森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

スノードロップの咲く頃

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ この花はスノードロップといいます。和名は「待雪草」なのですが
 冬が終わり、春を告げる花です。なぜ、雪を待つ花なのでしょうかね。

  この花が好きで、白い花びらに緑色の斑点のある珍しい花です。


20年6月15日 065

     訂正:これはスノーフレイクです。和名は「大待雪草」ですから
     もっと雪を待っているのでしょうか。花びらが少し違います。



■ まだ、現地は雪の下ですが、すぐにでもカタクリが咲いてきます。
  週末の予定だけで行くと、もう終わっていたり、まだこれからだったりと

  わずかの期間しか咲いていないので、気をもませます。それに天気が
  良くないと、花を開いてくれないんです。

  エンゴサクは、こういう花ですから、天気に影響されません。
  家の横には、エンゴサクとカタクリが一緒に咲いている場所があります。

  後ろからカタクリ、前からエンゴサクですから途中でオーバラップすること
  になります。それが家の横で交差してくれます。エンゴサクはカタクリの
  咲く領域に侵入していくのでしょうか。



19年5月13日 038x


■ そんな、カタクリやエンゴサクも終わり、あっという間に木々が芽生えすることに
  なります。北海道の春は忙しいんです。



   
20年5月18日 091x



          今年は、週末ではなく、花の咲く時期に合わせて
          現地に行こうかと思います。



          写真はみんな以前のものです、
          今年はどうでしょうか、去年より増えている
          はずです。カタクリもエンゴサクも毎年10%くらい
          増えてきます。

          10年待つと倍になります。

          


ボンジョイントは使用禁止

Posted by エバー on   9 comments   0 trackback

■ バラの雪囲いですが、やっぱり折れました。
 予想されていたけど、その通りになりましたね。


21年4月25日 052


■ 単管パイプが折れているんじゃなくて、連結用のジョイントが
 折れやすいんです。建設現場では絶対に使用禁止になっています。

 (構造上に問題があって、改善しようと思えばメーカではできるんだけど)


21年4月25日 053


■ 以前に家庭菜園で使っていて、台風でも折れたことがあります。
 現在は、徐々に肉厚のパイプで連結するようにしていて、改造が施されて

 います。でも、工事現場ではだめでも、バラの雪囲いでも
 こんなにやられるんですから、油断禁物です。


21年4月25日 024



       でも、対策品の場合はボルトもしくはロックピンで止めないと
       いけないので、その穴あけ工事がいるんですね。φ10で

       あけますが、冶具を作っているとはいえ、ハンドドリルでやる
       ので面倒です。

       単管パイプを知っている人は分かる話ですが、普通の人には
       なんのことだかでしょうか?

       では今度、特集を。




シーズンIN2回目

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ こんなかんじです。雪があるけど、あったかいです。


21年4月25日 043


■ こんなかんじです。国道を走る車は夏タイヤです。写真ではそう思えないけど。


21年4月25日 047


■ 池はたぶん、あふれていますね。見えないけど。


21年4月25日 046


■ 一番、心配するところは窓ですが、相当に耐えてくれています。


21年4月25日 027





2009年シーズンINしました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 今日、(25日)様子を見に行ってきました。

  中山峠はまだ雪があります。スキー場はすべっていました。


21年4月25日 004



■ もちろん、入り口はまだ、雪があって進入はできません。
  でも例年に比べて半分くらいですね。↓ 地球温暖化です。


21年4月25日 010


■ こんな感じです。まだ雪が名残惜しい人は、いいかも。
 冬が楽しめます。親戚の子供連中が、ソリをしに遊びにきます。

 もう5月やで・・まったく。
 

21年4月25日 055


  特に問題なしですが、バラを鹿にやられてました((T_T)



散歩道を作っています

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 今、作っているところはこんな感じです。
  白樺の林に入っていくんですが、これではお世辞にも林では
  ありませんね。ウワッ!ナニコレっていう感じですが。
 
  あえてお見せしますが。↓


20年6月8日 017



■ この中に道をつけたいんですけど、白樺に沿って削っていきます。



20年6月8日 016



■  最初はこんな物ですよ森中は。下の写真は白線のように
  道を画策しているところですね。マッスグナ、ミチガ、キニイラナイ。

  それで、あとからあいている所に、白樺を移植するんですが、
  うまくいきますでしょうか?


