森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

森へ行きましょう♪

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 家の周りの雑木林は手入れができてきました。
 といっても、10年以上は経過していますが。
 正直、ただの成り行きです。こうしようと思ったわけでは
 ないです。なってしまいました。

21年6月28日 114


   本当に綺麗です、春から始まって紅葉まで、こんなに自然が美しいもの
   とは思いませんでした。
   
   
21年6月28日 017


■ それにたくさんの生き物がいます。ウジャウジャいます。
  森の中で孤独感を感じたことはありません。
  

21年6月28日 079


■ それでも手が入っているのは本の少しで、森の上を見上げるたびに
 あすこに行きたいと思うのですが。踏み込んだことがありません。↓
 なんか、怖い気がしますね。

21年6月28日 102


  あの中は、一体どうなっていて、何が住んでいるんでしょうか?
  ちょっとした冒険心をくすぐらせます。

   将来は道をつけて散策コースしたいです。

  僕の目標は一周する道を作って、おやつを持って
  まわってくることです。

   鳥やリスが一緒についてきてくれれば
  もう最高ですね。

  (あっ!好奇心が強いので、気に入られたら、ついてきますよ
  この間は、キビタキとリスが先回りして待っていました)



21年6月28日 021





  

お父さんの為の重機講座(そのいくつか)

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ ブルドーザが直りました。
 原因は、まあバッテリーでしょうか。何しろ冬季期間は
 使わないので、古いバッテリーだと、上がります。

 充電機を持っていますので、充電します。10間以上かかります。
 この間、非常に神経質になります。

 なにしろ、使っているバッテリーが古いので


      ①充電中に爆発した。
      ②発熱してケースが膨れ上がった。
      ③希硫酸が充満した。


 過去に何度もあります。夜中に見に行きます。
 
 さすが今回は何でもないので、イケルという感触が!!!
 (熱が発生するのは、危ない証拠)


21年6月28日 107


■ このバッテリー、重さがひとつ20kgくらいありますので、とにかく重い!
 出し入れするのに、首からロープを引っ掛けて吊るわけです。

 分解して組み立てるのに3時間かかりました。


 
21年6月28日 038


■ こういうバッテリーは12Vを直列で24Vで使います。しかも電流は10A
 以上ですから、マイナスのフレームとプラスを接触させるとスパークします。

 それが火種となって、オイルまみれになっている筐体に引火して火事になる
 ケースがかなりあります。燃えると消火器を積んでいない場合は、全部もやす
 まで見届けることになります。


21年6月28日 037


■ このプラス端子にフレームを接触させないことです。
 これは冗談ではありません。うそだと思ったらドライバーで
 ショートさせてみてください、先端が半分ふっとびますから。


■ それはそうとして

  もう夏ですね((^_^;)

  緑が濃くなってきているし、日差しも強くなって
  森の中が恋しくなってきます。

  森の中は冷風が通っています。

  OH,気持ち~イイ  どうしてこんなに温度差があるんでしょう



21年6月28日 003



クルミはきっと順調かも?

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 今年のクルミのできはたぶん!順調なのでしょう。
 現在はこんな感じです。秋にはたわわな実になるのでしょう。


21年6月28日 094


■ 下の写真の雌花(赤い色のついている)が受粉して
 実になっていくものです。

  あんなに固くなるというのが、信じられませんが。


21年6月7日 064


■ これで、リス2匹が食べるには有り余るクルミができることだと
 思います。

  リスはこれが楽しみで、ちゃんとクルミが大きくなるのを観察にくる
 らしいです。まだ、来ている様子はありませんが。

  
21年6月28日 062


  
   今週の週末は暑かったです。26度くらいかな。
   それでも炎天下で仕事をするには、ちょっとうっとおしんですね。

   仕事をするには、冷夏でもいいかと、思ったりしました。
   なにしろ、バテルの嫌ですから。





徹底した草刈で生態系を変える

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 一度、安定すれば草刈はそれほど苦労はしないのですが。

  
  21年6月14日 025



■ 雑草というより、刈るべきは相当の相手です。


21年6月14日 055



■ 入り口の部分ですが、今年になって3回連続で刈っています。
  出てきた雑草を次から次へと連続して刈ります。

  後続を断って、一番背の低い草に置き換わるまで
  徹底して刈り続けます。


21年6月14日 054




札幌は真夏日30度

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 暑かったですね。大通り公園では噴水で子供が
 水遊びしていました。

