森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

蛇2匹捕まえる

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 今年は蛇が多かったですね。

  居たのは知ってました。畑の中にいましたから。

  これはその写真で、刺激すると石の間に入ってでてこなくなります。


2010年7月25日 051


  これをそのままにして置いたんですね

  そうしたら、ある日小屋の中に入ったときに
  シャッターを空けてですが、ふと座って横をみると

  なんと蛇が、椅子の上にとぐろを巻いて座ってました。

  スズメバチなんか驚きもしませんが、蛇を発見した時は
  一瞬、息が止まります。

  ここで騒ぎ立てると小屋の奥に逃げ隠れしますので蛇に
  気がつかれないように、そっとでて母屋から捕獲器を持って

  きました。自作ですが↓です。



2010年8月22日 065



  これが非常に有効で、蛇の真ん中あたりに棒の先を近づけても
  気がつかないんですね。蛇はわりと鈍いんです。

  ただし、尻尾のほうの細いところは駄目です。できれば一番太い
  ところです。頭のほうでも駄目ですね。

  これでつかんでやると蛇は脱出しようとしてとぐろを巻いてきますから
  そのままつかんで外に出します。

  あとは簡単です、できるだけ遠くに捨ててくればまた戻ることはない
  ようです。僕の場合は川に捨ててきます。


□ 2匹目です。

  あまりにもすごくてブログに書くのもおぞましいですが。

  夕方、日の沈むころ、いつものようにシャッターを閉めて
  きました。


  朝になって変なにおいがするんですね、車庫ですが磯臭いような
  ありえない臭いがしたので変だと思ったんです。

  それでシャッターを空けたら、途中でなにか引っかかるんです。
  みたら、シャッターの縦レールの中に蛇が挟まってました。

  もう死んでましたが、尻尾が見えて

  シャッターの反対側に頭がありました。

  これを引っ張って抜き取らないといけないでしょう。
  それはもう手でできるわけもなく
 
  ぞっとしました。そこで先ほどの蛇の捕獲器を使って引きちぎる
  ように蛇を取ったわけです。

  これで蛇の話は終わりですが

  仮にこの捕獲器がないとどうやって処理したから想像もつかないですね。
  
  みなさんも蛇はいますので、家の中に入ってきたときとかに
  そなえてこういうものを用意しておくように

  考えたほうがいいですよ。これに比べれば殺虫剤で死ぬスズメバチなんか
  まるで苦にもならないものです。

  いまだにこのことを思い出すと気持ちわるくなります。
  みなさんはどうですか。



□ ことのついでに3匹目もいたんです。

  穴の中に入っていきました。
 
  しょうがないのでガソリンを持ってきて穴の中に
  注入して火をつけてやるつもりでいましたが

  臭いを感知して反対側の穴から逃げてまた別の穴に
  入っていきました。

  火をつける前に逃げられました。
  こういう話もあります。

  まだありますが、もう書くのも嫌になってきました。


小屋の製作(14)

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 本日、内装のクロスを注文しました。今度の土曜日に工事です。
  2人で一日で終わります。

  イメージは古民家風なのでかなり暗くシックにしました。
  できてからのお楽しみですが、普通は暗すぎて使用しない
 
  かもしれません。ただし、和風の照明器具を前提としているので
  あえて暗くしました。

  それでこのあいだ行った定山渓の翠山亭ホテルからの写真です。
  気にいったのはこの間接照明であたたかみがあってやさしい

  ですね。特に和紙を使用したライティングは日本独特の風情が
  あって粋です。


DSC02421.jpg


  小屋で使用する照明もこういう感じになります。


DSC02420.jpg


  お風呂のところもこういうふうにしようかと設計してます。


DSC02415.jpg


  できれば部屋の中も考えていますが、これは
  無理かな。↓


DSC02401.jpg


  最近の家ではほとんどが洋風になったために
  純和風の家はみかけることができなくなりましたが

  心が落ち着いてやはりいいですね。

 
DSC02403.jpg


  さてと内装についてはこれから照明器具を最初に考えて
  行いますが、イメージ通りにできますでしょうか。




  

小屋の製作(13)

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 大工さんと僕のイメージングの仕事は終わりました。
  でもこれから、どんな森になるのかはまったくの自然

