森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

岩合光昭さんの写真展

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 行ってきました。札幌三越の特会場でした。

  日曜日だからなのでしょうか、会場はグッズ売り場も含めて
 
  超満員でした。サイン会もしてましたから、岩合さんも見てきました。

  黙ってうなずきながらサインしてましたね。普通のおっちゃんですね。

iwagou01.jpg


□ 猫の写真展でしたけど、あんなに猫好きな人がいっぱいいることに感心
  
  しました。僕は猫だけでなく犬も好きです。でも顔は猫にはかなわないですね。

  見て可愛いと思うのは猫です。どうしてあんなに可愛いのでしょうか。



iwagou03.jpg


□ 動物の写真はシャッターチャンスですから、狙って撮れるものではありません。

  そのチャンスに遭遇できるのは、長い時間、動物と一緒にいるということですから

  気の長い人じゃないと無理なんでしょうね。岩合さんを初めて見ましたが

  やはりじっと待つタイプの人だったですね。

  人と付き合うより、動物と一緒にいるほうが楽しそうな人でした(笑)


□ ああいう人って自由幸せそうでいいですね。

  そのあとにグランドホテルのバーに飲みに行きました。

  ビジネスマンいましたけど、仕事できそうな。

  今ならどちらを選べと言われれば、岩合さんに憧れますね(笑)


家庭菜園今昔物語

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 家庭菜園です。

  これは枝豆を植えたときですね。キジバト対策用です。

  中には無理やり進入していたキジバトもいました。


130527種植003


□ 収穫時期の家庭菜園です。とうきびを盗みにくるタヌキ対策でした。
  
  こんなものでよかったんですね。


130915鼠出002



□ しかし、やがて鹿が出現するようになり、ネットの高さが高くなりました。

140902豆滅001



  でも写真の板なんかけり破られて、鹿が侵入してきました。

  入ったらもう、バイキング状態です。写真↑



□ そこで考えられたのが最新式の単管パイプ、天井もネットでOK方式で。

  これでタヌキ、鹿、キジバトにやられていません。おまけに蝶々も入ってこれ

  ませんのでキャベツも食われません。


160807雑草003



  しかし、家庭菜園最終にして最強の敵が現れそうです。

  ネットを食い破る可能性ある。


araiguma.jpg


  タヌキではありませんアライグマです。

  これがきたらもう終わりです。農家のほうでは鉄板使ってました。


  まだ森の住人との戦いは続くのでした(涙)


ドングリを植えます

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日、会社の古い写真を整理してました。敷地の写真です。

  20年前ですから、敷地のイチョウや松なんかはまだ背丈が2mほどです。
  今や電線を越えて成長してますから、あらためて成長力のすごさに

  感心しました。何をいまさらですが。

  それで、山でもドングリを植えることにしました。


2010年10月23日 056



□ 今から植えても立派に成長するのは自分が死んでからだと

  思ってましたが、ケチなことは言わずに育てることにしました。

  成長を見届けて、かつ後世に残すことにしました。


2010年11月20日 033


  きっとその甲斐があって長生きできるかもしれませんね。




□ リスは食べないような気がするんですけど。

  ドングリといってもミズナラです。たしか、渋くて美味しくないような

  気がしますが。

  あれだけ胡桃の食べかすが氾濫しているのに、ドングリの食いかけは
  
  見たことがありません。


2010年11月6日 008



□ それなら幸いですね。リスにほじくり返されなくて済みます。


2010年11月6日 053



  経験上ですが、植えれば間違いなく発芽してぐんぐん成長します。

  

2010年10月12日 019


  いいですね、やっぱり樹があるというのは。



  
  

日本ザリガニの生息

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ どうしても今年中にしないといけないのは
  ザリガニのいる場所の整地です。

