森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

森の中の景色は朝が最高

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 朝が最高ですね。
 
  どうしてかっというと、朝日が横からくるので、立ち木の陰が
  地面に伸びます。都会ではなかなか拝むことにない景色ですが

  綺麗ですね。鳥も鳴いていますから、思わず外にカメラを持って
  飛び出します。

  夕方も同じです、同じく綺麗ですが朝のほうが爽やかです。
  

21年8月30日 017


     ほらね♪ いかにも森の中らしいでしょう!森の中全体が
     こういう風になるのですから、それはとても綺麗なものです。





□ 日曜日の朝は8時ごろから仕事をします。NHK BSで「素敵にガーデニング」を
   見るからです。今週は珍しく海外ロケでドイツに行っていました。

   写真は犬が引っ張る、枝集めの荷車です。
   もちろん、枝が満載になって重たくなれば、人間も押すらしいです。

   「実はこんなの欲しくて!!前から。どこか田舎に行って、使っていない
    馬車とかを譲ってくれる人いませんかね?」



21年8月30日 015



                  絶対に、自分のところに欲しい・・・・   

                  作るのは嫌!勘弁して、それだけは




□ 今日の花

   この間、とりあげた「カスミ草」です。

   良く知らないのですが宿根草だったのですね。
   大好きですこの花。このカスミ草だけでは、目立たないのですが

   一緒にすると他の花を引き立てますよね。特に赤いバラとの組み合わせ
   なんか、最高の組み合わせですよね。



21年8月23日 103



□ ケシ科のポピーですが、綺麗ですが毒ドクしいです。

21年8月17日 007



      ケシ科とカスミ草ってあわないですね・・・・

小屋の塗装色試し塗りです。

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ キシラデコールという塗料6色を注文していました。
  今日、試し塗りをしました。

  それでも、6色みんなだめで、もっと透明なものに決めました。
  それは注文していなかったので、追加です。

  最初は透明に近い色で、やがて木材は日光で変色していきますから
  それに応じて、濃い色に塗りなおしていくわけです。



21年8月30日 119



□ 色に関してはうるさいです。下の試し塗りで一番
   右上の「ビニー」でさえ、すこし濃すぎました。
  
21年8月30日 118



□ 今日の花

   花のある生活っていいですね。
   今は、コスモスやカサブランカが咲いています。
   
    でもヒマワリがこれからです。ヒマワリというと真夏の花のような
    感じがしますが、ここでは秋の花になっています。

21年8月30日 047



□ でも当家では種の管理が悪いので、何の花なのかは咲いてみないと
  分からないんですね。しかも種が一緒になっちゃってこまるようになって

  きました。でも、咲いてみて思いますが、花はなくてはならないものです。



21年8月30日 048


       花を綺麗に撮影するにはデジイチじゃないと難しいですが
       バカチョンで頑張っています。



  

森の中に道をつける

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ DVD「ジブリの風景」から屋久島の鹿です。

  山から下りて来て、人里の人間に何かを語っている
  らしいです。食べ物がなくなってきたとか。

  宮崎 駿さんいわく、日本人は

  森から特別なものを感じる民族だとかです。

  オオ!そういえば感じるぞぉ!!って・・・


jiburisika.jpg




□ それはさておき、でも屋久島って美しいところですね。
  自分のところは、樹齢30年。屋久島みたくなるにはあと

  970年かかります。


21年8月16日 031



□ 先ずは「道ありき」で、さかんに道路の整備しています。
 まるで田舎の道で、待っているとボンネットバスがくるような

 道でしょう!なんならバス停でもつくりましょうか。
 自分の庭に田舎道がある風景です。大切にしています。


21年8月23日 028



□ おかげさまで、動物達もこの道を気兼ねなく使っています。

  鹿、タヌキ、キツネ、リスまでも、あと不明な生き物も・・・・・
  どうどうと道の真ん中を使ってます。


21年8月9日 017



□ ようは動物達も、変なところを通るのが面倒くさいんですよ。
 
  ホント!で、歩く動物達の生活道路にも役立っています。

  
        

 

小屋にシャッターが付きます

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日、連絡があり9月2日にシャッターが付くらしいです。
  早くしてくれないと、もう虫が巣を作っています。((T_T)

  下は普通のSUVですが、間口は楽勝の余裕です。特に高さでも。


21年8月23日 085


□ でも、ブルドーザとなると、高さで5cm、左右の幅も5cmしか
  余裕がありません。もし、走行レバーを誤ると、そこで車体が回転

  しますから、壁をバキットやってしまいます。

  車庫入れの場合、車が変形しますが、フツウ
  重機の場合は小屋が変形します。



21年8月23日 055

    車庫いれ要注意です、女性向きではありません
    右の壁を壊し、左の壁を破壊し、屋根が・・・。



□ 恐ろしい話は別にして、8月の森ですね。実に爽やかで、良く見ると
  雑草がうっすらとありますが、サンダルで散歩可能です。

  あんまり、鳥は雑木林の中はいないんですね。空の見えるところにいます。
  このあいだ池にサギがいました。

  去年もいましたが、どこから来たんでしょうかね。?

