森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

9月の森

Posted by エバー on   7 comments   0 trackback

■ 8月の真夏日が終わり、9月に入ると涼しくなりますので仕事が
 しやすくなります。頑張りところですね。

 メインの仕事は家庭菜園の収穫です。枝豆は9月の初めから収穫できます。

 木も実がなり始めます。木も樹液がでるので、この時期は昆虫の天国です。
 クワガタもカブトムシもこの時期です。


20年9月15日 047



■ 森の開削はズット続いています。開削と言っても道をつけているだけ
 ですが、とにかく歩きたくなるような道を考えて作ります。

 散歩しながら鳥も観察しますから、木の下に道がないとだめなわけです。
 雨が降っても、濡れないように木陰に沿って道ができるといいんですけど。
 自然の場合はそうもいきません。


20年9月1日 030



■ 道をつけていて、大きな石が出てくると、ヤッターといって掘り出します。
 そのままにしていると、苔が生えてきて景観に溶け込んでくれます。
 
 木の次に石を重要視しています。



20年9月1日 024


■ ここも、眺めては削り、眺めてはまた削りです。今はたぶん
 池の形が気に入らないのでなんとかしようと思っているところです。

 いつ完成するのか分かりません。納期が10年くらいの仕事です。
 そんな仕事を普通でもしてみたいですね。

 納期だけは偉大なる芸術家なみです。



20年9月1日 025



■  動物たちも一杯いますから、楽しいです。昆虫も鳥も花も豊かな自然というものは
 生きているものが一杯いますね。生きているものが一杯いるから豊かなのでしょうか。
 
 小学生的、感想文ですが実感します。


20年9月15日 007


     あのリスのカップルは今年の冬を乗り越えてくれたんでしょうか
     胡桃がまったく、できない秋でしたから。




17年9月25日 004



       樹液が少なくなってきて、集まるカブトムシが減ってきました。
     原因はゼンゼンわかりません。そもそも樹液が出る樹でない樹が

     森の不思議になっています。





葉っぱはどうしてギザギザがあるの

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 葉っぱにはどうしてギザギザがあるのでしょうか?
 ないのもありますから、話は面倒になりますが、
 とりあえずは、どうしてあるのかということで。



momiji10.jpg


■ 葉っぱは光合成をしています。ですから葉の表面では二酸化炭素が吸収され
 出される酸素の濃度が高くなってきます。この層を葉面境界層といいます。

 つまり、葉の表面では,よどんでいる分けです。ですから、葉っぱがギザギザだと風で
 空気の渦ができるために、スッキリ爽やかなわけです。したがって光合成速度が

 上昇して効率がよくなるわけです。長い間の進化の過程でギザギザのほうが
 都合がよくなってきたのですね。


■ ただし、あまりこういう風にギザギザだと風で引き裂かれるリスクが生じるので
 その間で、妥協される形状が決まってきます。



momiji02.jpg


■ それと、もし葉が込み入ってくると、上の葉ばかり日光が当たって、その下の葉が  
 日陰になることがあります。でも、こうやってギザギザだと、下のほうまで光が当たる

 ことになります。それが2つ目の利点です。こういうふうに光が当たる環境を平均化する
 というメリットがあります。 ↑


■ しかし、もうひとつ考えました。落ち葉が腐葉土として役に立つなら風で飛ばされる
 ことを阻止すべきじゃないかって。だから、葉っぱにギザギザがあると、引っかかって

 地面に留まる可能性が高いんじゃないだろうか。その証拠に、白樺の枯葉は思いっきり
 風で飛ばされてなくなります。でも、白樺はパイオニアプランツでそもそも腐葉土を必要

 としません。という風に、想像しましたが、葉っぱの形状との相関関係はないようです。
 (残念!)個人的にはなぜイチョウがあのような葉の形になるのか興味シンシンなの
 ですが。



momiji04.jpg




  どっちしろ、木は風があるほうが光合成をしやすいなら、沢に沿って成長が
  早いというのは、その影響もあるかも知れませんね。

  風でサワサワしているなら、木にとっても心地良いのでしょう。

  見ているほうも気持ちが爽やかになります。

  今度はそう思って眺めることにします。

  
                サワサワ・・・ああ、なんか心地いい感じが








ボタニカルアート

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 田舎暮らしを語る著名人とくれば玉村豊男さんがいますが
 もともとはフランス料理の評論家だったですね、そういえば。

 その昔の、フランス料理の食べ歩きなんちゅう本を引っ張りだしたら
 あれ!玉村さんやん、なんて発見しました。


tamamura.jpg


■ その玉村さんは里山レストランなどを開業していまや成功を収めております。
 この人は昔、体が弱くて、血を吐いて倒れたこともあるんですね。その後、これでは
 いかんと、家庭菜園をやったりして、その後のご活躍は皆さんの知ってのことです。

  途中で絵を書き始めまして、俗にいう最初はボタニカルアート(植物画)で、さらに
 町並みもくわえたりしています。↓こんな感じですね。



tamamura2.jpg


   でも、これってジクレっとかいいましたっけ。要ははスキャンしてプリンターで
   印刷するもんなんですけど、家庭用と違ってまあ、違いはあるんですが

   これって一枚210,000円ですか!玉村さんいい値段してますね!