  この時期になると池の中を覗きたくなります。
 水があるのはいいものですよ。


21年6月24日 029


  
■ 池は作れるならあったほうがいいですよ。でも、こんな大きな石を
 運んでくるには重機でないと無理ですが。

 運搬自体は簡単です。ただ、向きを合わせて、かっこよく配置するのが
 大変かな?一度、バックホーで吊らないといけないんですよ。

 石の底面に合わせて、地面を掘らないといけないからです。それが大変
 でしたね。


21年6月21日 028



■ 石がなくても土止めすればいいので池は作れます。

  でも石があると、永い年月のうちにコケも生えてくるし、木も生えてきます。
  石の上なので小さなままですね。(可愛い!!)

  白樺とかヤナギが育っています。まるでちょっとした盆栽みたいでしょう。


21年6月24日 030



■ ミヤマハンノキなんかはちゃっかりと来ますね。
 この樹は本当にどこでも現れます。

 この樹の生命力の強さにはあきれています。
 湿地帯を好む樹ですが、水の中からでもでてきます。



21年6月14日 068



   僕が唯一、薪にする為に伐る樹です。
   他は絶対に間伐もしないのに、この樹だけは伐ります。




本格的に(?)ガーデニングに入る

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ この時期になると、そうですね、いろいろな花が咲いてきます。
 増やそうというのはアジサイです。手間がかからないから。

21年6月24日 037


■ ↓は「知床の岬に♪、ハマナスの咲く頃♪」のハマナスです。

21年6月24日 024


■ 本格的には程遠いのですが、とりあえずは宿根草を植ました。
 耕運機でおこし、ウネを切って肥料をやり、種を植えます。


21年6月24日 018



 耕運機で庭を造るために、列状になるわけです。

 「これでは、畑だろうが!!」
 「その、通~りぃ!」

 先ずは、コンセプトとかいうものを考える前に
 花を植えて、咲かせてから考えようとするだけです。

 で、もってチューリップもただ、広範囲にあるだけ(汗)

 そのほかの花も基本的に、面倒なので適当に
 配置してあるだけです。





枝豆半壊、キジバト来襲

Posted by エバー on   8 comments   0 trackback

■ 枝豆の芽がでてくるのですが、キジバトにやられました。
 それよりも、ネットの周りに羽が散在していたので、よもやと思いましたが
 やはりです。(悲しい)

21年6月15日 021


21年6月21日 080



■ 数本だけだと思いますか?いいえ、一列全部です。キジバトの足跡がありますね。

21年6月21日 079


■ 油断していました。この単管パイプにしてからキジバトにやられたことが
 ないんです。それで、すっかり安心していて、ネットの下をまだ結んでなかった
 んですね。

   見た目、完璧に見えるんです。でもちゃんと下が開いているのを
 キジバトが見のがさないわけです。えらい!



      キジバトにとっては何よりもこの芽がではじめた
      枝豆が大好物なわけです。おそらく、一番の好物な
      はずです。


21年6月21日 083


■ しかし、しかし、し~かし

   なんで遠目にちゃんと芽がでいるのが分かるんでしょうか?


   でも、でも、で~も!!!!

   また植えなおせばまだ間に合います。

   大きくなって、来週が食べごろだなと、思っていたら
   鹿に全部食べられたよりは、ショックが幾分、少ないです。

   「キジバト、やっぱり恐るべし」


   ああ~悲しい

ホオノキの花が咲いています

Posted by エバー on   7 comments   0 trackback

■ ホオノキですね。大っ好きな樹です。というより
 これはもう、北海道には珍しいものですね。どうみても南国の樹です。
 良く、こんな寒冷地でも育ちましたね。それだけでもこの樹のすごさが
 分かります。


21年6月21日 025


■ これは蕾です。蕾たってこぶしほどありますからね。


21年6月21日 059


■ 花がすごい!まるでゆりの根のような花ですね!!


