森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

無農薬のブロッコリーはおいしいですよね

Posted by エバー on   1 comments   0 trackback

■僕はブロッコリーが本当は好きではありませんね。
 
  なんとなく口当たりが悪いし、何よりもちょっと匂いがするでしょう。

  でも今年、初めて作ってみました。↓


buro01.jpg


■これは絶品ですね!

 ブロッコリーはむき出しているので、どうしても農薬が付きます。
 
 だからなのでしょうか、僕はおいしいと思ったことがないんです。

 でも、これはおいしいですね。特に硬い部分も食べられます。

 
 ブロッコリーは栄養価が高く、特にガンを防ぐために効果のある
 2番目の野菜なんです。1番はにんにくです。

 ですからもっと食べてもいいです。自分の家では小さく切ってから
 電子レンジでチンをして、毎日、野菜サラダで食べます。

 

buro03.jpg


■この間のブログで家庭菜園のことを馬鹿にしましたが、

 撤回ですね。これだけの量を毎日なにがしかの料理で

 食べていると、健康になるはずですね。

 食べきれないので、必死に食べています。



buro02.jpg



■もちろん、これだって食べますよ。おいしいですよ。

 でも、ネットの中で作っていますから、

 絶対にタヌキもキツネもウサギにも

 やられません。

 (でも、来年は少しだけ、ネットの外に作って、おすそ分け
  しようかと思っています)




buro04.jpg


■この道をタヌキが上がってくるわけです。

 途中にウンチしてね。家庭菜園のネットの周りを一周して

 きっとがっかりして帰るんでしょうね。


 来年からは、あまり喜ばれない御近所に配るより
 タヌキにあげたほうが、地域の貢献になるのでは

 ないでしょうか。(自分のポリシーとしては、獣も我が

 家族です)




追伸

  やっぱり、昔の家庭菜園のほうが、のどかで良かったかな?
  適当に、襲われそうで。(事実襲撃に会った)

  しかも、それぞれの食べ方で、キツネとウサギとタヌキの違いが
  分かりましたからね。↓(昔の家庭菜園)



  家庭菜園01


  
   しかし、今の家庭菜園はまったく、動物がこれなくなりました。
   これは少々、やりすぎましたか?

   これじゃ難攻不落の要塞みたいなものですね。

   少々、大人なげなかったかな?

   おかげで、動物たちが少なくなったような気がするんですよ。↓

   来年は動物専用の家庭菜園を作ることにしました。(^^)



家庭菜園02









ツリバナ割れて種子が飛び出る

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■9月1日ごろのまだ青いツリバナの果実です。↓


turibana00.jpg


■今日28日のツリバナです。丸い果実が割れて中の種が
 でてきます。


turibana01.jpg


tuiribana02.jpg


■面白いですね、SFに出てくる宇宙船の母船から飛行艇がでてくる
 ような感じです。


■森の全体はまだ紅葉が進んでいません。

 裏庭の林の中はまだこんなに青々しています。目立つのはくるみの黄色かな。



turibana04.jpg



おまけ


   tanuki.jpg



   タヌキの足跡。
   家庭菜園のとうもろこしが食べられないので

   現在、イライラ中かな、少しあげようか。

   タヌキもそのうち絶滅危惧種になると、困ります。






サファイアブルーの猫目

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■シャムネコが事務所にいます。(事務所で飼っている)