■ ちなみに下はうちのトウキビ(とうもろこし)です。
 毎年、作りすぎてほとんどが冷凍庫行きです。その結果は
 冬場のスズメの餌になって終わりです。


toukibi.jpg




森の腐葉土

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 秋には落ち葉がでます。これが腐葉土になりますが、良く分からないことが
 あります。↓の写真は見ればわかりますが、腐葉土のできるプロセスのサンプル
 見たいなものです。いかにも、これから腐葉土になりますっていう感じですね。


20年10月13日 211



■ ここもそうですね、大きい葉はホオノキです。↓


20年10月13日 184



■ どこでもそうです、一杯に溜まってきます。↓


20年10月13日 192



■ 近場でよく見ると、地面に接してこれから微生物で分解されますよっていうのが
 分かるような気がします。↓微生物のほかに昆虫類や菌類も一杯いそうな世界ですね。


20年10月18日 006


■ でも同じ、上から枯葉が落ちてくるにしても、下草が密集している場所では、良く見ても
 腐葉土がないんですね。

  草の上に留まっていて、そのうちに風で飛ばされるのではないでしょうか。
 ですから、腐葉土になるには地面と接してないと効率的に分解されないのでは
 ないでしょうか。

 その証拠に、笹の下には腐葉土はありませんし、下の写真でも芝生のような草が
 密集しているだけです。秋にはかなりの枯葉が落ちるのですが。

 良くは分かりません、そういう場所があるというだけです。今度、機会があれば
 調べてみてください。つまり、落葉があれば必ずその下に腐葉土ができるという
 のは条件次第ではないかといいうことです。



20年6月22日 018



       腐葉土ができると雑草が生えにくくなります、一部の雑草に
      とっては枯葉は邪魔な存在で、森の中ではそういうせめぎ合いが
      あるということなんでしょうか?




針葉樹はなぜ円錐形なの?

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 針葉樹はなぜああいう風にみんな円錐形になるのでしょうか?


18年5月27日 034



■ 良く見ると1本だけまっすぐに伸びています。鳥は余計だったですが
 これはカケスですね。実に考えれば変な止まり方ですが、問題は枝です。↓


20年10月6日 007



■ 実は稚木の段階ではまだはっきりとした樹形はできていませんが↓


20年6月22日 039



■ そのうちにこうなります。ニョキッと急に伸びてきます。


todomatu101.jpg


■ これは、先端の芽(頂芽)が、その下の側芽の上方への起き出しを抑制していて
 頂芽だけがまっすぐ上に伸びる「頂芽優先」という性質らしいです。

  広葉樹でもありますが、成木となるころには、その傾向が薄れていくので、複数の
 主軸ができやすく、結果はああいう風になるとのことでした。


■ たしか、この上の枝を切ると、変わりに隣の枝がまっすぐに起きてくるらしいですよ。
 やってみる気はしませんが。






重機について

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 広い北海道ではおき場所に困らない人は、重機を所有することができます。
 というよりも、それだけ広い場所なら除雪の為に重機がないと、他人様にお願い
 することになります。

■ 重機について一般的に説明をしておきます。普通は5年くらいで買い替えます。
 程度によりますが1万時間くらいがめどです。一日8時間、一ヶ月22日で 5年使
 うと1万時間になります。

■ 壊れるわけではなく、力がなくなってきたり、油圧ホースが劣化して仕事中に
 破損する可能性が高くなるからです。それで、お金のある人は5年くらいで入れ替え
 ます。原価償却も5年だったでしょうか。

■ 修理費と修理時間によるロスを考えると、このあたりから新しいものに したくなる
 わけですね。土木の場合はそうなので古いものを現場で見かけませんね。

■ 林業関係でも同じく重機を使いますが、5年を超えて使われるケースが多いよう
 です。途中で一度8000時間あたりで、オーバホールします。その後5000時間くらい
 は使うようでしょうか。ですから事業用としてはいつまでも現役です。

■ 土木のように車体にワックスをかけてピカピカにする人がいますが林業の場合は
 林内に入るために、立ち木にぶつけてボコボコになります。はなから外観を気にして
 いられるような機械でなくなります。窓ガラスは全部割れています。


■ 聞いたことがありますが、最新式の重機が居並ぶ現場に、林業屋さんの機械を搬入
 したときは、あまりの違いに穴があったら入りたかったとか。日立のEXではなくそのはる
 か前のUHというシリーズですから、製作がたしか昭和の最後のだったと思いますね。ジ
 ェット戦闘機の集まりにに0戦を持っていったみたいなもんですね。


■ 皆さんも国道を走っていて、妙に古臭いバックホーを運搬しているのをみたら
 林業屋さんのだと思って間違いないです。そういう世界なんです。


■ その林業屋さんの手放したのを持っているのが僕なわけです。




UH.jpg


             森の開削と家庭菜園用なら一生ものですよ♪





黄金の腐葉土

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 白樺の下の落ち葉です。これが分解されて腐葉土になります。

 しかし、恥ずかしながら物心つく年でも、腐葉土なるものの意味は
 知りませんでした。その昔から、落ち葉は集めて燃やすというイメージ

 があったため、森に入った当初も燃やしていました。(一杯ダイオキシン
 も摂取していたわけ)

 
19年10月6日 026



■ 知ってからというものは、落ち葉が堆積したときには雨が降るのを心待ちに
 するようになりました。濡れ落ち葉は風で飛ばされませんから。

 これが落ち葉が分解され始めた腐葉土です。「腐」とありますが、正確には
 腐っているわけではないですね。微生物で分解されているというのが正しい
 解釈です。ですから、無臭に近いです。


18年7月17日 046



■ さらにこうなります。イメージ的にはコルクみたいなものでしょうかね。


18年7月17日 047



■ これはみんな腐葉土のところです。「土」となっていますが、まったく土では
 ありません。ものすごい保水力でどんなに雨が降っても、全部を吸い込んで
 しまいます。↓

 このおかげで僕も雑草の下刈りしないで済んでいるので、腐葉土のお世話に
 なっています。緑色のところは苔です。

  もう腐葉土がいくらあってもいいですね!

