森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

猫の年

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20061230085613.jpg

 今年もあと今日をいれて2日。来年はどういう年になるのでしょう?と、まあ考えたって、なるものはなるのであって、特に心配もしておりません。

 今年は一年、猫の年でした。(昨年もか?)飼っているのは野良猫ですから、家猫と違い面倒をみるのが大変です。不妊手術は終わっているので安心ですが。

 来年はまた猫が増えるのでしょうか?それが心配です。何しろ近所で生まれたばかりの子猫を、連れてくるのですから。

 そりゃ、つれてくれば育てて差し上げますよ、しかし、限度というものがあるでしょ。

 そう思っていたら、昨日の新聞で捨て犬の面倒をみている人の記事がありました。えらいと思うな。簡単にペットを捨てるということが信じられません自分も。

 捨てられた動物の気持ちを考えたことはないのでしょうか。
動物は人間の子供の3,4歳くらいの知能はあります。人間がそのくらいの年のときに、親に捨てられたらどんな思いになるのでしょうか。

 自分には考えられません。犬は少しでも主人の姿が見えないと不安になる動物なのですよ。
 そう思うと、また捨て猫の面倒をみてしまうような気がします。そうだな、来年は、もう少し増えてもいいかな。
 
(今年は写真の猫ちゃんを育てました、これが私の誇りです) 
 

猫の家族

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20061219222018.jpg

 右の茶トラは野良猫。生まれたばかりのときに、うちの先住猫に助けられて家にきた。

 今度はその茶トラが生まれたばかりのシャム猫をどこからか、くわえてきた。それが左のチビちゃん6ヶ月。

 うちの猫ちゃんたちはみんな猫おもいである。
 
 猫は誰が助けてくれるのか、ちゃんと知っている。

シャムネコの顔

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20061217115223.jpg


生まれてまだ一ヶ月、オスのシャムネコ。・・・はまだ顔が薄い。

(ガラス越しなのでややぼんやりだけど)

20061217115335.jpg

 
 半年もたつとくっきりと黒くなる。
 どうしてだろう?
 おめめは青いまま。
 

猫な一日

Posted by エバー on   2 comments   0 trackback

20061216084406.jpg

 今日の日も
 ノートにしるす
 私の肉球で

 (チビちゃん、足、汚いんだけど!)
 
 

やっぱし無理か

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

catblueSC2.jpg

 やはり動物には無理があるな。黒い部分より白いほうにブルーが乗ってしまう。こうなると、これをホームページに使おうというのが難しくなってきた。待てよ、ライティングを強烈にして、毛の部分の反射を強くすればいいのか。どっちにしても、どうも安直な結果がでてしまった。
 しかし、ホームセンターで買った、ブルーシートで十分いける事が判明した。あとはこのキーイングをもう少し研究してと・・・

 それと猫を手なずけるのに、なんとかしてオヤツなしでいけるように
考えてみよう。こっちのほうが難しい気がする。

猫、特撮に挑む

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

catblueSC.jpg

 猫の特撮。猫を青い背景に配置して、違う映画と合成する。キーイングという手法で、特撮ではおなじみ。アフターエフェクツで行う。
 しかし、ブルースクリーンがないので今まで試してこなかったが、ブルーシートではだめだろうか?(だめだろう普通)
 うーん、シャム猫の場合、顔が黒いのでここに影響がでそうだ。あ!こいつ、足も尻尾も黒いんだった。無理かな、やっぱ。
 茶トラの猫にすればよかったかな?

いたずらしてやろう

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

catPC02.jpg

 うんニャ?

 ・・・・

 マウス?

なにやってんかな

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20061212220401.jpg

 いっつもなにやらカシャカシャやってんニャ
 いなくなったら
 あとで覗き込んでやろ

 これがパソコンというものか!

やる気になってきた

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 何をやる気になってきたのだろう、この期に及んで。という話ではない。ホームページの更新である。作ってすぐに、壊す。
 既存のスタイルにこだわり過ぎて想像力を失うところだった。

 今のホームページはタダの板である。昔の紙芝居と思えばいい。(紙芝居はご存じないだろうが)その板に文字を書いて出したり引っ込めたりしているだけだ。

 綺麗な写真やイラストは十分に説得力があるし、文章も人を感動させる。自分にはその力は中途半端にしかない。極めるつもりもない。

 じゃ何を目指すのだろうか。自分は3DCGができる。WEB3Dももう少しで一般化される。(今はまだその時期ではない)