 目はサファイアブルーです。周りのブルーが正確なその色です。
 ですから、やや明るいですが、きわめて近いでしょう。

 とても綺麗な目です。



safaire.jpg




■でも、どういうわけか、必ず人の服の上でくつろごうとします。
  ちゃんとハンガーに架けないと、毛で二度と着れなくなります。

  いつも、やられます。↓




safire02.jpg



■明日から別荘へ行っていきます。
 天気予報では土曜日が雨かもしれません。

 ちょっと寒くなってきました。

 薪ストーブの出番ですね。




天井のマイルーム

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■先週の裏山です。ごらんの通り、赤いのは山ぶどう。

house200.jpg


■ところで、この三角窓の裏側はこんな部屋です。↓

 ここは、自分の部屋になっています。といっても何も使っていませんが。

 昔はパソコンがありましたが、カメ虫が越冬に使い始めたので
 
 引き上げました。



house201.jpg


■この三角窓は防災基準のために、ワイヤーで開け閉めができるように
 なっています。やや、複雑になっています。



house202.jpg



■しかも、壁は、壁というか屋根というか・・・・

 こんなもんなので、壁に家具も置けません。

 押入れも布団がやっとはいるくらい。


   寝相が悪く、蹴っ飛ばすと、そこは天井だったという
   部屋になっております。






もう少しで実りの秋に

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■温暖化の影響でまだ、木々は青いです。↓


b01.jpg



■森の開削をしています。森に通い15年、以前はどうしようもない荒地でした。↓



b02.jpg


■動物の足跡もない湿地帯。でも今は♪↓

 紛れもなく!ビオトープ、ビューティフォー♪↓
 両生類の天国です。


b03.jpg


■道を作ったおかげで、小動物の生息範囲が広くなりました。
 
 リスは思いっきりこの道を走ります。↓


b04.jpg



■でも、この開削のおかげでこんなものも軒先に↓


b05.jpg


     こわ~(T_T)


■おかげで、こんなことにも遭遇しています↓

  アンビリーバボー!!

b06.jpg



■でも、こんな森が好きです。もう少ししたら、
  待ちにまった紅葉が♪

  露天風呂から眺めたいな、自分の森を・・・♪



b07.jpg

エゾサンショウウオに出会う

Posted by エバー on   1 comments   0 trackback

■エゾサンショウウオに初めて出会いました。

 会いたかったけど、昼間には姿を見せません。

 草刈をしていたら、出てきました。頭の上に刈った葉を乗せて。


sans01.jpg
       
 
   体調15cmくらいです。きわめて動き遅く、逃げません。
   これなら、襲われる心配ありです。



sans02.jpg



■何しろ池には、いっぱいいます。カエルと同じくいます。
  最初はオタマジャクシと区別が付きません。

  これはエゾサンショウウオです↑

  こんなにたくさんいるのに、なぜ大きくなってから
  見たことがなかったのか
  不思議でした。


sans03.jpg


■ちなみにカエルはこれ↑




石の上にも3年くらいでちょうど

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■3年も経てばなんとかなります。

 この下の写真は17年11月です。笹がうっとおしいので、切り崩し作戦開始!


foresta01.jpg


■次は18年6月↓  開削開始!


foresta02.jpg


■現在は20年9月でこんな感じ↓  今は車で走れます。


foresta03.jpg





■次は同じくこの脇の道です。↓ 最初はこんな道です。歩きたくない。


foresta04.jpg


■今は↓


foresta05.jpg


■同じくこんな感じ↓


foresta06.jpg



       道なんか最初から、あったわけではありません。

       いろいろやっているうちに週末のみでも
    
       3年も経てば、こうなりました。


       今ではリスがここを走って、隣の広場まで
       クルミを取りに行きます。

       よかった、よかった。♪

       ご褒美は春の山野草です。

       道の両脇に咲いてくれますが、

       あと3年はかかります。



■ 森の中はどんな仕事も3年くらい、かかっています。

   自然が相手なので超スローペースでよろしいみたいです。

   焦らずに楽しんでいきましょう。♪


  

       




   


バラが鹿にやられる(T_T)

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■つい先日バラの記事を載せました。もうすぐ真紅のバラが・・・
 (^^♪

    rose400.jpg


   そうです、もっとも好きなビロードのオールドローズ
   しかも真紅・・・これが楽しみだった。


   それが、ああぁ(T_T)  あぎゃぁ(T_T)


rose401.jpg


■何もなくなってしまった。

 たった、一日で一番おいしいところを(人間にとって)もって
 いかれてしまいました。この蕾の感じから言って

 6個くらいは咲いたはず。


    もし咲いたらこんな感じ↓ あぁ!なんと美しい花なんだろう。
    それが鹿の胃袋に・・・・・・


rose402.jpg




■急遽、すぐに対策を・・・・
 
   で、もってやったのが周囲を単管とテープで!!


    rose403.jpg




    鹿さんへ


    頼む、ほかは食べてもいいから、

    コレだけはやめてくれないか。それに、バラを食べるのは
  
    季節的に早いだろうが!?(裏を完全にかかれた!)

    ほかにまだ食べるもの一杯あるんだろうが!!(怒)




        追伸:はっきり言って、この程度で鹿を諦めさせようと
           いうのが、そもそもの間違い。(だと思う)

           スズメと違って、鹿は賢い。

           なんの意味もないかもしれない・・・・・・・

           葉っぱにタバスコやからしを塗るとか
           気絶するくらいに、辛いものがないか?

           カレー味にするとか。

           鹿の嫌いな味って何?















