森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

雪囲い仕事続く

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 窓の雪囲いをしようと思ったら雪が降ってしまい
 
  単管パイプを掘り起こすのに一仕事でした。

  でもどうやら半分くらいは終わりました。もういちど

  融けて暖かくならないでしょうか?ちょっと仕事が

  大変なんですけど。


2010年10月31日 001



□ この雪で一番困っているのがリスです。

  胡桃もドングリも埋まってしまいました。

  どうやら掘っているようですが、困っています。

  (可哀想に)


2010年10月31日 012



□ 仕事をしていたら、遊びにきていました。

  声をかけても反応はありませんが、恐れる様子もなく

  見ているだけです。


2010年10月31日 060


□ リスのえさをあげたけど、好みじゃないのか
  
  降りてきて食べませんでした。今の時期は一杯食べ物が

  あるので、お腹もすいてないんだろうな。


2010年10月31日 041


  時間があれば餌で仲良くなるんですが、こちらも忙しいので

  構いませんでした。その後はどこに行ったのでしょう。

  お互いに忙しいようです。


冬囲いの前に積雪

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 窓の雪囲いに行ってきましたが
 すでに積雪状態です。10月としては異例ですが。

2010年10月30日 012


□ 埋まっている単管パイプを掘り出すだけで
  終わってしまいました。それに国道から入れなくて

  ブルで除雪してから進入しました。ありえない積雪です。
  例年は11月中ごろで根雪ですから。


2010年10月30日 033


□ 一度、融けるんでしょうか?
  このまま行くのでしょうか。

  融けてもらわないと困ります。


2010年10月30日 043


       景色的にはとても綺麗でした。

       まだ紅葉があって、雪景色があって

       暖かいんですね。できればこのシーンが長く続いて
 
       くれるとうれしいんですが・・・・


2010年10月30日 007



□ 雪の上に紅葉の葉っぱが落ちていました。
  
  こんなことはないんですよ。葉が落ちてから雪が
  
  降るんですから。


2010年10月30日 047

やっと蝦夷リス現る

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ やっと見ました。例年だと10日前後にクルミを拾いに
  来るのに、まるで見かけませんでした。

  それでも今日、裏庭のいつもの松の上にいました。
  どうやら夫婦のようです。


  離れたところにももう一匹いました。


2010年10月23日 056


   今年は10数年ぶりでドングリが豊富なんです。



□ ドングリも持っていってほしいしクルミも片付けて

  欲しいわけです。じゃないと自分で掃除しないといけません。

2010年10月23日 088


□ 庭にはクルミの木が4本くらいあります。

  全部持っていけるんだろうか?すごい数ですよ。


2010年10月23日 094


□ 去年は車庫で越冬してキャットフードを食べていましたからね

  今年はそんなことしなくても食べ物は豊富にあります。


2010年10月23日 098


   森の中ではたかがリスですが
  
   お掃除屋さんなので助かります。

   ちなみにメス鹿も走り回っていました。

   写真にはとれませんでしたが、鹿はいなくても

   いいですね。どちらかといえば迷惑です。糞もたくさんあるし

   バラも食べるし。



もみじが綺麗

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ もみじは綺麗ですね。
  もみじのいいところは最初は

  緑で次に黄色でその次に真っ赤で3色が楽しめます。


2010年10月16日 016

   黄色くなりますが次に赤くなります。

2010年10月16日 002


□ 実はこのもみじは白樺の林の中で小さくなっていて
  育たなかったものを移植したものです。

  ですから、いつも上からの雪で樹形がかっこわるくなってしま
  ったんですね。その後剪定もしていないのでごらんの通りで

  変ですよね。


2010年10月16日 025


  でも自分が助けた感じがするし

  その後の成長も良かったりするので
  
  いい気分でいます。僕はこの池の傍のもみじが
  大好きなんです。


□ 中山峠も紅葉してきました。

  道路中央に見えるのは白樺の仲間でダケカンバといいます。

  高度の高いところに成長するためにすぐ判別できます。

  枝が白樺と違ってぐにゃぐにゃ曲がっていて人間の

  血管のように見えます。


2010年10月16日 075


□ 羊蹄山もこの間の初冠雪いらいは
  雪が降っていません。

  でもそろそろ峠では雪降りが始まってきました。


2010年10月16日 074



□ もう冬囲いのシーズンです。

  何にもしないのにもう冬の準備でしょうか。早すぎますね。

  しばらく紅葉のシーズンが続くといいのですが。

  遠目の山並みもこんな感じです。


2010年10月16日 057

次の開拓工事へ

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 雑草が枯れるので、笹を刈る絶好の季節になっています。
  笹だけは枯れません。