  任せです。ほおっておけば、また2mも
  ある雑草で覆われつくされてしまいます。

  これから本当の意味での庭作りが始まります。


2010年9月24日 004

  自然が作り上げる美しさは
  人間ではなかなか想像もできなければ
  予想もできないものです。

 

□ ↓の写真はそのままほおっておいたコンクリの踏み板ですが
  コケが生えてとても美しいオブジェになりました。


2010年9月25日 024



□ 木でできたものはいつかは朽ちますが
  石とコケでできたものは
  あと100年も変わらず残るのではないでしょうか。

  ここの水の流しところは
  最初に作ってから、ほとんど変わっていません。
  丁寧に石を積み上げましたが、今も変わらず
  苔むしてとても美しいものです。

  地面のあるところではどういう植物が繁茂し始めるの
  かも分かりませんね。
 



2010年9月24日 003



  願わくばこの周辺にもカタクリやエンゴサクが
  咲いてくれれば、最高ですが。

  すこし日当たりが良すぎるので
  白樺でも植えましょうか。



  

小屋の製作(12)

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 本日26日で大工さんの仕事が終わりました。
  階段をつけて終わりですね。

  塗装をするのは僕の仕事ですが、あと一日で終わります。


2010年9月26日 015


□ 内装工事はこれからです。業者さんに頼みますがクロス選びは
  まだです。古民家風のイメージなので暗いシックな色を選びます。


2010年9月26日 006


   全体的な雰囲気は古民家風ではありませんが
   それは外壁の塗装がまだ明るい色だからです。

   最終的には黒っぽい色になります。
   


□ やっと秋らしくなりましたが、森の中はまだ紅葉はしていないです。
  一番先に赤くなるのは山ブドウですがまだです。


2010年9月25日 019

  ちょっと枯葉が溜まってくるので歩くとサクサクと
  音がしますが。


□ 例年だとこの時期に蝦夷リスが胡桃を回収しにくるのですが
  まだ、見ていないですね。

  だから地面の上にたくさんの胡桃が落ちたままです。
  
  早く来て掃除をしてほしいですが。いつもならほとんど
  持っていきます。


2010年9月24日 025


  いるんでしょうね蝦夷リスは?





小屋の製作(11)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今日で終わるはずでしたが、階段ができませんでした。
  明日になるそうです。

  階段ができるとかなり雰囲気が変わると見ていますが。


2010年9月25日 011


□ 中はあとクロスを残すのみですが
  自分で本当にやるのか、思案中です。

  天井まで高さがあるので一人では足場をもうけないと
  無理ですね(汗)


2010年9月25日 009


□ 母屋からくる電線はシャベルで掘って埋設していきます。
  80mもありますけどね。

 
2010年9月25日 018



□ 季節は次第に秋に近づいています。

  ツリバナも割れて種がでてきました。


2010年9月25日 023

小屋の製作(10)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 本日24日の仕事はコーキングと内部の電気
  配線でした。

  あいかわらず足場のあるうちに塗装をしています。
  僕は高所恐怖症なので

  高いところに登るのが怖いです。足場に登れないこと
  はありませんが

  大工さんのこしらえた足場では揺れすぎます。
  なので、営業の人間が来ているのをいいことに

  彼に頼んで一番上の塗装をしてもらいました。↓



2010年9月24日 016



□ 全ての隙間にコーキングするんですね。
  前回の小屋にはしませんでしたが、それを聞くと

  今回の小屋は居住用なのでするそうです。


2010年9月24日 027


□ 次第にできつつあります。できるとなると寂しいものがありますね。
  まだ内部のクロスとか自分でやりますし

  電気器具の設置もこれから考えます。

  建てたのはいいのですが
  毎年、本当にこれらの建物のメンテを

  自分でやるんですかね。次第に恐ろしくなって
  きました。

  

2010年9月24日 018


□ 小屋の近くにホオノキがあります。
  いつも草刈の時に誤って伐ってしまうのですが(涙)

