森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

道路の除雪ができつつあります?

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 入り口がこんな感じです。幾分広くなって車を止めやすくなりました。
  でもまだ入り口に置いているだけで、車で進入は絶対に無理です。
  埋まります。


2010年2月27日 050



□ かなり掘りましたが、いったいあとどのくらい地面まであるのでしょうか?
  たぶん30cmとかなら、かなりいいのですが・・・
  (まだ、かなりあるんでしょうね!)


2010年2月27日 055

       地面が出てくれば車で直行です。



□ あと雪のシーズンはたっぷりと2ヶ月ありますけどね。GWまでありますよ。
  そうなると、行って何をするのという話になります。(もう言われている)

  思案中です。猫はもう暖かいしルンルンだと思いますが。


2010年2月27日 073


   子供たちが来てソリをしていきますが、(いい大人も含めて)
   北海道の人間としてはソリは満足しませんね。
  



□ やはりボードっぽいですね。この雰囲気は。中年ボーダ現る!



2010年2月27日 021


 
□ 以前にスキークラブに入っていましたから、競技にも出ていました。
  でもこの雪はスキーじゃ無理ですね。圧雪していないで融け始めて

  いるので、スキーでは刺さりすぎます。ボードのほうが滑っていく
  んで面白そうです。この間の外人も、この上から滑って来たいと言

  っていた通りです。



2010年2月27日 028


  
   一揃い買うのは、面倒なので(できるかどうか分かんないし)
   とりあえず安いものを買って、長靴で代用するわけにはいかない

   ものでしょうか?(子供の頃のスキーは長靴でした)

   とにかく、ちょっと楽しみたいです ♪

   (スノウモービルを勧める人がいますが、うるさいし、森の動物達
   を怖がらせるので絶対にしません)



   PS:鹿をトナカイのように飼いならして、ソリを牽かせる
      というのはどうでしょうか。食べるのは反対!

土曜日に行ってきました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 行ってきたといってもまた除雪です。一度除雪しても次には
  また同じだけ積もっています。

  なにしろ、除雪するとくぼみになるので、風で飛ばされた雪が
  そこに集中するわけです。

  それはいいとしても、この間プラス7度くらいになったもの
  ですから広範囲に融けました。その後マイナス10度になった

  ので雪が締まってくれました。スノウシュー無しに歩いてみま
  した。


2010年2月27日 057





□ 裏の山に行って見ました。まだ松ぼっくりがありました。蝦夷リス君は
  喜んで食べると思っていましたが、食べないんですね。


2010年2月27日 043


         なんとなくかわいいでしょう ♪




□ 上のほうの山です。ドンドン歩いていけましたが、途中で吹き降ろしが
  あって天候が急変してきましたので、急いで降りてきました。

  2010年2月27日 044


       降りてきたら晴れてきました、変わりやすいですね山の天候は





□ 久しぶりでツララ会いました。昔は札幌の家でもみんなの家にツララが
  ありましたが、今はめったに軒先に見られなくなりました。断熱効果が

  良くなったので、家の中の熱が外に逃げなくなったからです。そのため
  融けないのでツララができることが少なくなったそうです。


2010年2月27日 041



    この中に何かの動物がいた形跡がありました。
    なんだったのでしょう?





□ とにかく気持ちの良い一日でした。でもどうして森の生活が面白い
  のでしょうか?

