森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

レミーのおいしいレストラン

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

lemi.jpg


       「レミーのおいしいレストラン」 

     ■この映画に、どうしてこれほど魅了されるのか良く分かり

     ませんでしたので,考えて整理してみました。他のブログに

     書かれてあったのですが、クリエイターに対する挑戦状だと

     いう人もいました。なんとなく、そういえば刺激を受けていま
     すね。

      「どうだ、お前はできるのか!」といわれているような。


    ■クリエイター(シェフも含めて)はロジックではありません。

    5感で感じるものを大切にします。この映画を何度もみて

    自分が何で感動しているかを探し出そうとします。


    その表現を自分のものにしたいからです。


    ■この映画をみて、特に感動を覚えない人もいるでしょう。

    確かに、その人の人生なり価値観が違うので、人として

    感じるものは違うはずです。議論はしません。

    特にサクセスものに対して、強い拒否感の出る人

    もいます。


    ■この映画のテーマは勇気を持って挑戦することです。

    「希望と情熱はいかなる不可能なことも可能にする」

    こいういう姿勢を持ち続ければ、必ずよい事が起こる

    と観客が確信を持つようになる。

    そう感動させることが、この映画のテーマなのです


    ■それはただの押し付けだけではありません。
      
    この映画を作ったディズニーもピクサーも映画を通して

    また、何かに挑戦し続ける試練が、課せられているから

    です。その思いがこの映画を成功させました。
  

 
    ■そのほかにも、書き尽せないことが一杯あります。最終的

     にレミーが成功したのは、彼らの家族愛があったからこそです。


    最後に料理を作ったのは、スチームで消毒された、ネズミの

    集団だったからです。


    ■この映画には、映画の王道として全ての要素が入っています。

    もちろん、CGの技術も上がっています、厨房が美しくみえるのは
    
    ライティングシュミレーション、流体の動きも実に細かくなって
    います。


    ■本当にこの映画は面白いと思います。これだけほめたのは

    CG映画では初めてです。ファイティング・ニモは最後まで
    見ていません。
  
   
       
       ■この映画って、本当に面白いですね。!!


       面白かったので、一気に書いて長くなりましたね。

       実は「田舎暮らしのできる人、できない人」の考えに
   
       通じるものがあるのです。ステージに立ってプレーヤ

       になる人にとっては、分かることなのです。

        あなただって、隠れレミーでしょう、きっと。


     

セカンドライフ

Posted by エバー on   1 comments   0 trackback

secondlife.jpg


 最近耳慣れた言葉にセカンドライフがあります。ひとつは団塊の世代の人達が退職後に違う生活をしてみるとかいうのに使われます。もちろん意味的には私のように週末田舎暮らしもそのひとつです。

 しかし、もうひとつの意味はこの写真のようにアメリカから来るもうひとつの仮想社会のことをいいます。この中で実際にお金を払ってビジネスや土地の売買とか、リアルな生活と同じことが体験できます。

 将来的には爆発的なブームになるでしょう。インフラが整備されればそれに応じて描画もリアルになってくるのでPS3みたいなゲームもこの世界の一部になるでしょう。ホームページもこういう風に仮想社会のなかで説明される日がくるかもしれません。

 さて私のセカンドライフは週末田舎暮らしですが、もうひとつの趣味は行き過ぎてしまった3Dがあります。自分はこの仮想社会のセカンドライフのなかで土地を買って自作の3Dで街を作ろうかと思っています。アバターもどこまで自作が適用できるかどうかわかりませんが。
 そうなるとセカンドライフが2つあって話がややこしくなるのではないでしょうか。セカンドライフにセカンドライフを持つという。

 うーん?違う名前付けてくれたほうが良かったのにな。しかし、私にとってどちらも危険です。どちらのセカンドライフも度が過ぎるでしょうから。それに、いずれも収益を上げてくれないので生活が困窮していきそうです。私のセカンドライフは前途多難です。
 

ホームページお手伝いします

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

 札幌は朝から大荒れで嫌になっています。雪は次第にとけています。アウトドアライフが近づいています。冬はネタがありません。
 
 といっては何ですが、冬の期間中はホームページを作ったりしています。CSSとかPHPとかはあまりやっていません。(それができたらプロ)でも、DreamweaverとFlashはマスターしています。どちらかというと、サイトはビジュアル系ですので北海道の自然を紹介したいという御仁にはうってつけです。それに鬼金の3Dの技術を持っています。

 山林(森林)購入のアウトドアライフを後押しするのが役目ですが、一方で北海道の皆さんのホームページをお手伝いするのも考えております。素人ながらですが、ブログに慣れたら、次はホームページを作りませんか。

