010

 中央に見えるダンボールの型紙は大きな鏡の取り付け位置です。現物がないのでダンボールで
 こしらえたものを貼ってます。↑


□ こんなふうにしてやっていきます。

2011年7月28日 009


  お風呂の壁はヒバです。小さなヒノキ風呂がそのままここに設置されるわけでは
  ありません。それはでできてからのお楽しみで。

8.壁の塗装おわりました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

2011年7月27日 011

2011年7月27日 016

2011年7月27日 005

7.ゲストハウス外壁終了

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 外の壁が終わりました。
  早いですね。塗装は大工さんの邪魔にならないように

  昼休みに僕が自分で塗装しています。


2011年7月26日 004


□ ほとんど毎日来ていて大工さんの仕事をみています。

  感想としては仕事が早いです。たった一枚の平面図から10日くらいで
  あっという間に経験だけでここまで建ててしまいます。

  僕ももと設計15年の人間ですから、設計のことは良く知っていますが
  建築に関しては職人さんの腕なんですね。

  これがコンピュータ関連の設計なら、まだデザインレビューで会議している
  最中ですね。その間にもう家が建て終わっているという早さです。


2011年7月26日 020


  量産品と一発ものとの違いがあるのでなんとも言えませんが
  見ている間に出来上がってくるのが、わかって面白いです。

  
2011年7月26日 014


  内装工事も進んでいます。脱衣場はクロス壁なので
  石膏ボードがつけられています。

  この上にクロス1000番台ですね。1000番台というのは
  クロスの品質で高級なものを指します。

  その壁ですが飾り柱が入ります。これが古民家風の意匠になります。
  これをお見せしたいです。一番最後の仕上げになりますが。


□ お風呂の壁はヒバです。

  かなり完成材は薄いですね。厚さは10mmもないですね。
  これをステンレスの錆びない小さな釘で壁に貼り付けていくわけです。


2011年7月26日 023



□ 明日は建具屋さんが作ったドアや窓(ケンドン)、トイレのドアを取り付けます。
  これによってどんなイメージにしたかったのかが、はっきりと現れてきますので

  お楽しみに。

木材の塗装

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 階段のところですが、地面に近いところはどうしても雨の跳ね返りが
  あって痛みやすいものです。

2011年7月22日 030

  ここのところですね↓

2011年7月22日 027


 ここの部分だけを特別に塗るか、地面じゃなくてコンクリにするかですね。
 ここの木材が傷みやすいんです。


□ 数日前にテーブルの表面を剥離させてキシラデコールを塗りました。
 
  キシラデは含侵タイプの塗装で中に浸み込むものです。

2011年7月23 018


□ 含侵タイプじゃないものは表面に造膜するものです。以前はこれを使って
  ましたが、剥離してくるんですね。膜が木材の膨張についていけないで

  そうなりやすいんです。ゲストハウスの壁もキシラデコールの透明と
  茶系の色を混色して塗ることになります。もう塗ってますけど。

  
2011年7月23 020

6.ゲストハウス外壁

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 骨組みができて外壁に入っています。
  今回のお風呂は壁に断熱材が入ります。