      白樺なら生命力があるので、絶対に枯れないですね
      それに綺麗な林が作りやすいです。

      なので、無理やり白樺林に突っ込んでいっています。

 


20年6月8日 018



■ そうやって、暇に任せて飽きたら止めて、2年くらいほおったらかしに
  する場合があります。そんな、こんならでも、なるものはなります。

  周りは次第に開けてきました。↓


20年5月25日 030



   最後はここに住み着いて、馬でも飼ってみたいですが。
   
   ついでに、羊に、あひるに・・・・

   それは実現の可能性がかなり低いので想像するだけです。


   



森の改造

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 今年の仕事ですが、手直しがあります。
  ↓の写真のAのところを削ります。(見通しを良くする)
  同じくBのアーチをきつくします。


20年5月18日 036


■ で、フォトショップで描くとこんな感じです。↓


20年5月18日 036改


 え!あんまり変わんない?
   
   微妙なもんなんですよ。まるで絵を描くように、ちょっと、ちょっと
   変えていくんです。


■ それなら、ここのまったく同じ場所です。↓ 同じアングルです。
  最初は、こうなんですから。

  ね!ちょっと、ちょっとでも気がつけば、随分変わってきている
  でしょ。



foresta01x







検定試験について

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 日本にはたくさんの検定試験がある。この間、物議を醸した漢字検定も
 要は、金儲けと国からの補助があるので調子に乗ったのだろう。

  ちょっとネットで調べてみたら400くらいあるらしい。

 ものすごい数で、そのうち検定試験の種類を当てる検定試験なるものが
 でてくるんじゃないだろうか。

 「日本検定試験検定協会」なるものができて、なんだがわからなく
 なるまでやって欲しい。

 
 さらに、笑ってしまったが、「日本常識能力検定協会」というものが
 あって、「常識の検定試験」を実施していた。

 これを受けたいものは、一生懸命、常識というものを勉強するの
 だろうか?

 これは日本人の常識力を知っておこうとするものなのか
 もしくは、自分が常識的なことまでは知っておこうとするもの
 なのか?

 この2つは意味が違う。

   それに常識そのものが、この検定試験にないような気がする。
 たとえば常識検定1級というものが非常に難しいとしたら、それは
 常識というものじゃないわけで・・・・

 どっちにしろ、バカバカしいし、笑いのネタにしかならないので
 見るのもやめてしまった。


■ 札幌は2日続けて雨です。恵みの雨で結構なお湿りに
 なりました。







 

ポトフがうまく作れない

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 今朝は雨が降っているので外出できない。
 部屋の掃除が待っているが、嫌だから、ポトフについて。

 ポトフはフランス料理である。ポタージュとかポのつくのは
 そう。

 フランス料理の真髄は、常に創造的であることです。
 ポトフもじつは決まっていない。

 とりあえずはごった煮する。
 それで、汁と具を分ける。

 それでお互いに一緒になっている呪縛から開放され
 好きな道を歩み、可能性を探る。汁は汁で、具は具で料理する。

 付き合っているカップルが、とりあえず分かれる。
 それでいて、お互いに自由な道を選んで人生を経験する。
 再び、カップルになって、その経験を2人で生かす、という
 ものである。

