森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

スズメバチ襲ってくる

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ バラの囲いに入って仕事をしていましたら、ブーンと音がしました。
  スズメバチかなと思ったら、ビンゴです。先日の偵察部隊ですね。

  威嚇してくるときは、ガチガチと音を鳴らして正面に回ってきます。

2017-06-24 布団運搬 001


      その時、姿が見えたので携帯してあるジエットスプレーをかけてやりました。
      ヒットしてイチコロです。


2017-06-24 布団運搬 005


     見るからに悪党そうな顔してますね。スプレーを持っていなければ刺されていたかも
     知れないです。帽子をかぶってなかったので、黒い部分、つまり頭を狙って刺しにきます。

     昔、母親がその通りに刺されました。

     でもこうやって撃退用のスプレーを持っていれば、人間の勝ちです。ただし、このジェットスプレー
     はすぐになくなりますから、僕の感じでは3匹くらいしか使えないと思いますよ。

     昔、甥が小さい頃、携帯させておいたのですが、スズメバチが現れた時に、パニくって
     空にかけまくり、一瞬でなくなったことがあります。

     僕のようにベルトをして、ボックスを取り付けたら、そこに収納して歩くべきですね。
     どんな拳法の達人でも、素手ではスズメバチにはかなわないですよ。それか自然と一体化して

     気配を消し、敵としてみなされないかです。集団で襲われたら無理ですけど。







2017-06-24 布団運搬 004


     バラ咲いてきました、形は全て剣弁高芯と言われる、クラシックタイプです。



2017-06-24 布団運搬 003



      本の少し触っただけなのに枝が折れてしまいました。
      とっても悲しいです。これからいくつでも花が咲くのに。

      刺し木できれば、根を出させるんですが、僕の腕では
      まだ無理ですね。アジサイでも1本も成功した試しがないんですから。


バラは難しいですね

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ この間、種をまいたクレソンがまったく芽を出しません。いきなり地植えは無理なんでしょうか。
  ポッドに植えて自宅で毎日水やりをすることにしました。

  その変わり、カボチャが発芽しました。でも丁寧に植えたところでは発芽しないで
  余った種をバラまいたところで生えてきます。

  うーん、勉強しないといかんですね。植物は難しいなあ。


2017-06-20 除雪車移動OK 002


    バラは咲き始めています。まだ虫も病気も発生してないようです。
  

2017-06-20 除雪車移動OK 004


   最近思うのは剪定で綺麗な樹形にしないと、変な形で伸びてきますね。
   常に剪定はさみを持って枝を切ってやることにしてます。



2017-06-11 刈払い機修理完成 037


    毎年4本から5本は増やしていますので、遅かれ早かれ手狭になることは確かです。
    来年はもうワンスパン延長しようかと思ってます。雑草取りの問題はマルチングで
    解決できたので、あとは束石の固定だけですね、難題は。



2016-11-13 バラ冬囲い終わり 001


     鹿がバラを食べなければ、こんな苦労はしなくてもすむのですが。
  
     それと冬囲いは単管パイプでやります。これも少し考えないといけないと
     思ってます。組み立てに一日かかります。




バラのマルチング追加

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ バラのマルチングを追加しました。

2017-06-20 除雪車移動OK 005

    これが効果的なら、全面的に使うことにしました。


2017-06-20 除雪車移動OK 001


    これで雑草取りから解放されるなら便利なものです。


2017-06-20 除雪車移動OK 013


    スズランの周りの雑草取りました。だんだん暑くなってきたので、作業がしんどくなってきました。
    ペットボトル1Lで足りなくなってくるんですね。しかも冷やしてないと飲みにくくなってきます。
    まだ6月なのにですね。夏はきついかな。



2017-06-20 除雪車移動OK 037

      
      雑草取りをしていると、今年初めての黄スズメバチに遭遇しました。
      はっきり見ましたがかなり大きいです。釜で払うと逃げていきましたが
      慌てて母屋に戻り、撃退用のジェットスプレーを腰のベルトに付けて
      きました。これを持っていれば、安心です。

      慣れてくると、スズメバチと勝負するのが面白くなります。
      しかし、あっという間になくなりますから、1本では駄目ですよ。



2017-06-20 除雪車移動OK 012

     
      ロータリー除雪機ですが、一発でエンジンかかり、駐車場所を後退させました。
      今年の冬は間違いなく運用に入ります。


北キツネ

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□  道東の旅行中ですが、車で移動するときに北キツネに会いました。
   餌を与える人がいるんでしょうね、車を怖がらず寄ってきます。