 そうすれば、仮想空間が作れる。仮想社会が作れて、その中で移動や選択ができる。ホームページはあくまでページである。

 しかし、もっと自由にもっと想像力を駆使して自分の表現力を試してもいいだろう。そういうことに気がついたのである。

 これはある意味で女性に対する、アンチテーゼなのである。女性のもつ感性は男性を刺激する。やさしさ、心地よさ。母性愛・・・

 女性の作るホームページはそれに満ち溢れている。この数日、刺激されていたのは何点かのそういうホームページであった。

 しかし、気がつかないうちにある種のストレスを感じていた。なぜだろう、この感覚は?その刺激が自分のもつ想像性を萎えさせていたからだ。なんだ、そういうことか。じゃ、自分が目指すべく、スタイルはその対極にあるのかもしれない。
 そう思った瞬間、吹っ切れたものがあった。

自分は自分の個性で貫き通す。これがやる気になった原因である。

 良くても悪くても。

退屈な日々

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 今日の札幌は10cm以上の朝雪が積もり、除雪をした。その後、さわやかに晴れ上がり、気持ちがいい。
 気温は1度くらい。この間まで10度くらいでも寒いと思っていたのに次第に体が慣れてくる。
 猫にスペースを取られ、猫に遠慮しながら仕事をしている。アウトドアができないので、退屈な日々が続く。生活をしている人は、大変だと思うが・・・・
 現在、ホームページの大幅、リニューアルを考えている。誰にも真似のできない、CGができるがゆえのコンテンツ。全編、動画でフラッシュのホットスポットでページがジャンプする。アニメのキャラがでてきて、双方向で会話ができるようになる。
 ホームページデザイナーはクライアントからの直接の要求により、どちらかというとプログラム的な仕事の傾向が強い。
 でもその技術はすぐに陳腐化する。もっと不変的な自分のスキルを求めたほうがいいと自分は思う。
 自分は30年前にコンピュータ会社にいた。プログラムはいつも開発され、その後消費されていった。プログラマーは使い捨てで、終わったらどんな技術がその人たちに残ったのだろうか。
 もっと感性を磨き、芸術性を重んじたほうがいい。
日本の工業デザインも、やっとその付加価値を認めるようになってきた。デザインは性能の一部であるとも言われるようになってきた。
 世のホームページデザイナーに言うが、どうやって個性を出したらいいのか、差別化はどうやってはかるのか。日頃からの感性を違うほうから研鑽すべきだと思う。
  

札幌の雪の日

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

HeadphoneWP.jpg

 今日は札幌でも朝から雪が降っている。日本海側のような大粒じゃないのでそれほど積もらないが・・・
 しかし、寒い。今日は仕事がハードにあるのだが、猫が部屋に占拠して心地よく寝ている。
 この姿をみると、今日は猫のために静かにしてやるかと思ってしまう。
 写真は昨日と同じSHINYUSHAさんのDESIGNERS'DESKTOP2からの作品でHeadPhoneのWallPaper.
3Dの作品である。ペイントソフトではない。まあ、エアブラシでかけないこともないが。この空気感はラジオシティである。レンダリングの高級な手法のひとつで、壁に反射した光を受けてオブジェクトがどういうふうに影を出すかを計算させる。一般的なレイトレだと影がはっきりしすぎていかにもCGくさくなってしまう。
 簡単にはいかない、そろそろマスターしないといけないんだけど、もしこれができたら、独特な世界感を表現できる。
 このモノトーンな感じが、今の冬景色にだぶる。

森のCG生活

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

mailfor.jpg

 北海道も雪生活が始まり、アウトドアはまったくだめになってきた。こうなると、インドアで始まるのがCG生活で、暇さえあればCGが動いている。最近、面白いとおもったのは、
 SHINYUSHA DESIGNERS' DESKTOP2 のDesktop Contents
何しろWINDOWSの壁紙とかアイコンを全部MAC風に変えてくれる。見るからにMACなんだけど中身は・・・
 もともとデザイン関係は圧倒的にMACなんだけど、CGだけはWINになっている。で、所有のPCは全部WIN。
 この壁紙はこの本の中からMr.Michael氏の作品。
これはCGなのかな?
 私は夏と冬の生活がまるで変わる。

PCが危ない

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 メインのマシンが調子悪くなってきた。ランがおかしい。カードもルータも問題はない。OSのXPproが怪しい。同じマシンにWINDOWS NT4.0もデュアルで入っている。そっちは問題がない。年の瀬にOSの再インストは勘弁して欲しいな。本当にコンピュータというものは安定しないな。 
 今も使っているMSDOSのマシンは20年間一度の故障もない。法人会計ソフトが動いていてまだ使えるからしょうがなく使っているが、すごい。
 重機も最近は全てコンピュータ搭載で、一度壊れると自分では直せない。マザーボードは軽く10万はする。
 自分が趣味で持っている重機は、まったく電子機器はついていない。壊れない。壊れても素人がすぐに分かる。何でもかんでも電子機器搭載は良くない。マイコン制御でない製品ですってどうして、自信を持って売らないのだろうか。