 可愛い子には旅をさせるということにも似ていますね。


 だから、ポトフというものは汁が常に一緒であってはならない
 のです。フランスのある家庭ではその汁にときタマゴを

 入れて味を濃くし、ポトフの具をディップして食べるという
 のもどこかで聞いたことがあります。各家庭で違います。

 でも、やっぱりマスタードをつけて食べるくらいしか
 味わえないですね。考えついたら、名物になるかもしれないですよ。

 たとえば汁をフォンデユー仕立てにして、チーズで食べる
 とかどうでしょう。北海道っぽくできたら成功ですね。

 料理も創造性なんです。


    追伸:かねてからチーズフォデュでは具の種類が少ないし
       ポトフでは味付けがコンソメくらいしかできないので、  
       いい方法がないものかと・・・・




ポトフ01



  もう我が家ではストーブの火が消えるので、煮込み料理は
  終わりです。

  ちなみにシチューにも芋は男爵ですね。煮崩れしますから
  皮のついたまま、煮ると大丈夫です。食べるときにはがします。

  美味しいですよ。一個まま食べるのは。




森と動物たち

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 野生動物しかいません。
  当たり前か、住んでいないんだから。

  20年5月25日 019


■ でも、北海道くらいになると、敷地に放し飼いをしていても
  それはそれでいいという場合もあります。

  上野さんのところではウサギはいるし、アヒルはいるし
  とっても羨ましいですね。見てください ↓ 団体で遊んでいます。

  こういうのがいたら楽しいでしょうね。


ueno02.jpg




■ ネコは連れて行って放し飼いをするとどうなるのでしょうか?

  経験ありませんが、犬は大喜びです。最初に車から降ろすと、一周その辺を
  駆け巡ってきます。



MYcat.jpg


        ネコは安心して眠れるところがあるのが、一番の幸せのようです。








ポンコツ車おさらば!

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 車買い替えました。(契約しただけ)

 平成2年車からです。19年使ってしまいました。
 今度の買換え特例と免税で、50万近く助成金が出ます。

 今の車は7月車検ですから、20万くらいかけてまた2年使うより
 どう考えても、僕の頭では買ったほうがいいということになりました。

 この特例がなければ、どうでしょう。30万kmはいける感じがしてたから
 そのまま乗り続けていたかもしれません。

 要は「いい加減にして!買い換えろ!」ということですから
    「じゃ、買ってやろうじゃないか!」ということです。
 政府に感謝する気持ちはありません。頭にきたので文句をひとつ。


■ エコーじゃない。

  実は車は1500kgをこえると重量税(これもあやしい税)が上がります。
  しかし、今度の減税は1520kgをこえないと適用されないんです。

  したがって、各社、オプションを増やして(サンルーフとか)いきなり重く
  して、減税に対応させています。重くするほうに誘導しています。

  車は軽くして燃費をよくするのがエコーなのに逆じゃないですか。

  しかも、装備を増やして高価にする変わりに自動車取得税で減らしている
  わけね。本来的に消費税が導入された時点でこの自動車取得税というのは
  そもそも、なくなってもいいものなんですよ。いまだにある。
 
  車というのは、税金をぼったくりされている代表みたいなものですが、今回
  もすっきりしないわけです、自分的には。ものを大切にして大事に使うほうが
  エコーだったんじゃないでしょうかね。




Xcar.jpg


■ ↑の車です。ディーゼルです。少し高いのですが、エンジンが長持ちするので
  長く乗ると経済的なんです。

  とりあえずはエコーなSUVが我が家に来ることになりました。





単管パイプ運びで左ひじを痛めてました

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 昨年の10月に家庭菜園に使った、単管パイプを
 冬囲いの為に運びました。そのときに左のひじを痛めていたんです。

 ちょっとしたコップを持っても痛いんです。
 あれから半年間、ずっと治らなくてひょっとして、だめかもしれないと
 
 思ったりしました。怪我はよく経験していて、ある日突然
 治ったり。今回は半年間はいくらなんでも・・・
 治らないのは、年のせいか、(オイオイ)