18年7月17日 048


   しかし、木というのはえらいですね。
   毎年、感心します。

   何十年も見てきているのに
   飽きることがありません。

   シーズン近くになるとワクワクします。
   クルミを待つリスのような気分です。



■ ちなみに落ち葉になる前のクルミの葉です。
 綺麗な黄色ですね。食べれるといいんですが、食べれないですね。
 お菓子の森じゃないので・・・・


20年10月13日 080



  リスはクルミが大好物みたいですね。毎日きて
  どのくらい大きくなったかを調べるようです。

  どうやって分かるんでしょうか?匂いかな大きさかな?




8月の森

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 8月ともなれば、緑の濃さが違います。うっとおしくもあり
 力強くもあり、何れにしても一年のピークを森が迎えることになります。


20年8月3日 010




■ 最近は北海道でも30度を軽く越えるようになりました。
 でも森の中は爽やかです。


20年8月10日 110



■ 林の中は冷気が動いていますから、もともとは温度が上がりません。
 天然のクーラですが、マイナスくらいになってくれるとさぞうれしいと思いますが

 そんなに低くはなりません。でも5度くらいは違います。地面の湿気の気化で
 ヒヤッとします。


20年8月10日 106



■ 今までの写真とぜんぜん違いますよね。いかにも夏って感じでしょう。
 最近は本当に「北海道の短い夏」というのはなくなりました。

 子供の頃なんか、夏休みに30度を超えなかったこともありました。
 夏が一週間で終わりなんです。すぐに秋風が吹いていましたが

 今は違います。たっぷりと夏が楽しめます。ちょっと暑過ぎるときも・・・


20年8月10日 109



■ あんまり暑い日には上のため池をずっと眺めていると入りたくなるときがあります。


20年8月3日 011



■ 今年はアイスクリーマを買ったので、夏に朝から晩までシャーベットと
 アイスクリーム食べて、メタボになろうと思います。

 ブルーベリーとコクワと山ブドウのミックスでアイスクリームです。
 それにラムレーズンを加えてっと・・・・

 めっちゃ、美味しそうですね。それはあくまでお子様用で、さらに

 大人向けにはシャンパンでアイスクリームを作るんです。すっごい高級アイス
 ですよ。うわっ、楽しみ!!





今年はデジイチ買う年です

Posted by エバー on   8 comments   0 trackback

■ この間、やっと液晶テレビを買いました。自分の家は物持ちが
 すっごくいい家庭で、壊れない限り買い替えません。それがある日

 プッツンと映らなくなったので、しょうがないから買ってきましたら、
 映りがいいのってなんのって騒ぐことしかり。

 山田○○で買ってきました。そのときに価格comの最低価格を
 見せたら、「お客さん、この値段では無理ですよ!」って言うんで

 あんまりいじめるのも好きじゃないので、どれくらいになるんだと
 言ったら、端末ではもう値段がでてこないので、本部と折衝です

 とか言って、それなりの数字を出してきました。液晶テレビ自体が
 もう値崩れおこしているんで、こんなもんだろうと買いました。


■ 僕自身はテレビ見ないんで、どうでもいいんですけど
 今年はデジタル一眼を買おうかと思っています。

 もともとα7000というものをもっていて何十年前には一眼をいじって
 いましたから、撮影の仕方は知っています。

 そのときに交換レンズを3本持っているため、機種はソニーのαに
 ならざるをえないんですね。あんまり好きじゃないんです。

 ソニーは昔からメカニカルな音が良くなくって、シャッター音が嫌い
 です。その点はニコンですね。あの音で「飯が食える」という奴が
 いました。

■ 店頭で聞いただけですが、ソニーの場合は人の頭をカボチャで
 殴ったような、ボチャ!とかボコンとかいうあまり爽やかでない音が
 します。こういうのあまり得意じゃないんですね、日本のメーカって。

 ドイツなんかは車のドアの音だけ研究しているエンジニアがいたり
 するんですが。


アルファ


■ こんだけブログに掲載するんで買ってもいいかもしれませんね。





クルミの多感作用について

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■ 「ゲコりん&おやじ」さんのほうから、クルミのアレロパシーについて
 の紹介がありましたので、古い写真で検証してみました。

  
   注:アレロパシー(多感作用)というものはある物質を出して
     他の植物を排除しようという作用です。


■ まずひとつは、クルミのという木は林の中でも1本だけぽつんと生えている
 ことが良くあります。絶対的ではありませんが、うなづけない事もありません。
 ↓の写真もそうです。

20年8月3日 005



■ 良くクルミの木を観察すると分かりますが、枝が横に伸びて場所をとります。
 なので、白樺と違って密集したところを嫌がるのは良くわかりますね。一人で
 居たいわけです。ですから、なんらかのアレロパシーがあることは可能性があります。


■ 次にこのアレロパシーの物質「ユグロン」ですが、下草の生長を阻害してしている
 でしょうか。最近のものは僕が常に下刈りしているので、確かではありません。

 なので15年前の写真を持ってきました。まだ木も可愛く小さいですね。でも良く
 見ると下草の雑草はモコモコですね。この頃は刈り払い機で下刈りはしていない
 んです。↓


kurumiX.jpg




■  もう少し大きくすると分かりますね。これだとやはり草ボウボウですね。↓
 でも、僕の仮定なんですが、アレロパシーの物質は枯葉に含まれている
 んじゃないかと思います。そうすると、笹はだめですが、わりと背の高い

 草で密集していないものは、落葉が堆積しやすいんです。このほうが風で
 飛ばされにくいでしょう。隙間に落ちて地面に達するから微生物で分解
 されやすくなりますね。なので、同じ雑草でも好みがあっても不思議では
 
