森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

エンレイソウを移植しました

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ エンレイソウの種類が何種かありますけど
  それを移植しました。

  そうしないと草刈をしているときに
  誤って刈ってしまうんですね。

  だから一箇所に集めています。


2010年6月27日 067


□ 10本くらい誤って切ってしまいました(涙)
  今の時期はもう刈ってもいいんですけどね。
  
  とりあえずは場所の移動です。


2010年6月27日 001


□ まだまだ草刈は続くな~

  まだ半分も終わっていない(汗)

  大好きな草刈ですが、やはり早いうちにすべきですね。

2010年6月27日 076


  でもね、こういう林の中を草刈するのは
  冷風があって気持ちいいんですよね。

  疲れてくると、林の中に入って草刈を続けます。


初めての宿泊作業

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□今年になって初めて泊まりました。

 もう草ぼうぼうで背丈が30cmになってました。
 さすが朝から草刈でのべ2日間で12時間くらい

 やりました。でも、全体の3割も達していません。
 あと元に戻るには相当かかります。(試練)


2010年6月27日 002
       
       ↑before(完全に野原状態)


2010年6月27日 013

       ↑after(これが普通の庭)


     いやー参りました。何しろナイロンコードの刈払い機で
     やってもすっごい絡みつくので、仕事になりませんでした。

     チップソーでも同じです。



2010年6月27日 043


     あやめ、カキツバタが咲いていますが
     いい形していますね。

     

2010年6月27日 033


      3種類のアジサイを移植しましたが
      枯れないのはこれだけです。

      でもこれが一番好きです。
      これが庭一面に咲くというのは難しいのでしょうか。


2010年6月27日 016


      ということでやっと
      手入れが始まりました。

      明日から3日間雨が降るということで
      ぼさぼさに雑草が伸びる前に

      刈って来ました。(まだほとんど残っているけど)



2010年6月27日 028


      この間植えた花の種が

      発芽しました。中には一袋に5粒という
      花の種がありましたが

      それは雑草なのか花なのか目下わかりません。
      もう少し大きくならないと。

      でも楽しみです。

耕運機も順調

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 花畑を作るときも耕運機をかけます。
  他の雑草の根をとれるし

  でも何十年とやっているのに未だに畑から
  大きな石がでてきます。

  どうしてでしょうか、下から沸いてくるのでしょうか。


2010年6月12日 030


□ ホオノキです。間違って伐ってしまったのに
  ちゃんと枝がでてくるんですね。

  ホオノキ大好きです。見るからに異様ですね(笑)


2010年6月12日 018


□ まだ草刈していません。今年はさぼり気味です。
  何しろまだ宿泊していないのですから。

  全部日帰りです。なので知らない野草も増えてきています。
  

2010年6月12日 042

  
   この土地は増えるとなると一気に全域で
   増えてきます。どういうことなんでしょうか。

   
   北海道は梅雨がないとはいえ
   普通の季節に比べて雨が多いです。

   これが終わると雑草が勢いづきますので

   そろそろだな。刈払い機動くかな?








家庭菜園からガーデニングへ

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 今年から家庭菜園をやめました。

  庭の真ん中に100平方mの菜園がありましたが
  今年からやめました。

  母が高齢になったのもありますが、野菜を作るのが
  大変に思えてきたからです。

  なにしろ鹿の防御するために単管とネットで
  囲んであります。

  それに耕運機でならすのも丸一日かかります。
  
  野菜を作っていることで毎週かかさず面倒をみないと
  いけません。


2010年6月12日 024


  それでいて野菜は買ったほうが安いんですね。
  僕の家は花屋さんから月に数千円の切花を買います。

  だから野菜をやめて花を植えたほうが良かったんです。


2010年6月12日 044


  これで本格的なガーデニングのデザインができる
  ことになりました。

  今回はとりあえず種を植えてみました。9種類くらいですが。


2010年6月12日 045


  これで本格的なガーデニングができることになりました。
  さあ、頑張ろう!

  家庭菜園ファンの方、申し訳ありません(涙)


2010年6月12日 034


  花が咲けば虫も蝶もでてきます。
  撮影しようにも蝶が羽を広げてくれませんでした。

  なんとなく見ていると平和な気持ちになって
  写真をとるのをやめました。


春もみじ

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 初夏を迎えるのに
  今頃、春もみじというのは

  遅いのですが、裏山は色とりどりの新芽に
  なっています。


2010年6月6日 021


□ 沢は雪解けの水が流れてくるので
  豊富です。良く見ると日本ザリガニが

  作ったような穴が開いています。
  そろそろ活動しているんですね。


2010年5月30日 068
  

□ でもそろそろタンポポを刈らないと
  だめなんでしょうね。でもどんなことをしても

  増えますけど。それにタンポポの場合は年に数回
  咲きますから、大変ですが、頑張らないと。



2010年6月6日 010

  タンポポっていい花ですか
  悪い花なんでしょうか?

  その辺が良く分かりませんね。







チューリップ満開

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 春の妖精達が終わるとスイセンとチューリップの順番です。

2010年6月6日 001


□ チューリップってどういうふうに撮影するのでしょうか
  日に当たって透ける感じでしょうか。


2010年6月6日 036


□ そのほかにもオオバナノエンレイソウです。もう
  全花、満開ですね。


2010年6月6日 041


   花って何もしないでも毎年ちゃんと咲いて
   ちゃんと増えていくので、いいですね。



Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

雪による小屋の倒壊はこれ

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

□ 倒壊とまでは行きませんが、これからお見せします。

  まずは冬の写真で一杯雪が積もっています。


2010年1月31日 033

  すでに1月でこれだけですが1m50cmくらいでしょうか。
  推定で2mは超える予定です。



□ 2月の暖かい日に雪が落雪しました。
  でも木立にはさまれたわけです。

  その水平分力が小屋を横に押したわけです。
  イメージとして分かりやすいでしょう。横に押していますね。

  

2010年2月25日 002

  落ちきればこういうことはなかったのですね。


□ 慌てた業者はとりあえず、これ以上ひどくならないように
  補強をしていきました。完全な補修は雪解けとともにしますと

  いうことで一旦ストップです。


2010年4月4日 014


□ この間、いろいろな修復のための検討がなされましたが
  レバーブロックで引っ張るということで結論が出されました。

  赤い▼のところがチェーンです。コンクリの床にアンカーをもうけ
  一方の端にフックをつけ、対角線上に引っ張ります。


2010年5月21日 004


  目を離している間に、引っ張りきり
  簡単に元に戻してしまいました。

  こんな簡単だとは思わなかった。簡単に戻ること自体
  おかしいような気がするけど。


□ あとは壁全体にOSBをはり、天井には金属のカスガイみたいな
  ものを4コーナに取り付けました。木材でも補強です。



2010年5月30日 098


  今回は全て業者さんの無償の修理です。
  特に契約書はなく、履行するかどうかは

  業者さんの善意によるでしょうね。

  また数年後にこうなったときには無償修理が
  してもらえたかも疑問です。


  どちらにしても、シーズンの途中に何度も足を運んで
  数度は雪下ろしをしていたから、これで済んだものです。


  そうでなければもっと被害が大きかったでしょうね。
  修復できないくらいに部材が損傷していれば難しいです。

  だから、僕は猫に餌をやるために
  毎週行ってましたが

  猫のおかげで倒壊が免れたかも知れないと
  猫に感謝しています。