森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

洞爺湖に行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 登別から洞爺湖へと遊んできました。

  いい天気だったのでアップしました。左遠めに羊蹄山が薄く見えます。


2011年5月26日登別洞爺 012


□ 良く見るといつも見る羊蹄山とは形が違いますね。


2011年5月26日登別洞爺 013


□ 一週間前の中山峠から見た羊蹄山です。シルエットだけならエゾ富士と
  言われるのが良く分かります。

2011年5月22日 127


□ 近くのお店でランチを食べてきました。ちょっと綺麗だったので
  パチリです。

2011年5月26日登別洞爺 029


  山の見える景色っていいですね。子供の頃から山が見えるところに

  育ったために山が見えないと世の中が3次元に見えないんです。

  春夏秋冬を感じるのはやはり山の景色からですものね。


  明日は朝早く起きて森に行って単管パイプの塗装をしてきます。
  今PM9時ですがもう寝ます。家をAM6時に出発したいですが

  いけますかね。明日の記事は単管パイプの塗装についてです。




  



耕運機畝きり終了

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 多少の雨でしたが一時中断あったものの畝きり終了しました。

  あれ、こんなに簡単だったかなと思うほど早く終わりました。

  それでも5時間くらいですね。土地が傾斜しているでしょう、それで
  畝を切っていても曲がってくるんですね。耕運機を逆ハンにして進ませたり

  して結構な力いるんですよ。


2011年5月29日 002


□ 去年は畑しなかったんですが、今年は花畑も復活しました。

  やはり、土地の恵みというものからは逃れられないものですね。
  逃れるところか育てる種類が倍になるやも。


2011年5月29日 014


   全部で4面作付けしました。そんな暇あるんでしょうか?
   結局は庭園にするつもりが農耕地に逆戻りしました。


2011年5月29日 013


   いい土でしょう。肥料は有機肥料です。


□ でも花もあります。スイセンもチューリプも株分けしないと花が
  咲かなくなってきました。この株わけって大変ですよ。スコップで

  全部球根を掘って、植え替えするわけです。ここ全部です。



2011年5月29日 011


□ 敷地には白樺が一杯ありますが、白樺花粉にやられている感じがしません。
  森の中にいると免疫になっているんでしょうか。


2011年5月28日 021



□ 来週は種植えと苗植えと単管パイプ組み立てです。

  それと山野草が枯れるのを待ってですが、雑草刈りです。
  フキ、イタドリはもう伸び始めていますから刈るなら今時です。

  ああ、この時期忙しくて猫の手も借りたい。


21年1月15日 025


   「ん?」


仕事開始♪

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 雨の日ですが日帰りです。もう耕運機をかけないと畑が間に合いません。

  種ではなく苗でやるものは売り切れてくるからです。僕のところは雪とけが
  遅いのでみんなの場所より畑仕事が遅れるんですね。

  最初の仕事は単管パイプの塗装ですが、今日は雨なのでまずは水洗いです。
  手前に見える直交クランプは黄色に塗装します。

  自在クランプはこげ茶色です。他の単管パイプは全てこげ茶です。


2011年5月28日 002


□ カタクリやエンゴサクが終わりスミレが咲いています。


2011年5月28日 014



□ エンレイソウですね。これも鹿にやられています。


2011年5月28日 006


□ イチリンソウ、もしくはニリンソウも咲いています。

  これらの花は笹を刈ったあとに増えてくるグランドキーパですね。
  でもだいたいが咲き終われば、すぐにでも草刈に入りたいです。

  そうしないともうジャングルになりますから。

2011年5月28日 011

  エンゴサクが終わればもうフキの畑になります。あっという間に
  埋まってしまいます。


2011年5月28日 009


□ 明日は塗装ですね。塗装が終われば耕運機で耕します。

  幸い耕運機は動きました。ガソリンが去年の古いものだったのでよもや
  と思いましたが、動くもんです。

  これから忙しくなります。日帰りでは無理かな。泊まりこめば朝6時ころには
  仕事始められるんですがね。

  夜は夜で薪割りでもできるし。でもまだ宿泊する気になれないのはカメムシが
  まだうろついているからです。


2011年5月28日 010

カタクリ鹿に食べられる

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ なんと、カタクリは鹿に食べられてしまいました。これはここ始まっていらいです。
  うわさではエンゴサク球根をほじくりだして食べるというのは、聞いたことがありますが。
  
