森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

週末はまた雨ですね

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 土曜日はまた夜に雨ですね。例年の2倍の降雨量らしいです。

  全体的に森も湿気が多いのが分かります。この間、車庫の中に
  トカゲがチョロチョロしていたので、外に案内してあげました。

  玄関先でほっとして外を見ているところです。どうも、中に入り
  たがるんですね。地ネズミも。

  雨宿りでしょうか。



21年7月26日 023



■ 写真は5月頃の「登り藤」の写真です。

   一生懸命、雨をためようとしていますね。おまけに葉に細かい毛があるので
   表面張力で玉になります。カメラでは撮影できませんが、キラキラして
 
   ダイヤみたいですね。



21年5月10日 115



■ ちなみに「麦の穂」も上を向いています。雨が好きだからです。


21年5月10日 110



■ じゃ、「イネの穂」は?

   イネの穂は下向いていますよ。別に雨を捉えなくても
   もともと水田に生えているんだから。

   そういうのは垂れているらしいですね。



21年7月30日 011



■ だからこの時期の花って(雨の多い季節)いうのは
  
   方向があっちむいたりこっち向いたり、定まっていないような
   気がするんですが。お日様のほうを向くでもないし。
   (日照時間も長いし、無理しなくても)、ヒマワリ以外は。


   でも真緑の中にあって、やはり白い色は清涼感があって
   目立ちますね。

   きっと、蜂もいろんな色の花も見飽きて

   「やっぱり、白だな」とか行って、集まってくると思うんですね。



■ 明日から工事に入りますので、現地に頻繁に行くようになります。
  
   何をするのか、工事をじっと見ているわけでもないし
   思案中です。






来週から工事着工です

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 8月3日から小屋の工事が始まります。

  基礎から始まってシャッターまで終わるのに3週間くらいかかりそうです。
  シャッターが一番工期が長いです。寸法を測り特注なので時間がかかるん
  です。

  今日、用事で現地に行ってきました。25度でしたが暑かったですね。
  そういうときは木陰に入りながら歩きます。雨上がりなので蒸し暑いですが。


21年7月30日top



■ 小屋を作る場所はここです。自分のお気に入りですが
  建物ができてしまうことになりました。

  でも、木は1本も抜倒しないで済みました。スペースに収まる
  よう大きさを決めましたから。

  木を切るのは好きじゃないんです。


21年7月30日 016



■ 完成したら塗装は自分ですることになっています。
  キシラデコールと呼ばれる塗料です。

  壁は緑が候補ですが試し塗りして茶になる場合もあります。


21年7月30日 004



■ 木が段々大きくなってきて、向こう側の山が見えなくなってきました。

   ひょっとすると完全に木々で覆われて囲まれてしまうかもしれません。

   大好きな環境です。何しろ数年前の台風ですら、何の被害も
   ありませんでした。みんな木が防風林になって守ってくれたんです。
   まるで何事もなかったような森の中でした。見て唖然でした♪
  

21年7月30日 028



■ だから薪のために木を切ることもほとんどないですね。

  薪が必要ならいろいろなところからもらってきます。

  今日はその薪を運んだ日でした。



21年7月26日 075

 

ガーデニングオブジェクト

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 庭にはテーブルがあって、それなりにお茶をすることが
 できます。でもパラソルを付けるためにテーブルの中央に穴を貫通させ
 ないといけないのに早7年が経ちました。


GARDENINGSET.jpg



■ 庭の中央には電信柱で作ったテーブルがあります。
 現在は荷物置き場で、何かに使うわけではありません。

  意外と作っても、あんまり利用されません。(涙)
  ただの飾りですね。庭が寂しいので作りました。


160911管閉016




■ これにいたっては、もう粗大ゴミのように
  なっていますが、いつ意を決して仕上げるのでしょうか?

  

21年7月26日 025

森の中はマイナスイオン

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 森の中は胡散臭いことで有名なマイナスイオンで一杯です。
 この日の朝は霧で包まれてとても幻想的で、爽やかでした。

 とっても森の中が霧で覆われるのは綺麗です。
 思わずカメラを持って撮影に飛び出しました。


21年7月26日 021


■ でもあっという間に、秒速何mかの速さで霧が上がっていって
 しまいました。残念・・・・・


21年7月26日 064


■ なんのことはありません、後に残されたのは普通の写真でしたが・・


21年7月26日 054



■ このように森の中というのは天候が急に変化することが
 あります。雨がやってくるのが見ていて分かったり。


     自然の変化というのは非常に厳しく、そこに住んでいる
     動物たちも、それはそれで大変な思いをして生活をして

     いるのですね。(フムフム)

     いつも餌があって、新鮮な水が用意されていて

     食べたいときには「おやつ」まであるというのは

 
     君たちって、間違っていないかい!!!