バラの2番花がこれから

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■9月も中に入ろうという時期にバラが一呼吸おいて
 咲き始めてきます。


      特に、秋のバラは色が濃いといわれている通り!!!!

      ピンクが濃い色になってきます。


rose200.jpg


■他の花はもう終わりなのに、これからさらに勢いづいて
  枝を伸ばしてくるところが凄い!!

  バラは新しい枝が赤く色づいてきますから葉っぱも同じく
  すぐに目立ちます。↓



rose201.jpg


■この時期ですよ!

  コスモスも終わり、マリーゴールドも終わり
  あとは何かな?

  という時期に、これから咲こうという枝と葉がでてくるバラには
  感心してしまいます。

  最後は11月に入って、初雪を蕾の上に乗せたまま
  開花することもあります。

  なんという素晴らしい植物なのでしょうか。

  オーマイガッド!


  心配した黒星病もかかったまま、刈れないで咲いてくれました。


     
        バラは難しいです。本当に

        しかし、ここまで頑張ってくれると

        手を貸したくなりますね。(というか、ガーデナーとしては当たり前だろう)


    
■一方、何もしなくても「ヒマワリ」はノウテンキに一杯咲いています。

        
        今です。咲いているのは9月に入ってからですから。
        真夏に咲くというイメージがありますが

        北海道では秋の花ですね?





rose202.jpg


 

         ヒマワリの場合はあの真ん中にある種は

         ほとんど咲きます。バイオ燃料にしたいくらい

         増えて咲きます。


         

        

素敵にガーデニングライフ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

■日曜日の朝に必ずみます。
 NHKBSの「素敵にガーデニングライフ」です。

 いろいろなお宅を訪問してお庭を見せていただくという番組です。
 

sutekini01.jpg


  この番組は6時50分までですから、この直後に仕事しに外にでます。

  本来的には遅いんです。なんとなく最近は、だんだん仕事をする時間が
  遅くなってきました。ゆっくりするようになってきました。

  皆さんのところではいかがでしょうか?




sutekini02.jpg


■話は変わって、やっといつもの樹液のでる木に
 カブト虫が現れました。↓
 例年と比べまったくです。この1匹しかいません。
 
 すっごく貴重です。



sutekini04.jpg



■この暑さですから、未だに26度もある。
 
 森はまだ紅葉っぽくないのですが、とりあえずは山ぶどうの葉が
 真っ赤に色づき始めました。

 これだけ、暑い日が続くと
 紅葉ってどうなるのか、経験がまだありません。

 どうなるのでしょうか。




 


エゾリス、食料を備蓄中

Posted by エバー on   8 comments   0 trackback

■道路でばったりとエゾリスに遭遇しました。
 ちら見でシカトされました。(ほとんど人間は無視のようです)


risu200.jpg


■この時期はクルミができているので、収穫に忙しいのです。
 特に今年はクルミが少ないのです。

 

risu204.jpg


■一個くらいなら、くわえて木を降りますが、房だと、噛み切って下に落としますね。


risu203.jpg


■上や下への大忙し!!



risu205.jpg



■集めたクルミは近場のところに隠していました。↑
 
  「ほんとうに、こんなところに隠して、あとから忘れないんだろうか?」

  何か、目印になるものがあって隠しているんでしょうか?


■来週から「リスの餌」で餌付けをしてみようと
 思います。今年は木の実が少ないので、餌をやっておきます。







家庭菜園をやめて・・・・

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■家庭菜園を諦めさせることに成功しました。

  実は、フロントヤードの真ん中にドデンと家庭菜園があります。↓


mame01.jpg


■そのために、本格的なガーデニングができないままに来ていました。

  遂に念願かなって、ここを花畑にすることになりました。

  実はジャガイモも3年前に止めています。(ウシシ・・・♪)



■しかし、キャベツやトウキビができなくても、どっていういことはないですよ。
 
 買えばいいんですから。キャベツは50円で売っています。

 苗は120円もしていたんです。


     でもですね、これだけはお金や手間がいくらかかっても
     諦めるわけには、行きませんね。

     場所を変えても、絶対につくります。

     執念です。しかも、鹿も、ネズミも、ウサギも、訳の分からん獣までも

     楽しみにしていますからね。

     どれほど、うまいか分かりますか?↓








mame03.jpg










ブルドーザの救出は間に合うのでしょうか?