 ないんじゃないでしょうか。好みとは言いませんが全ての雑草に阻害作用
 がないかもしれません。イタドリが生えているのは見たことがありません。




20年9月1日 081



■ それとネットでユグロンを見てみましたが、クルミの表皮部分にあると書いて
 ありました。しかしですね・・・・仮にそうだとしても、クルミはリスがあっという間に
 違うところに持っていきますから、自分の周りに多感作用を発生させるのは
 
 無理だと思うんです。クルミの木の下にはほとんどクルミはないですね。

 どちらにしても、クルミを見たら思ってください。クルミという木は他の木から
 離れたがっていることは事実です。それで何か物質を出していることは間違い
 ないですね。森の不思議です。



kurumi3.jpg



■ 今年、僕にリスが少しだけクルミを残してくれたら、このクルミの皮で
 水溶液を作り、植物を発芽させて阻害作用があるかどうか実験してみます。



   追伸・クルミの木って好きなんですけど、横に張るので
       雪で折れやすいんですね。枝打ちがいるんです。

       写真でも見ても分かるとおり、折れているんです。






 

7月の森

Posted by エバー on   3 comments   0 trackback

■ 7月は家庭菜園が一息ついて、森に入ります。


 この時期に雑草を刈らないと8月に勢いづいてくるので、その前にします。
 大きく成長していないので、ナイロンコードの刈払機でコードを最大に長くして

 行いないます。これが結構危ないので、石があるときは注意です。飛びますからね。


20年7月21日 047

      次第に、うっとおしく雑草に覆われてきます。左のクルミの下は
      何にもしていなかったですね。↑ ボウボウ状態。



■ 裏庭です。ここはフキが生えてくるので、しないといけません。↓


20年7月13日 008



■ この右側は散歩道になりますから、かなり丁寧に刈ります。
 笹はもうほとんどとりつくしてます。↓


20年7月13日 014



■ ここはあえて、何もしません。森が深いので、どうなるのか様子をみています。
 変わった植物も多いので興味シンシンです。 ↓  シダ類もありますね。


20年7月13日 037



■ 森のゲートです。ここを上に開削していくと、沢へ通って山に登ることになります。
 途中までしか手をつけていません。道があったのですがふさがっています。


20年7月27日 022



■ この時期は重機でも開削しています。
 土地が乾燥しているので、重機での可能粋が広がっていますから。


20年7月21日 058



■ モチロンこの時期は野草も満開状態で蜂を誘っています。
 花のあるエリアは、草刈はしません。↓


20年7月6日 017



奇跡のリンゴ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 昨日に一気に読みました。200pありますが、読み通せます。
 以前にNHKの番組があり、人から聞かされていましたが、ここまで
 すごい人とは思いませんでした。

 ネットで見ましたが星文句なしの5つ、レビューにいたっては37も
 あります。

 レビューは書きません、たぶんご自分でお買いになると思いますので。
 間違いなく、お勧めです。



 kiseki.jpg


■ ついでながら書かせてもらえれば、全ての命が他と係わり合いながら
 お互いに支えあって生きていた、ということですが、家族にも守られ、仲間にも
 慕われなかったら、できなかったことでしょうね。




■ まったくの余談ですが、この人は技術屋ですね。僕もそうなので
 良く分かります。技術屋というのは常に、水平思考を使わないと
 いけないので、常識にとらわれることを嫌うんです。まずは物知り
 になるより、自分の頭で疑問を持つことです。それでバカにならない
 と壁は破れないんです。バカになれたこの人は幸せそうですね。
 この人はエンジニアになっても成功したと思います。
 そういう人ですね。


5月の森

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 5月は忙しいです。GWに別荘をオープンさせますが
 だいたい末までに耕運機をかけて、家庭菜園つくりをします。
 
  この時期は春モミジといわれ山が少し赤くなりますね。
 これまた綺麗でしょう!


20年5月18日 068



■ 裏の庭はまだ寒々しいです。これでも5月25日です。その年に
 よっても違いますが、昨年はこんな感じでした。


20年5月25日 019



■ 家庭菜園の単管パイプです。組み立て中。時間としては6時間くらいで完成
 でしょうか。一人で。ビニルをかけてあるのは、苗です。ナス、ピーマン、ETC
 夜に冷え込むので、暖かくしてあげます。


20年5月25日 011


■ 家庭菜園のブログはあまり書きませんが、いろいろ実は試しているんです。
 下の写真は昔のですが、地面に乾いて雑草の生えていない、土のところが
 2本ありますね。

 これはマルチングです。マルチングとは地面にかぶせますけど、どうも景観上
 いかにも畑でつまらないと思ったんです。

 それで、塩ビフィルムですが、地面の下、約5cmくらいのところに埋めてみた
 んです。

 そうすると下からスギナのような雑草が上につきぬけられないし、地面に種を
 落とした雑草も下に伸びれないんです。というわけで、そのままにしていても

 ほとんど雑草は生えません。僕はこれが成功したと思ったんですが、あまり
 変わったことをするなと言われ断念しました。

 でも、何か機会があれば実験をしてみてください。マルチングを地面の下に
 埋めるという方法、およびその深さですね。



130805池深004



   追伸 ほとんどの人は保守的で実験的精神が
       足りませんね。いろいろチャレンジはしてみるものです。



       森というのはそういう実験の場でもあります。森と言うのは
       「神々の遊ぶ庭」らしいですね。倉本さんが言っていました。

       遊んでいるような雰囲気はありませんが・・・・・・










今日、カモを助けました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 助けたというほどのことではないです。

 実は、午前中に雪かきをしてママさんダンプで雪を運んでいたら
 通学路を歩いて寄ってくるカモのオスがいました。

 その後ろに犬を連れた人がいたのですが、ワンコのウンチの処理で
 鳥ところではなかったようです。

 「えぇ!?」なぜ通学路をカモが?