   僕の森にも北キツネはいますが、人間の気配を感じるとすぐに逃げて行きます。


kitakitunemki.jpg


    このキツネ良く見るとネズミを銜えているんです。たぶんネズミを捕まえた直後だったんですね。
    得意げに捕まえた獲物を見せにきているようでした。

    猛禽類もこのネズミが大好きで、上空から飛来してきます。高い位置から、上昇気流に乗って
    くるネズミの匂いを探していると言われていますね。

    

2017-05-27 網走鶴雅知床北こぶし 111dert


    知床「北こぶし」のギャラリーにあった写真です。フォトグラファーのお名前は忘れてしまいました。
    以前にも見たことがあるので有名な写真だと思います。これが北キツネの子供です。

    ひょっとするとお母さん北キツネが、子供たちに餌を運ぶところだったかもしれませんね。




    

十勝ガーデンオーベルジュ行って来ました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 十勝ガーデンオーベルジュ行ってきました。中札内村にあるのですが、カラマツの林の中に
   何十棟もの建物があります。

2017-06-15 十勝オーベルジュ・忍冬 029


         この一棟の建物の中に宿泊して、食事は近くの同じような
         レストランで朝と夕の食事をとります。


2017-06-16 十勝オーベルジュ・忍冬 017

        これはオーベルジュではありませんが、似たような建物が一杯あります。


         
2017-06-15 十勝オーベルジュ・忍冬 024


       これが食事処です。


2017-06-16 十勝オーベルジュ・忍冬 031


       この広い敷地の中にいろいろな施設が一杯あって、グランピングと言って
       キャンプ施設もありました。テントがあってその中にベッドがあるんですよ。

       BBQのコンロも用意されて、たぶん材料も用意されているんですね。



2017-06-16 十勝オーベルジュ・忍冬 026


      わざわざ、そんな事をしなくても北海道の人なら海でも川でも山でも
      キャンプ位どこでもした経験ありますよね。こうやって自然と親しむのが
      流行らしいです。でも虫とかカエルとか蛇とかでてきたら、どうする
      つもりなんでしょう。

       詳しくは極上温泉100選のブログでどうぞ見てください。一か月以上
       先の予定ですが。



      

刈払い機修理しました2

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 今日も草刈りです。でもスロットルレバーを回しても、エンジンがふけません。
  こういう時はマフラーです。


2017-06-13 刈払い機マフラー清掃 005

          ふかせばふかすほど止まるのは、詰まってるからです。早速
          マフラーを外します。


2017-06-13 刈払い機マフラー清掃 006


          良く今まで動いてましたね、カーボンが詰まって穴をふさいでいます。
 

2017-06-13 刈払い機マフラー清掃 008


         本来ならこうですね。これを直して組み立てると。治りました。
         まるでセスナと戦闘機ほどの違いがあります、キューンと甲高い音を
         出して回ってくれました。


2017-06-13 刈払い機マフラー清掃 011


        あとはひたすら草刈りです。ナイロンコードなので草が細切れになり
        そのままでも綺麗になりますが、チップソーだと、刈り取った草が
        残って見苦しくなります。


2017-06-13 刈払い機マフラー清掃 017



        左を見てください。チップソーで切ったので、所々に草が残ってますね。
        粉砕できないので、そうなります。


2017-06-13 刈払い機マフラー清掃 026


       あまり雑草が成長してくると、ナイロンコードでは切れなくなるので、そう
       なる前にやってしまいます。



2017-06-13 刈払い機マフラー清掃 028


      オオバナノエンレイソウです。こういう草は刈り残して増やしてあげます。
      全部、刈っているわけではありません。

      以前にこれを集めてきて、畑に植えたら鹿がみんな食べてしまいました。
      こうやって自生しているのは食べないのに、どうしてなんでしょう。
      頭にきますよね。



      この間、植えたカボチャは発芽してきました。でもクレソンはまったく芽が
      出ません。まだなのでしょうか。

      以前も確か失敗してますね。水なのかな。




猫の慣れ具合

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 二匹いた時には傍にもよらなかったオス猫ですが、1匹になったら急に寄り付くようになって
  きました。どういうことなんでしょうか。


2017-06-11 刈払い機修理完成 104


           もともと甘えん坊だとは思ってましたが、雌猫がいなくなったら
           遠慮がなくなったのですか。

           モニターの前に座るので仕事ができません。キーボードに乗って
           来るので、遠い所においてます。(無線だから良かった)

           モニターを見ている時にはカーソルに反応して、ひっかくこともあります。
           犬にはしつけができても、猫には無理なようですね。




刈払い機修理しました

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 刈り払い機の部品が届きました。スロットルワイヤーとエアーインテークのスポンジです。
  スポンジがフィルター代わりになっているんです。