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■現在のブルの状況はこんなものです。↓
 以前からの写真、3連発でご覧ください。


bul100.jpg

bul101.jpg


bul102.jpg


■まことにお恥ずかしい限りですが、あと少しです。


bul103.jpg


■朝、早く散歩をすると、こんな霧の幻想的なときがあります。

 
   最近、思うんですけどね。この別荘という建物は
   もっと、底抜けに面白いもので、いいんじゃないでしょうかね?

   たとえば「妖怪の館」風とか。忍者屋敷風でいたるところにからくりがある
   とか。こんな馬鹿みたいなもの、よく作ったなと思われたい。

   なんかまともに作りすぎて、創造性がなくてつまらんくなってきた。

   一度しか作らないのなら、アイデアをこらした奇抜なほうがいいよ。
   
   もちろん、森にマッチさせてですよ。

   あなたなら、どう作りたいですか?







   
   

チェンソーの目立て

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

■さすが、ハンノキを5本ばかし伐採するとなると
 気を入れなおして、チェンソーの目立てをしました。

 ハンノキはそれほど年輪がはっきりしていなく、わりと密度が高い木です。
 白樺なんか軽く切れるのに、ハンノキとなると、ちょっと簡単にはいかないですね。

「なんで、こんな事、俺だけしなけりゃ、あかんの!!ギイーーーン」
 切っている最中に、愚痴がでたりして。


 こんな成長力の高い木なのに、なぜ割りと硬いのでしょうか。
 同じような仲間で白樺がありますが、白樺は中がスカスカですからね。



        ほんでもって、今回は丁寧に刃を研ぎました。↓


chsw01.jpg


■分解してスプロケットのゴミもクリーナで綺麗にしました。
 テンション用のネジがおかしくなっていたので直しました。
 「エライ!さすがメカに強い」
 と、いって自己満足。

 ホンマにこんなもの普通、修理に出すぜ!




chsw02.jpg


■まあ、よく切れるようになりましたね。しかし、危ないことが一件ありました。

  立ち刈れしている木を切るんですが、5分の一も切らないうちに
  倒れていきました。
  「あれー!!、あっさりとですな」

  倒れると思っていた方向に倒れましたが

  あまりの速さにびっくり。立ち刈れしている木はどの方向に倒れるかは
  分からないので要注意です。



chsw03.jpg


■これからクローズまで、あと2ヶ月くらいですが、ここのある薪は全部燃やして
 しまいます。週末2日しか過ごさない割には、思っているよりは木を燃やすと

 思いますよ。そんなものなんですね。だから木が不足してくると秋がとっても
 心配になってきます。



chsw04.jpg



■ホオズキが赤くなってきました。秋の感じがしますね。
 
    このホオズキは黙っていても、地下茎によって増えていきます。
    今では庭を越えて通路にも生えてきました。

    たくましいですね。こういう花は手がかからないので
    ガーデンモノグサの私としては大歓迎です。

    それにこれを切り花として飾っていても
    何カ月も枯れないで、こうなっています。

    増やして良し!
    飾って良し!

    病害虫なんかなんのその!
    
    しかし、その成長力のよさで庭が占領されつつありますが・・・

    「どっか、抜いて持っていこうっと♪」







    