■ 考えるに、近くの小川が河川工事中だったので行き場がなくて
 道を歩いていたようです。

■ 興味があったので、家に戻り角食のパンを持ってきてあげました。
 雪の中に埋もれても、ほじくりだして全部食べてしましました。

 かなりお腹が空いているようすでした。良く見ると口ばしに怪我をして
 います。その上をカラスが2羽、飛んでいて、盛んに攻撃をしていました。

 まずいなと思いましたが、良く見るとどうやら他には怪我をしている様子は
 ないようです。

■ でも、ほおっておくとカラスが狙っています。カモは僕についてきました。
 動物病院につれていって様子をみてもらっても良かったのですが、あいにく
 今日は休みです。

■ 家に連れていこうと思いましたが、カラスがまた襲ってきたので、逃げて
 上空に飛んでいきました。大きく全旋回して飛び去っていきましたので、
 空は飛べるようですし、カラスも追いかけましたが諦めたようです。

■ すごい速さでしたね。あの速さではカラスは追いつけません。まるで
 F22の戦闘機を見るようでした。あんなに速く飛ぶカモを始めてみました。

   どこも怪我がなくてよかったですね。パン半分を食べましたから
   元気出たのでしょうか。



21年2月11日 003

     家にいるトビです。詳しくは最下段で・・・



■ 森の珍説・トンビ(鳶)について


  以前から、「まさか!」という話があります。

  別荘ですが、外でジンギスカンをすると必ず、上空にトンビが
  くるというのです。僕も何度もみていますが、偶然だと思っていました。


■ でも、サイエンス・アイという本によると・・・・・・

  トンビは地面にいるネズミの体温で上昇してくる匂いを検知するそうです。

  「鳥って、鼻が良かったのか?目がいいのは知っているが
  匂いなんか分からんはずじゃないのか」

  違うらしいですね、そんなネズミの匂いを嗅ぎ分けられるくらいなら
  ジンギスカンの焼肉の匂いなんぞ分からないはずはありません。


  と、なるとジンギスカンをするとトンビがやってくるというのは
  本当の話でしょうか。



20年6月29日 090


    
    追伸・写真のトンビは剥製です。
        親戚が持っていて、引越しの邪魔になるので
        押し付けられたものです。

    
       (なんで、こんなもの持ってたんだ?)



  

春の園つくり

Posted by エバー on   3 comments   0 trackback

■ 春が待ち遠しくなります。
 この雪の下で、きっと山野草も準備をしているんでしょうね。
 (絶対に!している)

18年5月27日 002



■ このカタクリも以前は笹の中で姿も形もありませんでした。


18年7月17日 045



■ 笹を伐ったあとには腐葉土ができますが、苔も生えてきます。実は
 苔の下からカタクリも生えてきますので、共生しています。

 もともと苔の根は1cmくらいなものですから、山野草を邪魔しません。



z103.jpg



■ エゾエンゴサクはカタクリよりももっと日当たりのいいところに
 生えてきます。ただし、芝生のような短い草のなかから生えてきます。

 

■ いずれにしても、笹がないことが生成条件です。
 これを見てもらうと分かります。↓

  笹(クマイザサ)は地下茎が20cmくらい下まであって土の中で密集しています。

  笹を剥ぎ取ってやろうにも、一番いい土も抱えているので、簡単には
  できません。北海道の森はこの笹で覆われています。このために、他の
  植物や、木でさえても天然更新ができません。植林するときにはこれを
  刈って木を植えます。その後、木が笹より大きくなるまで、何回か下刈り
  といって、追加で笹を刈ってやることが必要となっています。

  
   これを見るとアッタマに来ます。この笹の太いのっていうのはあの
   エイリアンの最初の擬態の足ように見えます。


18年7月9日 024


■ なので、僕にとってはエイリアンと戦っているようにさえ思います。


■ まだまだ、先に待ち構えています。これが延々と続きます。
 この笹がなくなると、一面に山野草の花園があとを追ってくると
 いうことになっています。


z100.jpg



     森の生活はある意味、格闘技ほどの闘争心を必要とします。


健康管理について

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 一週間前から目がごろごろするのです。疲れ目なのでいいのですが、
 直らない。それと昨年にひねった左手のひじの痛みが直りません。
 明らかに若いときと比較して免疫力が落ちています。


■ 僕は医者に行くことはありません。というか生まれてこのかた
 医者に行ったことが、記憶にあるだけでも10回もありません。
 (ほとんど外科と歯医者だけ)

■ 風邪もひきませんし、うつされても自分で直します。
 薬を飲まないので、たぶん飲むとすごく効くんじゃないでしょうか。

■ アフリカの原住民に歯磨きを飲ませたら、病気が一発で治ったらしい。
 そんなようなものです。


■ だからといって健康オタクではありません。テレビの「あるある・・・」
 という番組はありましたが、初めから信用はしていません。
 人間の体というものは、そんな食べ物で急に変ったりはしないと思います。

 で、なにを言いたいかというと、健康であることが何よりも幸せでありますね。
 それにもっと普段から注意をすべきだと思います。


■ 普段の食生活は大事です。自分のことで恐縮ですが・・・

 殆どの野菜を生で食べます。ホウレンソウも白菜もサラダで食べるほどです。
 こんなに食べるのかというほど食べます。

 お奨めはパセリの粉。これを作っておいて、振りかけて食べます。乾燥しても
 栄養価は変らないらしいです。(家庭菜園で作って、電子レンジで粉にします)