  ちょっと手間が増えています。

2011年7月23 033


□ 100mmのスタイロフォームが全面に入ります。
  

2011年7月23 005


□ 建具屋さんに注文したドアが届きました。ドアなのに障子みたくなっています。
  良いも悪いもこの建具のイメージで決まります。

  周りの枠(カマチ)はオイルステン塗装の黒に近いこげ茶です。

  クリヤー無しの2回塗りでしなびた感じを出させています。
  現物はその通りで、自分がイメージしたものと同じです。

  思ったより良くできていますね。塗装時に立ち会おうかと
  思ったくらいですが、最初にお願いしていた色でできています。



2011年7月23 001


  オイルステンは一度ふき取ってから塗るらしいですが、ムラになるのを
  避けるためにふき取りせず、履け塗りしないでスプレーガンで塗装した
  らしいです。

  こういうイメージがちゃんと伝わっているのがうれしいですね。
  かなり説明してきましたからね。

□ 話は変わって天候ですが、本州の猛暑に比べて寒すぎる毎日が続いています。
  帰りの車の中では寒くて暖房を入れて運転してました。

  省エネ冷房どころじゃなくて寒すぎですね。


2011年7月22日 045



  どことなく空ももう秋が近いような雲になっています。
  それはいくらなんでも早すぎるでしょうか。
  


2011年7月23 037


  羊蹄山は綺麗ですね。富士山みたいです。

5.ゲストハウス屋根

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 屋根を作っています。

  2011年7月22日 065


□屋根を作って、次に壁を作っていきます。

 壁には窓がありますから、そこに枠組みを作っていきます。
 写真はまだその前段ですね。


2011年7月22日 069


□ 全体的にはこんな感じです。だんだんボリュームができてくると
  それなりの大きさに見えてきます。

  大きいですね。

2011年7月22日 067


□ 面白そうな構造です。出来上がって終わりじゃなくてその後の
  自前による改築のほうが面白いでしょうね。

2011年7月22日 061


  木造の構造というのは自分で変更できるので面白いですね。

  これが鉄骨構造だと作って終わりですが、木造だと何でもできるという
  気持ちになってきます。

  まだこのゲストハウスはつくりかけですが、早くも次のアイデアが
  でてきますね。

  風呂側にバルコニーが欲しいですね。


  木造っていいです。みていて楽しいです。これも木だからなんでしょうね。


  

バルコニーに椅子おきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 母屋のバルコニーに椅子を置きたいとは思ったことないのに
  ゲストハウスにはなぜ、ここに座りたいと思うんでしょうか。

  分かりません。

  キッチンにおいてあった椅子を二つ持ってきました。
  布とクッションの処に擦り切れた穴が開いてたものです。

  布の部分を全て取り払いました。


2011年7月19日 022



□ お尻のところには別にこしらえた板をつけようと思ってます。
  とりあえずは塗装をして、外においておくことにしました。


2011年7月19日 024


□ ここから外を見るといろいろ楽しみがでてきます。

  まずは正面にホオノキがあります。以前に伐ってしまったものですが
  枯れることもなく、また伸びてきてます。良かったですね。

  このホオノキが大きくなれば間違いなく、この辺では存在感のある
  木になるでしょうね。


2011年7月19日 012


□ 周りの土地も落ち着いてきました。今こうやって見渡すと
  もう少し平らな面があったほうがいいですね。

  そういう土地勘みたいなものが自然に備わってきます。

2011年7月19日 013


  石ばかりの土地ですが、バックホーで水平を出していきます。↑


2011年7月19日 010


  ここはまだ自分のイメージする2割も削れていません。
  ゲストハウスもそうですが、ここに綺麗な庭を

  作ろうと思ってます。これだけの起伏と沢の水があれば
  できますね。あとは育てている稚木を植えていきます。








  

工事順調です

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 一応骨組みはできましたね。この骨組みを利用して梁をつけていきます。
  大きさ的には従来の半分ですが、金額的には上回っています。ショックです。


2011年7月19日 003



□ 相変わらず自分のバックホーを使ってますが、一日1Lくらいの水がなくなるんですね。
  いつもペットボトルでラジエターに追加しています。水はただみたいなものですから。
  水漏れくらい気にしないんですね。


2011年7月19日 014



□ 結合部分の屋根と部材をはがしていました。
  ここが面倒なところなんです。ばりばりなんて音がすると

  大丈夫かなんて思ったりしますね。

2011年7月19日 021



□ ここが洗面所です。狭いような感じがしますが、建物の不思議というもので
  実際に建てるとかなり広く感じるようになります。最初の目論見では洗面所が

  広くて使いやすいはずなんですが。


2011年7月19日 027


□ ここがお風呂の壁で窓は相当大きいものを用意しました。
  普通なら覗かれるので窓は小さいものですよね。

  でも母屋の経験から、窓はできるだけ大きくしたいんです。
  紅葉や新緑をお風呂に浸かりながらゆっくりと見たいんです。

  もうそれだけで至福を感じますね。ただ露天風呂と違って
  窓は引き戸ですから、網戸をつけても半分しか開きません。

  たいていは大きくてもガラスが曇って見えないものなんですね。その辺は
  どういう感じになるんでしょうか。こんな大きな開き窓はありませんから、
  しょうがないのかな、でも雰囲気は露天風呂に近いものです。