     そもそも・・・・





21年7月26日 077


     「やっ、野生でないもん、そんなこと言っても・・・」










雑草対策にフトひらめく

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 最近、雑木林の中が良く手入れされていますね♪と褒められ
 草刈ばかりやっていて、本当にこれでいいのかと疑問に思うようになっている
 私です。


  しかし、今日、ひらめきました。実は建物の真横の庭ですが
  ここには池があります。日当たりもよく雑草が、心地よく生えても
  よさそうですが。

  何ゆえか、コケばかりです。

  それって、どうしてですか?? えっ~って?
  (下の写真は芝ではなっく全面がコケです)


21年7月26日 067



■ そういえばそうだ。


  原因は、この土地をバックホーで転圧してあるからです。
  フラットにするために、嫌というほど固くしてあるのです。

  コケは固くても、岩の上にも生えるくらいですから
  土の固さはどうでもいい生き物です。



21年7月26日 070


■ 踏み固められたところは、雑草が生えにくいものです。

  単純なことですが、毎年、草刈に労力を使い果たすなら
  転圧するのは簡単なことです。重機で一度、踏み固めれば
  いいわけですから。



21年7月26日 022



■  なるほど、転圧して雑草が嫌がるほど地面を固くしてやれば
  フキとかイタドリとかが生えてこないとなると

  それっていいアイデアだな!!!


  それは実験してみる価値ありますね。






エゾリス御用達のクルミの樹

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 週末はまた雨です。(T_T)

  雨の日は、草刈りと薪割りで疲れました。

  でも、クルミの実がかなり大きくなってきました。もう食べられそうですが、
  収穫時期は9月です。

  エゾリス君は様子を見にきてるでしょうか?(絶対に来ている)それも
  楽しみにして。



21年7月26日 041



■ 実に綺麗に撮影できていると思いませんか?



21年7月26日 043


■ ↑の写真の▲マークのところで写真とっているんです。
   (なるほど・・・・)




■ リスの来訪のために、クルミの樹の下はいつも、草刈で芝生状態です。
  クルミを集めやすいでしょう!!草の中にもぐりこまなくていいから♪


21年7月26日 033




■ 去年はカップル成立でした。2匹で動いてましたから

   今年は家族ができていると思うんですが・・・・・・

   何匹になっているんでしょうか?たくさんで来てくれると
 
   メッチャうれしいですね。



risu204.jpg


    去年の9月の写真ですね。今年はまだ撮影できていません。

    リスは房の上のツルを切って下に落として、片付けるようですね。

    これは一個をくわえてますが・・・・





クッションフロアー(CF)は敷いただけで十分

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 昨年の1月に施工した、床です。16畳にクッションフロアーを
 敷きました。本来なら業者に頼めば床と接着します。

  でも、ただ敷いただけでいいのなら、簡単なことですね。



21年1月20日 011



   上の写真は今年の1月で、マイナス10度くらいあります。寒い日にしました。




■ これは今月の7月の完成時です。室温は30度くらいになっています。

  つまり温度差40度でも、どこにも歪んでいるところはありません。
  
  敷いただけでOKです。仮に家のリフォームなら、古いCFの上に重ねれば
  いいだけですね。




21年7月3日 011



■ ただ、広い部屋なら重ねるところがありますから、そこは接着します。

  それもなるべく接着巾を狭くしたほうがいいですね。下の写真を見れば
  分かりますが、床が木なので接着剤が硬化して、引かれているのが
  見えます。




21年7月3日 013




■ これは違う場所の接着部分ですが、巾1cm未満で薄く接着剤を塗布して
  あります。こうするとほとんど、その跡がわかりません。


21年7月3日 012







  できれば接着剤ではなく、CF用の薄い両面テープがありますから
  そのほうが早くて綺麗かもしれません。




        ということで、なんだクッションフロアーは敷いただけでも
        いいんだということです。


        仮に接着すると、後の工事に接着剤を剥離するのが大変
        になります。前に、美装として16畳に4万円くらい取られました。

        置敷きだけでいいのなら非常に楽で

        自分でもリフォームができるということです。


札幌で見る皆既日食

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 見ましたよ、日食。

  曇っていたけど、雲を通して何回か見ました。

  サングラスなんか用意していないのでちょうど良かったかな。
 
  あんまり感激しませんでした。これで人生変わる人がいるんかな?

  周りでも空を見上げているのは僕だけだったみたいです。

  

■ さて、そんな月と太陽の関係ですが
 昨日21日にグーグルは、またやってしまいました。

 以前からあったグーグルムーンですが、今度は3Dになりました。


moon.jpg


  
      月をこんなに詳細に眺めてどうしようというんでしょうか?
      