21年6月21日 023


■ 北海道といえば、エゾ松とかカラ松とかそんなものばかりですから
 落葉高木となると、珍しくてしょうがありません。

 母樹の周りに10本くらいあります。これはもう、どうみても樹じゃない
 ですね。

 広葉樹を最近は植えるようになっています、結構なことですが
 このホオノキを植林すると、森が変わりますよ。


■ 話が変わって、スケールが極小になりますが
 山野草も白が可愛いですね。


21年6月21日 097


■ それでも小さな花には小さな虫が飛んでくるんですね。
 ホオノキに合う虫がいるとしたら・・・・・

 それは大きすぎて、気持ち悪いかもしれません。





お父さんの為の重機講座

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■ いい天気です。気温25度で爽やか。
 (北海道で25度?)

21年6月21日 024


■ 小雨ありましたが、そのまま散策です。森の中は
 気になりません。また、新しい山野草が咲いていました。
 週代わりで交代します。どういう順番ですか♪


21年6月21日 084



■ 林内は少し草刈りをしないと荒れてきました。
 カタクリやエンゴサクの種を待っています。それが終われば草刈を。


21年6月21日 095


■ 今日は5回も散策してしまいまいた。
 なんと、リスを見かけました。カメラを用意したら、どこかに
 行っていました。良かったですね、この冬を乗り切っていたようです。


21年6月21日 013


■ さて前回のセルの修理も終わり、取り付けました。
 まるで新品みたくなっています。
 「かかるかな?」かからなければ、かなり原因は重症ですが・・・・

   一発、始動です。調子良すぎてエンジンが飛んで
   いくんじゃないかと、思いました。


21年6月21日 066



■ これで全機のそろい踏みです。

  オープンしてから、もう2ヶ月目なのに、まだ落ち着いていません。
  やっぱり、週末の田舎暮らしは忙しいですね。

  あ!チェンソーが動きました、(^_^;) 小道具は全てOkなようです。

   なんでウチの機械ってみんな、てこずらせるんでしょうか。
  アッタマ痛くなりますね。おかげでメカに詳しくなってるやない!


21年6月21日 063


      今年、初のジンギスカンを食べました。
      北海道人はジンギスカンですね。

      ちなみにタレはツケル派です。
      というよりも、大トロをヅケで食べるようなもので
      肉を漬け込んで食べるのは、あかんて!


    追伸:重機講座といいながらスペースがなくなって
        しまいました。セルモータを診断するための
        直結の仕方ですが、それは次回で。




明日は雨ですが行ってきます

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ どうも札幌も雨が週末になるとやってきたりします。
 でも雨の日は、部屋と車庫の片付ける日と決まって
 いますので雨でも行ってきます。

 
トトロ休憩


■ 楽しみは今年初めてのジンギスカンです。
 ベランダで食べますので雨が降っていなければいいのですが
 朝は5時起床の6時出発でしょうか。

 それもやや遅れて7時かな・・・(それは遅すぎです)


ジンギスカン


■ それでは行ってきます♪



ターシャ・テューダの一周忌

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

■ ターシャの命日が18日の今日ですね。アメリカでは別に一周忌とか 
 のイベントはないようです。公式サイトにも何もありませんでした。

  あれからもう一年ですね。ターシャの命日は一生忘れないんです。
 翌日が自分の誕生日なんです。これも何か関係があるといいのですが。
 何もありません。

  ただ、前にも紹介しましたが僕の森の緯度はターシャの森とびったり
 同じなんです。実に光栄ですね。


june18.jpg


■ 今見ても綺麗な庭ですね。
  ガーデンテクニックのボーダとかミラーリングとか、そういうものは
  まったくないのですが、絵画を描くように花を置いていっているわけ
  です。本来的に植栽を意図的に配置するのは好きじゃないんですが
  ターシャも同じです。

   でも、いつも庭を見続けていると、ここにこういう花がとか、こういう色
  とかが、自然にわかってくるんでしょうね。

   それでいいんだと思いますね。管理されて綺麗な花畑もいいのですが
  花が幸せそうじゃない。ここはみんなが生き生きとしているのが感じられ
  ますね。僕はこういうのが大好きですね。