20年5月11日 008


■ でも筋トレで直りました。関節痛はその周りの筋肉を鍛えることで、筋肉が
  ガードして治ります。

  腰痛、頚椎症、ひょっとしてひざ関節痛も筋肉トレーニングでカバーできます。

  形成外科ではそんなことは言いませんが、スポーツ科学では
  筋肉を鍛えておくと、予防に効果があるのは常識です。

 

pipe05.jpg

  

■ ぜひ皆さんも筋肉を鍛えることをお勧めします。それに筋肉の量が増えると
 太りにくくなります。特に胸(大胸筋)、太もも(大腿四頭筋)が寝ている間にも

 カロリーを消費するからです。僕は寝る前に体重を量り、起きてすぐに体重を
 量ります。約1kg減っています。汗では数百gですから
 かなり減りますでしょう。(現在、ダイエット中です~)


■ やっぱり、体も鍛えておかんと、怪我しますからね。
 怪我して休んでも労災は適用されませんから、ここは鍛えるしかないですね。



   追伸・ある程度ですよ。マッチョになると、あれは気持ち悪いです。
      不自然でしょう。



      あっちこっちで山菜便りが聞こえてきます。
      まだ、僕のところは雪の下です。なげえっ~!冬





入り口は草ぼうぼう状態

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 入り口はごらんのように草がボウボウです。
 笹は刈ってあるんだけど、そのあとに草刈りをあまりしていないんです。
 年2回くらいかな、それでも足りないんです。

gatetube04.jpg



■ そもそも、地面は綺麗に整地してあります。↓のようにです。(ほう!綺麗ジャン)


160508開始009


■ ここから、芝生のようにするとなると、年に10回はしないといけないですね。
 一度、そうなると背の低い雑草が密集してくるので、逆に背の高い雑草が

 生えません。それまでの間、ひたすら刈るのみです。でも、あんまり昔から
 する気がないのは、樹が生えていないし、腐葉土もないし

 綺麗になったからどうしたの?と、いう感じなんですね。



■ しかし、場所によっては不思議と、夢中で草刈するところがあります。
 何かに取り付かれたように。

 「ワタシタチノタメニ、ココノクサヲ、カッテクダサイネ」とか・・・

 こういうのが聞こえてくるんですね。↓ これはカンです!


   追伸:あと10日ですね、オープンまで。
       (機械、動くかな!?)




20年5月5日 061


  



別荘の入り口

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 建物の敷地は、国道沿いですが
 夏は白樺が生い茂って、建物が見えません。

 ここから入りますが、ちょっと見では分かりません。
 わかんないように、しております。わざと草ボウボウだぞ。
 入ってきたら、車に傷つくぞって。


GATE.jpg


■ それから、500mくらい、旧国道を走るんです。そもそも自分しか
 通りません。あとは、タヌキが。



20年6月29日 057


■ それからチェーンゲイトを通って、入り口はここからです。
 でも、国道からは見えません。誰も知らない敷地なんですが、世の中には
 どういうわけか、秘密風にしていると入ってくる人がいます。


sasa.jpg



■ 隣の敷地が実は知っている人です。その人の了解で、ゲートをさらに
 途中に儲けて、3重にチェックが入ります。


           電気の検針に来る人、ごめんなさい!