      見たい人はグーグルアースのVER.5をインストールして
      ください。その画面の中にMOONというのがありますから

      上のような画像がでてきます。



■  話はまるで変わって

   本日モスキート音を視聴しました。
   
   13KHz(31~40歳)は聞こえました。やった♪
   15KHz(25~30歳)はまるで聞こえましぇーん

   もともと耳なんかいいと思ってないからいいけど
   本当に若いときにこんな音聞こえたんか?

   猫に試そうと思ってやったのが始まりなんだけど
   猫は寝ていて現れませんでした。

   みなさんもどうぞ(個人差があるし、オーディオがそもそも
              チープなら聞こえませんよ)


   興味のある人はネットでどうぞ。


■  日食で目を傷め、モスキーとで耳を傷めた日でした。





   

また鳥にやられる

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

■ なんという鳥か分かりませんが、その視線の先には・・・・・

  ヒマワリの種を植えた畑で、芽がでてきたばかりの柔らかい
  それが

  え!!

  それを1列に渡って食べてしまった、いいや2列だったかもしれない!!(怒)


21年7月12日 093


  ヒマワリ、全滅。

  キジバトが掘り起こして難を逃れたヒマワリ畑が、次はこの鳥で

  何にもなくなった!!全滅。完璧な・・・


   だけど、だけど 君が止まっているバードテーブルの

   中にはヒマワリの種やその他のおいしい、種の詰め合わせだろうが!!

   それに目もくれず、畑のほうにいくにはどうしてだろうか、えっ!

   賞味期限が切れているのがばれたか?(賞味期限なんてあったか?)

   (昨年買ったもので、しかも雨で、しけっているかも)


    ああ!鳥にもコケにされた(T_T) 



■ 気を取り直して、暑い中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

  涼のために冬のシーンを用意いたしました。こうやって眺めると
  クソ暑い日には羨ましくなりますね。


11月の森


    半年前はこういう風だったんですね
    寒くて、むかっ腹がたっていましたが。










  

雨の森2

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ かなり降りました。雨が降ると道路をこぞって水が
 流れます。入り口もごらんのとおり。砕石が敷かれてますので
 車では平気です。


 木々や植物たちはいたって平気でした。ウグイスも木の中で
 鳴いていました。動物たちは全天候型ですね。困るのは人だけのようで。

21年7月19日 041


■ もともと森の中では雨が降っても分からないときがあります。
 
  すぐに分かるのは池とこのテーブルの上です。↓
  これで「ああ、雨だ」っと気がつきます。


  街の中と違ってアスファルトが濡れると雨というのが、ここでは
  分かんないんです。


21年7月19日 057



■ 池の中も少しは水位が上がります。↓


21年7月19日 054


■ 写真では良く分かりませんが、アップするとこういう感じです。
 これで水位を決めています。

  こうしないとなぜだめなのかというと、雨で増水したときに
 魚が流されてしまう池があるんですね。

  これは平気です。ここからでる魚はいないでしょう?


21年7月19日 055



■ ここから流れる水は下のところから排水されます。

  何か、洗い物があるときはここでします。

  それとか花に水をやるときもここから汲みます。
  あとはクワを洗ったりとか、長靴の泥を落としたりとか。
 
  生活用水ですね。もちろん、この下にも池がありますから
  洗剤は使いませんよ。(岩は自分で並べたものです
  水場には岩ですね)
  



21年7月19日 023

雨の森です

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 3日連休ですが、中日に大雨があり、帰宅してしまいました。
 
 すごい雨で何もできないので、こういうときは無理しないで
 戻ってきますが。

 
      鹿にやられましたがツルバラのうち何本かは復活してきました。

      一時は諦めたバラですがこうやってみると、やはり他の花とは
      違いますね。(ふっふ~ん)

      もう一度、チャレンジしてみたいですが、そう思わせる花です。



21年7月19日 010



■ 小屋を建てるのでブルドーザで盛り土をしてきました。
  引っ込んでいる場所なので、土を盛ったほうがいいといわれて

  周りの道路から土を寄せてきました。でも、翌日はこの雨です。


21年7月19日 030



■  坂の下に土地がありますから、雨が降るとそこを通過しますね。
  で、その前を削って迂回させます。本来なら土木工事で溝をもうける

  ですが、バックホーで削っただけで十分です。↓
  (正確にはブルドーザで削ってます)


21年7月19日 011



■ 小屋は見積もり終わりで、営業がハンコを押してもらいたがっています。
  (だったったら、カラーサンプル持ってこい!!)