 たまねぎが大好きで、食卓にまるごと置かせます。それをナイフで切って他の
 ものと一緒に食べるくらいです。もう、ほとんどベジタリアンになれといっても

 すぐに「はい!」といってなれるくらいです。


■ さてクダクダ書きましたが、怪我が治らないのでイラついているんです。

  おまけに一言、キシリトールのガムは健康にいいです。実は人前でガムを噛む
  のは落ち着きがないので嫌いです。しかし、このガムは歯にいいのと、噛んでいる

 時は沢山の唾液がでるので体にいいんです。現代人は唾液が不足しています。
  それと、普段、食べていない人がガムを食べると、あごのが痛くなります。

 この筋肉を使うからですね。ボクサーはアゴを鍛えるためにガムを噛みます。
 それと、年をとると口がだんだん「への字」に曲がってくるとは思いませんか。

 いつも怒っている顔になっていますね。あれは顔の筋肉が弛んでくるからです。
  顔の周りにも50くらいの筋肉があって、それを鍛えないといけないといわれています。

 
■ それで簡単で効果的な健康方法はキシリトールのガムを家の中で噛むことです。
  食べた後、歯を磨く前に噛めばいいです。



        gum.jpg



      森の生活は本当に健康にいいです。
      さらに心がけて、頑張りましょう。

      ターシャは92歳でおなくなりました。
      しかし、90歳のときに、これから
      「バラの専門家になるために、勉強するのよ」
      とおっしゃったそうです。


      今や、人間100歳まで生きる時代です。
      足腰さえ鍛えていれば多少はボケても平気です。

      さあ、鍛えて森に行きましょう。!!




      

勝手にターシャを研究する(2)

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback


■ ターシャの庭の美しさはどこにあるのでしょうか?
 全部の本を購入したわけではありませんが、見るたびに
 考えさせられます。

  ターシャは画家です。つまり画家的な才能が庭つくりにも
 生かされているとしたら、それはごく自然な考え方です。

 この庭をみてもらえれば分かります。↓


th111.jpg


■ 普通のガーデナーにとっては花が散在していると思うかもしれません。
 でも、歩く散歩道に沿って、流れるように花が植えられていると思うのです。


  きっと彼女が水彩画を書くように、彼女の小径に色を入れていっているんじゃ
 ないでしょうか。彼女の庭は、彼女が歩くことによって得られる動線に
 
 沿って、作られています。それが彼女の庭がダイナミックに生き生きとしている
 理由だと僕は思います。彼女はやっぱり、絵を描いていますね。





  

ストレッチのススメ

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■  アウトドアライファーですが、個人的には体育会系なんです。
 筋トレもしますが、重要なのではストレッチです。流行のヨガも
 知りませんが、ストレッチみたいなものなんでしょう。

  野球の世界ではイチローが入念にストレッチをするそうです。
 彼はそのために怪我が非常に少ないですね。

  それでお奨めのテキストです。

  
        パーフェクトストレッチ   ㈱ナツメ社
        2008年4月10日発行 1300円 

■ 従来のストレッチ(フィットネス倶楽部)でしているより、細部に
 渡って細かくしますので、筋肉を意識しながらできます。


■ 以下に見出しを書きましたので、細かいというのがお分かりいただけると
 思います。森の生活とはつまるところ、体力勝負ですので、怪我のないよう
 注意はもちろんのこと、普段から鍛えておくことをお勧めします。


■ もちろん、ストレッチの次はウエイトトレーニングを。
 丸太を使ったベンチプレスとか、ラテラル、特に腰痛防止に
 腹筋、背筋は欠かせません。なにやら、ロッキーバルボアのように
 なってきましたが、あなたもどうぞ、これはジョークではありましぇん。


■ 森の中では一発怪我したら、そのシーズンが終わりです。
 それほど危険なものです。イチロー並みのストレッチを。




1. 大腿四頭筋の外側
2. 大腿四頭筋の内側
3. 大腿四頭筋の付け根/腸腰筋
4. ハムストリングス  
5. 大腿内転筋    
6. 大腿外転筋    
7. 大殿筋       
8. 腹直筋       
9. 腹斜筋/腰方形筋
10. 脊柱起立筋    腰痛防止
11. 脊柱起立筋/腹斜筋  
12. 大胸筋・上部
13. 大胸筋・中部
14. 大胸筋・下部
15. 広背筋/菱形筋
16. 広背筋/大円筋
17. 三角筋・前部
18. 三角筋・中部
19. 三角筋・後部
20. 僧帽筋・上部
21. 僧帽筋・中部/下部
22. 肩甲下筋
23. キョク下筋/小円筋
24. 僧帽筋・上部
25. 胸鎖乳突筋
26. 上腕三等筋の内側
27. 上腕三等筋の外側
28. 上腕二頭筋
29. 前腕屈筋群
30. 前腕伸筋群
31. 4指
32. 下腿三頭筋
33. 前けい骨筋
34. ビ骨筋
35. 足底



perfectst.jpg

6月の森

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 一年を通して一番好きな季節は6月です。僕の誕生月でもあります。
 (関係ないけど)

 秋の紅葉も好きですが、わずか2週間で終わりますし、そのあとに
 寂しい季節が待っています。

 でも6月はフレッシュですね。札幌周辺でも一番爽やかな季節じゃ
 ないでしょうか。

 この季節は霧が良く朝方に発生することがあります。森全体が霧に
 包まれて幻想的になります。



19年6月3日 054



■ 朝日が昇るとすぐに、上に登るようにして消えていきます。
 見ていてとても気持ちがいいので、すぐに外にでて散歩したりします。
 この霧に虹がでることもあります。
 

19年6月3日 059


■ 霧が消える時に、気化して気温を下げるので爽やかに感じられます。
 なんとなく、あの滝の近くにいるとマイナスイオンとかがあるのと

 同じなんでしょうか。(マイナスイオンについてはあまり科学的根拠がないと
 されているとかあるとか? 森全体としては金属イオンをひきつけておく為に
 マイナスに帯電されているという説もあります)


