森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

猫に遠慮して

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070129214234.jpg


 「そんな、ところで寝なくてもいいだろう?」

 「ここでいいんだけどニャ」

 「・・・そこはレターボックスといって、書類が入るんだよ」

ホームページ作成中

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

car.jpg


 休みとなるとホームページ作成に入っています。もう少しで完成なのですが、3Dなのでかなり難しいことをしています。写真はホームページの中の小さなオブジェクトですが、拡大するとちゃんとした構造になっています。たまになにも考えないでカメラアングルを決めると、意外といいじゃないかという絵がでてくることがあります。

 3Dというのが好きなんですね。ただデザイナーじゃないんで、ちゃんとしたアートにならないんですね。

 sibafufina.jpg

  
 この中の右下の小さな車の絵がそれです。もっと3Dでありながら硬質じゃない、絵を探しているのですが。性格が悪いのでできないみたいです。芸術って結局はひとがらなんですね

 自分の絵は何を表現できるのでしょうかね。 

猫とコルクボード

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070127083417.jpg



 「いいか、このコルクボードでつめを研ぐんだよ!」
 「このまったりとした感じがとてもいいんだ」


20070127083620.jpg



  「分かりやした!こうですね、ガリガリ」

  「・・・・・・」

朝から青空

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 札幌は朝から晴れ渡り、とてもいい天気です。昨日降った雪がきらきら反射して、スキー場にいるようです。
 心なしか飛んでいる鳥たちも、元気です。きっと人間よりも、青空を享受しているかもしれません。

 こういう日は何か自分でも頑張ろうという気になってくるものです。昨日の雪降りのうっぷんを取り戻そうと思います。

 北海道以外の皆さんはいかがでしょうか。

犬のアウトドアライフ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

FZ178_L.jpg


 私は猫も犬も好きである。猫は居座っているだけで本当は犬派である。じつは以前にシェルティを飼っていた。その犬も別荘へ連れて行ってもらうのが何よりの楽しみだったのです。遊び放題。

 別荘には土日しか行きません。土曜日の朝早くに出かけるのですが、決まって人間が起きるよりも早くおきて、「クーン、クーーーン」となきます。自分をおいていかないようにということです。


 でもなぜ土曜日だということが分かるのでしょうか、普段なら、起きなさいといわれるまで寝ているのですが。(あ、犬は家犬ではありません、外のベランダの下で寝ています)

 犬が死んだあとから分かったのですが、犬小屋の中に入ると犬が集めてきたおもちゃが10個ばかりあって、それを数えながら今日は別荘に行く日だとちゃんと計算をしていたのです。おもちゃの数を数えていたのですね。


 だから、祝日とか特別な休みになると、さすがに分からなく、行くよというまで気がつかないのでした。


 犬もちゃんとカレンダーの繰り返しをつかんでいるのでした。日曜日に帰ってきて、6回寝て、その次の朝にはまた別荘にいけるって。

 森の中を一番楽しんだのは犬だったかもしれません。

今日の日経平均

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 今日の最大感心ごとは日経平均株価が17500円を抜けるかどうかです。昨年の高値が17500円くらいでしたから、これを超えれば18000円を目指して上昇、でなければ押しもどされてまたもとの水準へ。単なる心理的な節目で、市場関係者これに注目しています。

 午前午後とも主要な指標の発表はなし、NYは堅調、とすれば・・・

 私は高値警戒感から抜けないと見ています。サプライズがあれば弾みがつくのですが。企業の決算発表が近いのです、この円安では上方修正が相次ぐでしょう。それでも上がりません。