   たくさんの3Dスケッチを用意してあげました。どちらが本職なのか
   わかりません。

   まあ、とりあえずは申請なしのただの小屋ですから、両者気軽なんで
   しょうがね。

   出来上がりは↓みたいな感じになります。



koya64back.jpg



       バラの小屋を作ってあげたいですね。どちらにしても
  
       将来は温室みたいなものが要るんです。








       



夏の森

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 夏ではありませんが、森の中は夏みたいな色です。

21年7月5日 031



■ 夏の景色はうっとおしいのが印象で、それほど綺麗だと思うことは
 ないです。なにしろ日々、雑草との戦いであのエネルギーというのは
 どこから出てくるんでしょうか。


21年7月12日 045



■ でも腐葉土があると雑草が生えにくいのは事実です。
 飛んできた種が葉に邪魔されるし、地下茎で伸びてきたものは
 葉によって地面に出れないからです。


21年7月12日 074



■ こんなに葉っぱが地面のためになるとは思ってもいませんでした。
 微生物が繁茂するのはこの腐葉土の中です。

 雨が降っても吸収してくれます。いいことづくめですね。ホームセンター
 では腐葉土が売っているくらいです。


21年7月5日 024



■ できたら1km四方をこういう森にして中で過ごしたいですね。
  鳥とリスとタヌキとウサギと一緒に。(今でもそうですが)

21年7月12日 035


■ 希望

   エゾリス 100匹   シマリス100匹
   どうぞ来てください
 カモン、カモン ♪

    鹿とは一度、話あいをして決めましょうね。












■  お父さんのための重機講座(そのいくつか)

  重機はグリスをやるようになっています。グリスニップルというものが
  ついています。グリスを上げましょう。グリスの種類はなんでもいいです。

  モリブデンが高くてリチウムが安いです。リチウムで十分です。
  
  グリスガンは2000円くらい、リチウムは1本200円かな。
  グリスをやらないとベアリングじゃないのでモロにブッシュが
  減ります。減ったら交換は自分では無理です。



21年7月12日 125

  

腐葉土の森

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 全て、先週の写真です。裏の雑木林の中ですが
 あたり一面は広葉樹の腐葉土でできています。


21年7月12日 085



■ これは↑ちょっと草刈したあとですね。フキがありません。
 ほおっておくとフキが発生します。


21年7月12日 033


■ これは↑草刈前ですね。

 雑木林の中は多少の雨が降っても気がつかないことがあります。
 池の水面を見て初めて、雨が降ってるって分かります。

 それにサンダルで歩いています。カメラを持って・・・


21年7月12日 090



■ 腐葉土と言っても、葉が腐っているというより、分解しているという感じ
  ですね。そのまま土になります。


21年7月12日 113



■ こういう森って言うのは人間が作ったものですから
 常にあるわけではありませんが、人の手が入るとこうなります。

  地方の神社やお寺の境内にこういう雑木林があったりしますよね。
 あれって、ちゃんと手入れをしてあると思うんですよ。

  ガーデニングとはまた別な趣がありますが、僕はこちらの
 ほうが好きです。
  
 

 お父さんのための建築講座(そのいくつか)

■ 小屋がだいたい決まってきました。
  というより、それほどの拡張性はありません。

   始まればすぐで、8月初旬完成くらいです。


小屋fainal04



■ 改造は完成してから、自分でやるようです。
 2階(ロフト)を作ったほうが良いようですね。部品置き場かな。

  好みは天井をメッシュの鉄筋にして、工具を全て上から吊るして
 整理するというのを考えています。壁面は全て棚です。

 (雪が降る前につぶれたりして・・・・)

小屋fainal031

ザリガニ現る

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 大輪の花が所狭しと咲いています。名前なんていったけ?
 このあいだ、植えた宿根草は6種のうち4種がだめでした。

 ツルバラが幸い、6本のうち3本がまだ生きていました。
 (鹿にやられてため)

 でも今日のお話は、これは前菜で、メインは甲殻類です。

21年7月12日 096



■ モチロン食べるわけはありません。

  なんと、ザリガニが現れたのです。しかも、かなりいるみたいです。



21年7月12日 054



■ 上の沢にはたくさんいたのですが、春の増水で今や
 一匹も見ることがなくなりました。それがいたのです、でも・・・・・



21年7月12日 052



■ 建物の横から、実はイマワシイ(わりと)湧き水がでていて
 溝を掘って沢に流していました。長さで10mくらい、巾が15cm程度で。


 このあいだ何か動くものがいるので、良く眺めたらたくさんいるようなのです。
 
 考えれば、常にある程度の流量があるし、綺麗な水だし、苔も生えていて
 隠れるところはあるし、昆虫も一杯いて餌もあったんでしょうね。



21年7月12日 001



■ どうして、ここにいるのですか?
 