  カタクリをどうして食べるのでしょうか。
  食べるのならフキノトウとかフキとかミズバショウなんか一杯あるのにです。

  どうしてよりによってカタクリを食べるんでしょうか。ショックです。

2011年5月22日 076


  ただカタクリは多年草ですから根があればまた生えてきます。
  根を食べられるよりは来年生えてくること考えれば、まだ救われますが。



□ どうしてこんな可憐な花を食べるのか分かりません。

  以前は枝豆を食い荒らし、バラの花を食べきって枯らし
  今度はカタクリでしょうか。


2011年5月22日 119


  エンゴサクも一度味が分かるとどうだか分かりませんね


2011年5月22日 123


  ああ、可愛そうなカタクリ。カタクリは上の木々が葉を出す前に太陽に当たれるように
  われ先んじて咲くわけです。それが鹿の餌食になってしまうなら、たまりませんね。


□ こうまで鹿に馬鹿にされるようではあとあと困ります。
  かくなる上は防護用のネットを張るんですね。

  進入経路はわかっています。国道淵からではなく山の奥から来ます。
  そこにネットをするわけですが、立ち木を利用して張ることになるんですね。

  長さは山すそと川までの距離おおよそ77mです。


earth01.jpg


  これをもっとも安い方法でやるには何を使えばいいかな?

  そういえば昔、有刺鉄線を考えたこともありましたね。冗談ではなく
  本当に決行することになるやもしれんです。

  カタクリの恨みは大きいです。


□ 話は変わってアカハラが遊びにきてました。

2011年5月22日 056


  腹が赤いと言ってもオレンジ色ですね。オスとメスでは頭の色が少し
  違うとかでしたね。

  いろんな動物はウエルカムですが、鹿はやはりいかんなあ。


単管パイプ解体

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 壁の単管パイプを解体します。今年は塗装するつもりですので
  畑が始まる前に終わらせたいです。

2011年5月22日 002


□ 直交クランプは黄色にその他はこげ茶に塗装します。
  それとこれだけ井桁に組んでありますので、それぞれの単管には

  クランプの位置を決めるためのわかりやすいマークが書いてあります。
  

2011年5月22日 003



□ 解体された単管パイプはこうやって洗浄・塗装の準備に入ります。
  台座も単管で組まれたものです。

  なんでもかんでも単管パイプで作ります。



2011年5月22日 066


□ エゾエンゴサクが見ごろですね。
  例年と同じく綺麗に咲いてくれました。


2011年5月22日 092


2011年5月22日 012


□ しかし、悲しいかなカタクリが半分くらい被害にあいました。
  原因はこの次に書きます。こんなことはこの何十年来始めてのことです。



2011年5月22日 032

  もう今年の春一番のがっくりですね。



2011年5月22日 030

富良野・美瑛に行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 富良野・美瑛に行ってきました。宿泊したのは層雲峡だったので
  両方面とも見学する時間はなく、ほとんど素通りでした。

  この時期ではまだ新緑の緑しかありません。それでも残雪の山景色が
  いい写真になるかと思いきや、結果はご覧の通りです。(かすんで見える)
  
  山並みが綺麗に見えるには天気がいいのと、霞がかかってないことが
  条件ですね。ピーカンの青空でも山が見えるのはもうひとつ好条件に

  恵まれないと駄目だということです。


2011年美瑛富良野層雲峡 014

  今回は次回に宿泊する白金温泉の下見のようなもので、次が本番です。
  

□ そういうことで中途半端な時期に行くものだからファーム富田さんも
  ラベンダーはまったく無しです。見えるのもムスカリです。
  ショップも開いておらず、この時期に行くものではないですね。

2011年美瑛富良野層雲峡 025


□ 将来的には温室が欲しいと思っているので、ちょっと興味がありました。
  温室を覗いてきました。もちろんこんな立派なものができるわけがないです。
  できてもビニールハウスですが。


2011年美瑛富良野層雲峡 046


□ ロクゴウの森に行って「北の国から」の撮影に使った、五郎さんの石の家を
  見てきました。

2011年美瑛富良野層雲峡 080


□ 中もいっぱい写真をとってきました。原始時代の生活様式ですね。
  高級な竪穴式住居みたいな。

2011年美瑛富良野層雲峡 087


  でもね、あんまり笑えないんですよね。何しろ母屋を建てる前は
  おばあちゃんの家をしばらく綺麗にして使っていた時代があったでしょう。

  この「北の国から」を実践していたようなものですから。その当時は
  たくさんの家族がいたので、賑やかでしたけど、こんな家に一人で住むには

  よっぽどの変わり者じゃないと無理ですよ。家の中にはボロだけど、物を
  大切にしている雰囲気とかがいっぱいあって、それが余計に重苦しく感じ

  ちゃいましたね。

  観光シーズンじゃないので誰もいませんでした。熊よけのテープ音が流れていた
  くらいで、それは歩いていると薄気味悪くなりました。(笑)