  やっとそれにもめげずに成長してくれまして
  存在感がでてきました。

  ホオノキ大好きですから。


2010年9月24日 005



□ これでお泊りの施設ができれば
  みなさんお泊りになるのでしょうか。

  早速、ここの営業に人間に反省会も兼ねて
  泊まっていくように伝えました。

  でも今年は駄目です。布団も囲炉裏も照明も
  まだありませんから。

  来年が楽しみですお風呂もできますし。↓は
  設計が始まっている3Dグラフィックです。


gsthouse01.jpg

秋ちかしなんだけど

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ さすがに10月に近くになるので大雪山の初雪が  

  あったそうですが、やっと寒くなってきました。

2010年9月14日 049
  
  赤とんぼが飛んでいて秋なのかなあと思います。


□ 実は☂がふらないので
  
  母屋の横の湧き水が止まってしまいました。

  それはいいのですが、なにしろここはザリガニが生息して
  います。

  水が切れると死滅してしまいます。池から水中ポンプで
  水を入れておきましたが、すぐに乾いてしまいました。


  雨よりも雪の量なんですね。
  沢の水が枯渇すると、たちどころに死滅する生き物が

  一杯います。雪不足になると生態系に狂いが来ます。
 


□ できればザリガニはこの池に連れてきて繁殖させたいです。

  いろんな生き物の心配をしながら
  森の生活をしています。

  本当にバランスは微妙なんですね。ちょっとでも狂えば
  何かが変わってくるのがわかります。


2010年9月16日 024

小屋の製作(9)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 外壁にキシラデコールを塗っています。原則として
  2回塗りなので大変なんですよね。

  塗っているところとそうじゃないところが分かりますよね。
  実際は時間がたつと焼けてきて

  次第に色が濃くなります。なので最初は薄い色でもいいと
  思って、スプルースとやすらぎという色を混ぜ合わせています。


2010年9 002



□ 本来は窓なんかは養生シートでも貼らないと
  塗装がぽたぽたついちゃうので駄目ですが、自分の建物なので

  そのつどふき取ってごまかしています。


2010年9 001



□ 大工さんは階段の工事に入り始めました。
 
  わざと斜めに付け替えたために作り難そうですが
  頑張ってください。
 
  この道から進入するのですが
  もうすこし道の方角に向けてもらっても良かったのですが。
 
  そのへんの頼み方はアバウトですから
  いまさら変えてくれとは言えませんね。


2010年9 004



□ 今年は忙しかったのか
  何も進んではいません。小屋は業者さんが作ってくれて
  いますが。

  ぼやぼやすると冬支度の季節になってしまいますよ。
  
  でも胡桃は順調に育っています。あの蝦夷リスはどこに行ったのでしょうか。
  キャットフード食べていたリスですけど。



2010年9月14日 051

小屋製作(8)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 外壁の塗装をしてます。疲れたかな?
  休み無しでやってますから。昼はちょっとお握り
  食べますけど。

  外壁はキシラデコールを色あわせしてから2回塗り
  します。

2010年9月16日 008


  こんなふうに屋根の工事にあわせ
  足場が組まれているので、それを利用して自分で塗装する
  わけです。


2010年9月16日 010


  大工さんが工事しているかたわら
  せっせと塗装するのです。

  業者さんに任せると50万くらいの見積もりでした。
  自分でやると塗料だけで5万円くらいです。

  だから必死に自分でやります。こういうタイミングで
  塗装するのが一番です。


□ 基礎に使った土管はセメントでちゃんと埋めるんですね。
  ここまでは聞いていませんでした。

  なるほどです。


2010年9月16日 011



□ こうなります。


2010年9月16日 013



□ この間のスズメバチの巣を撃退したときの
  殺虫剤です。レバー式なので
 
  ちょっと工夫をして添え木をしてやり
  やはり紐で下から
 
  ひっぱってやる方法です。あとは棒の長さ
  だけの問題になります。

  簡単でしょう。


2010年9月14日 048

小屋の製作(7)

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 小屋を建ててますが、それに応じて
  手前の池もあわせて庭園風にしています。

  下は最初の場所の写真です。


10300059x.jpg

  まったく美しいとは思えない
  醜悪な風景でしたねえ!