  それは働くからですね。今日も腕が動かなくなるまでベランダの除雪
  してきました。ただ、写真を撮りにいっただけならつまらなかったか

  もしれませんね。やっぱり体を動かすからですね。一杯体を動かして
  一杯いい空気を吸ってくると、行って良かったなあって思います。


  本当にあと半月です。3月の中にはもう雪が降らなくなります。
  もう少しの辛抱ですね。











いい天気です

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

□ 全国的にいい天気ですね。
  もう雪も重くなって、いかにも春の雪になってきました。

  羊蹄山もしっかりと峠から見えます。ピーカンですね。
  

DSC00006.jpg




□ 中山峠の山頂です。午前中ですが車がいません。観光バスが1台あり
  ました。朝早くは道が凍結しているから遠慮するのもあるのですが

  車が少ないですね。それもスキーを積んだ車なんか1台も見ていませ
  ん。それは驚きです。スキーをする人が少なくなりました。


DSC00009.jpg



□ いつもの通り、入り口がふさがっているので、路肩に止めます。

  そうしたら、1台の車が30m先からバックで近づいてきました。

  「車が落ちたんですか?」

  「あ!いいえ違うんですよ」

  「この辺にいるものなんですよ」

  「ああ、そうですか写真でも撮られていたんですね」

  「わざわざご心配かけましてすみません」

  「いいえ、じゃ~・・・・」


DSC00085.jpg



   と、いいながら去っていく30代中ごろの男性の車をパチリ

   北海道ではこういうふうに路肩に脱輪する車が結構いるん
   ですね。それで牽引用のロープをみんなが積んでいます。

   僕もトランクに入れていますが、わざわざ車をバックして
   助けにくる人は少ないです。親切な人ですね。

   困ったらお互い様です。






   

明日はプラス7度もあります

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 明日は+7度くらいに気温が上昇します。札幌でも喜茂別でもそう
  らしいです。暖かいですね。

  何も7度ごときで喜ぶこともなかろうと本州の人は思うでしょうが
  あたりは一面銀世界で、このあいだは-20度もあった世界ですよ。

  パウダースノーが敷き詰められていて、なおかつ気温が7度もある
  というのはミスマッチなのです。ですから、明日は行ってきます。
  (会社は休んで)
  



DSC00035.jpg



□ 上の写真ですが、あとから分かりましたさすが一眼レフの1200万画素ですね。
  良く見ると、木の根元から足跡がでています。たぶん~、猫ですね。


catalive.jpg


   
      猫も他の動物から襲われます。キタキツネとか猛禽類が空から狙っています。
      一度、空のほうから「ギャー」という鳥の泣き声がしたかと思うと、猫は慌てて

      身を隠したことがあります。猫でさえも油断すると捕食の餌食にあうわけです。
      それで、定期的に住処を変えているわけですね。



□ スノウシューでブルが埋まっているところに行ってきました。
  もう姿・形も見受けられません。ここに池ができる予定でいます。


DSC00029.jpg


  池ができてもスケートは無理ですね。積雪が多すぎて雪を払わないと
  いけないですからね。もともとスケートは寒くて氷ができて、雪が少

  ない所じゃないとだめなわけです。ですから釧路とか苫小牧とかが盛ん
  なわけです。 


  こんな深雪の場所ではどうしたらいいでしょう。
  5月のGWまで雪がありますよ♪

  エンジン持っていますから、何か作ればいいわけですね。
  雪面を滑るか、空を飛ぶか・・・・・

  そろそろ飛びますか?・・・・・



川に行ってきました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ スノウシューのおかげでどこでも歩き回れます。それで初めてですが
  川を見てきました。僕は釣りをしないので川に行くことはあまりあり
  ません。

  今回は冬の川なるものを探検してきました。(といってもすぐそこで
  20mも行けば川です)


DSC00078.jpg


  そうしたら、川に沿って猫の足跡がついていました。よほど川とか沢に
  好奇心をそそられるのでしょうね、盛んに足跡がついています。

  生まれて始めてみる、奇妙な風景なんでしょう。どういう思いで歩いて
  いるのでしょうか。猫にも綺麗だと思う感覚があるのでしょうか。
  (自然に癒されている猫・・・)

  タヌキや狐、鹿なんかはこういう歩き方は絶対にしません。餌を探す為
  だけに歩きますから。景色をみている暇というか余裕がないんです。




□ これは夏の時の写真です。こんな感じなんですね。夏は。

21年7月12日 013




□ 反対側のほうを見てみます。水は少ないです。川底は歩いて渡れます。


DSC00079.jpg




□ この場所の夏の写真です。まったく違います。木が生い茂って
  いて橋があるのさえ分かりません。



21年7月12日 011


  魚は岩魚とカジカがいます。この時期は寒いので冬眠しているはず
  ですが、いつまで寝ているのでしょう。

  僕の池にいたときは(サギに食べられる前)5月の末まで冬眠して
  いました。かなり、のんびりしているんですよ魚って。



カメラバッグ買いました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ カメラを買ったのでバッグも買いました。交換レンズがあるので
  ちゃんとしたバッグじゃないといけないんです。そもそもフイルム

  カメラを持っていた時代にもカメラバッグを持っていませんでした。
  大人になったので買えることになりました。

  どんなバッグでしょう。↓



白熊


  し、しっろくま!どういう関係があるんだ?
  バッグ、まさか?熊製か?