  この石の家は本当は作るつもりじゃなかったんですよね。それまで貯めていた皮を
  剥いた丸太があったんですけど、純のいざこざで売り払ってしまったんです。

  それで五郎さんが畑から石を拾ってきて建てたと言う設定になってます。

  
2011年美瑛富良野層雲峡 071


   拾ってきたもので作った家です。良く見るとスキー場のゴンドラが
  組み込まれていたりします。


2011年美瑛富良野層雲峡 094


   これは映画のセットというより、もろ昔の家ですね、こんな風だったんです。
   雪が積もったら、屋根に上がって雪下ろしをしないと倒壊しますね。

   壁は板一枚です。もちろん断熱材なんかあるわけもなく隙間には新聞紙が
   貼ってありました。

   冬は寒くなかったのでしょうか。自分に土地も売ってくれたおばあちゃんは
   どうやってすごされていたのか、一度お会いして聞いておきたかったです。

   なにしろドラマじゃなくて本当に、こんな家に住まれていましたから。
   
   


活動開始でも雨

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雨でしたのであまり写真は撮影できませんでした。
  日帰りだったです。久しぶりに薪ストーブをたきました。

  大丈夫だったようです。たまに煙突に鳥が巣を作っていることが
  あって、急に燃やすと大変なことになるときがあります(汗)


  エゾエンゴサクはまだ見ごろではありませんが、ちゃんと咲いています。
  薄い青なのでちょっと弱々しく見えますね。そのへんがいいところなの

  でしょうか。

2011年5月14日 003

   他の雑草が咲き始めるまでに、咲き終わります。そういう運命なんです。


□ ようやく雪が融けてつぶれていた葉がでてきます。こういうふうに押し付けられると
  そのまま乾燥しても、風で飛びません。これが都合いいんですね。。

  葉というのはこういう状態で、地中の微生物に分解されてまた木の栄養になります。
  循環されているんですね。見事な腐葉土になりそうでしょう、見た目も。


2011年5月14日 007


□ 白樺ですね。白樺は腐葉土を必要としません。地中のある菌と共生しているので
  荒地でもガンガン育ちます。いずれにしても土の中にあるいろいろなものと

  ともに育っているんですね。手前に見えるのはチューリップです。まだ咲くのは10日
  もあとです。


2011年5月14日 010



□ 森の中から集めてきたトドマツの稚僕ですね。もう雪の中でも
  必死に折れまいとして生きています。

  よれよれになってますね。でも折れないんです。こういう雪に
  強い木がまた遺伝されていくんでしょう。結果的には雪に強い

  木が生き残っていくことになります。


2011年5月14日 005


  この雪で生き残れなかった植物も動物もたくさんいるようです。
  過酷なんですね、この雪の世界は。春になってその痕を見るたびに

  そう思います。さあ、頑張りましょう、今年はどこまでできるかな。
  ぼやぼやしているとまた冬になっちゃいますね。

  とにかく

  ①ゲストハウスができて人的交流が増える。

  ②野菜と花をありったけ植えて試験する。
   旭川に行って種を買い付けてくる。上野ファームとか。

  ③その野菜を使って料理を考える。ゲストハウスで食べる。

     




  
  



  