 森の中では、どちらにしろ特別に爽やかに感じられます。



■ この6月の花ではアジサイでしょうか。昨年はアジサイを4本くらいもらって
 植えましたので、今年が楽しみです。


19年6月24日 015



■ ターシャの庭では、僕と同じ緯度にありますが、アジサイはあまりなかった気が
 します。高温多湿じゃないので、気候的にどうなのでしょうか。

  日本ではどこでもおなじみですね。雑草取りをしなくて済むのと増やすのが簡単
 なので、今年から積極的にいきます。


19年6月24日 016


  (理由はそれだけか? いいえ、見ていても綺麗ですよね)





池のろ過装置の冬囲いは必死

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ これが、池のろ過装置です。池に流れ込む泥を取ります。
 使ったのは、押入れ用の整理棚です。


18年9月18日 002


■ これの雪対策です。このままでは、思いっきり雪で
 ペッちゃんこ、になりますね。この上に1トンくらいの雪が積もるわけですから。


19年5月13日 046


■ これでもだめでしょうね。雪が積もるとまわりから押されますので
 前面が壊れるでしょうね。

  それで冬に入る前は、こういう風になります。↓

  これでどうやら、被害はでていないのでOKでしょうか
  でも、何が起こるかわからないのが森のなかです。



18年11月26日 054



     管パイプ大好きです。以前はメガネレンチでクランプを締めていましたが
      今はインパクトドライバーにソケットを入れて、やっています。
      すっごい作業性が良くて、快感です。




■ あくなき雪との戦いです・・・・・恐るべし積雪3m






各種雪害の例ですが・・

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 雪の害です。別に自慢するわけじゃないですけど
 こんなものは、言わずともどこでもあります。(まだ良いほうです)


■ 建物の裏です。手前からプロパンガスボンベ2本、灯油タンク、奥はボイラーの
 排気管です。(これを見ても、わかるとおり雪をなめています。積雪は3mくらいに
 なります)


BEFORE

151018冬支度007


AFTER  (5月のGWに撮影です、シーズン中は当然、完璧に埋まっています)


別荘17年度 030



■ それでは少しはまじめにやるかと思い、多少カイゼンを施しました。
 以前よりは多少は反省点をクリヤーしています。

BEFORE


17年10月30日 003


AFTER  (これに気がつかなかったです。上に押し上げられここに亀裂が)
      しかも30cmくらい隙間が開いたのですが、ここにヘビの抜け殻が
      ありました。ひょっとしてここから中に入ったかもしれません。ヒエェー


18年4月29日 017



■ その他ですが、上にある沈殿槽の防護柵が折られました。
 溶接で部材をくっつけていたのですが、点溶接だったのでボッキリと折られました。


tame04.jpg


■ 単管パイプ3mを見事に押し曲げられました。↓
  これをしないと、白樺の柵が雪で倒されるんです。緩やかな傾斜でも
  雪が動いてくるんです。あの氷河の移動見たく。


18年5月21日 052



   まぁ!こんなの序の口ですね。

   何しろ1㎡あたり積雪3mだと800kgから1トンくらいになると
   言われています。雪の質にもよるし、雪は次第に融けてまた氷に
   なると、単純に高さでは比較になりません。

   
   ですから、5月のオープン時には、まず雪でやられてないかの
   チェックにヒヤヒヤものです。
   
   特に一番気にするのは、魚をいれてある池です。
   何かの原因で、排水管が損傷していれば、水が抜けてしまうので
   魚が死んでしまいます。

   以前にありました。魚が死んでしまったと思ったのですが
   残っていたわずかの水たまりに生息していたことがあります。

   びっくりしました。それから、魚が一番心配になりました。
   だから、排水管の雪対策は過剰とも思えるくらいにしています。

   池は冬の間は全面が雪で覆われています。


18年5月13日 033

                 得意の単管パイプでの保護です。







北国では煮込みです

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ ここ北海道では朝からストーブをつけています。
 (ないと凍え死ぬ)

  なので、シチューのような煮込み料理はなんの苦労もせずに
 できてしまいます。しかも、肉もかなり大きな塊で。

 玉ねぎも1個、ニンジンも半分、できれば全部切らずにそのまま。

 基本的に、シチュー、カレー、スープカレー、ポトフ、ボルシチ・・・・
 みんな中身は同じです。ちょっと違うだけ。

soup.jpg



■ 今晩はスープカレー(カリー)でした。あまり適当に写真撮影しましたので

 美味しくみえないですね。本州の人にはあまりなじみはありませんが
 カレーというより、唐辛子の味のほうが強いです。


■ でも、食べたいのはビーフカレーかタンシチューです。
 しかし、いい材料が手に入りません。(肉が)

  北海道とはいえ、現地調達のルートを開発しておかないと
  スーパマーケットでは限られます。

  個人のお店だと「今度、仕入れておくから♪」、とか言って
  連絡してもらえるんですけど。



     牛タン・・欲しいですね。






 

壁の塗装も終わりましたが・・・

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■ 前回クッションフロアーを貼りましたが、今回は壁を塗装しました。

