森のアウトドアライフ

北海道で森と別荘を所有する者のアウトドアライフを紹介します。北海道の広大な土地はどんな夢を叶えてくれるのでしょうか。

歩行ルートの変更を

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ スノウシューを履いて50cmも埋まる道路を歩いては、さすがに息が荒くなります。
  ブルドーザでさえも走れないのですから、いかに雪が軽いのか分かりますね。普通の湿った
  雪なら、ブルドーザで動いただけで、雪が締まるので上を歩けるようになりますが

  ブルドーザが埋まったことがあります。今回もスノウシューで歩いていて、危なく転びそうになり
  埋まるところでした。

  さて、そこでもう一度考えますが



root.jpg


         現在は薄青のルートを必死こいて歩いてますが、黄色のルートで車道を歩き
         そこから降りて森の中を通ればショートカットになります。

         車道を歩くというのを忘れてました。最近は除雪されているので歩けるんでした。
         そこで森の中のルートですが、木に10mmのソフトロープを張っておけば
         それを手掛かりに歩けます。

         完全に直線的には張れませんが、掴むものがあるというのは楽なものです。
         
         ちょっと考えてみようかなと思います。雪が降っても楽に歩ける方法が
         ないものでしょうか。
  

2018年初雪下ろし

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 本来なら1月に一回はやっているはずなのですが、訳があって2月中になってしまいました。
  12月に一度やっているとは言え、多分2m近くは積もっているはずです。


2018-02-20 ゲストハウス雪下ろし 001


       これは帰りの中山峠ですが午後3時ごろでも、やっと前方が見える程度で
       終日粉雪に見舞われました。

       スノウシューで別荘に向かいましたが、スノウシューを履いていても膝くらいまで
       埋まります。20歩進んでは休みました。


       それで、それぞれの小屋ですが、ゲストハウスはブルーシートのおかげで落雪してます。

      ただし、屋根の上に設置した渡り廊下は、雪と共に落下してました。実はそうなってるんじゃないかと
      思ってましたが、ビンゴです。でも幸い、梯子のところは無事で、それを使って屋根まで上りました。
   
      来年ですが、この渡り廊下は不要じゃないでしょうか。ブルーシートで自然に落雪するのですが
      渡り廊下があるとその上に積もっちゃうんですね

      何しろすごい吹雪だったのでカメラも出せず、写真はありません。

      母屋のブルーシートも成功です。雪は落雪してました。この気温でも落ちるので
      3月になったらまたたくまに落ちるでしょうね。

       もう一つの小屋は、部分的に落ちてましたが、頂上にこんもりと積もってました。


2018-02-20 ゲストハウス雪下ろし 002


      帰りの230号線です。定山渓ダムに行くところの三叉路付近です。
      雪道のドライブも大変ですが、スノウシューで歩くのも大変、雪下ろしも
      大変で、久しぶりに膝が落ちました。でもまだ物損がないので一安心です。

      
      




      

ドローン初飛行

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 公園でドローンMavic airの初飛行です。なかなか天気に恵まれず、おまけに新雪もあり
  墜落したら雪まみれかなと心配しましたが、まったく乱れることすらなく、安定してます。

  以前のトイドローンは、風に弱くどこに飛んでいくのか分かりません。あの経験があるだけに
  そうとう慎重になりましたが、GPSが効いているだけあって自立航行と気圧センサーで定位置に
  ホバーリングします。


firstFLY.jpg


    飛行記録によると83m位上がっているみたいです。
    3軸ジンバルで動画もまったくぶれません。人間の手振れより揺れませんね。

    飛行技術より、もやは撮影技術が問われるだけで、ドローンだからといって難しい
    わけではないです。

    別荘での撮影が楽しみです。問題は近くにある携帯電話の鉄塔との混線と
    GPSがうまく働くかです。GPSは天空からくるので谷間でも問題はないと思いますが。

    4K動画はかなり綺麗です。こんなに綺麗に撮れるんですね。
    携帯性抜群でコントローラも本体も大きめのポケットに入るんですよ。

    


今年の初除雪

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 本来なら1月には一度行っておかなければならない除雪ですが、風邪だったり、パソコンの修理だったりで
  行きそびれてました。それにやはり1月は、雪の日が多く基本的にいけないんですね。