 個人消費が低迷しているからです。やはり実態としては景気は悪い。それに今年は選挙の年、国政的に不安材料もでてくる。

 猪突猛進とは行かないのではないだろうか。

 
 前言撤回、ただ今9時40分、この落ち着いた時間帯でプラス137円。証券会社の株が上がってきている。
 これは雲をぬけて晴れ上がりそう。

猫の目

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070121085055.jpg


 茶トラの猫が以前に脱出した。一ヶ月くらいして帰ってきた。偶然に近くに隠れているのを発見して、連れ戻した。帰りたくても帰ったら怒られると思ったのだろう。
 
 そのときは食べるものもなかったのだろう、やせてがりがりになっていた。驚いたのはそのときの目である。

 完全に野生の動物の目に変わっていた。猫の目は瞳孔が大きく変わるので、目から表情はうかがえないのだが、はっと驚くほどの怖い目に変わっていた。

 家の中に入ってからはよほどうれしかったのだろう。私が昼寝しているときにおなかの上に乗ってきた。以前は近づきもしなかったのに。

 今はペットの目になってしまった。動物も外にでると野生に戻る。でも野生のほうが幸せだったという顔はしていない。

微生物2

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 昨日、微生物のことを書きましたが。前日に続いて・・・アメリカでのお話。とうもろこしの穀物相場が急騰しています。原因は車の燃料として脚光を浴びてるからです。カルフォルニアではあと15年くらいしたら、ガソリンの半分はエタノールに置き換えるという大胆な計画を発表しています。
 食べるのではなく燃料にか?
自分の家庭菜園でもとうきび(とうもろこし)を作っています。簡単にできるのですよ。背が高くなるので雑草とりもそれほどいらない。おまけに一粒あれば、それが一体いくつに増えるのだろうか。2000粒くらいにはなるのだろうか。その2000粒が一体・・・

 というわけで元になるものもコストがかからない。毎年、食べ飽きるほど作って、最終的にはスズメのえさに。

 これが車の燃料になるのなら、本当に助かる。我が家では、家庭菜園の野菜はほぼ1年は保存できます。芋、ニンジン、たまねぎ、シチューとカレーの材料はいつもあるのです。

 しかし、どうしてもキャッシュがいるのは車の燃料です。スタンドで給油しないといけない。

 もしこれが、エタノールでいけるのなら、自分の畑で作れる。完全に家庭菜園で自給自足が可能になる。電気はそれに使って自家発電。

 いいことですね。バイオエタノールか。

微生物

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 森の中には豊かな土壌があります。角砂糖くらいの大きさの中に数十億の微生物が・・・地球の全人口に匹敵する数の微生物がそこに存在するのです。

 しかも、まだ発見されていないものも数多い。20世紀は工業化社会でした。しかし、次の世紀はこの微生物の時代かもしれないのです。

 可能性は十分にあります。人類は森から生まれ、そして森に帰るのかもしれません。森は不思議な世界です。温暖化を防止するのも森の木たちです。

 森に魅了されるともう都会には戻りたくありません。私は田園調布に家一軒やるといわれても東京には帰りません。

 コンクリートの上には微生物はいません。21世紀は森の中で過ごしましょう。。

山林について

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 ブログの内容が散在しているのでちょっと反省を。私はSEO対策はとらないし、ブログランキングにも参加しない。
 お知らせしたいことはあまり普及されても困るので、ここに来られるかただけにお伝えできればいいと思っている。

 昨日も林業関係の方が来社してくれた。山林を場所によっては林業以外の目的で売買してもいいのでは、という質問にそうだと答えてくれた。その人も全部で30万坪以上の山林を所有している。
 
 この間なくなられた同じ林業関係の人は、あっちこっちに山林を所有していたのだが、家族にも分からないままになくなられたということである。
 実はそういう話は多い。自分の山林の周りにも地権者がいっぱいいるが果たして生きて元気でおられるかどうかは定かではない。

 そういう話であれば木は別にしても土地だけでも売買は可能なので譲ってもいいのではないだろうか。森林組合ではそういう話には興味はないといっていた。自分もそう思うし、土地の売買に絡んで不動産屋は管轄外なのである。

 誰に売るかが問題で、私はきちんと目的があってしかも森林を大切にしてくれる人があれば、積極的に紹介しても問題はないと思っている。  もし、興味がおありならコメントをいただきたい。
 

猫の一家紹介

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070116214916.jpg

 一家紹介

 手前が最初に居ついたママ猫(1.5歳)おばあちゃん。
 2番目がママが連れてきた子猫、後にパパになる
 3番目がその間に生まれた娘
 4番目が3番目の娘の不妊手術後にどこからかつれてきた息子