2017-06-11 刈払い機修理完成 001

   
       さあ、付けてみましょうか



2017-06-11 刈払い機修理完成 002



      スロットルワイヤーは10cmくらい短いです。他社製品なのでしょうがありませんが
      構造が同じなので使えそうですし、その程度短くてもループがあるので何とかなるはずです。


2017-06-11 刈払い機修理完成 003


       結果オーライですね。復活しました。



2017-06-11 刈払い機修理完成 007


        あいにくの天気で札幌のよさこいは可哀想ですが、森の中では植物が気持ち良さそうです。



2017-06-11 刈払い機修理完成 013


       ブルーベリーも実のなる準備してます。


2017-06-11 刈払い機修理完成 097


       雨が降ると沢の水も増えます、もう少し水量があっても良いのですが、今春
       沢を合併しようと上流で目論みましたが、簡単そうではないので断念してます。
      
       子供の頃はこういう沢で良く遊んでましたが、今の子供は川遊びなんかした
       ことないんでしょうね。川は危ないもので親が近づけさせません。
        
       僕は小学校3年の初めまでは田舎育ちだったので、川で泳いだ経験もあります。
       別に海に行かなくても、潜れるほどの川がありました。都会では考えられませんね。


2017-06-11 刈払い機修理完成 087

 
       次第に夏の雲になってきました。木々が緑になり、ジブリの映画のような森になって
       きてますね。ジブリって不思議ですね、そうえいえば冬のシーンってありましたっけ。



totorower.jpg


        「となりのトトロ」より冒頭シーンから。
        
        水田のある風景っていいですね。昔は札幌の南区でも水田がありました。
        水田のお米を食べるスズメも一杯いて、案山子なんかも良く見かけましたね。
        今ではそのスズメもいなくなりました。鳥が来てうるさいから木をきれとか
        いうクレームもあるんだとか。この世界は人間だけのものではないのですけど。

        都会は世知辛くて嫌ですね。



雑草防止シートの考察

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ バラの柵に雑草防止シートを張っています。雑草が生えなくていいですね。

2017-06-08 ポンプ修理梅沢 001

  
          周辺だけでなく、真ん中の所もバラのある処だけ切り抜いて
          やってやろうかなと思ってます。バラは黒星病に弱く、このシートを
          張っておけば感染しないんじゃないでしょうか。良く分からないけど。

          でもこれでは見た目良くないですよね。第一庭っぽくないです。
          それで、昔、実験したことあるのですが、このシートの上に土を
          かぶせようと思うのです。



130805池深004

         上の写真は、マルチングシートの上に土をかぶせたものです。
         土の厚みは数cm位ですが、まったく雑草が生えていませんね。

         それでいて見た目はちゃんとした地面なんです。種が飛んできて雑草が生える
         んですが、根を伸ばせないので大きくならないのです。
 
         それをホウキで履いてやると、簡単に雑草をどかすことできるんです。
         問題は地面に埋めた時に有害物質を出さないか心配ですが、もともとは
         地面に使うものなので、大丈夫じゃないでしょうか。




今週の日経ビジネス・空飛ぶ車

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 日経ビジネスの今週号です。空飛ぶ車が冗談ではなくなってきたという事です。
   夢物語ではなくなってきました。


日経ビジネス1895


    もともと昔からブログで書いてますが、不可能な事ではないです。内燃機械つまり
    エンジンだと燃料を爆発させてますから、どうしても入れ物が金属になり重たくなります。
    一時、セラミックエンジンなるものも聞いたことがありますが、その後どうなったのでしょうか。

    要は軽く創れるのであれば、鳥たちと同じく飛べるという事です。
    おまけに、制御系が画期的に進化してきて、GPSを使えば無人運転できるるし
    2次元的な位置決めはおろか3次元的な高度制御ももう簡単にできているわけです。
    
    特に・・・・

     東京など都会の空を飛ばせるのはぞっとします。絶対に難しいですが北海道なら障害物も
    ないし、車が少ない地域に道路を作ってアスファルトを埋めるというインフラがいらなくなります。

    複雑な道路をナビゲーションするより、空を直線的に飛ばしたほうがはるかに簡単です。
    もちろんその時には航路を予め決めて、どこでも飛んでいけると言う事にはなりませんが。

    使われなくなったJRの線路の上を飛ばしてもいいんですね。北海道ではいかに鉄道と言えども
    乗車率が100%近くないと赤字になるものなんです。

    その点、このひろい北海道を短時間でアクセスできるようになると、北海道こそが次世代では
    もっとも有利になってくるのではと夢みてしまいます。

    もちろん、そこに行くまでには人類が経験したことのない難題が現れてくるとは思いますが
    自分が生きている間に、大空を自由に安全に航行できる、北海道を見てみたいですね。