  やっと行ってきました。まずは国道淵の除雪で車のスペースを空けます。

2018-02-17 初除雪 001


          雪が固く締まっているので、これだけやるにも2時間くらいかかりました。
          これをしないと後続の車の迷惑になるし、追突される危険性もあるので
          スペースを確保します。


2018-02-17 初除雪 008


         ところが、走行中の除雪車が対抗車線から見てくれて、Uターンして
         戻ってきてくれました。あとは写真の通りです。

         除雪してくれました。もう少し、早く来てくれればよかったのにね。



2018-02-17 初除雪 006


         入口のゲートははるかに雪の下です。掘って天板でも出そうと思いましたが
         諦めてやめました。
 
         いよいよこれからスノウシューで踏破ですが、天気が良いといいですね。
         新雪が深くて、スノウシューでも歩けません。履いても30cmも沈んでしまいます。

         小屋の雪下ろしが待ってます。




         

Mavic airマスター終わり

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback



□ ドローン初心者ながら、時間がかかってもしょうがないが一週間くらいかかったのでないだろうか。
  WEB上にも公式サイトにもいろいろ雑多な情報が載っていたが、結局は一番ためになったのが

  下記の「ドローン飛行の基礎知識」である。昨年に買っておいたので、ずいぶん参考になった。
  これ以上の本は現段階ではないかもしれない。他の人も推薦されていたがDJI Go4という操作アプリ
  の詳しい説明が載っているので、参考にしてみて下さい。

  
2018-02-14 007 Mavic air


□ 一応、部屋の中では離陸に成功して、コントロールできたが、部屋の中では衝突防止が働くので
  それほど自由に動かせられない。逆に言うと非常に安定していて、誰にでも飛ばせられる。

  昨年のトイドローンはおもちゃで、ホバーリングができなく常にコントローラを操縦していないと
  ならない。おまけに5分も持たないので、飛ばせた思ったらすぐにバッテリーがなくなる。
  
  そのおかげで操縦がうまくなったが、いかんせ風に弱い。今度のは風速10mまで大丈夫だと
  何かに書いてあったような気がするが、せいぜい5mくらいだと思う。風速計も買っておいたが

  森の中では葉の動き方で大体わかる。別荘にもっていくのはまだまだ先の話になりそうだ。
  その前に雪下ろしの難題が待っている。


2018-02-13 006 Mavic air


        Mavic airはこの大きさで、持ち運びが大変に便利になった。
        画像も4kで非常に綺麗だ。

        北海道ではいろいろ役に立つと思う、農業でも林業でもとにかく広い
        場所で有効に使えるので個人でも法人でも検討されるといい。

        東京では殆どの場所で、飛行禁止である。公園はダメ、河川敷でも
        ダメ、そうなると飛ばせられる場所はないが、北海道ならいくらでもある。

        むしろ北海度にこそ、相応しい。昔から、道路を走るより、空を飛んだほうが
        早いと言ってるが、このドローンも急速に普及すると思われる。



Mavic air3日目

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 簡単にはいかないは。ちょっと甘く見ていただけに、ネットで調べなおしているが
  DJIという会社は中国で(中国とは思えないほどクオリティーが高い)、そもそも説明が英語である。

  日本にもネットで公開しているが、出始めたばかりなのと、所詮アマチュアの皆さんなので
  マニュアルという品質には及んでいない。



DJISPP.jpg



        結果的にはDJIの公式ホームページになるが、英語バージョンで日本語サイトがない。
        以前に、英語は勉強するなと言ったが、勉強していもいいか・・・・・・

        なんて思いながら、とにかくやっている。さすがにプロ仕様だけあって、おもちゃレベルではない
        その分、機能が豊富にあって飛ぶ一丸レフカメラと言えばいいだろうか。

        一丸レフカメラなら説明書なんか見なくてもAUTOですぐ撮れるが、とにかくわかんない。
        図中PANO(パノラマ)だけでモードが4つもある。


        飛ばせれるようになるまで、まだ数日かかりそうだ。それに爺さん向けではない証拠に
        プロポ(コントローラ)に装着するのはスマホであって、ガラケーではない。