  たぶん、上の沢からタマゴの状態で流れてきて育ったものですね。
  (地中を通ってです♪)

  そうとなれば、ここをザリガニが住み易い様に環境を整えることに
  しました。今度は迂闊に重機で横断できません。

  絶滅危惧種ですから、もう札幌でも見られる箇所は少ないです。
  昔は田んぼにいたんですけどね。

  日本ザリガニ、生息しています。





ミニバックホー早速の仕事

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 修理して快調になったので、かねてからそのままにして
 あった、裏の側溝を埋め戻しました。コルゲート管を入れて
 います。どうしても、こういう段差があると、水が湧いてくる
 んです。


    草ボウボウで何がどうだか、分かりませんが・・・・
    とりあえずはBEFORE


21年7月12日 115



■ で、もってミニバックホーを入れて、チャチャと小一時間で終わりです。

   とりあえずのAFTER


21年7月12日 106


        重機じゃないと絶対にしません。スコップ(シャベル)では
        土下座されても、しません。意外と力仕事はしないほう
        なんです。でも、さすが機械ですね♪


■ 見かけは塗装してますが、ボロボロで、フレームが腐ってるんです。
  この間、長距離を走りましたら、分解しそうになりました。

  あまり、ガタガタってうるさいので、手でキャビンを押さえて運転して
  いました。

  でも、100人力なんです。




21年7月12日 122




■ 裏庭のノリ面なんですが、水平に切れていてとてもいいでしょう ♪ ↓
  
 こんなもの、自然ではありえないんですよ。このバックホーで丁寧に
 加工したものなんです。


    お父さんがいくら頑張っても、人力じゃ無理なんですよ。
    重機だったら、あっという間なんですから。

    1に重機で、2に重機なんです。3,4がメカに強い男で
    4と5が重機です。

    あっ!別に女性でもいけます。
    北海道では重機に乗れる女性ってカッコイイですよ。


21年7月12日 094


         是非、「婚活」にご利用ください。


お父さんの為の重機講座(そのいくつか)

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 前回書きましたが、セルモータを外しとりあえずは修理に
 出しました。それで、もう一度、組みなおします。

 さあ!・・・動くと思いますか?


21年7月5日 074


■ 交換したセルモータです。取り付けは2本のボルト。
 ただし、インローと呼ばれ、ぴたっとはハマリますので
 簡単に取り付けられます。あとはメガネレンチで少しずつ
 回して締めるだけです。



21年7月12日 131


■ 線は3本で、そのうち2本が共締めです。配線は外す前に印を
 付けておきます。


      動きました♪・・・・・・・やはりセルモータだったんです。

      良かったんですね。これだけで、晩酌が楽しみになって
      きました。そういうもんなんです。


      原因はメカなので、巻末に専門的に書いておきました。
      興味のある方は一読しておいてください。

      
      やれやれデス。これで3台が復帰しました。

      とりあえずは現役はこれで全機種が復活です。
      OH、やったか、っていうかホットしたですね。




■  さらに話は変わって、もう夏です。
  
  日差しが強くなってきました。緑が濃くなっているのがわかります。

  でも、林の中はとってもクールです。

  この間は、ここに蚊さえいなければイギリスばりのティータイムでも
  したいなと思いました。サンドイッチのピクニックでもいいですね。

  (ちなみにグニャと曲がっている枝は雪にやられているので
   こういうふうにクセがついているんです)


21年7月12日 089


    森の中は綺麗で涼しいですよ、鳥も一杯いるし・・・・

    ここでのティータイムってどんな会話になるのでしょうか?








■ 重機のための専門コーナ(セルモータについて)


   ①セルモータの不具合原因

    前回も記載しましたが、10年前に修理してあるのになぜ今回もセルだったの?