  整地というのはおかしいですが、繁殖がしやすいように

  環境を整えることが必要です。年々ザリガニが減ってきているような

  気がするんですね。


2010年11月13日 033


  場所はここです↑

  この写真では良く分かりません。左右に沢があって

  真ん中は三角州になっています。



2010年8月22日 076


  沢ってこんな感じなんですよ↑

  ここに生息していて、石を上げると必ず隠れていたりします。


  ただ、雨水で増水すると流れがきつくなって下流に流されます。

  もっと安心して隠れるスペースが必要なんですね。


21年8月6日 044


  もし、ここが完成すれば

  すごい数の日本ザリガニが生息してくれるはずなんですが。

  なにしろ重機が使えないので全部

  手堀なわけです。石ももってこないといけないし、大変な重労働です。

  でも頑張ってやってみようと思っていますが、もう10年もたってしましました。

  生き物は大切にしたいですね。








キロロスキー場です

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ ホテルピアノに一泊してきました。立派なホテルの割には
  安いですね。雪質が良く圧雪車で整備されていて、ボーダ向けです。

キロロ 0071


□ なんといっても景色が最高でした。


キロロ 0021


□ モーグルバーンというところが設置されていて

  そこで久しぶりに金具をはずす転倒をしました。足は折れなくても
 
  くじいたと思いましたが、なんとなく無事でした(汗)


キロロ 0011



□ コースはとってもいいですね。しばらくヒラフには行ってませんが

  どっちがいいでしょうか。それほど好きなコースでしたよ。


キロロ 005


□ 僕はスキーです。昔からですから、いまさらボードは

  する気がないですけどね。


キロロ 001


□ スノーチャンはボードです。


キロロ 002



□ どちらが難しいのか、スキーかボードか。



   みんなの意見を聞くと分からなくなるのでネットで調べました。


   そうすると


   中級くらいまではボードのほうが難しいらしいです。それは足が固定されて

   いるので、自由度がないからです。そのために慣れないと相当の恐怖感に襲われる

   らしいですね。

   ではスキーは簡単なのかというと中級までは、足に自由度があるので簡単に取得

   できます。初心者でも頂上から滑ってこれます。ボーゲンでですが。


   ただし上級になるとウエーデルンの世界ですから、自由度を生かした高度な滑りを
   
   要求されるのでスキーのほうが難しくなります。


   実際にはスキーでセッティングされた、回転コースにはボードではまったく

   歯が立ちません。逆にボードでは上級になるとエアーの世界になってしまいます。


   どちらもどこまで求めるのかで決まってきます。





   

機械は大切にしています

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ この間、補助金が出るのでエクストレールを買いましたが

  出なければ別に買い変えるつもりはありませんでした。

  以前の車です↓。カローラディーゼルで12万kmくらい乗ってました。


21年5月31日 150

  ボンネットは汚れじゃなく傷です。


21年5月31日 149


  すごいでしょう↑ これは冬季シーズンに道路にまかれた

  塩カリにやられたからです。こうやってすぐに錆びるんですよ。


□ こういう車はさすがに乗っている人はいませんね。
  
  車は新車で買いますが、動くうちは買い換えません。



□ バックホーもそうとう使っていて、もう限界になってますね。↓
  
  バッテリーなんかもう紐で縛っています。


21年7月12日 126



□ 動かなくなりました。機械は使っていないと動かなくなるんですね。

  たぶんセルモータですが、直してから2年しかたってません。

  その間、まったく使ってないのにまた動かなくなってます。


2010年8月8日 042

  

  今度、ゆっくり修理してみたいんですね。

  分からないですけど、昔の機械は電気回路がないので

  見れば判断できるんですね。機械的に損傷しているかどうか

  ですから。


  僕は時間があったら、何がしたいかというと

  機械を直したいんですね。でも僕の悪いくせで

  使いすぎるかもしれないです。


□ 野良猫も家猫になって元気でやってます。
  
  長生きして欲しいですね。

  
2010年4月17日 006

丸太の組み立て

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 木材業者さんから購入した丸太がまだあります。

  何かに使わないとかなり、蟻にやられているようですが

  何に使うかアイデアがありません。


18年6月18日 013


□ もともとログハウスみたくチェンソーでくり貫く方法もありますが

  面倒です。以前に滝の公園で見た方法ですが、これなら簡単でしょうか。



滝野1 072



□ ワイヤーロープで縛るだけです。
  
  できるんでしょうか?