リスの訪問

Posted by エバー on   1 comments   0 trackback

■朝早くですねといっても6時ごろ、裏庭にリスがやってきました。
 貴重ですね、リスはなんといっても鹿と違って逃げません。


ezorisu01.jpg


■あまりうまく撮影できません(T_T)シャッター速度が遅い。↑


ezorisu02.jpg


■近くの木にもう一匹きていました。
 カップルです。どちらがメスかオスかはわかりません。


        でも、合図するときに枝をかじるか、引っかくかで
        特別な音を出します。
        「ガリガリ、カキカキ」

        みたいな。

        そうするともう一匹も同じように
        「ガリガリ、コキカキ」

        こうやって会話しているようです。会話じゃないか!
        とにかく声は出さないで何かコミュニケーションしているようです。


ezorisu03.jpg



■このあいだ、リスにプレゼントしようとしたクルミはやっぱり
 持っていきました。自分でも食べましたが、おいしいですよ。
 
 10年以上前のクルミでしたが、まるで変わらなく食べれるものです。




ezorisu04.jpg



■テーブルを白く塗装したんですね。↑

 そうしたら、乾かないうちにリスが上に乗っかっていきました。
 リスの足跡はこんな感じです。

 爪跡だけついて、肉球は猫や犬のようには
 付かないようですね。


    良かった、しっぱとかお腹には白い塗料は付かなかったようです。
    ですが、テーブルは・・・・・・・

     トホホ・・・・です。




別荘までの道のりで半分は峠越えなんです

Posted by エバー on   5 comments   0 trackback

■札幌の自宅から別荘まではちょうど50kmの1時間です。

 でも約25kmは峠の登りと下りになります。路面が凍結していないかぎりは

 峠越えは気持ちがいいもんです。スピードは70kmくらいで走っていると
 後ろの軽自動車に追い越されるくらい、みんな飛ばしています。


 nakayama100.jpg


nakayama101.jpg


nakayama102.jpg


nakayama103.jpg


nakayama104.jpg


■自分は安全運転をします。車線は見ても分かるとおりに左の車線を
 走ります。

 トラックの遅い車がいるとき以外はあまり追い越しません。

 それにみんなは飛ばしすぎですが、車間距離をもう少し取らないと
 危ないですね。

 僕は車間距離をかなりとります。したがって前の車がブレーキをかけても
 かけません。どうにかすると下り坂をノンブレーキで降りたりすることもあります。
 (エンジンブレーキだけで)



   車は「車間距離です」。


明日からまた別荘にいってきま~す。
  暑いです。札幌でも27度です。

  9月に真夏日か?北海道で。






 
 

部屋の中を紹介します

Posted by エバー on   4 comments   0 trackback

■そういえば建物の内部は薪ストーブ以外は公開していなかったです。
 見てもらうほどのものではないので、そういう考えでしたが、参考になればと

 思い、出してみました。


inside01.jpg


■室内の照明は壁につけられたライトです。

  ごく簡単なものです。実は大和ハウスのショールームに行ったときに

  「照明は何をお選びになりますか?」と聞かれたときに

  「う~ん」っと言って壁を見た時に一言

  「あれが、良いです」

  そうです、事務所につけてあったスポットライトを指定しました。
  でもシンプルですっきりしています。



inseide02.jpg


■これもそうです。↑
 
 照明器具に関しては、きわめてごく簡単なのです。




inside03.jpg


■以前にガーデナーのポール・スミスが日本のススキをたいそう気に入っていた
 という話をしましたが、そろそろ、集めてきますか。

 これを一箇所に集めてボリュームを出すと、とても素晴らしくなります。
 どうせ、このススキなるものは、どこでも生えていますから・・・・

 しかし、ポールのように下を紐で結んで、植栽のようにまとめると
 見違えるほど、立体感がでてきます。

 「やってみるか。どうせタダなんだし」
 「ススキにとってはえらい迷惑な話ですが・・・・」



inside04.jpg


■このキクイモが恵庭の「エコリン村」にも一杯ありました。

  今日、実はいってきたのです。

  ツリーハウスなんかがあるので張り切って写真をとりにいきました。

  前の晩に、もしもバッテリが切れると大変なことになりますので

  はずして充電をしておきました。


  今日、現地について早速、デジカメを出して撮影をしようと思って
   びっくりです。

   バッテリーをはずしたままでした。((T_T)



   それで今日は、一枚もその写真がありません。

   なんのために行ったんだが、わかりません。

   

苔の庭になりつつあります。

Posted by エバー on   3 comments   0 trackback

■苔が増えてきました。以前にも紹介しましたが、今度は裏庭にも増えてきました。

  もうこうなったら、苔でもなんでも緑っぽいのがいいですね。


koke200.jpg

   
   遂に池の周りは全面、全周が苔に覆われました。↑
   草のように見えていますが、苔です。草よりも早く覆われました。


koke200a.jpg


■当然に、池の周りの石にも苔が・・・・・(雨があがった直後なので緑が濃いですね)