    原因はピニオンギヤが錆びていて飛び出さなかったからです。

    セルモータは歯数が10枚くらいの小さなピニオンギヤがついています。
    これとエンジン側のフライホイールについているギヤとかみ合うわけです

    が、常にかみ合っているわけではありません。セルが励磁されたときだけ
    飛び出して、相手のギヤとカミ合うわけです。それがさび付いて動かないと

    セルが回らないわけです。修理はこれを交換しないで、サビだけ研磨して
    とりあえずは動くように依頼しました。交換すると数万円するはずです。


   ②今後の注意点

    取り扱いの問題ですが、ここをさび付かせないようにするためには普段から
    使用しないときでも、動かしておくしかありません。ちょうどこのピニオンギヤは

    エンジンルームと直で繋がっていますから、エンジン内の湿気をもらいます。
    したがって、これは防ぎようがありません。したがってエンジンだけはかけて
  
    おいたほうがいいというわけです。修理費用は39000円でした。普通なら
    部品交換で10万くらいはいきます。

    あと、自信があるなら、セルモータを自分で分解すれば目視で悪いところが
    わかるはずです。やってみるという手もあります。

    あと一台ありますので、今度はセルモータを自分で分解してみます。



      モータはコイルに電気が流れ、磁石になって回るだけの
      単純なものです。そんなものが壊れるというのは単純な
      理由でしかないはずです。



川が恋しくなる季節ですが

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 7月の初旬なのに暑いですね。

  どこか、涼しいところにいきたい・・・・って北海道の人間が
  一体、どこに行けばいいんだ!えっ!!稚内か???

  それほどに暑いでした。

  でも、正確に言うと・・・・・・・・・


  関東以西の人の言う暑いとは、はっきり言って違いますからね
  向こうの人に言わせれば、寒いはずです。


  それは、そうとしても、確かに川遊びに行きたくなります。
  何せ、すぐそこが喜茂別川なので、行ってもいいのですが、いつでも
  行けるとなると行かないものです。



21年7月12日 010


■ 上の図の赤い三角のアップが下の写真です。



21年7月12日 011



■ 上の黄色い三角マークは国道にかかった橋のあるところです。
 車が通ると見えます。

  でも車からは注意しないと見えません。
  国道からは僕の土地は見えないんです。ラッキー!!

  何がラッキーだか分かりませんが、ほとんどの人は
  その中に建物があること自体しらないんです。

  分からないほうがいいんです。山菜泥棒がこないので。



■ 話は変わって、夏が暑ければ植物も元気です。
  
  クルミは元気に大きくなってきていますね。
  
  リスは大喜びでしょう!

  今年は、毎日がパーティですね。クルミパーティです。



21年7月12日 069


    今年は僕もたべるっかね、ウイスキーのおつまみに
    



会社にムクドリやってきました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 会社にムクドリがやってきました。
 集団でくるのでムクドリですよね?ツグミかな?

 虫を捕まえて、電線の上で食べていました。
 わりと、人なつこそうです。

 どうも、野良猫を飼うようになってから、動物に
 警戒されない工夫をするようになりました。

 すぐ近くに行きます。ハロー♪


21年7月10日 002



■ でも、部屋のネコは電線の鳥を見て、臨戦態勢!



21年7月10日 009


     ウニャ、ウニャとか変な声だして鳴きます。



■ 最近、年取ったので、リズム感なくなってきました。

  意識してJPOP聞いています。アイポッドナノでカーオーディオに
  USB接続です。

  2000曲入りますが、そんなに知らないって!!

  持て余していますが・・・・




21年7月3日 005



   でも、このごろ、全ての流行をなげうって
   レゲエでもハマルかと、思ったりすることがあります。

   自分ってそういう時、なにか危ないおじさんになりつつ
   あるような気がします。



夏鳥がやってきています

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 鳥は図鑑がありますが良く分かりません。

  一眼の望遠で撮影できれば、もっと何がしかの鳥なのか
  わかりますが。

  下は「イカル」です。サクランボウを食べていました。柔らかい
 
  実を食べるとのことですね。ズバリで、合っていますね。


21年7月5日 102



■ 次は「ベニマシコ」らしいです。大きさはスズメくらい。

  河川敷の低木林で開けたところにいるとのことです。
  これも解説とあっていますので、そうなんでしょう



21年6月18日 013



■ でも?鳥というのはミックスというのはないんですか?
  みんな同じ羽に模様があるのが不思議です。

   下のネコはミックスです。(というより野良猫なので当たり前)


21年7月7日 011


                ママはシャムネコですよ・・・・



■ 週末はモチロン、草刈です。
  
  草刈というより、密林刈りですね。

  

21年7月5日 087



  

  

小屋がこれで最後のバージョンかな

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ まだ小屋が決まっていません。業者も複数あります。
 何しろ土間コンといってコンクリートの床を作るので

 費用が基礎だけで半分を占めます。まあ、決まればできるのは
 すぐですが・・・・(自分ではしません)


fainal30.jpg


       シャッターが2つありますが、ひとつにしてドアを儲けるより
       このほうが安いんですね。で、こうなっています。


■ 屋根の傾斜をきつくしました。雪がすべって落ちるからですね。

   でも(悲しいかな)、積雪が3mくらいあるので軒下まで雪が
   来るのです。

   ということは、雪は屋根から落ちないということではないですか?