                       池を大きくすると水鳥がくるんで、大きくしたいね♪
  


21年8月23日 030



□ 今日の花

   キツリフネです。ホウセンカの仲間ですね。

   下の花弁がベロット長いでしょう。マルハナバチが止まれるように
   なっているらしいです。奥のほうに蜜があるんですが、マルハナバチ

   以外は届かないようにしてあるとのことでした。お互いに決まった相手
   とできているわけです。共進化といいますね。フウ~ン。



21年8月18日 048



札幌はまだ夏日です

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今日も現地に運搬してきました。
 どうも、札幌は今日も夏日だったらしいです。

 9月になっても昔よりはまだ夏なんですよ!!
 いいですね。で、森の中もまだ夏ティストでしょう。(今日26日の写真です)


21年8月26日 014


□ そうは言っても、着々と収穫時期はきています。

  下の写真は韓国のレタスと言われるサンチュです。(焼肉を巻いて食べる)
  サンチュのいいところは虫がつかないことですね。手巻きにも使います。

  となりのチンゲンサイはもう見る気もしないほど、虫に食べられていますが。
  (あと雑草とりはややサボっていますが)


21年8月18日 001



□ それで今年は収穫用にコンテナと手押しの台車を買いました。
  出番を待っていますが、どうも悪路にはイマイチみたいです。

  従来は、あのソリみたいなのを使っていました。積雪地帯の人
  しか知らんでしょうね。フフフ。


21年8月23日 152



□ 今日の花

   下はミントです。花が咲き始めました。生命力が強く、次第に
   領土を拡張していってます。食べるわけでもないし、いくらいい

   ニオイがしても、しょうがないですねこのハーブは。

   お茶にしようと思ったカモミールは全滅しました。




21年8月26日 018

雨の森の中

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 本日、コンクリートブロック100個を現地に運んできました。
 でもトラックが4WDなのに帰り際滑って登れませんでした。

 初めてですね4WDで、そういうことがあるんなんて。
 しょうがないので小屋の前から砕石を持ってきてタイヤの前後

 に蒔くこと8回くらいで、脱出成功しました。


21年8月25日 012

   前日の雨でぬかるんでいたんですね、ブルで引き上げても
   良かったんですが、あれが動くと道がこわれっちゃうんですよ。

   あんまり道路がゆるいときは動かしたくありません




□ その雨ですが、今年は異常です。スコールみたくザーッっときます。
  みるみるうちに道路を流れていきますが。


21年8月23日 081



□ でも森の中は平気です。バケツをひっくり返したような雨っていいますね
  しかし、このあいだドラム缶に溜まった水を倒して流したんです。

  そうしたら、ものの見事に地面が吸い取ってしまいました。ドラム缶を
  ひっくり返したような雨でもへいっちゃらです。(どんな雨なんだ一体)


21年8月23日 033



□ 落葉広葉樹が腐葉土を形成しているんで、そのためです。
  でも、針葉樹はもともと葉が落ちないので、下は地面です。

  なので土石流なんかに弱いんですね。報道で見る限りは
  あれって、杉やヒノキの植林したところですね。

  もともと根が浅いので台風にも弱いでしょう。

  林業が山を壊しているって、国は口が滑っても言えないこと
  ですね。でもね、本当のことって言わないんですよ。



21年8月23日 021



□ このあいだ古いんですけど17年度の林業白書をネットで見たんですが
  落葉広葉樹を混交林として積極的に植えると書いてありました。

  遅いんですが、少しずつは変わっていくんだなと思いました。

  森の動物達よ、これで食べるものが増えるといいね ♪



  

ゲストルームとしての小屋

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 母屋の中から見える小屋ですが、距離で50mあります。

 あの小屋に荷物を運ぶだけで、一苦労ですね。作業をわけて
 どんな仕事をあの小屋でするか、考えています。主に機械仕事ですが。



21年8月23日 090




□ 見ての通りただのガレージです。ここに宿泊するには大変に失礼なことですね。
  ある意味馬小屋ですから。


21年8月23日 138



□ あんまり僕は人を宿泊させることはありません。人嫌いではないです。
 でも、ちゃんとおもてなしできたかどうか、考えるほうなので後悔はしたく
 ないんですね。僕とお酒を飲む人は朝までと思ったほうがいいです。


21年8月23日 132


□ でも、ゲストルームというのはいいアイデアですね。宿泊を伴う
  友達に、寝るところのための特別な建物を用意することは、お互いに
  気を使わないですみます。

   ベッドルームと洗面所をつけて、寝るときにくつろいでもらうというのは
  おもてなしする側でも、便利です。今度はゲストルームを作り、一緒に

  食事する施設も用意して、楽しむというのは素敵なアイデアだと
  ひらめきました。♪



□  僕は普段は贅沢な人間ではありません。
 
   自動販売機で缶ジュースさえ買ったことがない人間です。
   我慢して家で水を飲めばいいと思うんですね。

   家ではビールを伴食しますが発泡酒です。アサヒのスーパドライ
   を飲んでいる人は贅沢だと思うんですね。(のどごしです)


□  そんな倹約家なんですが、猫にはおやつと食事にたまにレトルトを
   出します。そういうとき限って、僕の周りに集まってきます。

   ドライなら、またかというような顔をするくせに。
   
   ご主人は缶コーヒ1本も買わないのに、君達には贅沢をさせているんだよ!
  