  この時期に笹刈りに入ります。

  次の開拓先はこの奥です。普通は雑草と笹に覆われているので
  ただの原野になっていますが、素晴らしい土地ですね。

  沢ではなく山すそに小川が流れています。

  たぶん先人が畑にしたところですね。石がないし
  土地が肥沃です。

  畑にもできます。



2010年10月17日 005


    一見すると何のとりえもないように見えますが・・・


□ 分かり難いので冬の写真をお出ししますと↓かなり奥に広いんです。


DSC00029.jpg



□ もう重機関係の車両はこちらのほうに移動して
  おります。


2010年10月17日 004


□ この写真は綺麗でしょう↓。最初はここに足を踏み入れることさえ
  できなかった場所です。

  それが今やこうですから。パチパチ。

  これから開拓していくところの土地はもっと綺麗になるはすです。
  それを思うと

  わくわくしますね。


2010年10月17日 009


  自分で森を切り開いていくんですから、北海道らしいアウトドアライフでしょう。

  早く素晴らしい土地に仕上げたいですね。



Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 紅葉しています。今年はそれにくるみとドングリの実が
  豊富ですね。蝦夷リスは未だに現れません。

  いないのかと思いきや、糞がありましたのでいるようです。


2010年10月12日 023


□ お向かいの山もまだ紅葉しきっていません。
  例年に比べれば遅いです。


2010年10月12日 006

□ 黄色い色ばかりでしょう。
  赤い色がないんですよね。

  昔の写真と比較するとすぐに分かります。



2010年10月12日 011

□ ゲストハウスからみた紅葉です。
  ゲストの方が満足してくれるといいのですが。


2010年10月12日 012

□ 昨年建てたウッドガレージですが
  これに味をしめてもう一棟建ててしまいました。



2010年10月12日 019


□ ごらんのとおりまだ
  黄色になりきれていません。

2010年10月10日 023

秋の紅葉

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□  紅葉まっさかりです。それでも池のもみじが赤くならないので
  これからなんでしょうか。

  そういえば黄色はあっても赤い色はないですね。
  山葡萄の赤もまだです。


2010年10月12日 005


□ 広葉樹の葉っぱが堆積してくるのが楽しみで
  枯葉で覆われると、来年もまた、草刈しなくても

  いい地面になるかと思うとうれしくなります。


2010年10月12日 007


□ 白樺はもうほとんど葉を落としています。
  白樺にとって腐葉土は必要ありません。

  地面の中の特殊な菌と共生しているらしいです。
  それで荒地にも育つことができるんですね。



2010年10月12日 003



□ ゲストハウスから見える風景ですが
  ここも気にいってます。これから丁寧に
  作っていかないといけませんが、自然と言うものは
  雄大なものですね。僕が木を植えたわけではありません。


2010年10月12日 013


□ 見事な道路ですね。もともとは道路ではありませんが
  重機で作ったものです。

  その上に落葉が落ちてこうなります。
  ここを歩くとさくさくと音がして気持ちがいいですよ。




2010年10月12日 010



  これを見ると今年も終わりかという気持ちになります。
  でもどの木も大きくなって、また枯葉を落とし

  毎年、森が豊かになっていくのが実感できます。
  成長していないのは僕だけでですね。

  成長どころか退化してますから、森にはかないません。


小屋のその後(1)

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 紅葉してきました。例年は10日ですが今年は
  遅れています。温暖化の影響ですよね。9月にあれだけ
  暑かったのですから。