fainal31.jpg



■ なぜ土間コンに拘るのかというと、機械が入るからです。
  
  たとえば・・・・・

  このあいだ、組み立てました、中国製の30トンプレスです。

  5万円なんですが、良くできています。設計は日本人ですね
  これは。組み立てるときに説明書がないんです。

  最初は驚きましたが、説明なしで組み立てられるように
  設計されていました。

  
  これがないと困るんです。

  今、雪で曲がった単管パイプをはさんでまっすぐにしています。

  このほかに、金属材料を曲げる加工ができるんです。


21年6月28日 119


    男のガレージは、こんなものが一杯入るんです。
    
    見かけはガーデニングの納屋に見えますが、中は
    工場のようになるっちゅうワケです。

    ほいでもって、床がしっかりしていないとアカンわけ
    です。

      
        金がかかる(T_T)








    

川を作るのには蛇行させる

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ バックホーを沢に寄せたので、ついでに沢を広げました。
 あるところは深く、あるところは蛇行させて変化をつけさせます。

 
21年7月5日 036


■ そのほうが、流速が変化して川底が浅くならないのですね。
 真っ直ぐにしてしまうと、やがて土砂が溜まり、雑草が水中から
 生えて、決壊してしまいます。

 そこに生えてくるのがミズバショウです。



21年6月28日 010


■ 自然の川も地形にあわせて曲げてやると、浅瀬ができたり
 深いところができたりと、魚も住みやすくなります。


21年5月10日 107


■ 今では雑草に覆われて沢だかなんだか分かりませんが
 春に見るとちゃんとした流れになっていますでしょう。

  この沢は山の上から流れてきていて、山腹の中腹から
  水鉄砲のように流出しています。(探検してきました)


21年5月3日 047


■ 冬に溜まった雪が時間をかけて地面に浸み込み
 それが出てくるものですが、年間を通して不思議と枯れることが
 ありません。雪の量は毎年違いますが、水量はいつも一定して
 います。
 
 不思議ですね。

 とっ、言うよりせっかくの恵みなので、もっと綺麗な流れにしてあげたい
 ですね。


  (いや、本当にマジで考えて、ちゃんとやれば、それはもう
   美しい小川ができるんですよ)








お父さんの為の重機講座(そのいくつか)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 時間に余裕ができてきたので機械の整備に入っています。

  ミニバックホーが動きません。バッテリーは昨年購入しました。
  バッテリーテステーでチェックすると、良です。

  となると、セルモータしかありません。10年前に修理しています。
  あれから50時間も使っていないのに、動かなくなるのでしょうか。

  それが、唯一の不安材料ですが、とにかく外しました。


21年7月5日 075


■ カバーの板金を外そうと思い、ボルトを緩めましたが(M8)、10本のうち
 5本くらいが折れてしましました。(ボルトが中でさび付いてるから)

 まあ、5本くらいでとまっていれば良しとしましょう。

  しかし、相当のボロです。板金が錆びてきて穴が開いても不思議
  じゃないです。

  でも機械本体は何でもありません。機械とはこういうものです。


21年7月5日 074


    果たして・・・・治るのでしょうか? それは次回へ


■ もう一台のUH02で畑を作りました。
 
   バケットで雑草の根をとり、地下30cmくらいまで掘り起こし
   ました。そのあとに、耕運機で攪拌して、ウネをきります。

   花畑、一丁できあがり!(ヒマワリとコスモスを植えました。


21年7月5日 095


 
■  かねてから、そのままにしてある側溝に排水管を埋めました。
  この上を重機が横断するためです。


21年7月5日 042



■ このUHもまったくのポンコツです。(自分的にはポンコツではない)
 しかし、実によく働いてくれます。

 この重機に乗ってる分には、本当に疲れるどころか快感ですね。

 いくらでも運転していられますね♪

 願わくば、新車に近い中古で、クーラ付きであったらさぞかし
 いいんでしょうね。

 そんな贅沢は言いませんが、ちゃんと動いてくれれば満足です。
 見てください、リリシイじゃありませんか。

 
21年7月5日 041



   ポイント:

   ディーゼルはエンジンを回せば、圧縮熱で点火します。
   セルモータが壊れた場合は、坂道に停車させて置くという
  
   方法があります。ギヤをいれブレーキを離すと、動き出しま
   すので、坂の途中でエンジンがかかるというわけです。

   仕事が終われば、また坂の途中に停車させておけばいい
   訳です。(修理している間の非常時だけですよ)

   ただし、油圧モータで動くものは別です。これをやっても
   エンジンは回りません。ですから、バックホーはだめです。




草刈の日々が・・・

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ またしても草刈をやってきました。一体、いつまで続ければ
 いいのでしょうか?