21年8月23日 154

                  あ!そうなの・・・・




□ 今日の生き物

21年7月5日 069




  森の中にマタタビという植物があります。夏になると葉が白くなりまたピンク色に
  なるのですぐにわかります。

  僕のところにも一本だけあります。

  マタタビの実はなんでも「また旅がしたくなるほど元気に」からきているらしい
  です。だからマタタビだとか。

  でも、猫にあげると狂ったように酔い始めますよね。
  今年は、本物の実で試してみたいと思いますが。

  果たして、効果のほどはいかがなものでしょうか?



ウッドガレージほぼ完成です

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

□ 屋根ができました。色は黒です。そんなたくさんのチョイスがないので
 こうなります。本当は濃い緑か茶にしたかったのですが・・・・


21年8月23日 051



□ 小屋の後ろの土地がまだ余っています。木立があるので、好きな場所です。
 止め処もなく木の下って好きになりますよね。どうしてなんでしょうか。とにかく

 木陰にはいるとそこが一等地になってしまいます。今度は小屋の小屋を作る
 予定です。車の冬タイヤをこっちに持ってくるのでタイヤハウスを別に作るんで

 しょうね。タイヤは外ですね。



21年8月23日 133



□ 小屋というより立派な家ですから。窓から見える景色も
 なにやら、森の風情そのままです。

 ここに住みたくなりました。昔、子供の頃、森の中に入って
 自分の秘密の隠れ場所を作ったことがあります。

 あんな感じですね。



□ でも入るの物はブルドーザみたいな重機です。
  ここをね、じっと眺めていると、馬が見えてくるんですね。

  重機を止めてですね、
  そのまま馬を2頭くらい、ここに飼ってもよろしいと思いませんか?


21年8月23日 072




□ 僕の土地は国道の一箇所さえ封鎖すれば、そのまま馬が飼えます。
 もちろんターシャみたくヤギも羊も飼えます。餌の草は一杯ありますから。

 動物がいないと寂しいですよ。リスを待っていてもたまにしか来てくれ
 ませんから。


□ 今日の花

   今年植えた宿根草のひとつ、矢車菊が開花しました。
  
   この青はサファイアブルーと言って、マリーアントワネットの好みだった
   らしいですが。ピンクも同時に花が開いています。




21年8月23日 104



     宿根草のもうひとつ、カスミ草も咲きました
     土地の栄養がいいせいか、大輪のカスミ草が咲きました。

     雰囲気的にカスミ草的な可憐さがありません。
     ○○ちゃんだと思って育てたら、和田アキ子的になって

     しまったという感じです。







 

森の定点観測ですが

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 週末のみアウトドアライフですが、撮影するデジカメの枚数は
  2日間で80枚くらいは撮ります。同じところから撮影することが

  ほとんどです。どうせHDDに保存するのでバンバン撮ります。

  下の写真は毎度だしますが、クルミの15年前です。

kurumi1.jpg


□ 今はこんなに大きくなりました。クルミの数も1000個台です。


21年8月2日 038



□ 9月になりますね。(唐突に話が変わります)

  実は9月に入ってからのほうが仕事が大きく動きます。

  リスも姿を現すのは9月です。この写真は去年の9月の15日
  ですね。



20年9月15日 007


□ クワガタやカブトムシでさえも実は9月の下旬なんです。
 下の写真は去年の9月21日です。


20年9月21日 038

  
    9月は収穫の時期なので家庭菜園での人間も

    森の動物達も昆虫達も活発に動き始めます。

    
    そんなことを忘れないように、一杯写真を撮るんですね
    記録写真なので同じところから撮るようにしています。

    明日はまた現地です。






    

水車のある風景

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

□ [森の小人さん]のブログで思い出しましたが、黒澤の「夢」から
 「水車小屋のある風景」をキャプチャーしました。先ずはごらんあれ。


水車1




□ いつの年代だか忘れましたが、中央の俳優は寺尾あきらです。
 水車の3連かなと思ってました、川の両岸にいくつもあるんですね。



水車2




□ 安曇野の近くの「わさびの大農園」というところらしいです。
  行ったことなかったんですね。(^_^;)

  知っていたら、観光しているんですが。


水車3



□ 思うに、いいですね。この豊富な水の量ですね。
  昔、イザヤベンダサンの「水と安全はただだと思っている」という日本人感が

  ありましたが、安全はタダでなくなっても、水はまだ豊富にあります。
  世界でも珍しい国なんですね日本は。



  でっ、何をいいたいかというと、実は昔から水車に憧れているんです。
  僕のところは近場で3本の沢があります。それも支流では水量を少なく

  調整しています。上に登って、石をどかしてくれば、沢の水が増えるわけ
  ですが、体制的に整っていないので、水量を絞っているわけです。


  水というのは自然の恵みの中でもっとも大切なものなわけですね。

  いつかは、沢の手入れをして、支流に上って、こちらの沢に大量の
  水が流れるように流れを変えてきたいですが。(沢を昇格して小川へ)

  

□ でも水の流れって、美しいですね。
  北海道も綺麗ですが、僕の感想としては上高地が最高だったですね。

  あのカッパ橋付近の川はとっても綺麗だったですよ。大ゝ好きです。
  
  水の恵みって大切にしたいですね。
  先ずは最初に川から始めましょうよ。







  

ウッドガレージ内部はこんなの

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

□ まだ真ん中の梁をいれてませんが、中はこんな感じです。
  広くはないのですが、高さがあるのでロフト(屋根裏部屋)