 猫も親子で暮らしていると、良く分かる。一番下が一番わがままで甘える。いつも自分のママのオヤツを横取りする。横取りされたママはその上のおばあちゃんの猫のオヤツを横取りに行く。

 一番上のおばあちゃんがいつも困った顔をする。4匹同時にオヤツを与えると、おばあちゃんはオヤツを持ったまま直に逃げる。

 猫は人間が思っているほど馬鹿じゃない。人間よりも家族思いかもしれない。
 一番最初のママ猫がどうもえさを残すと思ったら、つれてきた茶の猫を隠していて、そのためにえさを食べずにいた。

 猫の愛情に負けて飼うようになった。

森の中の水のお話

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070114091917.jpg


 森の中には沢の水が豊富にあります。ありすぎると思ってもいいくらいです。写真は沈殿槽です。池がありますので沢から水を引いています。しかし、沢の水は細かい泥のようなものが含まれています。それをいったん沈殿槽にためてからでないと、池にこの泥が沈殿してしまいます。あるいは台風のあとの増水時にも有効です。
 
20070114092702.jpg

 
 でもこうやって水を見ていると、中に入りたくなります。きっと将来に露天風呂でも作るかもしれません。
 今でもつくれるのですが、この量の水を沸かすのにはかなりの薪が必要になるのでしょうね。
 薪を使わないで風呂を沸かす方法は?
 ありませんね、太陽パネルは景観を壊します。
 森の中でお風呂に入るということ自体、自然主義的なことから外れるのではないでしょうか。
 じゃ、露天風呂構想はやめにします。

薪ストーブ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070113192414.jpg


 家の中には薪ストーブがあります。薪の炎はとてもいいものです。まきが燃えていくさまをみていても、心が和みます。ユラギの現象なのでしょうか。たぶん、いろいろな人が薪ストーブも検討されると思いますログハウス等には。灯油ストーブではちょっと・・・といっても灯油ストーブも設置してあります、2階には。灰は家庭菜園に使われます。

 森の中でどういうふうにして薪を用意するのかを書いておきたいと思います。世間ではたぶん業者の人から買っているのだろうと思います。

 我が家ではチェーンソーで切り倒します。でも、ちゃんと成長している木を切ることはありません。木はある程度成長してくると、そのまま枯れてしまうことがあります。立ち枯れというやつで、それを切るのです。あるいは、それほどないのですが台風で倒れた木の場合はしょうがないので薪用に切ります。

 それと冬の雪のために小枝が必ず折れますから、それを集めるだけでも十分な量になります。

 森の中で生活するからといって、薪用にあたりの木を切る心配はそれほどありません。それに普通の人が木を切るのは大変に危険なことです。私の場合は重機がありますので、あらかじめワイヤーロープで引っ張っておいてそちらの方向に切って倒すようにします。

 無理な切り方をするとチェンソーをはさんでしまったり、倒れる方向に倒れなかったりと本当は危ないのです。
 写真にある太い薪は寝る前に入れます。そうすると夜中まで、燃えています。

北海道の皆様へ春近し

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070113123341.jpg


 前回、熊笹を刈ることを書きました。そのあとには腐葉土が堆積してきて雑草が生えなくなるのですが、小さな花は密集して咲いてきます。
写真はカタクリです。毎年、増えてきます。春の楽しみの一つです。裏の庭が全面、カタクリやエンレイソウでびっしり。

 20070113124251.jpg


 さあ、今年もおじさんが笹や雑草をみんな刈って、君たちが生えやすいようにしてあげるからね。いっぱい咲くんだよ。
 北海道の皆さん、今年の春は早いですよ。

おやすみなさい

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070112185517.jpg


  「これから寝ますので、静かにしてください」

  「午前中から事務所で寝るんじゃない!」

猫のじゃま

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070111215836.jpg

 「え、仕事のじゃま?」「遊んでくれないの?」

20070111215958.jpg


「ZZZ・・・・」「しばらく休ませてください」

北海道って?

