森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

良いお年を

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

今年はいろいろお世話になりました。
来年も皆様にとって良い年でありますように。


リス


      森の動物達にも今年は食べ物が豊富であったようですし

      また来年にちゃんと会えますように、祈っております。

来年の仕事1

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 別荘がクローズになっていますので、記事がありません。
  
  来年の予定を記載しておきます。
  
  現在の池には魚がサギにやられてから一匹もいません。(悲しい)

  それで魚を獲ってこないといけないのですが、釣りができないので

  網で獲ることになります。


2010年5月30日 043



  写真は近くの喜茂別川(歩いて30秒)
 
  綺麗でしょう、5月の新緑の頃ですね。白樺の葉が出始めるので
  
  黄緑色に染まってきます。

  この川の中央が深くなっていて、岩魚がいます。

  どうやって捕まえるのか、思案中ですね。できもしない釣りでも

  やるのでしょうか。まったくしたことがないので、絶対に釣れないと

  思います。



2010年11月20日 012


  今時期の川です。見た目より浅いので歩いて横断できます。

  一番の渇水期の8月ごろにチャレンジしてみますが、果たして

  魚はゲットできるのでしょうか?



□ 水の話のついでに

  僕の土地は沢が3箇所あるのでそれを使って、池を作ったり

  していますが、思いのほかこの水の音が良く聞こえてきます。

  堰きとめてダムみたいなものを作るのでそうなります。


  ですから、高低さのあるところは滝を作ることにしています。


2010年11月13日 055


  ↑の写真中央ですが、ここも小奇麗にして滝を造ることに

  なっています。滝はすこし大げさですが、せっかく水の音が

  聞こえるのですから、見た目に滝らしくしようかと思っています。





  

中山峠いっき読み(2)

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 前回からの続きです。

008.jpg


  山頂のトンネルに入る少し手前です。
  まだ快適です。



2010年5月30日 017


  上の写真は5月ですが、同じ峠でも運転の恐怖感は
  まったく季節によって違いますね。

  冬の峠越えは事故がないほうがおかしいくらいで
  無事、越えるとぼくなんかはホットしますよ。




010.jpg


  中山峠山頂です。晴れていれば右に羊蹄山が見えます。

  ここから下って行きます。最初の左カーブでこのあいだ死亡事故が
  ありました。


011.jpg


  下りの直線道路です。

  この道は常に拡幅工事がされています。

  だんだん使いやすくなってきました。喜ばしいことですが
  
  事故はそれに関係なくいつもあるようです。毎週、行ってますが
  
  月に数件は救急車が走ってますね。


012.jpg



  下りの勾配がゆるくなってきました。
  
  もう入り口はすぐそこです。僕の土地は峠が終わり

  平地になるところにあります。それでも標高が400mくらい

  あるので町のほうに行くまではまだ緩やかな傾斜が連続します。



013.jpg



  ここが入り口です。ここからさらに500mくらい
  
  入ります。途中にゲートがあります。

  冬はここの路肩に雪が数mも高く積まれるので中に
  
  入れないわけです。

  どうしたらいいのでしょうかね。それがなければ

  冬の間もなにかしら仕事ができるのですが

  むしろ、冬の間のほうが畑仕事に時間をとられない分

  いろいろな仕事ができるんですよ。

  
  一年の半分が冬なんですから、それを解決したいですが。
  
  除雪センターに雪を置かないでくれと頼んでもおきまりに

  「駄目でご理解をして頂きたい」と断られます。

  以前に缶コーヒ一箱持っていったときにはすぐに対応して

  くれました。そういうものなんですね。



中山峠イッキ読み(1)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 僕のところから別荘までは一時間です。
  距離にしてちょっきり50km。

  
001.jpg


   左手の駅は真駒内の地下鉄の駅です。地下鉄ですが
   このへんの駅は地上にでていますので、普通の電車みたいですね。

   南北線の一番終点です。札幌の地下鉄の一番最初にできたもので
   開通は札幌オリンピックにあわせてつくられたはずです。

   この真駒内がそのときの選手村に使われたところです。



002.jpg


   ここから数km走ると藤野というところに行きます。
   毎年地価が10%くらい下がるというところで

   不動産の値下がりのモデル地区のようなところですね。
   その原因はいろいろあるのですが

   地下鉄が伸びていれば、それがなかったとも言われています。
   地価が下がってもやはり、地下鉄沿線は値下がりしないとも言われています。


□ 藤野を抜け、定山渓温泉に向かいます。
  遠くに山並みが見えてきましたね、あれをこえるわけです。



004.jpg



□ このへんは手間の小金湯温泉付近です。
  もう回りは農家ばかりです。主にさくらんぼとかされて
  ますね。

  次第に山が近くになってきました。


005.jpg



□ 定山渓温泉を通り過ぎてここから道路が上がりになってくるのが
  わかりますね。


006.jpg


  北海道の道路は大型ダンプが通るので、いたみやすいんですね。
  ですから、道路が補修でつぎはぎだらけになっています。

  

□ ここからいよいよ峠に向かいます。
  ここまで30kmくらい、時間にして40分くらいなんですよ。


007.jpg


  路肩に雪が見えるようになってきました。

  運転にもやや緊張感が出てきます。
  外気温度は0度くらいだったでしょうか、凍結して
 
  ないこともないです。危ないんですよ。でも一応
  凍結防止剤が散布されていて、マイナス気温でも
  凍らないことがあります。


  このように札幌からわずか30分でももう大自然の真っ只中に
  突入していきます。

  これが札幌の特長なんですね。大都市なんですけど
  周りには豊かな自然が一杯あって、どこへでもすぐいけます。

  (続く)