  を作れそうです。作り方は簡単で、説明を受けています。
  作ってもしょうがないのですが、作れば楽しそうですね。

  秘密の部屋ですか?特に秘密もないのでそんな部屋はい
  りません。でも、鉄道のジオラマを作るとか、なんかオタク

  系で変人してみたいですね。(冗談です)


21年8月18日 076


   木造っていいですね。改造が自由で釘で打ち付ければ
   何でもできます。本当は天井クレーンが欲しいところですね。




□ 話変わって、今年のテーマに沢の手入れがあります。
  先日のザリガニ発見に気を良くしたこともあり、進み具合が
  GOODです。

  昨年までは沢の右半分は手付かずです。



20年7月13日 071



□ 今年はごらんのように、草刈と沢幅の拡張がされています。
   まったく同じ場所ですが、手入れするしないとでは天地ほどの
   差があります。

21年8月18日 027



     写真ではイメージが湧きませんが
     川の両岸と中に置く大きな石にコケが
     生えると、とても綺麗になりますよ。



21年8月3日 015


     コケは全部で5種類くらいはあるようです。

     実はこの小屋も全部コンクリで作って建物
     全部にコケを生えらせようかって思ったこと

     もあるんです。そうなればもうジブリワールド
     でしたね。世界で一番、美しいコンクリ小屋

     になったのにな。



kokekoya.jpg




       そう言ったついでに、本当にCGで作ってみました。

      気持ち悪いって言わないでください。まあ、限度というもの
      はあるでしょうね。


ウッドガレージたぶん10日目くらい

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

□ 今日で木材関係が終わりました。本当は昨日完成だったのですが
  雨で中断もあり、今日若干の作業を残しました。

  下の写真は裏庭からの遠景です。
  こんな風に見えます。


21年8月18日 006



□ 横からみるとこんな感じで、ちょうど回りを雑木林で囲まれています。
 これだけでも、なんとなく緑に白木が似合っていますね。樹というのは大切な

 ものですね。樹がなくて野原にこの小屋があってもまったくつまらなく
 見えるものですよ。



21年8月18日 016



□ 破風(ハフ)です。本来的には飾りみたいなものですが、2x10の材料を2枚
 重ねにしていますね。これだけあると、色違いにしますので重厚感を出せます。


21年8月18日 013



□ わりと気に入っているのが、この尺梁と呼ばれるものです。
  この材料だけがインチではなく在来の尺なんですね。天井の真ん中に

  付けるものですが、かなり厚いですね。これも、この梁に強度を持たせる
  ものではないのですが、(最後につけた)見栄えとしては確かに重みが

  あります。あえてつけてくれた心意気がうれしいですね。


21年8月18日 024



□ ほとんど完成です。正面の窓がやはりこうなったのかという
 僕の反省がありますが、多少は小さかったですね。

 周りに飾り窓風に部材を追加するかもしれません。

 明日は屋根ですが、一日で終わります。

 それでシャッターの寸法を今日、測っていきました。
 わりと鉄製の安いものですが、それでも特注類に入るので

 メーカで加工するらしく、出来上がりは9月に入ります。


     この小屋の工事で一番工期が長かったのが
     シャッターということでした。なんか変ですね。




21年8月18日 020



□ 今日の生き物

  クワガタのオスです。樹液のでる樹に集まっています。


21年8月18日 067


□ でもかわいそうなのはメスですね。

  メスはほとんど地面を歩いています。

  産卵のために朽ちた木を探しているからですね。
  地面で6匹くらいのメスを発見しています。


  良く見ると、顔が泥で汚れていますね。
  雨が降った後の泥だらけの道を歩いていたからです。

  産卵できればいいのですが、命絶えて、動かなくなる
  メスも多いのです。



21年8月17日 009


    メスのために腐りかけた木を片付けないで
    あっちこっちにおいて置きます。

    そうすると必ずクワガタの幼虫がいる場合が
    あります。というか、必ずいるものです。


ウッドガレージたぶん9日目くらい

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 今日は基礎も終わり、大工さん(木工)の登場です。
  朝、会社に行き、それから現地に行きましたがAM10時には
  
  横壁ができていました。(ハヤー!)



21年8月17日 052

■ 以下は連続写真で説明はありません。
  
 興味のある方は見てください。材料は2xです。最大で2x10まで使っています。


21年8月17日 045


□ ちなみに2x4(ツーバイフォー)とは良く聞きますね。

  これは木材の断面が2インチx4インチをいいます。
  正確には1・1/2で38mmさしますが面倒なので2インチといっています。

  さらに言えばxは英語でTimesで割るが/、バイですから
  カケルなのにバイといっているのは良く分かりません。

  今度アメリカ人に聞いておいてください(機会があれば)