  (良く見てください黒帯のところを・・小さくナショナルジオグラフィック
  とあります。略してナショジョです。



□ そうです、「ナショナルジオグラフィック協会」の編纂で作られたカメラマン
  御用達のカメラバッグです。



DSC00108.jpg



□ なんか購入しただけでいいことをしたような感じがしますね。
  そんなに高価なものではありません。麻の布でできていて

  自然にやさしい素材で作られています。


DSC00106.jpg




□ 金属部品は真鍮でできていたり、それとなくこだわりが見受けられます。
  使い込んでくると愛着がわいてくるんでしょうね。


DSC00110.jpg

  

□ 中でも一番驚いたのは、説明書のタグですが、普通ならナイロンの
  紐でくくられていますが、紙で撚って作った紐で縛ってありました。

  どこまでも天然素材に拘っています。そこまでするのかと感心しました。
  自然を大切にしようとする人達の気持ちが伝わってきます。

  それがカメラマンであるというのがナショジオのすごいところですね。
  だからこういう写真が撮れるんですね。写真はその人の心を写すもの

  です。勉強するのはそこからなんだといつも思うようにしています。



DSC00101.jpg







やっと天気に恵まれ始めました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 日曜日に行ってきました。まちに待った2ヶ月ぶりの晴れ天気です。
  (しかも幸いにして予報が外れました、いいほうに)


DSC00062.jpg




□ まだカメラには慣れませんが16:9で撮影しています。(注1)
  どんなものなんでしょう。そのうちなんとかなります。


DSC00020.jpg




□ たった一週間なのにもう30cm以上も積もっていました。
  本当に雪の多いところですね。それでもスノウシューのおかげで
  除雪しなくてもホイホイ歩けます。(初めてです♪)


DSC00047.jpg



□ スノウシューを脱いで歩いて見ましたが、最初の1歩でコケルほど
  埋まりました。すごいキキメです。これで森の動物達と互角です。


DSC00076.jpg


   おにぎりとお茶を持っていって歩きまわりました。マイナス5度
   位でしたけど、動いて汗ばむほどでしたから、おいしかったです。

   でも、下に敷くものというかお尻が冷たくならない、グッズがない
   とくつろげないですね。(山歩き完全初心者モードです)



   来週からずっと日中プラスの天気が続きます。(2ヶ月待ち望みました)



  
   注1)普通のカメラは横縦比が4:3です。でも最近は
      印画紙に印刷しなくなりましたので、縦横比を16:9
      (ハイビジョンテレビ)やパソコンモニターの横長比率にす
      ることも普通になりました。僕は印刷しないのでこの比率
      で初めから撮影します。



スノウシュー買いました

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 前回の赤っ恥のカンジキを反省して、スノウシューを買ってきました。
  しかも2種類あるうちの大きいほうです。値段も1000円ほど高かった。


2010年2月14日 001


    歩きやすいです、それにかかとが浮くんですね。知りませんでした。
    少しだけですけど歩いてみました。どこへでも行けそうですよ。


□ これが前回のカンジキで、一度履いただけでゴムが切れてしまいました。


21年12月3日 003


□ ディバッグも買いました。ネットで1100円。申し分ありません。
  両サイドにペットボトルが2本差し込めます。


bag2.jpg



□ これで真冬でも裏山のほうまで登れそうですね。5月の春しか登った
  ことがないんです。夏は逆に笹が茂って登れません。

  

H1305GW010.jpg


              問題は体力ですね・・・・?

         

□ それと帰りはどうやって滑って降りてくるかです。




デジイチ(デジタル一眼レフ)買いました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ デジイチ買いました。実はソニーのアルファ700の後継機を
  待っていたのですが、なかなか現れないので、550を買いました。

  だいたい、昔から一眼レフを持っていて交換レンズを3本を持って
  いるのに、ず~っとバカチョンで適当にやっていたわけです。

  それもムービのおまけについているものですが。ちゃんとやる事に
  しました。下の写真です。



camera 019

        
          これを撮影したのはバカチョン!




□ これはデジイチで最初に撮影した写真です。あんまり変わらないでしょう。
  ピンとも合っていませんね。



DSC00002.jpg


    先が思いやられますね?