囲炉裏製作中です

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 現在囲炉裏製作をお願いしています。

  そこの会社さんはホームページで製作中の状況を

  知らせてくれます。現在僕の囲炉裏を作っているところです。


irori1.jpg


□ 塗装色は標準のダークオークと黒の中間で調色で

  お願いしてあります。完成の時には人力で4人いないと

  室内に搬入できないらしいです。


irori2.jpg


  できれば楽しみです。早速、炭を買って囲炉裏を

  試してみましょう。

なごり雪しばし

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 東京では夏日に近くなってきたという報道があるなか

  なおまだ雪降る日のブログを書いているのは私くらいじゃ

  ないでしょうか。


DSC04558.jpg

  
     これがいいんですよね。それほど寒くはないのになぜ雪が降るのか
     分かりませんが、きっと上空の気温がやたら低いのでしょう。

     湿気を帯びているので粒が大きいんです。ぼたぼたと落ちてきますから
     上越のような雪ですね。



□ 11月の初雪はこれから寒くなる季節を迎えるので、とても憂鬱に

  なります。でもこの時期の雪はどことなく、名残りがあってうれしいものです。


DSC04556.jpg


   どうせ降っても一両日中には融けるんですけどね。
   やっぱり雪景色というものは美しいものですね。



□ 玄関前で板をはがしたら、その下でエゾサンショウウオが冬眠していました。

  まだ寝ているのかよって思いました。仲間のエゾサンショウウオは蛙と同じで

  もう池に産卵しております。いつまでも寝ているのもいるんですね。


  おかげで玄関前の仕事を中止して、どこかに行ってくれるのを待ちましたが

  また地面に穴を掘って寝いってしまいました。おいおい。


2011年5月7日 053


   「もう春だよ」、って言っても「雪が降っているじゃないか」って、言われそうです。


裏山に登ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 裏山があるんですけど、普段はいけないんですね。

  あの笹ですから、毎年道をつけていてもいつに完成するのか
 
  わかりません。とにかくこの雪が残っている時期に一度だけ

  登れるときがあります。


2011年5月7日 032


  カラマツは植林したものです。20年も経っているのにまだ
  この大きさです。どうせなら、桜でも植えてくれたら今頃

  花見してるんですが。


2011年5月7日 048


  どんどん登っていきます。上に500mくらいまではうちの土地です。


2011年5月7日 039


  目的はこの沢です。もうこの時期にはごうごうと音をたてて
  水しぶきを上げています。水量が多いんですね。



2011年5月7日 043


  山の中腹にもこんな沢があります。当たり前ですが。
 
  残念ながら魚はいないようですね。魚が上流に登ってこれるんなら
  いますが、何もいません。


2011年5月7日 042


  昆虫ならいるんでしょうね。森の動物達もここで水を飲むのでしょうか。
  途中にキツネの糞がありました。動物達にとっては自分のテリトリーなのでしょうか。

  たぶん笹のない沢を通って移動するかもしれません。もし、僕がここに笹を刈って
  道をつけたら、動物達も稼動範囲が広がるように思います。


2011年5月7日 036



  通年でここを通れるように道をつけたいです。相当量の仕事ですが
  森というより山というものがどういうものなのか、理解できるように

  なりたいです。

春の妖精達

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ やっと雪が消えてきましたが、まだまだの世界です。

  雪の下には山野草が芽を出しているので、雪の上も歩くわけにも

  行きません。

  南斜面にはカタクリが花を開き始めています。


2011年5月7日 023


□ エゾエンゴサクもですね。

  草地を埋めるほど咲くのはまだ10日も先ですが。


2011年5月7日 021



□ エンレイソウも出ています。エンレイソウの葉っぱは丈夫なもので

  秋まで残りますが、色艶もしっかりしてますね。

2011年5月7日 017



□ 行者にんにくでしょうか、別名アイヌねぎとも呼ばれますが

  どうでしょうか。匂いを嗅げばにんにくの匂いがしてすぐに

  分かりますが。あっても食べないですね。貴重なものなんですけど。


2011年5月7日 018


□ 仕事のメインは重機が動くことを確認することです。

  バックホーも動きました。バッテリーも半年以上動かさなくても

  動くものですね。自動車のバッテリーではすぐにあがりますが。

  
  とにかくこの2台が動けば、飛車角がそろったも同然です。

  まずは一安心です。


2011年5月7日 055




□ 着々と準備が整いつつあります。

  それと同時にあれもしなくちゃ、これもしなくちゃですが。

  無事に森があけたことは確かです。


2011年5月7日 006

雪の大罪

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 雪が解けてくると、雪害がいろいろあらわになってきます。