21年8月17日 042


□ もっと言えばこの木材は全てアメリカからの輸入品です。
  
  そのほうが安いからです。下の写真はこれから屋根をつけるところです。
  真ん中の板を外してスリングをつけ、ユニックで吊り上げようといしていますね。


21年8月17日 029



□ 屋根も作ったものを持ってきていますから、早いですね。トタン張りは違う
 業者さんです。



21年8月17日 032



□ この場所は小屋にとって、とてもいいところです。周りにはいろいろな
 昆虫もいて、皆さん喜んでいましたが、今回は裏にヘビの抜け殻があったので

 初めてみる人もいるので大騒ぎでした。


21年8月17日 017



□  ということで、あっという間に一日でできてしまったのですね。


21年8月17日 002


□ ところが、僕にとっては新たな問題がでてきました。

  先日、朝の5時に見た山猫のような生き物はどうやら
  捨てられた猫のようなんです。

  今朝、業者の人が建築材料の奥に隠れていた三毛猫を
  発見したらしいです。
  



  札幌の人がね、車できてこの喜茂別でペットを捨てる
  らしいんです。喜茂別の入り口で、犬を飼っている友人が

  いるんですけど、この犬は誰かに捨てられていたのを保護
  したそうです。

  やっぱり僕が見たのは猫だったんですね。
  どうやらこの小屋の周りに住む気らしいですね。

  小屋の最初の住人はこの捨てられたペットの猫になりそうです。
  
  別荘にも野良猫が来訪するようですね。
  どうやら、僕はよほど野良猫に気に入られているようです。





白樺の葉が落ち始めました

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 8月の中から終わりですが、チラホラ白樺の葉っぱが散り始めました。

 もう8月も終わりなんですね。あと2ヶ月しかありません。
 小屋ができて、今年も終わりなんでしょうか。それだけでは寂しい気もしますが。
 
 
21年8月16日 026




■ 今日は裏の雑木林の草刈をしました。2時間半くらいかかりました。
 給油が一回くらいで、ナイロンコードは3mくらい使いました。

 下の写真が雑草の限界ですね。これ以上、大きくなると手に負えなくなるので
 すかさず切ります。


   
21年8月16日 011



■ 庭の花はポピーです。

   別名、ひなげし、または虞美人草ともいいますね。

   方やアグネスチャンでもう一方は夏目漱石ですが
   同じ花でも、まるで呼び方によってはイメージが異なりますね。


21年8月16日 034



■ ツリバナの実ですが、まだ青くて開いてもいません。
  でも良くみると、かなりの実が欠けています。

  この段階でも鹿が好んで食べるからですね。
  よっぽど、美味しいんですかね?食べてみたくなりますが。

  人間は糖分でネコはたんぱく質が美味しいと感じる味覚ですが
  鹿って、どういう好みなんでしょうか?



21年8月16日 019



      最近は鹿が来ません。食べ物が豊富でここまで来ないんですね。
      たぶん、ここから1km先の森の中が本拠地のように思いますが。

      来ても3頭の家族なんですね。少なくても娘の1頭だけで
      大量にきたら、どうしましょうかね?




      

気持ちの良い朝の森

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ キャンプか宿泊じゃないと朝の早い時間に散歩することは
 なかなか経験がないものです。夜は9時に寝るので朝は
 4時ごろには目が覚めるんです。健康的でしょう!

 朝露が降りているので、植物がとても綺麗に見えます。
 緑色が違うんですね。
 鳥もたくさんいるし、リスにも出会うので緊張した時間帯になります。



21年8月9日 036




■ 綺麗に草刈をしているとなおさらなのですが、草ボウボウです。


21年8月9日 038



■ 道も工事のトラックが通るごとに立派になってしまいました。
  もう少し、枯れた道のほうがいいんですが。


21年8月9日 027



■ 一人で散歩するのも変な感じですね。
  でも実際は鳥が鳴いているので、大変に賑やかなんです。


21年8月9日 029



■ できれば馬に乗ってこの道を歩いてみたいものです。
  周りの木々は落葉広葉樹の自然林ですから、秋は紅葉で

  絶景です。ただし、日の出が遅いし、寒いので秋の散歩は
  しません。それに霜が降りていて、あたりが真っ白になって

  いたりします。それはもう寒いですね。散歩は夏だけのようです。



21年8月9日 028



     秋は夕方のほうが綺麗です。一仕事終えると夕食の前に
     歩いてきたりします。

     星が出ているときは真夜中でも散歩ができます。それほどに
     明るいものですが、さすが、怖いのでそれはできません。
     熊はでませんが、勇気がいりますね。




     

神様・仏様・重機様

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 前庭の真ん中に重機が通る産業道路が付けられて
 しまいました。もともとブルドーザも通っていたから
 目新しくもないのですが、生コン車も来るということで
 水平に削り直しました。


21年8月7日 014



■ 小屋ができますので、そこに置いてあった重機たちは
 奥の小さな丘に引越ししました。鎮座しております。

 業者の人がそれを見て自衛隊の払い下げですかって
 聞いてきました。自分が景観に合わせて濃い緑に

 塗装したものです。現役を退いた機械ですが、なかなか
 まだ、さまになっております。



21年8月2日 077



■ 見た目よりかなりポンコツです。操作パネルが錆びていて
  宙に浮いていたりします。

  配線も切れていて、なんの配線なのか、まったくもって分からない
  ようになっていますが、支障なく動いているのが不思議です。

  ミニバックホーにいたってはエンジンストップのスイッチ分かりません。
  しょうがないので俗にいうエンストさせて止めています。




21年8月2日 075



■ 小屋ができて機械がそろってきたら、お釈迦様になる前に
  整備してあげようと思っています。

  ですので、限りなく仏様に近い、神様のような存在なワケです。




  
  