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 朝にHPとブログを読ませてもらいます。メールも。仕事の関連ではほとんどないのにプライベートだと一杯あるのです。

 最近、思うのに北海道って結構いろいろな人が頑張っているなと思うことです。他人のホームページをのぞいて知ることが一杯あるのです。

 私は都会と田舎(北海道)がちょうど半々くらいの人生です。もちろん以前に暮らしていた横浜もいいところですし、特に北海道びいきでもありません。

 でも北海道に住んでいて共通することは、自然のもつ豊かさから私たちが何かを学んでいることではないでしょうか。単なる田舎暮らしの嗜好の問題ではなく哲学的な根源に拘ることかも知れません。


 哲学とは何ぞやという命題の答えとして隣人を愛することだよというのがありますが、人間とは何ぞやといわれれば自然を知ることだよと

言ってみたくなります。朝から今日は自然主義者になったような気分でいます。

 さて?今日の株と為替の動向は?(嫌だなこういう自分の性格)

 それはさておいて、頑張る皆さんにエールを!
 私だって頑張ります。
 

年初の生活

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 生活が始まりましたがいかがお過ごしでしょうか。札幌はやっと天気も落ち着いてきましたがマイナス3度が最高で、ちょっと寒い。
 
 もっと寒いところの皆さんはどうやって暖かくしているのでしょうか?一度、聞いてみたいと思いますが、マイナス15度くらいになると車のエンジンはかかるのでしょうか?

 私はあっちこっちのブログにお邪魔させてもらっております。特に日本全国に意識的に散らばらせておりますが、地方の方々の生活のほうが面白いですね。ある面で豊かな生活を享受されております。

 でもまだ沖縄の人がお仲間におりません。この際、探してみたいと思います。

 それから外国のブログも覗いていますが、日本と同じです。もうちょっと足を伸ばしてアメリカのブログに参加してみたいと思います。
 
 でもちょっとブログ英語を勉強しないとかなり新しい省略英語が・・
loveはlvになっていました。

 さすが絵文字はないのですが、本当にないのでしょうか?
いろいろな人と友達になれるのはいいですね。

 

正月の最後の日

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

HPtestcut.jpg


 もう正月も終わりになりました。明日から仕事ですが、なんの変哲もなくまた始まります。すこし正月の過ごし方を考えないと、PC生活に明け暮れてしまいました。HPのデザインが終わり、これからムービの合成をはじめます。(無茶苦茶大変)現在、光回線ですがフルムービだと100メガくらいになるので減量します。果たしてうまくいくのでしょうか。

HPtestcut2.jpg

 最近こういうHPを作るときにBGMがないと統一されたイメージがわかないことに気がつきました。作詞なしで作曲するようなものです。
今後のHPも曲つきじゃないと表現できなくなるのでしょうか。
 音楽関係のソフトはすでに何年も前から使わないでしまわれていますので、引っ張り出して曲をつけてみましょうか。
 音楽関係の友達がいたのですが疎遠になってしまいました。大事だったな、今思えば。

今年の目標

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

sibafufina.jpg

 昨年の暮れから改版しているホームページの基本イメージが仕上がりました。写真ではなくイラストです。このイラストが部分的にアニメーションするというのが狙いですが、できるかどうか50%の段階です。

 もしもそれができれば単に写真を掲載するというホームページから数歩、進んでいろいろな表現力と想像力を試すことができます。

 それができればどうだという話もありますが、その先の可能性を追ってみたいのです。

 もし、できるようになれば、いろいろな社会奉仕にも自信を持って協力できるのではないかと思っています。今年の目標は、この間も書きましたが捨て犬を育てている、人たちがいます。ホームページを作ってあげて、里親を募集する手助けになればと思っています。

 あなたの今年の目標は何ですか?

 あなたのすることは誰かの役に立っていますか。

本年もよろしくお願いします

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070101160603.jpg

 猫の家族のママでございます。昨年中はお世話になりました。ブログ管理人になり代わりましてご挨拶申し上げます。
 本年もどうかよろしくお願いいたします。森の話題よりも、なぜかすっかり猫系のブログになってしまいました。

 皆様方にも幸多き年でありますように、心から猫よりお祈り申し上げます。