ゲストハウスの色

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ゲストハウスは塗装していますが、ほとんど無色ですね。

  最初は木の質感を味わいたくて、クリヤーにしていましたが
  そのうち、日焼けしてきますので黒っぽくなります。

  そうなってきたら、今度は少し色を濃くして違った色を楽しむ
  ことにします。

  最初から濃い色を塗るとバリエーションが楽しめません。


2010年11月20日 008



□ 最終的にはこんな色に落ち着きます。
  
  これだと古民家風で落ちついているでしょう。
  フォトショップで色の置き換えをしただけです。

  どういう色が泊まってみたいなと思わせるでしょうね。
  やはりこういう色なんででしょうか。

  色あせた濃い色ではなく、ちゃんと塗装した濃い色
  じゃないと駄目なんですけど。

  塗装も難しいんですよね。


2010年11月20日 008x


 
  木でできているものはぬくもりがあって
  とてもいいですね。

  でも森林王国の日本ですが、世界の木材貿易量の
  25%は日本が輸入しています。

  アメリカでも20%くらいです。

  日本は外材大国なわけです。このゲストハウスも
  全て輸入材です。(集成材は違ったかな?)






  

今年最後の別荘です

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 12月5日で除雪なしでいけたのは初めてです。
  もうこれが最後でしょうね。

  森はいつもと変わりなく、穏やかでした。


048.jpg

   
    ゲストハウスに暖をとり、宿泊してきたかったですね。
    帰ってきましたけど。


□ 行くとキタキツネが僕に気がつかないで歩いていました。


017.jpg



□ 餌を探しているようですね。土ねずみの臭いを嗅いでいるのかな。

019.jpg



□ かなり近くまで寄って、初めて気がつきました。やはり
  逃げていきました。

  ずいぶんと太っていましたね。

022.jpg



□ 足跡はアライグマではなくて北キツネだったんですね。

  024.jpg


   キツネの足跡はご覧のように一直線になるという話です。
   やはりなっていますね。

   でも入り口で見たのはそうなってませんでした。
   あれはタヌキでしょうか?

   このへんはあまり自信ないですね。



森の四季

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 別荘がクローズしていますので
  タイムリーな内容がありません。今までの四季を通して
  
  アップしてみました。


2010年5月30日 038

  5月30日です。白樺の芽吹きが始まるのでとても
  黄緑色で綺麗に見えますね。

  白樺は特に黄緑色が強く、他の広葉樹と比較しても
  フレッシュな感覚が強いです。



2010年6月12日 071


  6月12日です。チューリップが終わりころですね。
  春の花が咲き終わり、木々の緑も少し濃くなってきます。

  この時期はまだ肌寒く、外での仕事も実にさわやかな感じが
  しますね。たぶんフィトンチッドの分泌もさかんなんじゃないでしょうか。

  

2010年7月25日 007


  7月25日です。もう北海道でもこの時期は夏みたいなものですね。
  日差しは強いし、蚊も発生してくるので

  必ずくわれます。キンカンが必需品です。もちろん虫よけスプレーも
  使うんですが、それでも特に腕回りにやられます。

  雑草も伸びるし、この時期は仕事が大変ですね。

  なので朝4時ごろ起きて仕事をしたりします。その頃は日差しも弱く
  蚊もいないのではかどります。

  それで一仕事を終えて朝食をとります。それが実に美味しいわけです。



2010年10月16日 057


  10月16日です。この時期も大変に好きです。
  蚊もいません。雑草も枯れるくらいですから。

  でもカメムシが発生して建物が覆われてしまいます。
  中にも進入してくるので慣れたといえ
 
  このうえなく気持ち悪いです。家庭菜園は収穫が
  終わり、冬囲いが始まる前の遊びの時期ですね。

  このときに来年の土木工事の見通しをつけます。



2010年11月6日 024


  11月6日です。

  雪が降ったり融けたりで、いけるときまで行きます。
  主に笹かりですね。

  雪が積もればクローズします。今年の仕事に感謝して
  引き上げます。



DSC00024.jpg

  冬の真っ只中には来れません。

  本当は雪遊びしたいんですけど、国道から入れないんですね。
  歩いてはこれますが

  国道淵に車を駐車しておくのが危険なので
  しないことにしています。

  それさえできれば冬のほうが面白いかもしれないんですよ。

  もったいないですよね。これが5ヶ月も続くんですよ。


2010年3月13日 031


   昨年は自分で除雪しましたけど
  無理ですね。もうやめました。

  除雪すると吹き溜まりになるので余計に
  雪で埋まるんです。

  本当に去年は参りました。




家庭菜園復活です

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今年は理由があって家庭菜園をやりませんでした。
  その場所に宿根草を植えましたが、見事失敗しました。

  来年は家庭菜園を復活することにしました。

21年8月4日 019


  ゲストハウスで食べるからです。

  それとこれだけのネットを張るのは枝豆があるからですが
  少し面積を減らせば、もっと楽になるかもしれませんね。



21年8月16日 030


   それに今年
   「生で食べられるとうもろこし」に感動しました。

   ぜひ作りたいですね。それとハーブが増えます。

   イタリアンのシェフに料理を教えてもらうので
   それなりの野菜を植えないといけません。

   ズッキーニとかルッコラ、クレソンなんかも
   やるようになります。

   無農薬ですから、全部生で食べられる野菜料理に
   挑戦してみます。