   ターシャの周りには動物も含めて、全てが幸せに満ち溢れているように
  見えます。





  

草刈を続ける理由その1

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 毎日、雑草の草刈を記事にする珍しいブロガーですが・・・・

 今回は、ノリメン(傾斜地)での雑草刈りです。ここは傾斜地
 なので難しいんですね。時たま、すべってひっくり返そうに
 なります。(長靴では無理ですね!安全靴のように底が固いもの
 のほうがいいみたい)

21年6月10日 015


■ ↑の写真の三角のところを刈っています。↓がその跡です。


21年6月14日 054


■ 実は、大切なポイントでここのところからエゾエンゴサクが写真左手に
 進行していけないんです。エンゴサクは球根ですが、種で増えます。
 葉っぱの大きい雑草があると着床できないんです。

 ここを突破して欲しいわけです。今年まではこの通りです↓
 エンゴサクがそこで止まっているのが、分かります。


e2.jpg


■ 今年は丁寧に仕上げますので来年以降、ガンガン来て欲しいです。
 エンゴサク、頑張れ、領土拡張して。西へ移動してこい!!


19年5月20日 075


 エゾエンゴサク 「OH!行くぞ、種を飛ばせ!今がチャンスだ!!」


■ カタクリ  「さあ!私たちも行くのよ!!分かっているわ!
          力の限り、増えていくわよ」



21年5月19日 067


   さあ!一緒にいこうよ。






草刈&芝かりin森の中

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ ウッソウとジャングルのような森の中で
 ゴルフのグリーンのような芝があったら、そこは
 変なところです!見てください♪かなりやっていますね!↓


21年6月15日 002



■ 池の周りは優先順位が最高の草刈場です。もう半分はコケ状態です。↓


21年6月14日 064



■ 道路もほとんどコケ状態です。両脇にやや雑草があるだけです。↓
   (コケは傷をつけないようにして、草を刈るんです)

21年6月14日 069



■ 入り口のところです。もともとは芝じゃないので綺麗には
 なりません。全体的には本当の雑草ですから。↓

 サッカーグラウンドのようなワケにはいきませんが、気持ちいいです。

21年6月14日 059



■ 横の庭もその奥も綺麗になっています。


21年6月15日 004


  本当に6月の森はこんなですから気持ちがいいです。

  雑草はチップソーで刈ってから、ナイロンコードで
  地面を叩くようにして、さらに2段構えで刈っていきます。

  もう、どこまでも、刈りつくして、全~部!!
  綺麗にしてやりたいですね。どっこまでも。

   森をピッカピッカにしたいです。



   

メス鹿到来といっても

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

■ どうやら、1頭だけのようです。
 昔、ここにきていた3頭の家族のうち
 一番下の娘が一人だちしたんでしょうか。彼女です!


21年6月14日 078


■ 雨まじりの午後5時ごろですから、やや暗でボケ気味ですが。

 最初はなにやら、こっちのほうを様子みています。でも方角が
 違う。どこを見てるんだろう・


21年6月14日 076


■ この子だったのですね、足跡は
 畑の中のをうろついています。

   おかげでツルバラ6本のうち5本が枯れてしまいました。
  トゲを残して、綺麗に枝の皮をはいで食べてしまうんです。

   そんなにバラの皮は美味しいのでしょうか?


   バラはもう諦めました。
  今年は菜園の外に枝豆を植えています。食べてもいい代わりに
  花を食べなくなるでしょうか?今年のこころろみです・・・・







  

山野草の繁茂が続く

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 土地の栄養がいいせいか、イタドリを切りまくると
 可愛い、知らない野草が一杯増えてきます。

 
21年6月14日 043


■ 種で増えるので環境がよければ一気に一年で
 見違えるように増えます。特に下のこれは昨年まで
 なかったのに。


21年6月14日 044


■ でも草刈する時に、残しておくべきか
 切ってしまうか悩みます。最近は綺麗な山野草を残して
 草刈します。もちろん、失敗して切ってしまうことしかりですが。

21年6月14日 010


■ 話題が変わって、埋没しているブルですが、まだそのままです。
 家庭菜園、その他で落ち着いてからです。

 それに今はまだ地面が乾いていません。


21年5月10日 078


  がっ!!