        ガラケーを使っている人は、もう完全に無理なのね。



Mavic air2日目

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ ドローン初心者としては、なかなか難しい。電源供給のUSBマイクロA、Bコネクターでさえも
  形状を見ると、四角い形状なのに、勘合側が台形になっている。これは絶対に入らないと
  悩んでいた。しかし、同じ6pinなので、ひょっとして・・・・・・と思い挿入すると収まった。

  同じオス側のコネクターに形状の違う、A、Bタイプが入るって面倒なことしやがってって・・・
  なんでこんな風になっているんだろう。最近のはpinが細くて間違うと痛めてしまう。

  それを防止するためにTYPE Cは上下入れ替えても挿入できるようになった。アップルの
  ライトニングと同じだけど、EUがTYPE Cしか認めないという事になっているらしい。

  USBでこんなんだから、テレビやモニターのコネクターはもはやわけが分からない。
  接続で戸惑っているんだから、本体の操作まで遠く、及ばず終日WEBで設定方法を調べて
  終わってしまった。

  
DJI01254.jpg


     この間、英語は勉強するなと書いたが、発売されて間もないために動画が英語ばっかりで
     何言ってるのかさっぱりわからなかった。最先端技術をいち早く理解するには英会話が
     できないとだめのようだ。これはもうあきらめが肝心である。

     もし動画撮影に成功すると、4Kなので↑のように綺麗に撮影できる。これはどうやら
     確からしい。ただし、飛行禁止区域というものがあって、ほとんどのところは禁止区域に
     入る。河川敷でも許可がいるから、都会では公園はおろか、他人の空き地でも飛ばせられない。

     幸い、自分の別荘地は個人の所有なので墜落しない限りは自由に飛ばせられる。
     まだ雪解けまで、日数があるし、仮に雪原の撮影でもいいが、マスターするのにまだ
     日数がかかるようだ。

     しかし、それにしても思うが、年金もらう爺さんがマスターするにはハードルが高いのでは
     ないだろうか。だんだん、おっくうになる。










  

ドローン Mavic air購入

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 前回買ったトイドローンはおもちゃで所詮は実用的でないものと知って買った。
   今度のドローンは兼ねてから予定していたものより、小さくほぼ同じスペックで
   しかも安い。1月の終わりに販売され、かなり売れている。在庫がなくなるといつ入荷されるのか
   わからないというので、早々にお店に行き、買ってきた。


2018-02-07 005 Mavic air


          飛行時間21分で、4km先まで飛ばすことができる。
          しかも安定して飛行し、前回みたく操縦不能になり慌てて
          追いかけるということもないと思う。

          画像も4Kで我が家のテレビのほうが追い付いてないくらいである。

          これで多分だが、自分の森はカバーできることになる。
          8万坪といっても500m四方でしかない。十分な到達距離
          だからだ。実際の飛行は雪が解けてからになるが、それまで
 
          勉強しようと思う。これは個人で買ったというより、そのうち
          うまくいけば仕事にしようと思っているので、会社経費である。

          とりあえずは、飛行制限区域ではないので、好きなように
          飛ばして、慣れていかないとと思っている。

          北海道では農業や酪農や土木でも応用が期待されている。
          撮影した画像から3D図面が起こせるらしい。

          これからは森のアウトドアライフにドローンの空撮部門が追加
          されるので興味あるかたは参考にしてみて下さい。






          

今週の日経ビジネス 幸せ100才達成法

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 母親から風邪を移されて一週間がたち、3日ほど寝込んでいた。熱もないのに
  寝込む必要はないのだが、軽く頭痛はするし、気力がでない。

  それは、体の免疫力が頑張って動いているせいで、エネルギーを消費しているからである。
  そんなときは、無駄にエネルギーを使わず、寝ているのが一番である。そうすることによって
  早く治る。熱があるのは、体温を上げて、体の中のウイルスを焼き切っているらしい。

  そんなに頑張ってくれているのに、薬で熱を下げるなんかおかしいし、いろんな薬を飲んで
  腸内の微生物・細菌様たちを殺してはならない。

  そんなことで、暖かくして汗を出し、寝て直すに限る。仕事をしてないのでできることだが
  論より証拠、治ってきた。

    さて、毎週金曜日に投函される日経ビジネスだが、こんな記事が目立つようになってきている。
  経済紙もさすがに変わってきたと思う。それで超高齢者社会をどう生きていくのが、なんたらかんたら
  書いているのだが、もっと簡単のことなんだが筆者の発想にそういう視点がないらしい。