ウッドガレージ8日目

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■ 今日12日で基礎工事終わりました。写真は左官屋さんの土間の
 仕上げですね。これはさすがです。真似してもこうは綺麗にできません。


21年8月12日 017


■ 次は木工事ですが、現地で加工するのは面倒なので、ほとんどはプレカットで
 切断してあるのを持ってきました。横壁はもう完成していますね。


21年8月12日 010



■ 窓もあとはガラスをつけるだけです。窓は採光だけで、開きません。
 もともとガレージはシャッターを開けっ放しにして仕事をするために

 窓はおまけみたいなものです。ただし、窓枠は色違いになりますので
 塗装をする自分が大変ですが。



21年8月12日 008


■ 今日の花はキキョウです。
  形といい色といい凛とした気品さがありますね。

  蜂というのは左右対称の花が好みらしいです。
  それからいくと、蜂に媚びない形になっていますね。
  そこが、普通の花びらと違うところです。


21年8月12日 006



■ 小屋の後ろのほうに、キジバトがこちらを伺っていました。
 この辺に住んでいる鳥です。普通は建物の裏にいるのですが

 どうも気になるのか、時折やってきますね。


21年8月12日 002

ウッドガレージ7日目

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 型枠を外して、最後の土間の鉄筋入れです。


   土間コン(床にコンクリートを入れる)は小屋の半分だけです。

   あとの半分は砕石をいれただけです。もともとガレージでは
   土間コンしない場合もあります。ガレージだけならそうしても

   良かったのですが、機械器具が入るので床をコンクリにしました。
   あとの半分は重機が入ることがあります。

   そうすると普通のコンクリでは割れる可能性があるので
   相当深くしないといけないんですね。それならと思い、砕石だけに
   したわけです。

   これがこの小屋が面倒な基礎構造になった理由です。




21年8月11日 037



■ いい感じですね。森の中の美術館のような雰囲気でした。
  こんな感じなら、いっそのこと全部をコンクリでつくるRC工法でも

  良かったような感じですね。業者の人と話をしたら
  「結構、高くつくんじゃないですか、基礎の幅190mmにして厚く
  まいてこないとならないから・・」


21年8月11日 005



■ でもね、この敷地は湿気が多いので、いずれコケが生えてきて
  コンクリが緑色に覆われる可能性もあるのですね。

   きっとそうなったら、素敵な小屋になったかもしれませんね。



■ 今日の鳥は「赤腹」です。

   地面の虫を取るので、近場にくることがあります。
   胸からおなかにかけてオレンジの色が綺麗な鳥です。



21年8月11日 019



■ コスモスが咲き始めました。赤いコスモスです。

  チョコレートコスモスというのがあるらしいですね。
  チョコレートの臭いもするとかです。比較的この土地にあっているのか

  増えますね。でも、このあいだ「カスミ草」に失敗しました。
  そのほかの宿根草にも失敗しています。

  植える時期が遅かったかな。花に関してはかなりアバウトです。



21年8月11日 022







今年の薪割りノルマ達成

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 現地に行っていますから、何かの仕事はしています。
 小屋の工事を横目に、昨日は薪割りを終えました。

21年8月3日 012


     全部、ご近所さんからのもらい物です。
     といっても、自分で玉切り(所定の長さに切りそろえること)をしてですが。



21年8月4日 041



■ 薪割りというものは、テレビで見るように、エイヤーとか言って
 簡単に切れたら、苦労はしません

  どうやって割るのかというと僕の場合は、クサビを打ち込んで
 鉄の大ハンマーで叩きます。



21年8月4日 048



       その前に、上の写真のようなカラマツみたいな針葉樹は
       カパーンと割れますが。



21年8月4日 050



       こうやっても1発では割れません。

       オノでやると挟まると取れなくなるんですね。
       
       これでやっても、ハンマーをもう2本くらい折っています。




TH102.jpg



■ ターシャの場合は最初の丸太の半割りは誰かに、してもらっているんじゃ
  ないでしょうか。

   その後は、ターシャがお好みで、細くしていっているんじゃ
   ないですか。フシのある丸太は簡単にはわれませんって。

   薪の乾燥状態にもよりますが、90歳のおばあちゃんができて
   自分が大ハンマーでもできないとは、ありえないことですね。


   ちなみ、丸太を乾燥させておくと、自然に割れが出てきますから
   そこを狙って、やるんですけどね。あなたも薪割り名人になりたい
   ですか?




なぞの野生動物現る

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ とりあえずは週末の森ですが、この間のザリガニの生息を
 観察しましたので、気を良くしてさらに沢を拡張してきました。


21年8月9日 020



■ 上の写真は朝の5時くらいです。日の出の太陽が思いっきり
  真横から射してきますね。ここの沢です。



21年8月9日 058



■ 沢の幅にしては、広いでしょう♪
  これは意図的に広げているんです。あとは左右の岸を
 
  草刈機で払えば綺麗になりますが。



21年8月9日 057



■ ↑ こんな風にして川幅を蛇行させたり、中島を作って
  ザリガニが生息しやすいように、浅瀬を作ってあげるわけです。

  増水したときに隠れる場所ができるわけですね♪
  あとはたくさんの石を入れて、乱流をつくり、泥が堆積しないように

  すると、綺麗な小川になります。泥を堆積させるとドブのように
  なりますからNGです。



■ 今日は朝4時半に起きました。

   窓を開けて寝ているので「ピー」という泣き声が聞こえて
   きました。

   ピーといえば「ノリピー」ですが、ここにいるわけはないですね。オイオイ!
   これは鹿の鳴き声です。カケスの物まねでもないようです。甲高い。

   そういう場合は、そっとカーテンを開けるんです。
   場合によっては外に鹿がいる場合があります。


   でも、目を疑いました。
   30m前を悠々と歩いているのは、どうみてもネコですね。

   はっきり言って、イリオモテヤマネコにそっくりでした。沖縄にいる?