  なるべく早く現地に入らないと
  ミズバショウが、こんなになっちゃいました!って、化け物になっています。

   これって草刈するのも、なんか気持ち悪いんです。


21年6月14日 037



バックホーのセルモータ修理

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 冬が終わり、バックホーを動かしました。
 無事エンジンがかかり、ラッキー♪状態でしたが

 翌週にエンジンがかかりません。これはきっとバッテリー
 だと思い、新品を買ってきました。(充電したのはだめだったので)

 でも、動きませんでした。あれ~!!

21年5月19日 027


■ キースイッチは動きます、というかバッテリーリレーが動くので
 電気はきています。となると順番でセルモータです。

 取り外しは簡単で普通はボルト2本から3本を緩めると、脱着できる
 ようになっています。↓


21年6月10日 022


■ 今日、電装屋さんにみてもらったら雨水が入っていてブラシがだめに
  なっているとのことでした。メカ部品は交換しなくてもいいから、とにかく
  電気まわりでいいよ、安くしてって、お願いしました。


   これがセルモータです。↓


21年6月10日 020



■ 僕は重機の免許は持っていません。(本当か?本当!)
 業務に使用するのでなければ、いりません。

  重機も検査みたいなものはありません。あるのは特定○○検査というもので
 実態は書類のみ。これも国の仕事をする以外には必要ないんです。

  つまり、自分の敷地で使うなら自動車だって、無免許で運転できます。
 道路に出るから道路交通法上の免許が必要なわけです。

■ ですが、きちんとした自己管理は必要です。使い方によっては命にかかわり
  ます。それに子供さんが運転できるものではないと思います。

  重機と聞かれると、みなさん引かれますが、実はお金もかからない
  ものなんです。車みたく税金もかかりませんから、一生ものなんです。


  
     運転は車より簡単です。説明を聞いて5分でOKです。
    
     ただし、バックホーの場合は本体の旋回が早いので
     これだけは注意です。僕も、回転しないと思って後ろを

     みたら、立ち木にぶつかってました。それはみなさん
     実によくやります。




セミを見つけました!

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ この時期にセミが?早いのですが調べたらこの時期
 らしいです。名前は「エゾハルゼミ」らしいです。なるほど
 春のセミか!

21年6月7日 010


■ 白樺の木に抜け殻が一杯あります。


21年6月7日 008


■ 白樺の根元に幼虫がいたわけです。それが
 そのまま上がってきて脱皮ですね。


21年5月31日 014



■ このフカフカの腐葉土っていかにも住みやすい環境に
 見えますね。どうやら、エゾハルセミに気に入られたようです。↑


21年6月3日 009


■ 白樺って綺麗ですね!!大好きです。

  傷を付けるとシロップがでてきますが、かすかに甘いといえるだけで
  ただの水です。
  ほとんどの昆虫は反対側のミズナラの樹液に集まります。
  そっちのほうがすごいですよ。

  虫同士のバトルになっています。クワガタVSカブトムシとか・・・



ひたすら草刈です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 今はスズランが咲いています。すっごい良い匂いがしますね。
 そうとうの面積で咲いていますが、雑草にやられて可愛そうな状態です。
 全体像は写真ではお見せできません。おぞましい!


21年6月10日 006



■ 笹刈りもそうですが、雑草刈りです。
 チップソーでキーンと言わせながら笹を伐るのと違い、雑草はナイロン
 コードでやりますから、みるみる綺麗になりますね。


21年6月10日 017




■ でも、ここは林内と違って、雑草が伸び放題でしょう。
 結構、大変ですね。


21年6月10日 015



■ それで、ここは日当たりがいいので陽樹を植えます。↑

  それも広葉樹で落葉樹で陽樹がいいわけです。
  クルミがそうですから、ここではズバリですね。

  白樺もそうです。なので白樺の細いの持ってきます。

  あとは植林してあるカラマツをここに持ってきます。
  カラマツは意外ですが針葉樹で落葉します。それで陽樹です。
  ばっちりです。



■ それやこれやで、腐葉土が溜まってくると、秋には見事な林床が
 できてくることになります。しかも、カタクリやエンゴサクもここに
 現れるわけです。これは、もう実に美しいです。