           かなり歩いてきます。

木の下で過ごすには

Posted by エバー on   6 comments   0 trackback

■ たまに木の下でピクニックでもしたいでしょう。
 北海道なら今頃、お花見です。

 本州の人ほどお好きではないですよ。とりあえずしますけど。
 横浜にいたときは、場所取りがすごかったですね。

 「関東何とか組」っていう看板があるんですよ、場所取りに。
 いかにも怖いお兄さんぽいですよね。

 でも、そのお隣が、「神奈川の第何とか機動隊」っていう
 看板があるのに笑ってしまいました。

■ それはそうとして、その木たるものは絶対に落葉広葉樹じゃないと
 だめですね。↓



20年9月1日 076


■ もっとすごいのは天空を全部が枝で覆われているような、横に枝が張っている
 木がいいと思います。最高ですね。↓


AA073_L.jpg


■ でも、それが針葉樹だったら、本当にあんまり面白くないわけです。
 カラマツの下でピクニックというのは、こんな感じです。


20年6月29日 067



   しかも、針葉樹って、中途半端に規則的に枝がでているわけです。

   いつも、数えてしまうわけです。

   0、1、1、2、3,5,8,13,21、・・・・・

   フィボナッチ数列ですね、意外と自然界というか植物にこの数字で
   できているものが多いんです。

   だから、いつも見ているとイライラしてきます。





雨の日の森

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■ 今日は札幌でも久しぶりの雨でした。

 ほんのちょっとだけど、植物には恵みの雨ですね。
 自宅の庭にはクロッカスが満開です。


■ ↓の写真は森の雨。植物が本当に気持ちよさそうですね。

  特に、苔は真緑(そんな色はないけど)に染まってきます。

20年5月18日 050


20年8月3日 008


■ でも、今日、会社で敷地の一部に除草剤を蒔いてしまいました。
 都会の植物には冷たい、僕でした。



北海道らしいアイスクリームとは

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ アイスクリーマを買ってから、週に3回は作っています。
 今日は、シャーベットです。

   パイン
   オレンジ
   バナナ
   オレンジキュラソー、グラニュー糖を入れてミキサーでジュースを
   作ったものです。

   それでパインの果実をカットしたものを乗せました。(タクアンではありません!)


ice01.jpg


■ 一番美味しかったのは、抹茶と小倉の組み合わせですね。
  あとは同じく黒ゴマのペーストと小倉のアイスクリーム。

  和風のほうが、贅沢ですね。

■ でも美味しくしようと思えば、やっぱり生クリームと黄身がいるわけで
  それ以上のものはできませんね。素直な感想としては。

  大人の味付けとしてはリキュール類に拘ると一味違います。

  ホワイト・オレンジ・ブルーキュラソー、ラム酒、ブランディー

  まだ試していませんが、ワイン、シャンパン、吟醸酒という
  方法もあります。


■ でも、新鮮な牛乳を使ったジェラートとなると、ああ!旨いっと思って
  しまうわけです。これを作りたいですね。

  
      もともとはセイコウマートで売っていた「北海道の
      牛乳100%を使ったモナカ」、実はあれに惚れたんですね。

      あれを目指すとなると、基本的にグラニュー糖じゃだめですね。
       (本にはそう書いてますがプロは絶対に違う!)
      甘いと思ってから消えるまで今は単純すぎるし、美味しくない。
    
      甘みに時間差がつくようにいろいろな種類を混ぜ合わせて
      できる組み合わせが存在するはずです。香水だって10種類
      くらい混ぜ合わせて、トップ・ミドル・ラストと匂いを変化させて
      いるわけです。食べ物というのは基本的に匂いと同じです。

      匂わないようにするとりんごとジャガイモの区別がつかなくなる
      んですね。味というのは匂いだとも言えるんです。


      砂糖だと何故か溶けきらないようなざらつき感が残るんです。
      やっぱり水あめを使ってみるかな?

      あの自然な甘さってどうやっているんですか?
      このへんが第一の壁ですね!!


 








森造りの基礎は笹刈り

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 北海道の場合は笹がどうしてこんなに多いのでしょうかね。
 タケノコにもならない笹ばかりで、本当に本州が羨ましいです。
 (タケノコにはなりますが、細い!皮をむくとなくなっちゃう)

 第一、あの太い竹は絶対にいろんなものに使えるでしょう。
 香港とかではビルを建築するときには、あの竹で足場を
 作るんですよね。びっくりしました。

■ そんなこんならで、文句を言ってもしょうがありません。昨今の
 笹刈り場所というと↓の所です。以前は2mくらいの笹がありました。
 笹の中に木が埋まっているわけです。木の根元を見ればわかります。
 笹がまだ密集しています。地面から数cmは残っているわけです。