 
      注意  塗料には一回塗りとありますが、一回塗っただけでは
          壁面のムラは取れません。

          結局は3回塗ってあります。3回塗ってやっと目で見て
          ムラが分からなくなる程度です。

          塗料に記載してある、塗れる㎡もあてにはなりません。
          あれはトタンのような吸水性のない場所なので、今回の

          ようなALCやコンクリだと無理です。


BEFORE

21年1月15日 019X

AFTER


21年2月3日 011



■ 最初甘く見て、普通のローラでやりましたが、毛足が中毛なので
 塗れませんでした。それで追加して買ったのがこのローラです。


21年2月3日 012


■ 毎回そうですが、うまく塗れるかどうかは、塗装ムラがおきるか
 どうかしかありません。それだけなんです。それは明るい状態で目視で

 確認しながら行うしかありません。
 
 実際はかなり厚く塗ってありますが、写真でもお分かりいただけると思います。


21年2月3日 001



■ 倉庫がリフォームで普通の部屋のようになりました。


21年1月20日 015


21年1月20日 018


■ それで、テーマのクッションフロアー(CF)は敷いただけでOKかですが
 良いみたいですね。ツナギのところだけ接着しました。ただしできるだけ

 薄くしないと、床がコンパネなので「引き」が出るみたいですね。手で塗布
 するくらいでもいいかも知れません。巾5cmくらいで接着剤を塗布していき
 ました。

 
■ そのあとに「ツナギ目剤」を塗るんですが、こっちのほうが難しいです。
 瞬間接着剤みたいなもので、2mm巾で浸み込ませて行くんですが、

 慣れないと幅が一定にならないですね。


        ・・・ということでクッションフロアーは終わりです。

        楽勝です。ただカットして敷くだけです。



        注意  φ0.5mmくらいの小さな砂でも凹凸の凸
             は目立ちます。綺麗に掃除は必要ですね。

 

重機にはかなわない森の開拓

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■ 前回に広域な計画を書きましたが、重機械がないと手も足も
 出ません。というより、発想そのものが湧きません。

 テニスコートを作るとか、ゴルフ場の2,3ホール作るとか
 「あ!機械があるんだから、できるよ!」っという感覚が大事です。


machine100.jpg


■ 所詮、何を使おうが機械にはかないません。
 文明の力なのですから、大いに使うべきです。特に北海道の皆さんは
 良くお分かりのはずです。

 見てください、これが機械というものです。↓



machine102.jpg


■ 美しい、このクロムメッキ。ガンダムの漫画ではありません。油圧シリンダーです。↑


             machine105.jpg


■ ブルドーザのディファレンシャルギアです。なんというたくましさでしょうか。これが
 回転して動力を伝えているのです。↑ 高周波焼入れをしてある特殊ギヤ。



machine104.jpg


■ バックホーの油圧モータです。↑ なんという重量感!
 このスプロケットあと3000時間は平気ですね!


machine101.jpg



■ たとえ何があろうとも、機械とはお友達でいるべきです。
 上にある機材は全てただです。トラックにいたっては30万kmを
 走っていますが、ユニックをしょってまだ走れます。

  本来的にはもうスクラップ同然ですが、機械にも愛情が必要です。
 生き返るかどうかは人しだいです。

  僕は石ひとつ動かすのに力でやると、キレル男なんです。
 だから、この機械に頬ずりしたくなります。

 僕って変態ですか?(変態、結構です!)


  広い土地+重機=北海道スタイルです・・・・・

 

 

シーズンまであと3ヶ月です

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■1月が終わりました。あと3ヶ月で開始です。
 思うと、ぼけっとしていられなくなります。(あぁ、仕事が山ほどある。山だから)



■ 来年は小屋を前庭に用意することになっています。それと本格的に花を植えます。↓

F1.jpg




■ 横の池ですが、魚を放すことになっています。↓ どこから持ってくるんだ?

F2.jpg




■ リスの森です。(通称)ここにバードテーブルとリスの餌台を置いて
 デジイチで撮影をする予定でいます。(デジイチを購入しないと)  ↓ ここはほぼ完成。

F3.jpg




■ 裏庭の未開墾部分を平らにして歩きやすくして、あとは散歩道をつけます。 ↓

F4.jpg




■ 西側の開墾部分に3段の池を追加します。↓ 2年かかるでしょう。

F5.jpg




■ 削った部分に土をいれ、石を取って植物が生成しやすくします。山野草に期待です。↓

F6.jpg




■ ブルドーザ救出はたぶん最終段階だと思いますが・・・・

F7.jpg


 
    怪我をしたら、アウトです。今から筋力をつけています。
    今日はストレッチをしました。1時間くらいかかります。
    でもなぜストレッチだけなのに、腰が痛くなりました。 なんで?


MY温泉に入りたい

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■ 年を取ったのか、あれほど興味がなかった温泉に入りたく
 なってきました。しかも、露天風呂だけですけど。

 露天風呂っていいですね。下の写真は洞爺湖・湖畔亭の足湯です。
 
 足湯といっても、そのまま入れそうですね。



asiyu.jpg
                      これなら・・作れそう



■ 喜茂別にも温泉があります。町営で大人200円でしたか。建物はプレハブです。

 「ボーリングしたら出ちゃった!」 なんという幸運でしょうか。それとも、この辺は
 ありえるのかもしれないです。そういう、うわさもチラホラ・・・・・


■ このあいだ、あるサイトで温泉の掘削の仕方について、執拗に聞いている人が
 いました。もし費用が高額になるなら、会社を興してでも、ご自分で掘るとか
 熱意を語っていました。

 
       分かりますね、お気持ちは。
       僕もなんとなく、考えたいです。



■ 親戚のおじさんが白老に住んでいるんですけど、温泉付き一戸建てで、温泉が
 無料なので、お風呂は出しっぱなしらしいです。(行ったことはないですけど)


       知り合いの人が温泉を掘り当てたこともあります。
   
       実際に、その場所に行ってこれがバルブだと見せてくれた
       ことがあります。結局は介護施設に利用するはずだったんです

       けど、建築許可がでないとか、温泉は使わずじまいになって
       いました。(もったいない!)



■ 北海道は温泉天国なので、ひょっとすると・・・・という気持ちにさせられます。
 なぜか、そういう金鉱堀とか、穴を掘って資源を発掘するのって、ロマンありますね。