  どちらにしてもお風呂から外を眺めて、いろいろな事の戦略を練るというのが
  楽しみでもあるんですけどね。

  いっそのこと電動で屋根が開いて、露天風呂になるというのは話が面白ですね。
  大工さんに疑われますが。でもその話に乗ったというならまじめに考えます。
    
  

2011年7月19日 025

囲炉裏設置しました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 実はもう一ヶ月前から囲炉裏は来ているんですけど
  設置するのに大人数が必要とのことから、人手が集まるのを待っていました。

  今日は大工さんが6人来られるとのことで今日運搬してきました。

  重かったですね。


2011年7月18日 007

  いまどき囲炉裏なんて考えられませんけどね
  お湯を沸かしたり、暖をとるのではなく、酒の肴つくりなわけです。



2011年7月18日 013


  中は銅板でできています。灰40kgが同梱されてました。
  灰を入れるのは工事が終わってからです。雰囲気あるでしょう。

  色は一番濃い茶を指定しました。表面は半艶です。



2011年7月18日 014


  火鉢や五徳は注文です。鉄瓶は不思議ながら自宅に保存してあったものです。
  こんなものを使うとはよもや思いませんでした。


□ 今日は基礎を終了して、柱を立てる作業です。
  
  増設分の建物です。ちゃんと20度水平方向に回転させていますね。
  ここが面白いところで普通なら、そのまま付け足すところですが

  回転させたらコスト高になるかと聞いたら、それほど変わらないと言うので
  こうやって「くの字」形にまげてやったんですね。


2011年7月18日 023


  写真ではちょっと分かり難いですね、デッサンではこういう具合です。


gsthouse32.jpg


  実はこの下のスペースなんですけど、ちょっとした地下になるのでそれなりに
  部屋を作れそうな感じなんです。

  周りの人ももったいないねなんて言ったりして。

  捨てコンを打って、つまりコンクリートを適当に浅く入れて
  基礎を作ってしまいましょうか。

  どちらにしても興味ある床下ですね。





草刈してます

Posted by エバー on   1 comments   0 trackback

□ 気のすむまで草刈したいですね。

  ここまでするとすっきりします。

  もう地面を舐めるように刈り取ってます。

2011年7月17日 020


□ 沢の両側もやり難いけどやっちゃいます。

2011年7月17日 010


□ 沢の中もやってるんです。

2011年7月17日 014

  これはちょっと雑ですね。↑ (反省)


□ 白樺の中もやります。


2011年7月17日 053


□ 起伏のあるところのほうが綺麗に見えます。
  ここが西洋芝の芝刈りとはちょっと違うところですね。

2011年7月17日 044


□ チップソーとナイロンコードの2種類を使い分けています。
  

2011年7月17日 029


□ 最近のお気に入りですね。今まで使った保護ゴーグルで一番
  傷がつかないです。ハードコートというもので安いものですが

  布で拭いてもまったく傷がつきません。従来のものは直ぐに
  擦り傷がつきました。かけていることを忘れるほど透明度が

  高いです。↓


2011年7月17日 028

鹿に食べられる

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ やられてしまいました。

  ネットの外で育てていたとうもろこしです。

  ネットの外に植えたのは大きくなって動物達におすそ分けしようと
  思っていたものです。

  食べられても損はしませんが、大きくなってからキツネだとか狸が
  食べるのに、どうしてこんな小さいのを食べてしまうんでしょうか。


2011年7月15日 022


2011年7月15日 006

  
  中には引き抜いているのもあります。小さな足跡ですが
  鹿です。


2011年7月15日 021


 雑草畑になってますが、ここです。

 せっかくおすそ分けしてるのに、なんということをするんですか。
 これでは秋に他の動物達が食べれなくなるでしょう。

 鹿って他の野生動物にとっても邪魔なのかもしれませんね。
 今年はエンレイソウもカタクリもやられました。

 とうもろこしもです。以前はないんですけど、何かおかしいですね。

 あんまり悪さをするようだと、本格的にネットで囲むことを検討
 しないとならないです。


18年10月9日 046


  これは5年前の写真ですがだいたい足跡からして
  この位の大きさです。

  

 

木の生長2

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 木が生長して大きくなるのは当たり前ですが

  いつしか大きくなりすぎているのに気がつかないことがあります。

  胡桃ですね。10年で高さで倍になりましたぁ。

2011年7月15日 016


   左の木がクルミです。大きくなりすぎて電線の上になってしまいました。
   これだけの木から何個のクルミができるんでしょうか。

   リスは狂喜乱舞です。このクルミ1本でも1シーズン食べられる量になるんじゃ
   ないですか。リスって一日何個あればいいのでしょうか?