  これを今度は、使い古して歯欠けしているチップソーに付け変えて
 地面の中に突っ込んで、切るわけです。そこまでしないとずっと残るん
 です。


20年8月17日 021

 
■ 一回に、刈れる広さは、おおよさ12畳くらい・・・・?
 そんなにできないかな。とにかく、それくらいしか、手作業では進まない
 分けです。特にチップソーの場合はエンジンに無理がかかるので
 長くはしません、危険だし。


■ それでも木の根元だけはきちんと丁寧に刈るとあとから見て気持ち
 いいんですね。たぶんですが、虫とかも卵を産むかもしれません。

 事実、白樺の根元はセミの幼虫が一杯います。


20年9月7日 030



■ 今のうちに綺麗にしないと、そのうちに山野草が生えてくるので
 そうなると、うかつに入れません。立ち入り禁止になってしまいますね。
 その後の手入れの仕方というのは、正直良く分かりません。

 カタクリでも生えてきたら、もうカタクリさんにお任せになります。


20年5月5日 062


■ 昨年はいいことがありました。笹を刈っていると、低木の木なんですが
 子供の頃に良く見かけた実がなっているんです。あれ?なんていう名前
 だったかな?と思ったら「桑の実」でした。本当は大木になるらしいんです

 けど、まだ背の低いままです。でも今度はこの実を収穫してアイスにいれる
 かなと目論んでいます。甘いのでブルベーリーより美味しそうですね。


20年10月13日 045


■ こんな風に、どんどん森の開削をして行くわけですが、次第に木が
 しっかりと姿を現してくるわけです。そうするとリスが来ます。

  鳥はもともと空を飛んでいるんで、笹があろうがなかろうが関係ない
 ようですが、地面を歩く動物にとっては歩きやすいほうが活動範囲が
 広がると思っていいですよね。鳥だって地面におりて虫を探すのも
 います。


■ 僕の森とかってに言ってますが、これは正確にいうと森には入りません。
 森ってもっとウッソウとしたところでしょう。

 地目から言うと、「原野」なんです。北海道の場合は原野といっても自然に
 木は生えますから、不毛の平原じゃないんですね。原野と聞くと「荒野」の

 ように思えますが、それなりに豊かな自然が満喫できます。でもこうやって
 笹を刈らないと、たとえまばらに自然木があったって、笹で近づくこともでき
 ません。その代り、笹を刈りつくすと、とんでもないいろいろな生き物が
 
 わんさかとやってきます。楽しみであり、事実楽しいです。


    現時点では、熊はいません。中山峠を越えてこちらに
    これないと思っています。峠越えしていないわけですね。

    熊だけは、勘弁してください。僕のところは鹿もとりあえず
    は数頭ならOKしています。


    追伸:リスですがこの間のNHKで警戒心がなく人なつっこい
    って言ってました。そんな感じも確かにします。でも、リスは
    ものすごい速さで移動できます。自然落下速度より速く
    木をおりてくるんです。だから、天敵がいなく、自信がある
    んじゃないでしょうか。余裕なんですよ、きっと。

     この間、道で出くわしたんですが、「なんだ人間か!」
     って無視されたときに、そう思いました。


春はやっぱり桜ですね

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 自分の庭を持つようになって、一番、後悔しているのは家の近くに
 桜を植えなかったことです。一度、ウサギにやられてから、植えなおして
 いないんです。もし、あの桜が生長していたらと、随分、思うことがありました。