20年9月1日 106



 

池に魚が欲しい今日この頃です

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■ そろそろ以前のように、池に魚が欲しくなりました。
 魚がいないと寂しいです。

   池の周りには樹を植えていますが、これは魚が隠れる日陰を
 作ってやるためです。

  イワナは普段は岩の中に隠れていますが、雨になると回遊をする
 ようになります。水面が雨で荒れるので、自分の姿が見えないと

 安心するんですね。でも、上からみるとバレバレではっきり見えます。
 魚って愛嬌がありますね。


21年6月7日 019


■ すぐ近くに喜茂別川があります。入り口から歩いて50歩です。

  今はまだ水が多いので無理ですが、ここから連れてきます。

  方法は未定です。なにしろ釣りはできませんから。((^_^;)

  森の中は生き物が一杯状態にしたいです。

  動物の楽園にしたいですね。もう大好きです動物が。



21年5月31日 076






クルミの樹が順調ですかね?

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ クルミの樹に花が咲きました。赤い花はメシベで秋に実を
 付けます。

  下に垂れ下がっているのはオシベです。今のところ順調のよう
 です。何しろ、昨年は一個のクルミの実もできませんでした。
 (なぜ、どうして?)・・ドングリも・・・

21年6月7日 064



■ この木にクルミができると、リスにとっては1年分くらいあるんじゃ
 ないかと思います。1000個以上です。(1日何個食べるんでしょうか?)


21年6月7日 066


■ まだエゾリスを見ていませんが、昨冬はそうとうヒモジイ思いを
 したはずです。熊がね、食べ物がなくて里にくるというのも分かるんです。

  山にはもっと動物たちの餌になる広葉樹を増やして欲しいものです。



■ ポピーが咲き始めました。ケシ科の花です。
  さすがイチリンソウなんかと比べてどぎついですね。


21年6月7日 002



     今年は宿根草を植えるつもりですが
     買い付けしていないので、タイミングを逃すかも
     知れません。(もう遅いのだろうか?)


     苗と種はもう植え終わりました。



土日連ちゃんの草刈です。

Posted by エバー on   9 comments   0 trackback

■ あいにくの雨です。大雨じゃないですが、ちょっと寒い感じです。
 家の中では薪ストーブたいていました。

 この薪ストーブで薪を燃やすと、あたり一面にいい匂いが
 するでしょう♪ スモークってどうして食欲をそそるんでしょうか。


21年6月7日 038

       今年は燻製をもう一度やろうかな。前回失敗してそのまま


■ イチリンソウの次はニリンソウが来ました。ちゃんと順番に来ますね。
  それにニリンソウって背が高いので、周りの雑草より上に出るんです。
  

21年6月7日 003



■ 家の周りは、チューリップが終わり、スイセンの2番目が咲いています。
 (名前は忘れました)


21年6月7日 067


■ それで、思ったんですけど、今は周りが真緑なわけです。そうすると
 こういう白い花ってすごっく目立つんですね。早春の時にはピンクとか薄紫
 が綺麗でしたね。

  でも、周りの濃い緑に負けない色として真っ白というのは実に清楚で綺麗ですね。
 今の時期に一番、あっているん感じです。来週はスズランがこういう色ですが。

  花の色というのも周りの色にコーディネイトしていますね。(本当かよ?)



■ ところで、週末の仕事は草刈です。

  先週もそんな事言ったような気がしますが。とにかく草かりです。
  何しろフキとかイタドリは1日に10cmくらい伸びますから、10cmでカットするか
  来週に70cmになってからカットするかの、違いは大いにあります。



21年6月7日 061



   結局は2日で約5時間くらいは草刈です。フキとかを切りますから
   中の水が顔に飛んできて、ビジャビジャです。

  
   追伸:このクルミの下を刈っていますが、もう笹はありません。
       そうなると草だけですが、徹底して刈ると、どうなるのか?
       は、まだ未体験です。腐葉土があると分かりますが。

        でもこういう日当たりのいい更地で徹底的に草刈して
       いくとどうなるのか?