滝野1 061



  取りあえずは橋を作るつもりです。


コケのある環境

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 僕の土地は水分が多いので地面にはコケが生えてきます。

  ほおっておくと畑にも生えてきます。

  下の写真はコンクリートでできた踏み石ですが

  いい具合にコケが生えていますね。


2010年9月25日 024


  コケってとても綺麗ですね、特に雨の日には水分を一杯に吸って

  綺麗な緑色になります。だから僕の小屋を作るときも全部をコンクリで

  作ったらコケで覆われないかと思ったくらいです。(気持ち悪いかもですが)



19年9月17日 023


  コケ大好きです。特に森の中では木でできたものは朽ちます。

  でも石で作ると永久に持ちます。それとコケの組み合わせは

  ちょっと言い表せない美しさがありますね。


2010年9月25日 025


手稲スキー場です

Posted by エバー on   7 comments   0 trackback

□ 実は何十年ぶりでスキーを始めました。
  カービングでそろえたので全部、新品です。

  僕としては古いのでも差し支えないんですが。
  性能があがったというので、買ってしまいました。

2011手稲 008


  いい天気でしょう。山頂から石狩湾が見えるんですね。(左の方向)
  札幌に住んでいても、まるっきりスキーをしていなかったので

  知らなかったんです(驚き)
  


2011手稲 002


  雪質はとてもいいですね。


間伐

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 間伐というのは、木を大きくするために

  邪魔な細い木を伐ってしまうことですが

  それは植林された木の場合ですから、自然林の場合は

  移し変えてあげます。


2010年10月16日 022


  良く見ると細いひょろひょろの木が
  一杯ありますよね。


2010年10月16日 015


  いつも気になるんですけど、これを掘って
  違う場所に移植してやりたいんですが。


2010年10月16日 023


  なかなか手堀ではできませんよね。

  でも場所を移動してやると、ほとんど枯れることもなく

  成長してくれます。元気になるのがすぐ分かります。

  移植する一年前から根きりしておくといいらしいです。


  




  

春になれば

Posted by エバー on   3 comments   0 trackback

□ 暖かい日が続いています。もう気分は春ですね。

  でも今だけですが、まだ立派な冬です。


  しかし春になればやりたいことが一杯あります。もう思いは

  春になっています。それほど春が待ち遠しいのです北海道は。


2010年5月21日 010


  植物も同じで雪が消えるといっせいに咲き始めます。


21年5月19日 042


  上の植物たちは木の葉が出始める前に、陽光を浴びるために

  先んじて咲きます。


□ 今年は花を植えることにしています。


2010年6月6日 001


  チューリップは球根を掘って株分けしないといけません。

  この数年というか5年以上もしていないので、かなり増えているはずですね。



□ 何の手入れもしないとタンポポが咲き乱れたことがあります。
  
  これはまずいですね。タンポポの勢いがついてしまいます。↓


2010年6月12日 002




□ 今年に増やす一番の花はひまわりです。


2010年9月1日 042


  種取が簡単だからです。それに背が高くなるので雑草に負けないですね。



□ そして昨年に成功した、マーガレットアスターです。越冬しても

  咲くことが確認できれば大量にまいて咲かせるつもりです。


2010年9月24日 021


  単色でないのが気にいりました。いろんな色の花が咲きます。



  ああ、早く春がこないでしょうか。

  待ち焦がれています。いつか敷地の許す限りの広さに

  花で覆われてみたい夢をもっています。


  


動物の子別れ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 森の中に住んでいると、いろいろな動物の子別れが
  
  分かるときがあります。リスは子供を産むと、子供を

  残して夫婦で違う場所に行きます。子供は餌のあるところを教えて

  もらってますから、あとはそこで自立するだけです。


2010年11月6日 068



□ 鹿は団体で行動するはずですが、僕のところにくる鹿は

  1家族だけです。

  下の写真は3年前の家族です。お父さん、お母さんと娘ですね。


18年10月9日 037


  ↑はお父さん。さすがにぞっとしますね、この角には。

18年10月9日 039



□ それが2年前にはお母さんと娘しか姿を現さなく

  なりました。↓


19年10月20日 043



□ 今はその娘しか出現しません。

  縦横無尽に走ってますよ。とにかく早いです。

  鹿だけは遠慮願いたいですね。何しろ食べる量が違います。

  結局はエバーゴールドのバラが枯れたのは鹿が食べたせいです。

  