□ 取りあえずは、ぬかるみがひどく地面が乾かないので
  掘って池にしてしまいました。

  池があるほうがまだ良かったからです。


18年5月21日 041


□ その後はこれの繰り返しで
  次第に風景が綺麗になってきました。


2010年8月15日 002


□ 現在は小屋にあわせて庭園になるように
  切り刻んでは平らにしたり、重機で調整しています。

  主に掘るだけですが。あとはひたすら雑草を刈って
  背丈の低い草類に置き換わらせます。


2010年9月18日 002



  年に数回、重機を動かすだけで
  こんなに変わってしまいます。

  重機の力っておおきいですね。

  これからの計画は決まっていません。

  また、ボケッと景色をみて閃いたら
  重機で削っていくだけです。でも

  こうやって開拓していくと、隣の土地が
  また呼びかけてくれるような気がするんですよ。

  今度はこっちへおいでよって。
  そうしたらまた、開墾を始めます。

  でも、次の土地はとても広大で、しかも小川があるため
  かなりの大仕事になるでしょうね。思うとまたわくわくして
  
  この庭をほったらかして次に行くという事になります。  

  こういう想像をしているときが僕にとっては一番楽しい
  時です。

  

小屋の製作(6)

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 小屋の電源ですが電信柱は立てません。たしか
  すごいお金がかかりそうな気がしますが。

  母屋のブレーカ配電盤から地上を這って80m
  で小屋まで敷設します。

  
2010年9月14日 068


   ただし、ちゃんと自分で埋めます。
   溝を掘って埋設します。


□ 工事は順調に進んでいます。



2010年9月14日 006


□ 窓も取り付けられました。


2010年9月14日 003



□ 中からみるとこんな感じです。窓の位置が低いのは
  囲炉裏の周りに座り、庭が見やすくなるようにです。
  


2010年9月14日 023



□ 中の梁は集成材です。基礎が高いので
  ゆれないように、かなり太い材料を使っています。



2010年9月14日 025


□ 月の中だというのに暑いです。初めてですね夏日に近いと言うのは。
  もちろん汗ばむほどじゃありませんが。



2010年9月14日 042

 
   畑の中も秋の気配が感じられないのですが
   
   こういう気温の高い年はカメムシが居座る期間が
   長いのが特徴のような気がしますが。


ゲストハウスお風呂検討

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 定山渓の翠山亭ホテルに行ってきました。
  そこにある客室露天風呂がとても勉強になりました。

  このヒノキのお風呂に洗面台がそのままゲストハウスに
  持ち込まれそうです。(そうなったらいいのですが)


DSC02406.jpg


□ 水の排水の問題があるのでできるのは今年の終わりか
  来年のシーズン初めです。

  今作っているゲストハウスに拡張工事で追加されます。


DSC02419.jpg


  ヒノキのちょっと寂れた雰囲気がとても良かったですね。
  これなら大工さんで十分作れるそうです。



□ 料理は懐石で部屋食でした。
  創作料理でしたが、それなりにいただきました。

  朝食は普通です。

  

DSC02400.jpg



□ ロビーも昭和系のクラシックな感じでとても
  コンセプトがはっきりしていいところです。

DSC02439.jpg
    


小屋の製作(5)

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 本日の工事内容です。まだ柱が立っていません。
  ユニックが使えないので、人力で柱をあげているようです。

  大変ですね。


2010年9月7日 019


□ 小屋というのは思っているより
  出来上がると大きく感じるものです。

  拡張できるんでしょうか?とりあえずは場所は
  ここで良かったようですが。


2010年9月7日 030


□ しばらく旅行に行って来ますので
  戻る頃には壁が終わっているらしいです。
  
  この足場(2層)がある時にこれを利用して
  外壁の塗装をしたいと思っているんですが

  どうやら外されそうです。


  

2010年9月7日 005



□ やはり中古ですが3層5スパンの足場を
  買わないといけないですね。

  10数万円でしたので、業者に塗装を任せるよりは
  おつりがきますけど。



2010年9月7日 015


  今のところこんな感じです。
  遊びに来てくれる人が一杯いるようです。

  奥さんの友人とかが来ます。親戚は招待したく
  ないんですね。

  新しい交友関係を作る場合のみです。
  親戚に冷たい私ですが。


  それでは一週間くらい留守になります。

スズメバチの巣撃退

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 姪が遊びにきていて
  おじさんスズメバチの巣があると言われて

  びっくりしました。みたらかなり大きいじゃありませんか。

  じゃ頼むねおじさんと言ってこともなげに子供を連れて
  虫取りに行ったのでした。(汗)