除雪に行ってきました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 日曜日に行ってきました。10時出発の14時帰宅の「お気楽コース」
  でした。本格的にはもう少し気温が高くならないとだめですね。


2010年2月14日 012


                次第に階段がゲレンデのようになってきました。



□ だいたい先々週より40cmくらい積もったでしょうか。
  いつ行ってもこの位は新しく積もっています。


2010年2月14日 014


□ 猫は生きています。その辺を歩いていますから。国道のほうにも
  出てきているようです。またキャットフード2.5kgを置いて

  きました。でも、かなりの動物が入り乱れてきているようです。
  4種類くらいの足跡ですね。ブルの中には蝦夷リスのウンチも

  あります。みんなでキャットフードを食べているんじゃないでし
  ようか?野生動物にえさを与えるつもりはありませんが、よって

  たかって食べているようです。(熊はいなくて助かった・・)



2010年2月14日 015

   
         これは猫です、それぞれ歩幅が違うのですぐにわかります




□ もういい加減に暖かくならないですかね、ブルで道路を除雪していますが
  寒すぎるので、雪が締まらないんです。普通は数回走るだけで、重みで固

  まるのですが、粉雪のままそうならないんです。ブルでさえも今回は4度
  くらい運転していて埋まりそうになりました。でも、大丈夫ですよ慣れて

  きましたから、めったなことはありません。もう昨年から合計して10km
  くらい除雪した計算になります。10kmですよ。フゥ~。



2010年2月14日 030


   春の兆しが感じられないこともないんですけど・・・(そうだろうか?)
   プラスの2度にもなれば、道は完全に融けて運転しやすくなります。

   上の写真は外気マイナス5度くらいあります。路面温度でもマイナス
   だと思います。でも塩カリ(凍結防止剤)まいているので凍らないんです。


   道が良くなると心配事がひとつ少なくなりますね。


   でも、マイナス30度まで目盛りのある寒暖計を買ってこないとだめ
   ですね。(マイナス20度までしかないよ)

   







氷点下28度以下到達

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 先日はマイナス23度に驚きましたが、昨日13日の朝はなんと
  マイナス28度になったそうです。喜茂別よりさらに標高が高い

  ので僕のところはマイナス30度にはなっているかも(汗)
  さすが、この低温状態でいることは未経験です。ですので昨日は
  ×、今日も現地に行っていいものかどうか、迷っています。

  朝の一時間くらいに急激に気温が下がるんですね、日中はマイナス
  5度くらいですから、気温差が23度もあるわけです。

  そんなに寒いところなんですね。(冬はクローズしていたので気に
  もしていなかったのですが)



俯瞰図1


   僕は札幌の南区に住んでいます。ここからちょうど50km西南に
   行ったところが現地です。グーグルアースの写真がちょうど冬なの
   でいかにも寒そうですね。



俯瞰図2


   25km行ったところに定山渓温泉があります。札幌の奥座敷とい
   われていますが、近すぎていったことがありません。もっぱらビジ
   ネスの懇親会ようです。ここから峠に向かいますので、道が傾斜し
   ていきます。



俯瞰図3


   そこから10kmほどで山頂に到達します。ここから晴れた日は
   羊蹄山が見えます。山頂で見えて、その後、下まで降りるのに計

   5回見えます。知ってましたか?


21年11月24日 005



□ この山頂から約10km下ったところに森があります。夏は景色が
  とてもいいんですけど、冬は要注意です。

  この道路は国道230号線で北海道でも一番交通量の多い大動脈なんで
  す。こんな峠越えがあるなんて意外でしょう。



俯瞰図4



  かなりの慎重な運転がいるんですよ。滑りますからABSが常に
  ガッガッと音を発しています。昔のようにタイヤがロックする事

  がなくなりましたが、スケートリンクを下っているようで、綺麗
  ですがぞっとします。
  

  この峠越えとマイナス10度の世界はどうなんでしょう。
  行くのをためらっちゃいますね。陽が射すようですと行ってきます。

 
  でもこの大動脈を常に除雪してくれている人がいるからです
  こうしてちゃんとドライブできるのは。




  このあいだ雪祭りに行って、妙に感動した看板がありました。
  この人達のおかげです。冬将軍と戦ってくれているわけですね。
 
  ↓


冬将軍


   頼みますよ・・お世話なります。

札幌雪祭り

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 最終日なので久しぶりに行ってきました。山のほうの天気が
  回復しなかったので、街にいくことにしました。