□ このメス鹿は将来オス鹿を呼んで来てここを

  テリトリーにするのでしょうか。  

  それだけは勘弁して欲しいですね。

  動物がいて喜ばしいのはリスだけです。リスは木の実を植えて

  くれますから。


  とにかくリスは可愛いですね。森のために十分に役立ってます。


2010年4月17日 030


□ 昨年はアライグマの被害がありませんでした。↑足あとは一杯あります。

  でも今年の家庭菜園を復活させたら分かりません。

  恐いですね。

  あとは池に魚を放したら、アオサギが来ます。

  何をしても森の動物達がねらってきます。


  まだサルとクマがいないだけ救われています。




  


町内除雪の日でした

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 土曜日の朝10時ですが、除雪車が来てくれて
  綺麗に雪を片付けてくれました。

  これは降った雪が積もり固まっているものを
  削る作業です。


除雪車 010


   道の奥からこれだけ削ってきますね。約30cmは削って
   きます。


除雪車 016


   重機の前についているのはドーザもしくは排土板(ハイドバン)
   といいます。


除雪車 015


   
   すごいですね、油圧シリンダーが一杯ついていて
   角度調節ができるようになってます。



除雪車 017



   ドーザには地面を削り過ぎないように
   名前は知りませんが、ストッパーがついています。

   これがないとアスファルトまで削ってしまいますから。



除雪車 018


   地面を見るとアスファルトまでぎりぎりに
   削ってます。地面まであと5cmくらいに調整してますね。



□ この削った雪の塊を今度はどうやって処理をするのでしょうか。

  取りあえずは道の路肩まで運びます。それをロータリー除雪機で
  飛ばします。


除雪車 005


  原理は簡単でロータリーでかきあげた雪を飛ばすだけです。
  雪はダクトの中を通ってきますから、ダクトの方向を変えれるようになってます。



除雪車 020



□ ご覧のように大変に綺麗になりました。


除雪車 019


□ 実際はこれほど綺麗に削らなくても車が通るには、支障はありません。

  ただし、これから気温が上昇してくると、雪が融けて車が埋まってしまうんですね。

  そういう交通障害が起きてくるので、以前に比較して道路を削るようになって

  きています。


  あとは路肩に積み上げた雪ですが、そもそも限界がありますので
 
  こんどはダンプカーで排雪するようになるわけです。

  だいたいこれがシーズンに一回か二回くらいあるでしょうか。

  それが札幌の全ての道路という道路で作業が行われるわけですから

  大変な予算になるわけです。道路除雪費は大雑把にいって

  札幌市だけで110億円になります。


□ 昔は除雪なんかしてなかったですね。

  子供の頃はどうだったか忘れましたが、道路はでこぼこでそのままでした。

  車が増えたのでこうなったわけですね。それで札幌市は将来的にも

  除雪費用を抑えるために、公共交通機関を利用させてコンパクトシティなる
 
  構想を持ちたがるわけです。


□ しかし、実際はそうはいかないわけで、車はますます省エネで安く便利な

  ものに進化し続けるわけです。しかも小型で余計に雪道に埋まりやすくなる

  からもっと大変になりますね。




  

池の製作

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 池を作っていますが、あれは池ではなく

  水溜りだと言われました。その通りで水を溜めている

  だけですね。


2010年8月15日 002



□ もっと深く掘りたいんですが、バックホーのアームが短いので

  届かないのもあります。


2010年9月24日 004


□ この池をちゃんとするのに何年かかるんでしょうか?

  こんな池でもカモがやってきたりします。

  カモに申し訳ないので

  すこし大きく深くして池らしくしましょうね。



  でも、もとは↓ですからね、けっこうこれでも頑張ってきてますよ。
  
  やればできるもんでしょう。


10300059x.jpg



   でもこういうのって時間かかりますからね

   一番時間がかかるのは木が大きくなってくれないことです。