koke202.jpg


■木の根元はみんな苔です。



koke203.jpg


■裏庭にも苔が生えてくるとは思いませんでした。なにしろ、笹が根絶してから
 そんなにも年数がたっていませんから。↑


koke204.jpg


■いろいろ考えましたが、もうこうなったら、みんな苔でもいいですね。
 あたりは全て苔の土地になるかもしれません。

 北海道の皆さん~、土地の手入れをしていくと
 苔が来るかもしれませんよ。

 それもまた好しですね。




       今日は雨で蒸し暑かったですね。こういうときは北海道の人は

       「今日は変に蒸すね!」って言います。
     
       蒸し暑いねの略ですが、乾燥して湿気がないのにも
       かかわらず、今日は蒸すねといいます。

       少しでも湿気があるとそういいます。
       東京なんか、湿度が70%くらいで、クーラの除湿が
       流れるようにでてきますよね。

       北海道では湿度が50%位でカラットしているのに
       蒸すねっていいます。

       北海道の人はアメリカのカルフォルニアあたりの爽やかな
       湿気でも

       「今日は蒸すね!」

       って言うかもしれません。






クルミとドングリがおかしい・・・

Posted by エバー on   3 comments   0 trackback

■今年の森の中はちょっとおかしいです。下の写真は畑で育てているトドマツです。
 同じ環境なのに右が枯れてしまいました。

 北海道の皆さんは国道から山を良く見てください。カラマツがかなり枯れています。
 運転中なので写真が取れませんでしたが、今度良くみてください。


 松関係がどうもおかしくなっているという気がしています。


kurumi01.jpg



■ドングリの実もまったくありません。ドングリは最初はそういう実があったのですが
 途中から枯れてしまいました。(これってドングリですよね?)↓



kurumi02.jpg


■それが最近こうなりました。↓  枯れてしまいました。



kurumi03.jpg



■クルミの実がまったくありません。↓ こんな大きなクルミの木ですから
 たわわになると1000個もできますけどね。(数えたことないけど)



kurumi04.jpg



   おかしいと思うんですよ、一個もないんですから
   確かに、くるみは毎年できるとは限らないんです。
   できない年もあるんですが・・・・



kurumi05.jpg



■葉っぱは青々としていますが、まったくクルミの実がありません↑

  
        これで困るのは、リスですね。

        毎年、いくら地面に落ちていても数個を残すだけで
        みんな持っていってしまうのに、今年は食べるものがありません。

        それで・・・・



kurumi06.jpg



■15年くらい前に保存しておいたクルミを、木の根元においておきました。

  この程度ならランチでしょうが、リスが越冬できないとかわいそうですね。

  自分の森の中では、かなり食料となる実がないですよ。

  クルミの木がまわりに4本くらいありますが、どれも実がなっていません。

  熊が食べ物がなくなると、里に下りてくるといいますが

  ないというとまったく実がないわけです。不良とか豊作じゃなくて
  完全にないんです。


  今年は、こまりましたね・・・・

  どういう原因なのでしょうか??

  そういえば木の樹液も今年はまったくでていません・・・


  皆さんのところはいかがでしょうか?










散策路を仕上げ始める♪

Posted by エバー on   1 comments   0 trackback

■あっちこっちに縦横に作った散策路を丁寧に仕上げ始めています。
 といっても、あまりにもマニアックなことなので、一般生活の範疇では
 応用例がありませんが。


mitituke01.jpg


■見てください、この美しい道を♪
 
 普通の人は分からないと思います。車の通れる巾です。
 しかも、もっとも重要なのは

          ここを重機が通った場合に、重機の水平が
          保たれるかどうかです。
        
          CG用語で言う場合のバンキングです。頭を左右の横に
          傾けたときの角度を言います。これが絶対的に水平じゃないと
          だめなわけです。まだ、お分かりにはならないでしょうが・・・・


mesusika04.jpg



■説明その1

  うねっている山の中に道を作っている場合に適当に削っている
  訳ではありません。

  実は一番難しいのは、そのどの場所でも重機の位置が水平に
  保たれているかです!!

  自動車の場合はゴムタイヤですから、多少はバンキングに角度があっても
  どうってことはありません。

  しかし、重機というやつは、基本的に線路の上に乗っている列車と同じ
  原理です。見てください、論より証拠



mitituke02.jpg



■よっく見ると、列車に見えますね。

  フムフム・・・・

  つまり、脱線することがあるというわけです。

  脱・線・・自動車ではないことが重機ではあるわけです。

  こんな恐ろしいことが日常茶飯事にあってもいいのでしょうか?




mitituke03.jpg



■というわけで、このあいだホースが切れたバックホーも直りました。
  現在は森の奥に勢ぞろいをしております。


  この重機の動く道を丁寧に削りながら、移動しやすいように
  作るわけですね。最近は大きな石も拾って、綺麗になりました。


  いや~、この道のうねりを見ただけで、いかに丁寧に作られているかが
  わかりますね。

  惚れボレしますって、分からないでしょうか・

  実にマニアックな世界でしたが、基本はここにあるんですね。

  この道をあちらこちらに作っております。

  山野草が生え始めると、重機が通れなくなるので

  彼らが咲く前に道を作ってしまいます。これって結構大変なんですよ。