2010年雪祭り 002


    地下鉄で行きます。地下鉄といっても僕のところは地上に出ているので
    窓から外の景色が見えます。いい地下鉄です。南北線といって最初に
    できた地下鉄で、定山渓鉄道という線路の跡地に沿って作られました。
    




□ お目当ては「北の動物園」といって旭山動物園と札幌の丸山動物園の動物達
  の雪像です。いますね♪ 見たようなものが・・・


2010年雪祭り 006


□ その中でも、この白熊の目です。これが見たかったんですね。中がくりぬいて
  あって、黒目にしています。とっても表情が良くででいますね。


2010年雪祭り 010



□ アップするとその透明感さえも伝わってくるようです。


2010年雪祭り 011

  
    これを作った人は目の中の白い部分が取れないように、毎日祈って
    いたでしょうね。




□ 雪ヒョウ君も頑張っていますが、ちょっと違うでしょう。やはり目が普通です。


2010年雪祭り 012



□ 動物を見にいきましたが、牛さんもいました。


2010年雪祭り 023


□ ネズミもです。



2010年雪祭り 042



   どこも寄らずまっすぐに帰宅しました。

春のアウトドアライフ

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ 春には山野層がどのくらい増えてくるのかが楽しみなんです。
  正真正銘のナチュラルガーデンです。

  これが見たいので草刈をしているくらいです。
  生えてくれるならどこまでも草刈します。


  
21年5月10日 059



□ どうすればもっと増えるのかはわかりません。肥料なんかを与えることは
  ありえません。生態系が狂うのでしません。 


21年5月10日 032




□ 何もしませんが、雑草を刈ってやるとそこに増えてきます。
  雑草の生命力の強さに負けているんでしょうね。
  (ちなみに雑草という植物はないことになっていますが
   花の咲かないのは、雑草扱いにしています)

21年5月10日 035




□ エゾエンゴサクも同じペースで増えてきてくれます。
  もっと早く増えてくれないでしょうか。1万坪くらいを希望しています。


21年5月19日 042



□ どうですか、見ているだけでもう春ですよね。喜茂別は雪が多いのですが
  日照時間が長くなれば、みんな雪を割って芽を出してきます。

  チューリップもそうなので、5月の残雪の上は歩いてはいけないことに
  なっています。雪の下は芽が一杯なのです。



21年5月14日 052




   森の中では動物も植物も大切にしています。猫も!



cats.jpg


             君たちも森に行ってこい!!「ニャーだ!」




2月はもう春だ!

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 春が待ち遠しいので、2月は春ということに決めてしまいました。
  ただ雪があるというだけで、気持ちはもう立派に春です。


  雪に全部が覆いつくされました。ごらんのように沢もです。


2010年1月31日 044



□ これは昨年の秋です。見て分かりますが笹だけが枯れないで青々し
  てますでしょう。これでも周りはみんな刈っていて、残っている
 
  ところなんです。(もちろん~今年も刈り続けます)


21年11月9日 041




□ 北海道の自然はこうでなくちゃ~♪(下の写真をごらんあれ)
  とっ・・思いつつ・・・

  見るからに、ため息がでてきますが、冬の厳しさに比較すれば
  草刈くらい、なんということはありません。


CK061_L.jpg


       もう、心の準備はできました!!(パチパチ)



来週から天気好転

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 札幌は雪祭りが始まりました。
 (久しぶりに行こうかな・・・・?)

  でもこの数日はさすがに寒かったです。家でも会社でも水落としを
  しても凍結していました。トイレなんかお湯をタンクの中にいれて

  やったら、どばーっと融けて水が出てきました。トーチで水道管を
  火あぶにしたり、あの手この手です。


□ さて、いよいよ喜茂別も日中の気温が、2度とか3度とかになって
  きました。プラスです ♪(昨日マイナス20度まで行った)

  連続して「晴れマーク」も出始めてきたので、気を入れ直して除雪
  ですね。


2010年1月31日 069

     しかし、ブル1台では無理ですね。ブルは押すだけですから



□ そこで、昨年の終わりに格納しておいた、バックホーを動かさないと
  だめになってきました。

  でも、バックホーってキャタピラがフラットで滑りやすいんですね。
  商売人はキャタに溶接で爪をつけるんですが、そんなことは想定して

  いません。でも使えるものならば使いたいぞ~。


21年12月1日 035




□ それには、まず掘り出さないといけないけど、掘り出せるものなんで
  しょうか?