 北海道の人のホームページはどうしてこんなに創造性が高く素晴らしいんだろうと思わせてみたいのです。

私だって「北に技あり」

ホームページデザイン終わり

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

HPtest.jpg


 ホームページの基本デザインが終わりドリームウイーバに移植するようになった。最初はPhotshopCSで位置決めして、ピクセル単位でカットして運ぶ。とかいっても、ここからが面倒くさい。ブラウザーによって変形してもいいようにはしないので、全部ピクセル単位で位置決めをとってからGIFでつっかえ棒をする。
 いい加減に早くアップロードしてしまいたい。これができてから暫くはホームページはしないつもりだ。
 北海道は本当にもう春の兆しが感じられる。いまだにマイナス20度という場所もあるが、札幌はプラス気温である。

 今年はやることがいっぱいある。何しろ、数千坪の土地の開拓がある。重機を動かせれるので土木まがいのことができるが、こっちのほうが面白い。
 ホームページは正直言ってできたとしても何もうれしいことはない。
 
 重機を使って北海道の土地をデザインすることは、パソコンでホームページをデザインするよりもスケールが大きい。すごいことだ。

 そのすごいことをホームページで知らせるんだった。田舎暮らしで収まらないもっとスケールの大きい、北海道ならではの生活を広めたい。

 庭の広さは東京ドーム一個分。もうすぐしたらその土地から冬が終わり、お呼びがかかる。そんな世界を体験したいかたは是非。

ホームページあと少し

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

hpblog.jpg


 札幌はこの3日間変な天気でした。雪が降ったり止んだり。結局はどこにも行かずじまい。雪祭りも確か20年以上も見ていません。南区に住んでいて以前に自衛隊でやっていたころは歩いてもいけるのに、それでもいかなかった。

 結局は毎年、テーマが変わるだけで作っているのは同じものという感じなのです。観光客の人はいいと思います。帰りに温泉に入って食事してとかあるから。地元にしてみると見るだけのために地下鉄に乗ってまで行きたくないのです。

 そんなものなのですね。作っている方には本当にご苦労様ですが。

 ということで3日間、ホームページつくりに専念しました。早く作らないと雪どけとともに忙しくなるのです。

 作ったといっても大変です。他のHPを見てですね、技術的に自分が分からないと解析したくなるたちなのです。ですから、技術的には非常に凝っています。もうこの世の中で分からないHpはありません。(お!言ってしまったな)

 しかし、デザイン力が不足していて、絵にならない。技術力よりもデザインに労力を取られるのが難点になってしまっています。

 明日から会社です。これだけ雪が降られると会社でも相当積もっているだろうな。明日が楽しみです。

デザイン開始しました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

hp.jpg

 
 3Dができてフラッシュができました。ムービが背景画面の中で動くのはフラッシュのマスクで切り抜いた。AEのマスクよりすっきり。


 フラッシュではポップアップが現れ、マウスに追従するように。これでほとんどのムービをホームページに貼り付けてなおかつ双方向に動かせる。これはとても強力なコンテンツです。

 ここから先は、デザイン勝負で、ここが難点なのです。芸大出身の友達が欲しいな。

 札幌は今日も寒いといわれていたのですが、日中プラスです。どんよりとした天気ですが、まあまあ。

 我慢するのもあと一ヶ月。2月が過ぎれば冬は終わりです。

ホームページ作成中

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

car.jpg


 休みとなるとホームページ作成に入っています。もう少しで完成なのですが、3Dなのでかなり難しいことをしています。写真はホームページの中の小さなオブジェクトですが、拡大するとちゃんとした構造になっています。たまになにも考えないでカメラアングルを決めると、意外といいじゃないかという絵がでてくることがあります。

 3Dというのが好きなんですね。ただデザイナーじゃないんで、ちゃんとしたアートにならないんですね。

 sibafufina.jpg

  
 この中の右下の小さな車の絵がそれです。もっと3Dでありながら硬質じゃない、絵を探しているのですが。性格が悪いのでできないみたいです。芸術って結局はひとがらなんですね

 自分の絵は何を表現できるのでしょうかね。 

猫とコルクボード

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070127083417.jpg



 「いいか、このコルクボードでつめを研ぐんだよ!」
 「このまったりとした感じがとてもいいんだ」


20070127083620.jpg



  「分かりやした!こうですね、ガリガリ」

  「・・・・・・」

猫の一家紹介

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

20070116214916.jpg

 一家紹介

 手前が最初に居ついたママ猫(1.5歳)おばあちゃん。
 2番目がママが連れてきた子猫、後にパパになる
 3番目がその間に生まれた娘
 4番目が3番目の娘の不妊手術後にどこからかつれてきた息子

 猫も親子で暮らしていると、良く分かる。一番下が一番わがままで甘える。いつも自分のママのオヤツを横取りする。横取りされたママはその上のおばあちゃんの猫のオヤツを横取りに行く。

 一番上のおばあちゃんがいつも困った顔をする。4匹同時にオヤツを与えると、おばあちゃんはオヤツを持ったまま直に逃げる。

 猫は人間が思っているほど馬鹿じゃない。人間よりも家族思いかもしれない。
 一番最初のママ猫がどうもえさを残すと思ったら、つれてきた茶の猫を隠していて、そのためにえさを食べずにいた。

 猫の愛情に負けて飼うようになった。