        最悪の場合は一生、それを続けることになりますが(汗)
       経験的には芝生のようになります。(果たしてそうなるのか)

        草刈から開放されるのでしょうか?来年なれば分かります。




木材は腐るという巻き

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 木材は所詮は土に帰るものなのですね。
 橋は陥没しました。↓

21年5月24日 025


■ 庭のボーダは今年の雪で崩れてしまいました。もともとは
 廃材なので半分は腐っていたようなものですが。


21年5月31日 146


■ 地面においてある渡り廊下みたいなものは、もう成り行きで
 ほとんど土に同化しているようなものです。

21年5月31日 088


■ これもそうですが、腐朽菌でぼろぼろになるものです。


21年5月31日 095


■ これに限らず、階段も柵もいつかはぼろぼろになりますね。
 そのたびに、作り変えないといけないんですけど。

 わりと面倒で、時間があればレンガとかで作れるといいんですけどね。
 コンクリートでもいいですよ。

 ↓の写真は林の中においておいた踏み石ですが、いつのまにか
 コケが生えていい感じになってきました。

 

21年5月31日 119


   木のいいところは、この腐った木の中にカブトムシの幼虫がいたり
   カナチョロが住んでいたりと、住みかとしてはいいんですが。

   そろそろ石造りで考えないといけないと思ってきました。
   本当です。






   

草刈の週ですね

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ この時期は雑草が出てきますので、すかさず刈り払いたい
 ところですね。あとですると、レーキで刈り取った雑草を集め
 ないといけません。タンポポは綺麗ですが、種になる前に
 刈ってしまいます。

21年6月3日 011



■ クルミが順調のようです。これ1本で相当クルミがなりますから、リスも
 大助かりでしょう。この下も綺麗にします。向こう正面の土地も綺麗にします。


21年5月31日 066



■ そうしないと、あっという間にこのように↓


21年6月3日 005



■ はりきって草刈したら!刈り払い機が焼きついてしまいました。
 2サイクルですから、燃料切れと同時に焼きつきます。

 かなりエンジンが熱くなっていたのでしょうね、動きません。

 
        そういう時は、プラグを外して、エンジンオイルを
        入れてやればいいです。引っ張ったら、ちゃんと
        動きました。そのあとで混合燃料でゆすいで終わり
        です。若干、焦りましたが、こんなもんです。


        エンジンを熱くしてもいいですが、燃料が切れる前に
        補給したほうがいいということですね。

        これって、あたりまえですかね?




21年6月3日 001





チューリップが満開です

Posted by エバー on   8 comments   0 trackback

■ チューリップが一斉に満開です。
 特に拘りはないです。どうして列状に植えているかと言うと
 耕運機でウネを切ったあとにやるからです。(何にも考えていない)

21年5月31日 141


■ そろそろガーデニングデザインを考えたいのですが、とりあえずは
 ただ植えた!というのが我が家の庭です。これは本当です。
 だってメインは家庭菜園ですから。


21年5月31日 048



■ しかし、野草のほうがいろいろあって興味が湧きます。
 オオバナノエンレイソウがかなりあります。可憐で白く、綺麗です。
 前回も書きましたが、花を咲かせるまでに10から15年です。

 き!きっちょうですね。最近はこのエンレイソウが愛おしく思えてきました。
 し、しっかも群生化しつつある!