   とにかく回りに木がないのですき放題に伸びてます。


2011年7月15日 002


  池の傍の白樺は種から生えたものです。今や見上げるほどになってしまいました。
  雪で毎年、折れそうになるのでここまで成長するとはまったく思いませんでした。



2011年7月15日 018



  小屋の傍のトドマツも最初は存在感のない木でしたが
  これも今やご神木になるんじゃないかと思うほど立派になりました。

  
  木というものはやはり大事にするもんですね。

木の生長

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 去年のトドマツの赤ちゃんです。
  急に背丈が伸びるんですよ。横枝に比較して先端だけが延びるでしょう。


2010年8月22日 008


□ 山を歩いてトドマツの稚木を取ってくるんです。そのままでは成長しないでしょうね。
  それを畑に移植しています。春ですが、雪の重みでつぶれているでしょう。

  あえて添え木で助けません。厳しい環境を生き残らせます。


2011年5月14日 005


□ よれよれになりながらも折れもせず延びようと頑張ります。


2011年5月14日 006


□ 今年の7月です。綺麗なフレッシュグリーンに彩られます。
  成長してますね。


2011年6月19日 017


□ それで先端はまるでパームツリーのように開きます。


2011年6月11日 037


□ 全体のお姿はこんな感じです。
  曲がっているのは積雪の影響を受けたものです。


2011年6月11日 038


□ 先端だけまっすぐ上に伸びますよね。この枝が優先的に伸びるように
  その下の枝に成長を抑制するものを出しているからですね。
  
  針葉樹はそのおかげで円錐状に成長していきます。この辺が広葉樹と違って
  雪に強い樹形に保てるわけです。針葉樹は冬でも葉が落ちないですから

  こうしないと駄目なんですね。広葉樹は雪が積もる前に葉っぱを落として
  しまいますから。



2011年7月9日 003


□ 思っている以上にトドマツの成長は早いですね。
  早く次の場所に移植しないと大変になります。

  今度移植する場所はトドマツにとって最後の住処になるので
  どこに植えるのか慎重に考えないといけないです。



2011年6月25日 071


  この真ん中がトドマツですが、こんなに大きく成長してくれるのは
  うれしいものです。自分が育てたものじゃないですが、こんなふうに

  なるんですね。どこに植えるかな、本当に。

鋭意草刈中です

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 去年まったく草刈しなかった場所です。道ですが
  ふさがっています。笹は刈ってあるので主にフキです。
  
  あとイタドリとわけの分からない雑草です。

2011年7月10日 041

  この位になるとナイロンコードでは無理なので
  とりあえずチップソーで切りますね。


2011年7月10日 004


  森の中ですから、公園の草を刈っているのとは訳が違いますね。
  


2011年7月10日 015


  最終的には家の周りのようになるはずなんですが・・・
  と思っているだけなのか

  それとも本当にすべてがこうなるのか・・・

  やり続けないとわかりません。でも敷地が全部とはいいませんが
  こうなると綺麗になるでしょうね。


  

2.土管埋設

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 2日目です。土管を埋設しました。この中にセメントを流して
  基礎にします。

  その上に柱を立てていくんですね。前回の工法と同じです。
  業者さんは蚊に相当くわれていました。虫よけスプレーとキンカンを

  かしてあげました。


2011年7月10日 018


□ その間、僕は草刈のしまくりです。相当しましたね。満足です。

2011年7月10日 038


□ 家庭菜園もどうやら順調のようです。

  写真は枝豆ですが、豆があまっていたので後から植えたものです。
  そちらのほうが全部発芽しました。

  どうやら植える時期じゃないでしょうか。最初は少し寒かったのかな。
  半分くらいしか芽が出ませんでしたから。

2011年7月10日 024


□ ミニトマトも順調です。トマトは匂いがきついので菜園に入ると
  直ぐに分かりますね。いかにも健康にいい野菜の香りがします。


2011年7月10日 028

   
   もう食べれそうですね。それは早すぎか・・・



おまけ

□ 草刈ですけど短く刈るのはナイロンコードでやります。

  でもその時には苔は刈りません。苔一枚分を残して草を刈ります。
  もちろん苔のないところは地面ごと削ってしまいます。

 
2011年7月10日 008


  この苔ですけどね、とっても貴重なんですよ。



1.基礎工事始まりました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 基礎工事始まりました。基礎工事と言っても土管を埋設する
  だけですから早いです。一日で終了です。