2010年8月15日 016

  ちょうど軒下のところに
  スイカくらいの

  しかも確かに、大ではありませんがスズメバチです。


2010年9月4日 024


  工事関係の業者さんも見にきましたが
  驚いていました。

  でも手伝いますかとは誰も言ってくれません。おいおい。



□ しょうがないので撃退の用意をすることにしました。

  方法は簡単です。5mくらいの棒の先に殺虫剤を取り付け
  下から紐で引くと

  殺虫剤が噴霧されるようにするだけです。

  でもせっかく作ったのに写真がなぜか
  写ってませんでした。(悲)


2010年9月4日 032


    この先にジェットスプレーの殺虫剤をしっかりと
    ガムテープではりつけソフトロープで引くだけです。
    
    押しボタン式の殺虫剤では無理ですが
    レバー式なので簡単です。


□ もちろん
  大事なのはスズメ蜂に刺されないことです。

  そのためにこの暑い中
  冬のカッパを着こんで、しかも頭にはネットをかぶり

  どこから逆襲されても刺されない準備をします。
  これができれば、もう安全です。


  スズメバチの巣をしとめるには入り口に
  このジェットスプレーの先端を突っ込み

  巣の中に殺虫剤を吹き付けることです。

  しかし、良く見ても蜂の入り口が分かりません。
  しょうがないので

  殺虫剤の缶ごと巣の壁をぶち破って入れることに
  しました。

  そうしたらやはり20匹くらい飛び出してきましたが
  旋回するだけで攻撃してきません。

  4mくらい離れると分からないものなのです。
  

□ スプレーを1本くらいたっぷりと吹きつけ
  棒の先端で巣を壊してやりました。


2010年9月4日 028



□ 残った殺虫剤も壁に塗布しておきます。

  外遊中のスズメバチも巣に戻ってきますから
  殺虫剤を残しておきます。


2010年9月4日 031


  はっきり言って殺虫剤があるからできるので
  それがないのに巣を壊してはならないでしょうね。

  それよりもなにより、完全防護でさされても平気なように
  着込んでから駆除してください。

  周りの人は人の苦労も知らずに
  普通に仕事してました。

  僕は正直今回は焦りましたね。
  出入りの入り口がみつからなかったからです。

  そうじゃないとその出入りのところからみんな
  飛び出してきますからね。

  ということで参考にしてください。

  スズメバチといえども殺虫剤にはかないません。





            

小屋の製作(4)

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日は基礎の上に集成材の柱を立てました。
  垂直水平の微調整が大変らしくいろいろ

  やっていましたね。計測機器に感心していました。


2010年9月4日 011


□ ここでもバックホーが大活躍でユニックがないので
  フルに動いていました。

  柱の矯正もバックホーで押していました。


2010年9月4日 003



□ かなり太い材料です。
  出来上がりは興味あるところですが

  思ったより高さがあるので、自分で塗装する私としては
  この高さは恐怖です。


2010年9月4日 005



□ 木材が基礎に入るところは

  できれば防腐塗料を塗りたいですね。それを
  言ったら、どうぞと言われたので

  組みあがるごとにかってにキシラデコールを
  塗っています。


2010年9月4日 008



□ 建物がドンドン
  上に伸びていくのって

  面白いですね。建築業も面白いかも知れないと
  思いました。


2010年9月4日 019


  子供の時のこれを見ていたら
  建築関係に進んだかもしれません。

  夢があっていいですね。

  


小屋の工事(3)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 基礎工事が終わり
  木材の搬入が始まりました。

  でも、傾斜地を登れません。重機で引っ張りあげましたが
  断念しました。やっぱりだめかとみんなが思ってましたが

  重機があるので資材の運搬はできました。


2010年9月1日 017


  建築の人はみんな重機が使えるんですね。
  運転は僕よりうまかったですね。


2010年9月1日 026


□ 木材は全て加工済みです。
  集成材を含めてもう一台分あるとのことです。

  
2010年9月1日 044


□ 日中の温度がまだ30度近いです。
  日陰にいても蒸し暑いのが分かります。

  早く涼しくならないと疲れてきますね。
  花はやっと咲き始めたひまわりです。

  
2010年9月1日 042


  この時期まだ紫の花のほうが涼しげでいいですね。
  なんという名前だか忘れました。つぼみのまだ濃い

  紫のところが綺麗ですね。

  

2010年9月1日 031