21年5月31日 144



■ 今日はわけあって、現地に行ってきました。ボイラーが壊れたので
 町の修理屋さんとおち会って、見てもらいまいました。


 残りの時間を草刈に費やしました。すごいタンポポだったですね。
 でも、なんかタンポポも本当にただの雑草だと思えなくなってきました。

 古い重機と一緒に撮影すると、ジブリ的なイメージが湧いてきますね。

 誰も相手にしてくれなくなった、古いバックホーの周りをタンポポが
 優しく取り囲んでくれるなんか、自分でも、悦にいって笑ってしまい
 ました。ちょっと、いいなこんな感じって。



21年6月3日 018


  絵柄がとても優しいですよね。野草もいいかも知れませんね。








北海道でもっとも好きな季節です

Posted by エバー on   8 comments   0 trackback

■ 芽吹きの季節は一番好きです。
 特に白樺の葉っぱは黄緑色をしていますので
 森全体が、いい♪感じになりますね。

 モネが最も好んで使う色です。

 
21年5月31日 012



■ 入り口の道路も何気に綺麗に見えます。普段は草ボウボウで
 ゲリラの活動拠点風になるのですが、昨年に刈った笹のおかげで
 なんとなく、リゾート風に見えますね。ウチの家族だけが使うMy道路です。


21年5月31日 084



■ 敷地への入り口です。タンポポが生えてきました。この坂をゆっくり
 登るんです。鳥が一杯地面にいて、気づかれないように

 そっと車で上がります。どうかするとトンビがいたりします。週末のみ
 行きますから、ウイークディは動物たちの天国ですね。
 (僕たちがいないときは、何しているんでしょうね?)


21年5月31日 073



■ エソエンゴサクは花が終わるとこんな感じになります。たぶん種を落とす
 準備をしているはずですが。↓
 それが終わるのを待っています。もうすこしすると草刈をします。


21年5月31日 013



■ 木々も芽吹きますが、↓のホオノキはさすが、普通の木と違って
  何がなんだか良くわかりませんが、変わっていますね。↓

21年5月31日 011



■ 今年最大の変化は「スミレ」ですね。
  カタクリやエンゴサクよりも、地面を覆いつくすかもしれません。
  グランドプランツとしては大歓迎ですが、急に増えてきました。

  とってもうれしいです。ひょっとすると全域をスミレで覆われるかも
  知れませんね。遅れてきた主人公とはスミレだったのでしょうか?
  それともイチリンソウが来るのか、激しい可憐な戦いが繰り広げられて
  います。


21年5月31日 128


   イヤー本当に気持ちがいいですね。明日は雨ですが、草刈に行ってきます。
   雨の森のなかって、めちゃくちゃ気持ちがいいですよ。
  

   
   

家庭菜園用のオリを作ります

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 耕運機で耕すと決まってハクセキレイが虫を探しに
 やってきます。何をたべるのでしょうか?ミミズ?


21年5月31日 037


■ まずは単管パイプを運んでまわりにおきます。これが大変で
 全部を終えるのに1時間くらいかかります。一度に両手で2本しか
 もてませんから、全部で42本を21回で運びます。一度に3分としても
 60分はかかります。


21年5月31日 031


■ 4隅のコーナには1mの単管パイプを位置決めで打ってあります。これは
 通年で動かしません。それを基準にして組み立てていきます。まずは地面の

 単管パイプを接続して、それから直交クランプで2mの単管を直立させます。
 これが単管パイプの便利なところで、一人で組み立てができるのは直交クランプ
 があるからです。


21年5月31日 029


■ あとは天井の単管パイプを組み立てていき、ネットを張り巡らせます。
 クランプのボルト頭に引っ掛けるだけです。あっという間にできます。


21年5月31日 016


■ これで獣類は大丈夫です。

 枝豆を植えました。来週には芽がでてきますので、キジバトが食べに来ます。
 その前に、今度は天井のネットを張ればOKです。

 このまま秋の収穫まで、この中で育てることになります。
 
 蝶々もこの中に入れないので、キャベツも無農薬で作れるわけです。

 

   ただ!

  これだと完全無欠の家庭菜園になってしまうので、動物の生態観察ができなく
  なっています。

  で、今年はネットの外に少しだけトウキビとか枝豆を植えることにしました。
  それで、ウサギがいるとかタヌキが食べたとか、ネズミに、鹿にキジバトに
  とかの観察ができるわけです。


  以前に比較して鹿以外が、どうも少なくなっているような感じがしています。
  前は本当に日中からタヌキの家族が姿をみせたりしていたんですが。


  命は全てが繋がっているのですから、動物たちがいなくなれば
  「どうして?」と、心配しちゃうわけです。