  小屋ですが、窓から見える景色はこんな感じです。


2010年10月10日 001

  こういう雰囲気を想定して窓を設けていますので
  予定通りの景色ですね。



□ 小屋の奥はたたみでクローゼットに布団が納まります。
  現在考えているのは、壁に一輪挿しの花と間接照明です。

  今は何もありません。この壁の装飾がひとつのポイントになって
  います。


2010年10月10日 002
  
  これからゆっくり考えます。
  

□ バルコニーっていいですね。☂がふっていたのでしばらくここで
  眺めていたら、雌鹿が駆け抜けていきました。

  まるで牛のようだったですね。こういうふうに動かないでいると
  動物達が安心するのか、動き出すことがあります。

  来年はここにテーブルと椅子をおいて外を眺めることにしましょう。
  そのときでも上に屋根があるので、椅子も汚れないで済むのでいいです。

  やはり森の中ではバルコニーは必需品です。動物の観測でもですね。


2010年10月10日 025


□ 反対側はこんな感じです。
  母屋のバルコニーとは違った感じがしますね。

  ここにお酒とお風呂があるので終日ここですごしたい
  ですね。鹿の通り道と蝦夷リスがクルミを取りに

  現れるはずですが。鳥もきますよ。



2010年10月10日 026



□ 来年に完成です。どんなふうになるのか楽しみです。
  
  その頃には窓から見える景色も広がっているはずです。

  お風呂からその景色を見て、次にどうするのかアイデアを
  出します。

  何しろあと500m先まで開拓地がありますから。
  お風呂でも入って考えます。

  
2010年10月10日 050


  ですからお風呂の窓は開拓方面に広く向いています。
  

□ 母屋のほうも周りは紅葉しています。
  まだ7部くらいでしょうか。


2010年10月10日 049

今年も終わりが見えてきました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 10月ですからもう冬囲いの季節です。
  紅葉を見れば終わりですね。


2010年10月2日 003


□ 去年作った小屋です。小屋というよりガレーですが。

2010年10月2日 004


□ 今年作った小屋です。来年の拡張分も設計中です。


2010年10月2日 007


  もう小屋は作らないですね。今度は奥の土地の開墾に
  引き続き入ります。

  これからが大変で広大な土地が待っています。
  決壊している土地を直し

  池を作り、小川の流れを変えます。

  どうしてやるのか分かりませんが、やらないと気が済まない
  んです。


□ 最終的にはこんなのができるかもしれません。
 
  冗談じゃなくて、このくらいの規模です,広さだけはです。
  こんないい木はありませんから、公園みたくはならないです。



2010年8月13日 002


  ノボテルホテルから見た中島公園です。
  

小屋の製作(16)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 内装のクロス貼り工事です。
  自分でやらないで頼みました。

  工事代金は97,000円です。
  自分でやれば5万くらいですが一週間かかります。

  頼めば一日です。ここは頼みますということにしました。

  ちなみにクロスは1000番台です。分かる人には分かります(笑)

2010年10月2日 022


   中央の照明が和紙のペンダントライトです。



□ そのほかにバルコニーに濃い目のオリーブ色を塗装しました。
  これは自分です。


2010年10月2日 014



□ 階段も塗りわけします。そのほかにどうしても泥で汚れるので
  グレーの人工芝を設置します。



2010年10月2日 015

  自然な感じでマッチングしますよね。風で飛ばされないように
  釘で固定しておきます。


□ 今年はくるみもそうですが、ドングリも豊富です。

  クルミは業者の人の好物らしく袋に入れて持って帰りました。

  地面に落ちてるクルミはそのまま、割って食べられます。
  
  市販されているものと違い。微かにフルーティな香りが
  します。

  彼はクルミが好きらしく、初めて生のクルミの味を知って
  感激していました。僕も石で割って

  一緒に食べましたが、日本酒に合いますね。飲みたくなり
  ました。



2010年10月2日 002

  

   小屋の製作はこれで最後です。

   あとは照明ですが、中に入りながらどんな照明がいいのか
  
   判断しながら選びます。ここからはセンスですね。

   

2010年10月2日 023


   窓のブラインドはチョイスしていませんが
   
   スダレとかもいいですね。こういうのを考えながら

   するめでも焼いて一杯やりたいですね。

   そういう小屋です。

   今は壁に飾る陶器のオーナメントを探しています。

   僕が木彫りでもできるのであれば飾りますが

   できません。どうしましょうか。