2011年7月9日 006


□ 動いているのは僕のバックホーです。
  まだちゃんと動いています。


2011年7月9日 008


□ スケジュール通りに進めるようですね。でもドアとかまだ
  決まっていないのに見切り発車ですが、どうやら本当にうまくいくような

  気になってきました。意外とすんなり終わるかもしれません。

2011年7月9日 004

明日から工事です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 屋根の構造をパースしてみて初めて気がつくことも
  でてきました。これでいくと見積もりよりかなり多く米ヒバを
  使いますね。

  
GH30.jpg

  今回本当に問題が起きないように頑張らないといけないです。

  今日はトイレの窓を確認しましたら、とても大きな窓に設定してあり
  再確認になりました。

  浴室のドアは見積もり漏れで設定されていませんでした。


GH31.jpg


  前任の担当者が会社を辞めてしまったので引き継げないでいるんです。
  社長さんがその分を頑張ってますが、できないない状態になってます。

  とにかく明日から工事が始まります。頑張ってきます。



打ち合わせ終了?

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日打ち合わせをしてきました。
  僕のほうから呼んで、来てもらいました。

  建具屋さんも来ていて最終的な詰めをしていきました。

  でもこの間、わざわざ僕が出向いて行って、図面渡したはずなのに
  同じこと聞いてきました。驚きです。

  それはともかく3Dのパース図面を見せて驚愕の発言がありました。

  「えつ、お風呂場は天井があるんじゃないですか?」

  「いいえ、前任者とも話をしていますがせっかくの空間なので
   三角の屋根を見せます。針葉樹合板のままです」

  「そうですか、いいえそれならできますが、大工さんとうまくやりとり
   できてないみたいですね。てっきり天井はあると思ってました」

  「・・・・・  」



GH10.jpg


   この図面で気づかれました↑


GH09.jpg

    「もちろんトイレの天井もあったほうがいいですね」

    とうことになりました。当たり前ですが。

    見積もりの中には天井の材料が見当たりませんのでたぶん
    抜けたんだと思いますね。


□ このように、意外と工事自体はプロの方ですが、その前段の話になると
  まったくこちらの設計本意が伝わらないものなんです。

  この辺は以前に設計業務をしていたときに嫌というほど味わってきましたから
  慣れております。

  あともう少しの我慢ですね。



  

屋根の設計

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今週の終わりには工事が始まるというのにまだ見積もりも
  詳細の意匠も決まっていません。決まらないというか、業者さんのほうから

  図面がでてきません。しょうがないので自分で書いてここはどうするんだと
  言うふうに詰め寄ります。明日最終の打ち合わせです。


  今回は屋根についてCGパースを作成してみました。



GH01.jpg

  梁を加えた図面です


GH13.jpg


  洗面所から仰ぎ見た天井ですね。天井は針葉樹合板をそのまま使います。
  


GH11.jpg


  お風呂場です。壁はカビに強いヒバを使いますが、壁はどこまでヒバなのでしょうか
  聞かされていません。ここはどういうふうに断熱材をつけるのでしょうか。



GH12.jpg


  トイレの天井はどうするのでしょうか、材料はジプトンでしょうか。
  それとも天井はないの?

  こういうふうに良く分からないところが一杯あるんですね。

  大工さんは作りながら考えていくところがあるので、こんなところで
  どうしますかって言われても困りますね。

  実際にそうなんです。大きな家だと図面が出てきますけど、建築申請も
  ないので図面無しなんです。

  それで丁寧に自分でパース図面を作ってるんですね。そのほうが
  設計費用が安いというか、発生しないわけだし。

  これで全部決まってないところは消化したと思いますが。
  どうでしょうかね。

  もう工事が今週末から始まります。


GH20.jpg