  これは池にある塩ビ管を保護するための、単管パイプです。

  この池は全て雪で覆われます。

  まずはBEFOREの写真からですね↓


2010年11月6日 044


  
  続いてAFTERの写真↓

  やってくれますよね、見事に曲げられているでしょう。

  雪の重みなんですよ。去年は何でもなかったのに、ですから年によって

  違うんです。もっと丈夫にするか、もしくは片持ちにしないかですが。


DSC04560.jpg




□ 単管パイプがドンドン曲がられていきます。油圧プレスを持ってますから

  曲げなおしますが、もとには戻らないです。

  この池ですよ。今は青サギに魚を食べられて何もいませんけど。


DSC04523.jpg



□ 真冬はこんな感じです。魚がいてももちろん冬眠してましたが。


  DSC00038.jpg



□ だから窓の冬囲いなんか、バリケード並みです。ここまでして

  やっと安心できます。すごいでしょう。数日前の写真ですが変形は
  
  していないでしょう。


DSC04519.jpg



□ ちなみに昨年の嫌な写真をお見せします↓。何があっても不思議じゃないですね
  
  ここでは。でも今年は大丈夫でした。分かりませんよ、来年は100年に

  一度の大雪とかに見舞われたら、潰れているでしょうね。

  毎年ね、ちょっとは対策を追加しているんですよ。こういう建物を持っている

  人は、大変ですね。



IMGA0250.jpg



  だから春の雪解けはまず建物のチェックから始まります。


連休初仕事

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 5月4日です。現地はごらんの通り真冬の雪でした。
 
  桜が咲く頃に呆れるほどの雪です。今年は雪が多いのかな。

  例年でもGWには除雪しなくてもいい年もあるんですけどね。


DSC04555.jpg


  でも外気温度が0度でもなぜか心が温かい雪景色です



□ まずは一番最初にする仕事はブルーシートをはずすこと。

  重機からはずします。


DSC04552.jpg



□ 水辺のチェックをしてきます。特に問題なしですね。

  その傍ら景色を眺めてぶらぶらとお散歩です。


DSC04559.jpg



□ 今年はゲストハウスを作らないといけません。

  造るのは大工さんですが、私ではありません。

  
DSC04553.jpg


  でもこの前庭を日本庭園風にするのは僕の仕事です。

  もっと深く掘って池らしくしてくれと言われました。

  僕の持っている重機ではできないんですけどね。

  でもお風呂から眺められるいい庭園にしたいです。


  

  

雪の被害

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ まだ雪の残る敷地ですが

  一番心配だったのが、ガレージハウスです。

  変形していなかったので一同一安心。


DSC04535.jpg



□ 冬に入る前にはシャッターを保護するためにコンパネを

  用意してました。去年の写真ですね↓


2010年11月14日 017



□ 今年、雪が融けて全容が明らかになってきましたが

  やはりコンパネの下のほうは雪で割れていました。

  すごいですね。これはセッピが落ちてきた衝撃でしょうか。


DSC04531.jpg



   建築屋さんはいかにも大丈夫なことを言ってましたが

   これがないとシャッターを壊していたかもしれません。

   危ないです。雪の害には念には念をです。

   来年は水平にもう2本の単管パイプを追加しておけば

   平気でしょう。便利ですよね、単管パイプ。



□ 池の周りの写真です。この池には水が入ってきてます。当たり前ですが

  でも出口から出てきてません。はて?その水はどこに流れてるんでしょう?

  雪が融けてみないと分かりません。こういうのが一杯あるんですよね。

  たぶん雪の下を流れて違うところに行ってますね。



DSC04523.jpg


□ 春は雪融けのシーズンですから、それはもう溢れんばかりに

  流れてきますよ。もうミズバショウが出ているでしょう。


DSC04513.jpg


   春の草花はもうスタンバイしています。南斜面からいっせいに来ますね。





オープン一日目

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ まだ雪が50cmはありますので敷地には車で入れません。
  
  今年は積雪量は普通なのでしょうか。

  最初にすることは

  ブルドーザのブルーシートをはずします。


DSC04536.jpg



□ もし始動させて動かなければ終わりです。

  バッテリー切れなら、本日の仕事はそれで終わってしまいますが

  どうやら一発目で動きました。この瞬間がどきどきしますね。


DSC04537.jpg

     
    若干、音が弱いですが力がないのでしょうか。暖気運転をします。
    もし、燃料系統に異常があれば止まる可能性があります。
    結果は特に問題なしです。


□ 国道淵まで軽く雪を排します。全部で4回くらい往復しましたね。

  少しずつ雪を外側に押し出すようにして道を広げていきます。


DSC04544.jpg



□ 最終的には道を壊してしまいますから、20cmくらい残して止めます。

  この量なら2日くらいで融けてくれるでしょう。


DSC04541.jpg



□ 水が流れているところはいち早く融けてなくなっています。

  日が当たれば草もすぐに芽を出してきます。ミズバショウなんかはもう

  でています。



DSC04517.jpg



□ 全部の雪が消えるまでまだ一週間はかかるでしょうか。

  ようやく春がきたところですが、まだこの雪です。

  なごり惜しい気もしますが、そろそろ活動し始めますか。



DSC04511.jpg