21年8月9日 031

            出現した道、奥の森から来るワケです


   
    すぐにデジカメを取りましたが、その間2秒ばかりです。

    どこに行ったのか分からなくなりました。(^_^;)

    まじまじと見ましたがキタキツネではないです。ネコですね。
    
    ヤマネコ?

    朝の日の出帯に出歩くのは森の動物達の習性です。
    鳥もこの時間帯に活発に動き回ります。

    

    今まで見て分からないような動物達は

    テン、イタチ、ヤマネコです。似ていたけどね?

    本来はいませんが、池の魚10数匹を絶滅させた動物といい
    変わったものがいるかもしれません。

    朝の「日の出時間」は、絶対の要注意時間帯なんです。

 
   
          今度は、カメラをセットしてから
          寝ないといけないですね。


          ちなみに、エゾリスももちろん
          この時間にでてきます。



    
■ 望遠でデジイチですぐにパワーが入るのじゃないと
  森の中ではシャッターチャンスを逃しますね。クヤ~ジイ!!

  

ウッドガレージ5日目

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 今日は外壁のコンクリート打設です。
 つまり、そとの壁をコンパネ(コンクリートパネル)で囲って
 
 そこに生コンを流す作業です。最初に来たのはポンプ車ですね。
 一番高い位置までホースを上げます。



21年8月7日 016


■ 後ろの青い車がコンクリートミキサーです。そこからポンプ車に
 生コンを流して、ポンプ車で生コンを送るわけです。

 あんな石交じりの生コンをどうやってホースの中を送ると思いますか?
 
 原理は、歯磨きのチューブをつぶして歯磨きをひねりだすのと同じです。
 そういうモータがついているんです。だから、こんなに高い位置まで

 生コンを運べるんですね。




21年8月7日 005



■ ホースの中から出てくる生コンをみんなで叩いたり、振動させる機械を使って
  コンクリを型枠の下まで落とし込みます。

  あとは上の面をコテでならして終わりです。




21年8月7日 003



■ じっと見ていましたが、ここは簡単ですが
  型枠をつくるまでは大変ですね。

  基礎にお金がかかるのはやむを得ないと思いました。
  次回からは僕が自分でやりましょうとは

  思えませんね。



■ 話は変わって、暇だったので沢を覗いていました。

  そうしたら沢の中にもザリガニがいました。すっかりいなくなっていたと
  思っていたもんですから、うれしかったですね。

  沢を広げて、石をいれ浅瀬を作ったりして、生き物が生息しやすい
  ようにしていたのですが、その甲斐があってザリガニが増えてくれて

  いたようですね。沢ガニとかもいけるかも知れませんね。
  沢ガニが欲しくなってきました。



21年8月6日 044



   次第に、子供の頃に味わったあの田舎の生態環境が
   再現できるようになってきました。

   メダカもどこからか、持ってきたいと思いますね。
   

ウッドガレージ4日目

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 今日は暑かったです。今日も朝から夕方まで付き合いました。

  僕がいたほうが良いことがいろいろあります。
  「あっ、それなら僕がやりますよ♪」とか言って

  重機を自分で動かしたりしています。便利な依頼主だと思います。
  作業的にはコンパネで型枠をしている段階ですね。

  

21年8月6日 019


■ 実はこれをジット見ていたんですね。思う存分!
  そうしたら、これが露天風呂に見えてきてしょうがなかったですね。

  これに男女の浴槽を付けて露天風呂にしたら、いいな~とか
  思っていました。(まだ小屋もできないうちに気持ちは違うところに)



21年8月6日 067


■ 業者の人が喜んでいました。

   「ここの場所、すっごく気持ちいいですね!」
  そうなんです。僕も好きな場所ですが、木陰で風通しがいいし

  ここにいるだけでなんか幸せな気持ちになるんですね。そういう
  場所なんです。



21年8月6日 005



■ 昼休みは暑くて涼を取って休む時間なんですけど

  どこに行ったのかいなくなりました。みんなでクワガタを探しに
  行ったらしいです。雄雌2匹ずつゲットして喜んでいました。

  その後、営業の人もやってきたんですけど、それを見て
  森の中に入って行きました。

  (ふっ、ふっ、ふっ、そんな場所にはいないのだよ♪)
  あまり見つけられると、内心困るという感じもないこともない私。


21年8月6日 027


■ とにかく今年で一番の最高気温でした。
 森の中も温度28度、湿度65%です。

 森の中はこの温湿度でもひんやりするんですね。
 う~ん、なんで分かりませんが、天然のクーラなことは確かです。



 

トトロのバス停

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ やはりこの道をコンクリートミキサーが通りたいらしいです。
  70mの延長ホースは懲りたとか。