  とにかく雑草も必死です。それを片っ端から切っていくのですから
 雑草も根負けするでしょうが、切られても伸びてきます。

21年7月5日 025


■ 草刈ですが、笹刈りよりははるかに楽です~♪
 この2日で3時間くらいでしょうか、この程度の時間では

 お茶の子サイサイです。


21年7月5日 052


■ 笹はチップソーじゃないと切れませんが
 草はナイロンコードでやります。フキもウドもナイロンコードで
 やりまくります。


21年7月5日 056


■ ナイロンコードで上から粉々して粉砕していきます。
 チップソーだと切り倒すだけでしょう!


21年7月5日 026


■ だけど、どこまでやればゴールがあるのか
 だんだん分からなくなってきました。

21年7月5日 054



   でも、今日は森の歩き方がわかってきました。

   耳です♪15年目にして初めて気がつきました。

   コンコンという音はキツツキ

   バキッ、という音がしたらリスです。

   森の中へは目じゃなくて耳で入っていくんですね。


   注意すればいろいろな音が入り乱れていますが

   良く聞き分けると、いろんな音がわかってきました。

   森の中に入って、ジット耳を澄ますと

   わかってきますね。耳ダンボにしてください。

 


白樺はパイオニアプランツ

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 白樺はパイオニアプランツと呼ばれています。
 荒野にいち早く先んじて、芽を出すからです。


21年6月21日 088


■ 荒野といっても地面がかきむしられると種が落ちて
 芽を出しますから、表土の変化が必要なようです。

21年6月21日 091


■ しかし、別にパイオニア精神が旺盛なわけではありません。

 白樺が葉を落として腐葉土ができ、土地が肥沃になると
 他の樹木が育ってきます。

 白樺は寿命が30年くらいしかないので、他の樹が繁茂
 しだす頃には、その役目を終えるだけです。


21年6月21日 008


■ 僕の森には白樺がまだ若い状態でたくさんありますが、いずれは
 違う樹にとって変わられます。


21年6月21日 035


■ 白樺がこういうふうにたくさんあるのは森がまだ若い証拠です。
 
  文学の白樺派というのも、どちらかといえばまだこんなイメージですが。

  北海道のような寒冷地では最後は陰樹と呼ばれる針葉樹で
  覆われるようになります。

  そうなるとウッソウとした暗い森になってしまいます。

  
■ 明日は山に行ってきます。
 
  今度は塗装の仕事が待っています。それとやっぱり、草取りと
  草刈です。草ばっかり相手にしているのが森の生活みたいのもの
  ですね。






森がモリモリ♪

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ オープンしてから、家庭菜園も終わり、重機も動いて
 落ち着き始めたころです。

 下の写真は、オープンのときの5月10日ごろです。
 雪も消え、さあこれから、やるかという気分のときです。


21年5月10日 067


■ すぐに、雑草も山野草も芽が出始めます。5月31日。


21年5月31日 108


■ 今年はまだ、草刈をしていないんです。
 ちょっと雑草が伸びてきましたね。ちょっと(^_^;)ってきました。6月21日。


21年6月21日 042


■ ああっ!!こっこ、うなると、もはや草刈というか
 なんというか・・・・・6月28日。

 そろそろ始めないと、道さえも埋まってしまいますが。

 あとは思い切って、しないかですが。

 笹を伐ってあれば一年くらいは大丈夫です。2年くらいやらないと
 笹が復帰するのでだめですが。


 それにしても、わずか一ヵ月半で、なんという森のパワーで
 しょうか!!


21年6月28日 109

  
    草で埋まってしまいますが。











家庭菜園はおおむねOK!!

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ このあいだキジバトにやられましたが、その他は順調です。
 一回目の雑草とりを軽くやりました。

 苗ものはいいですね。キャベツなんか、もうすでに
 美味しそうです。


21年6月15日 020


■ 今年の変り種ですが、森の動物たちへのおすそ分けと称して
 ネットの外に、2列、トウキビと枝豆を植えました。

 これは食べてもいいのですが、キジバトにやられる、育つ前に
 なくなってしまいますので((^_^;)、とりあえずはネットしました。

 危ない、危ない・・・・



21年6月21日 017



■ その後、キジバトは何を思ったのか、今度はヒマワリの畑に
 入って、ほじくり始めました。

    首を左右に振って、探すんです。すっごいですね。

    総勢、4羽くらい来ますから、ここも時間の問題でしょうか?


21年6月28日 073


    ほ、ほかに、虫とか一杯、あるだろうが、
    人様が植えたものをほじくりださなくても!!!

    えっ~、とか思いますが。