  仕事を退職して、老後を過ごすのに何千万ないと暮らしていけないとか、老後難民があふれてくるとか。
  そういう話は都会での生活であり、田舎に行けばいいだけである。

  田舎に行って有り余っている里山と空き家に住めばいいじゃんと思ってしまう。基本自給自足が
  可能である。問題は電気で電気さえ発電できれば、水も汲み上げれる。

  もともと日本は水の多い国なので、山の上でもない限り、4mも掘れば水が湧いてくる、それに
  畑を作って野菜を作ればいい。野菜なんかニンジン1本とか大根1本なんかベランダで作るわけでなし、
  作るとなると手間は同じなので、結局は売るほどできてしまう。

  問題は労力で、これまた土仕事は人間の体に向いている、太陽の昇る時間に起きて一生懸命働き
  朝も、昼も、夜もダイエットなんか関係なく、食べたいものはいっぱい食べる。でも消費カロリーが
  多いので、太らない。フイットネスクラブに行ったり、糖質を制限したり、そんなことしなくても太らない。

  あとは動物性たんぱく質だが鶏を飼えば、玉子も肉もとれる。それで十分じゃないだろうか、それでも
  取り立ての無農薬の一番旨いものが食べれる。

  それだけだとつまらないので自家製のワインを作る。日本酒も作る。ビールも作る。

  里山だから木がいっぱいある。年間数本切り倒せは薪が手に入る。それ以上に木が成長するので
  資源は枯渇しない。

  こんな生活で、適度な運動と健康的な食べ物と、に恵まれれば病気もしない。あとはやはり地域と人との
  助け合いも必要で、そこそれにうまくやっていけばいい。

   自分の母は認知症で、ディサービスに預けない限り、自分は旅行にも飲み会にも出れない。
  隣に家になんか頼めるような雰囲気ではない。もし。これが田舎なら、どこの家でもお祖母ちゃん
  預かってあげるよって言ってくれるだろう。むかし、田舎に住んでいて両親が札幌に出てきたとき

  自分は数か月田舎の親戚の家に残ったことがある。親戚といっても周りがみんな親戚みたいなもので
  いろいろな家で良くしてもらった。今の札幌では認知症の母親が散歩にでると、迷惑だからって文句が
  くる。世間は思っているほど、認知症の人間に暖かくはない。

  都会というほど都会ではない札幌でこんなものだから、東京なら電話しただけで今は忙しいからって
  毛嫌いされるかもしれない。小津の「東京物語」を見たが東京はくるっている。


  そんな東京で暮らしていこうとするから、お金の計算ばかりして何千万円ないと生活が破綻するとか
  心配しないといけない。

  田舎暮らしが一番の解決策である。それと昔と違うのはネットワークがあるから、中央の情報とは
  リンクできる。ヒト里閉ざされた奥地に、変人生活を営むわけではない。荷物はドローンでくるし

 自動運転の車もやってくる、田舎のほうがいいに決まっている。もう都会からの発想はやめてほしい。




喜茂別-31.3度

Posted by エバー on   0 comments   0 trackback

□ 北海道にはいろいろ寒いところは数多くあるが、時々最低気温を出すことがある。
  こんな小さな町が全国区のニュースになるんだからびっくりです。

kimobetu.jpg


       しかも、町のホームページにこんな内容がTOPに掲載されるのも
       驚きですね。

      どうしてここがこんなに寒くなるのか不思議です。しかし、自分ところの別荘は
      町の標高より500mも高いので、ここより気温が下がります。

      ボイラー内部の保温装置を壊して凍結したくらいですから、どうなっているんでしょう。
      もちろん保温マットを抱かせて、布団で断熱してますが

      さすがに-30度超えは想像を絶します。

      -15度くらいはスキー場の頂上で経験はありますが、これはないですね。
      もはや液体窒素のレベルで、みなさん本当に丈夫だったんでしょうか。

      不凍液も-20度くらいまでですから、車のウオッシャー液はだめでしょう。
      僕の別荘は何度まで行ったんでしょうか。