 家族でも、「やっぱり桜がないとだめね!」と言われます。

 裏にあるんですけどね、↓


20年5月5日 084


■ 森の中にもあります。↓ 山桜です。

20年5月11日 029



■ 相当、大きな山桜もあります。自然に生えたものですね。↓



20年5月11日 032


    山の斜面にありますから、近くによってお花見するわけには
    いきません。


    こういうのより、道端に沿って数百本も植えたら豪華でしょうね。

    これから森つくりをされる方は早目に桜を植えることをお勧めします。
    年をとってからだと、なんか先が短くなってきますから、桜が
  
    成長するまであと20年とか言われても、微妙な気持ちになりますね。



ドングリの実が腐る

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 昨年なんですが、これはミズナラの木です。

 実は通称、ドングリですね。でも一個もできなかったんです。
 最初は、ドングリのような実ができつつあったのですが、途中で腐ってしまいました。

 あたり一体全部です。それにブログにも書きましたが、クルミができませんでした。


donguri01.jpg

20年7月13日 049


■ どうして、途中で腐ることがあるんでしょうか。病気ですか?

  なので、今年は心配しています。

  木の実の成長にちょっと異変があるように思えるんですが。

  ミツバチもそうでしたが、またいつもと変わらない森であって欲しいです。



         
         森の中で暮らし始めると、ちょっとした生き物の変化に
         敏感になりますね。池にサンショウウオの卵がなくなった

         んです。カエルはあったのですが、そういえばカブトムシも
         少なくなりました。

         街の中にいると何の変化にも気づきませんが、いろいろ
         あるんですね、森の中は。



■ レイチェル・カーソンの「沈黙の春」というものがありましたが、にぎやかな春に
 なって欲しいものですね今年も。




オープン間近です

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ もう少しでオープンです。この間まで冬でどうたらこうたら
 言ってましたが、あと少しで始まります。

 冬もあっという間に過ぎるものですね。

 すぐに何やるかというと、ブルの引き上げです。まったく、うっとおしい限りです。
 救出の為に山を崩して、更地を作ったのですが

 粘土の中に、ばっちりと埋まっているので、ウインチでも重機でも
 引き上げられません。

 そのために、水路を切って、粘土を乾燥させる手段をとっています。



F7.jpg



■ まあ、そのおかげで、↓のように池でも作れれば、その甲斐があったかな
 みたいなものですが・・

  もし、今回でもあがらなければ、どうしましょうか?そのときは0.7のバックホー
  をチャータしてでもやるんでしょうか。




F7J.jpg

                     オープンまであと2週間です




カメムシ対策のその後

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■ 昨年は見事に失敗しました。今年は別なアイデアで実験します。
 ところで、記事には一番書きたくないカメムシですが、下の写真のように

 週末にいくとごっちゃと室内に溜まっています。半分はてんとう虫ですが
 問題はカメムシです。臭いが、すごいですね。


kamemusi.jpg
              これはごく控えめな写真ですので本当はもっとすごい



  自分のところではクイックルワイパーを改良して3連の連結モップを使って
 います。(ガムテープと厚紙でこしらえたわりとイージですが・・・)

  まずは部屋に入るなりこれで、虫をよけて、とりあえずは歩く通路を確保する
 分けです。そうしないと歩くことさえもできないほど、床が虫だらけ!になって
 います。


■ 今日の話題はNHKの朝の番組でやっていましたが、なんと!このカメを
 集めてアルコール漬けにし、臭いを抽出している人がいました。


 びっくりしました、本人も笑っていまいたが、この臭いの成分と「森林」のある
 香りとが同じらしいんです。うまくいけば、それを開発できることがあるやも。


■ この話を聞いて思い出しましたが、皆さんも好きなあの「ジャスミン」の香りです
 が実はウンチ(糞便)と同じものなんです。えっ~ショックですね。

  何もウンチと同じじゃなくても、良いじゃないかと思ってしまいますが、主成分
 は「スカトール」という物質です。


  そのウンチのスカトールを集めて、薄くしていくと、ある時点でジャスミンに変身
 するんです!この希釈率しだいで大きく変わるわけです。


■ こうなると、あの邪魔者のカメムシも、森林の爽やか成分に変身する可能性が
 あるわけです。ぜひ、あの人に今後も頑張ってとエールを送りたいものです。


 あの人がどこまで耐えられるかですね・・・・・・・・・


    
         追伸:カメムシですが年に2回ほど発生するだけです。
         おおむね2週間くらいの我慢で、年がら年中あるわけで
         もないので、ご心配なく。対策としてはハンドクリーナで
         吸ってしまうことです。その中に消臭剤を入れておけば
         臭いも気になりません。殺虫剤を入れてもいいです。