  もう、そろそろ極寒とはいえ、泊まってこないと余裕もって仕事が
  できないかもしれませんね。そのときはマキストーブの前で、布団

  に包まって寝るんでしょうか・・・・




2010年1月31日 062


       埋まっているバックホー、↑と比較してください





□ やっとこれで冬も終わりですね。(えっ!これから?)

  機械さえまともに動いてくれればなんとかなります。






積雪深し

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今日は札幌で-11度くらいでした。もうこれが限界ですね。
  でもこれが最低で、これから暖かくなります。

  山のほうではまだまだ極寒が続きます。


21年10月5日 161

           寒いだけではありません、もっと雪が積もります。



□ だいたいどれくらい積もってきたか分かりますね。1m30cmくらいでしょうか。


2010年1月31日 033



□ この間、小屋に行くのにブルで畑の真ん中を突っ切って行こうとしました。
  でも、下に何があるのか分からないので、思いとどまりました。

  いつも、忘れていて、何かをつぶしてしまいます。


2010年1月31日 054



□ まったく、何も分からない状態になってきますので、来年は竹竿みたいなもの
  で印をつけておかないと、次第に危なくなってきました。(以前は自動車・・)
  
  下は昨年の11月です。



21年11月3日 007


              バードテーブルを踏み潰しそうです。

猫は生存しているかも知れない?

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 先週行ったときに餌を2.5kg置いてきました。
  もしそれを食べていたら、きっと生きていると思います。


IMGA0263.jpg


  寝泊りしているのはこのブルの中です。座席の暖かいところに
  布をしいてあげていますから



□ 今週行ったときには、ウンチがありました。猫かどうかは定かでは
  ありませんが。キャットフードを食べているウンチです。

  猫だとしたら元気だという証拠です。10数個ありました。猫は
  1日に1~2回ウンチします。あれから一週間たっていますから

  1週間分だということです。餌を与えたからウンチしているんです!



2010年1月31日 030



□ でもたった一週間で2.5kgは食べすぎです。普通なら一ヶ月分でも
  おかしくないのに、完全に先週分がなくなっていました。

  だから、家猫と違い、餌がある時は夢中になって無理しても食べているん
  じゃないでしょうか?

  


2010年1月31日 028


   この足跡は猫です。ルートで分かります。
   そのほかには鹿の足あともありました。もっと歩幅のあるものも・・・



□ ああ、春にならないですかね!!そうすれば雪かきの心配も、猫の心配も
  みんな消えてなくなるんですけどね。春が待ち遠しいです。

  春になってエゾエンゴサクの中でうたた寝する猫の写真が撮影できる事を
  期待しています。(夏はひまわりの中で昼寝していた)



2010年1月31日 018






  

雪国のセッピについて

Posted by エバー on   1 comments   0 trackback

□ 雪庇(セッピ)といいます。
  下の写真は小屋ですが、雪がオーバハングして恐ろしい状態になってます。
 
  ひぇ~!!

  危ないですね。上から落っこちてきたら怪我します。


IMGA0250.jpg




□ でも裏はこうです。何にもありません。(まったく違います)


2010年1月31日 061




□ 原因は風なのだそうです。建築屋から聞かされました。つまり南側から
  北側に向かって吹く風でこうなるそうです。




□ 本当ですかね?何でも疑うことは科学の始まりです。
  母屋を見てみましょう。



2010年1月31日 027




□ この母屋の北側はそうすると風で雪庇になっているのでしょうか?



2010年1月31日 039


  
   なっていますね。

   夏の間は海風と山風が交互に吹きますが
   冬はどうなのでしょう?


   一方向だけでしょうか?とりあえずは真実は
   別にしても、今度建てる小屋については

   雪庇については考えたほうがいいでしょうね。
   雪の庇(ひさし)らしいです。

   へぇ~・・・・・



□ 無理して冬にも出かけていますが、そのおかげで知らなかった冬の
  現象も少しは勉強になっているみたいです。

 「森のアウトドアライフ・冬編」もまんざら捨てたものじゃないな。