  入り口を通れるように広げてやればOkですが、スイセンの
  球根があるので、移動しないといけません。それはいいのですが

  この道です。以前から電信柱を立てようと思っていました。
  木製の電信柱が地中から2本ばかり、でてきたからです。


21年8月2日 071


■ なんで、そんなことをしないといけないのかと申しますと
  さかのぼること1年くらい前に、トトロのバス停を作ることに

  なっていました。下の写真です。このバス停の傍に裸電球の
  電信柱があって、えらくそれに感動したからでした。



totoro2.jpg

  (以下省略)


■ 雨が続いていますが、どうやらもう終わりらしいですね。
  
  おかげさまで植えたばかりのアジサイがいい感じに咲いています。



totoro.jpg



      さっきニュースで「北海道の短い夏を楽しみましょう」とか
      言っていました。でも、短くないですね、最近は。

      先週の日経ビジネスのトップ特集は、「亜熱帯日本に
      備える」です。もう日本は温帯ではなくて、亜熱帯に
      なってしまったとのことです。

      ですからこの表現は今や適切ではないですね。
      子供の頃と比べると、もう十分長い夏になっています。






   

ウッドガレージ2日目

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 今日は朝早くから出かけました。でも中山峠では業者さんの車が
  前を走っていましたので、一緒に現地に入りました。


  それで、予定通り午後3時頃、ポンプ車が到着です。

  しかし、登り際が曲がれません。それでホースを連結して小屋まで
  コンクリを運ぶことになりました。

  ざっとこの間、70mばかしです。写真は3枚の合成なのでゆがんでいますが
  あしからずです。左がポンプ車、小屋の位置は右はしです。



21年8月4日 016




■ ポンプ車ですね、ホースを伸ばすときに大事なリス用のクルミの木に
  ぶつかりそうになりました。無事、通過です。



21年8月4日 007




■ 後ろにいるのがコンクリートミキサー車です。青い色のです。



21年8月4日 009



■ さてみなさん、小屋までざっと60mくらいありますがどうやって
  ホースを伸ばすと思いますか?


  ポンプ車は鉄管を持っていて、特殊な連結金具でつなげていくんですね。



21年8月4日 023



■ それで小屋までつなげて、コンクリを送りこむわけです。

   ここまではわかりますが、コンクリを流し終えたあとに

   とうぜんこの管の中にもコンクリが残っているわけです。

   延々と60mくらいも・・・・

   どうすると思いますか?


■  なんのことはありません。

    1本づつ外してそのままかついで小屋まで持って行き
    そこであけてくるんです。

    その作業が一番大変だったようですが。


    

■  コンクリは2回目もあります。
   
    今日の仕事はここまででした。暑かったですね。
    工事を横目で見ながら、薪を割っていました。

    自分が一番、ばてていたようです。



21年8月4日 008




    小屋には関係ありませんが、今日帰ってきてPCを動かしたら
    19インチモニターが壊れました。でも12年以上使っているので
    しょうがないでしょうね。現在は液晶の予備を使っています。

    CRTモニターを発注しないといけないですね。液晶は使わないんです。
    CRTのほうが色が自然だからです。比較すればすぐにわかります。
    もしくはナナオの液晶かですね。

    高いですね!!

    
    それよりは、今日、ヘビがでてきて、業者の人が逃げ回っていました。
    久しぶりでした。あと、ただの蜂なのにスズメバチと勘違いして2度さされ
     たら、死ぬとかいって、大騒ぎしていました。

    あれってマルハナ蜂だよ。



     


    

ウッドガレージ初日目です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 別に「小屋」という呼び方でもいいんだけど
  ウッディな感じにしないといけないんで、倍も費用をかけているんで
  あえて「ウッドガレージ」っと言わせてもらいますが、よくブログを読むと
  自分で小屋っていっているようね。


  その小屋なんだけど、今日から始まりました。

  営業の人間が、朝9時から10時ごろに行きますからと言ったので
  朝の9時に行ったら、ビリから2番目だったのね。

  自分は遅刻するのが大っ嫌いの男なんで早く言えよそれを!!

  って明日は一番に行ってやる!!


  というのは別にしても、この雨で大型のダンプが上り坂のカーブを
  曲がりきれませんでした。そのためにせっかく

  気持ちよく敷地に入ってもらおうと思って作ったこの作業道が
  使われませんでした。(悲しい・・・・・)



21年8月2日 071



■ それでも一応はちゃんとブルドーザで盛土をしてあったので
  スムーズに業者の人達も作業が進みます。


21年8月3日 023



■ ここはどうも昔、畑のようで石もなくスムーズに作業ははかどりました。
  それに小屋の位置を奥に配置したために、傾斜地の影響で掘り下げる
  深さも浅くてすみ、業者の人も(^^♪です。


<21年8月3日 027

  

■ 小屋の仕事は見ていただけです。

   昼過ぎごろちょっと暑くなってきました。森の散歩にでかけたら
   白樺の根元にセミが鳴いていました。


   半透明な羽を見てセミヌードなセミだねという、あまりにも
   お決まりな親父ギャグを言ってはいけないと、心に近い

   その場を後にしましたが、



21年8月3日 020




   しかし、白樺ってなんて上品な木なんでしょうかね。

   木肌が白いんですよ、見ていてうっとりとしてしまいます。




21年8月3日 013


 
    小屋ができるまであと3週間は
    かかります。長いな・・・・・