ハチはなぜ大量死したのか

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 最近問題になっていますね。本屋に行って買おうかなと思って2000円だったので
 やめてしまった本です。その他にも結構、買ってましたから、パスしました今度です。


  ニュースなんかでも取り上げられていますから、ご存知の方は多いですが
  考えればミツバチもかわいそうなものです。問題は工業化された農業という

  ものに原因のひとつがあると考えられています。同情してしまいます。
  「なんだ~、お前も大変だったんだね!」


■ しかし、気になるのは昨年ですが、スズメバチを1匹しか見ていません。毎年
 設置するスズメバチ用のトラップを作らなかったんです。ミツバチ以外にもスズメバチも

 そうだということになれば、考えられる原因は農薬でしょうか?あのスズメバチは
 ダニにやられるような気はしませんが。



hanabati.jpg



■ 上の蜂はオオハナバチです。黒くてもこっとしたやつですね。刺しませんから
 愛嬌のいいやつです。これは花畑にいっぱい、例年と同じくいました。

  今年は心配ですね。蜂に頑張ってほしいと思ったのは、生まれて初めて
  です。



  

新年度が始まりました。

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 新年度ですね。普通の会社では新入社員を迎えて初々しい季節ですね。
 入るほうも緊張しますが、あれって受け入れるほうも実はドキドキだったり
 するんですよね。

   懐かしいですね、僕も紺色のリクルートスーツみたいの着てましたね。
   あれから、やっぱり太っていますので、この間着てみたら、パンパンで
   ウエットスーツ着ているみたいになってしまいました。スーツ違いです。



■  僕の会社も3月決算で4月から新年度です。もうこの次期にあって決算を
 ほぼ終えました♪早いでしょ、最近は入力項目が少ないので早く終わるんです。

  これを税理士さんに渡して最終の資料をお願いするんですけど、なるべく早く
 提出してあげると、喜ぶんです。5月末くらいになるとほぼ徹夜続きで、可哀想に
 
 なっています。僕の会社の場合はデータをエクセル形式にしてメールで送るんです
 だから、打ち合わせも殆どありません。今は普通ですが遥か昔からしています。

  普通は税理士さんが会社までやってきて、データを渡すんでが、いくら札幌市内
  とはいえ、それだけで数時間かかるわけです。その時間がもったいないので、デ
  ータもメールで済ませるわけです。最後は、実印を押印しないといけないのと、税
  理士 さんが納品という意識なので、直接会いにきます。4月の中には終わってい
  ます。



      「そして、ちゃんと、しっかり税理士報酬を値切っています」



■ 経済的なことを追加で。

 株価上がっています。ひょっとして日経が9500円を越えるとチャート上では
 上のつっかえ棒がなくなるので、1万数千円まで上昇してもおかしくないと

 思ってもいいんです。同じことをアナリストが言っていましたが、あくまでチャート
 上のことです。こういうチャートを信奉する人をチャーチストといいます。

 その手の手法は一杯あって、一目均衡表とかいうのもあって、やれ雲をぬけて
 晴れ間にでたとか騒ぐんですね。ほとんど関係ないですね。


     でも、そんな胡散臭い金の動きで実体経済もモロに影響をうけている
     わけです。

     就職もそのおかげで門戸が狭くなっているとしたら、希望をもって
     社会に入ろうとしている新人たちに申し訳ないですね。

     いずれは景気は元にもどります。新年度は夢をもって望みたいです。

     「森的に言いますと、才能を花開かせることです。しかし、最初から
     開いている花などありはしません。何事にも努力を惜しまずコツコツ
     とですね」